宜蘭勁好玩logo
網站地圖 回首頁 加到我的最愛 設為首頁 繁體中文 本連結將另開視窗至English 本連結將另開視窗至日本語 PDA版 本連結將另開視窗至縣府首頁
分類檢索
主題旅遊 住宿資訊 美食特產 旅遊地圖 旅遊諮詢
降雨機率10% 溫度26~29 ℃
訂閱電子報
宜蘭行事曆
2014-04-17
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
互動專區 會員專區 電子報 會展查詢 本連結將另開視窗至觀光產業行銷專區 宜蘭行事曆 交通位置
旅遊地圖
首頁 > 旅遊地圖
 

 起點   終點
街景
分  類: 主題旅遊
宜蘭新月一日遊
自從雪隧通車,台北到宜蘭的距離、時間都縮短了,這幾年,宜蘭知名旅遊地區,在假日,總是擠滿人潮
行程點擊順序: 二結庄生活文化館>四結長老教會>槍櫃城遺址>泰雅大橋
建 立 者: 王培安
建立時間: 2012-03-22 14:40:45
讚:
229
規劃方式: 最佳化規劃
     列印本頁           檢舉
 

「二結庄生活文化館」的成立,緣起於二結王公廟的改建。
民國七十五年,王公廟廟方基於廟體年代久遠、信徒日眾的考量而有改建之議,然而,王公廟歷今已迄兩百餘載,承載了二結居民的生活歷史以及共同的集體記憶,社區居民為了保有這些共同的生活文化空間,於民國八十二年由地方人士引進日本象集團參與規劃,遂與廟方共同討論,最後決議以平移的方式保留原有的舊廟體,再另建新廟。

民國八十四年社區成立「大二結文教促進會」,積極從事社區營造,民國八十六年,「千人移廟」活動,見證了社區人共同的凝聚力。移廟之後的舊廟體便作為社區居民的公共空間,「二結庄生活文化館」的概念屆此亦即成形。
「二結庄生活文化館」設於王公廟的舊廟體,此舊廟極富藝術價值及歷史傳承的意義,此建築雕刻乃噶瑪蘭第二代匠師精心之作,尤其是陳銀生師的細雕作品尤為矚目,風骨特立實為傳統文化之瑰寶。 「生活文化館」將以社區為主,每一館都有主題,中殿維持原有格局,花罩處可拉下白幕放投影片供觀賞。

平日開放給社區居民使用,或看報紙或下棋或聊天。生活館中駐有文化志工,由社區居民組成,來訪團體可以事先申請導覽,由在地的居民親身訴說這一塊土地以及人的故事。


點此

粗獷的清水梯塔鐘樓,與帶有鄉土氣息的紅磚禮拜堂,純樸的造型與質感,自1965年建造以來,一直是四結明顯的地標。走進禮拜堂內,鏤空磚孔外斜入的柱狀影,形塑宗教特有的聖潔與神密氣氛。


點此

容介紹容介紹容介紹容介紹


點此

傳說三百年前,此地有九層炊及赤榕各一棵,後來小鳥覓食其間,口術樹籽而來,長出鳥榕及五日節松,由兩頭包抄,將原生樹種吞併。樹根處有一天然石頭,神似土地公,鄉人乃虔敬禮拜。至1962年,波密拉颱風肆虐蘭陽,災後重建,土地廟因而興建。
從臺7丙公路往槍櫃城方向望去,這一棵百餘年的老榕,盤鬚糾結,樹型奇異,遠遠觀賞,有似雙鶴相含,龍虎相埒之形,當地居民視之為神木,據云樹根可以治病,樹身靈祐鄉民。
蘭陽八景中所謂『沙喃秋水』云:『磧石重重到處勻,青山四壁少居鄰。秋來積無邊闊,水色天光一鑑新。』描寫佳景,可是此處傳統農統的竹圍古厝,構成此間視野極美之景點,兼具防風、防水、防日、防盜多重功用的竹圍,點點落落,散在田中,蘭陽的農家,如此飄逸,如此任真自得!


點此

弓箭造型的路燈、紅棕褐三色及菱形圖騰等裝飾,將傳統泰雅及現代藝術融合展現。

設計相當具有泰雅文化風情的泰雅大橋,建於民國八十四至八十五年間,原名天崙大橋,位在蘭陽溪上游地區,連結三星鄉及大同鄉兩座鄉鎮,主要是為了讓大同鄉的居民到羅東地區更加便捷所建。


點此

觀音陂塘文化相當有特色,近年來轉型為蓮花田的觀光型態十分成功,每逢假日總是遊客如織,各家農場除了擁有廣大的蓮花田,還各自發展出好口碑的蓮花餐、相關商品及鄉土活動,是適合全家出遊的好地方。

南白河、北觀音已成為觀光產業的產地之一,每年五月份起蓮花盛開,吸引大批遊客和攝影師前來一親芳澤。觀音栽種的蓮花主要為觀賞品種,如大賀蓮及香水蓮,境內數十家休閒農場及蓮園,每逢假日是遊人如織好不熱鬧。

觀音的蓮花田多半集中在觀音鄉觀光休閒農園區大堀、藍埔村及草漯等兩個區域,草漯更有廣達數甲的大片蓮花田,視覺上十分震撼。觀音境內三、四十家蓮園各有特色,配合以蓮花、蓮子開發出來的餐飲服務,如蓮子大餐、蓮花沙拉、蓮花茶、荷葉八寶飯、蓮子酥等,成為遊客們全家一、二日遊的最愛。


點此

昭和12年的舊照中,利澤簡橋橫跨河道,直通利澤老街。冬山河截彎取直後,老橋拆除了,逐漸淤塞的河道被填平成新生地,只餘建於1920年,原為信用組合的利生醫院,為歷史性的地標。(命中注定我愛妳拍攝景點)


點此

國立傳統藝術中心成立緣起:政府有鑒於社會變遷快速,傳統藝術面臨後繼無人之窘境,於民國八十四年二月奉 行政院核定,將原為民國七十九年國建六年計畫中所提列之「籌設東北部民俗技藝園計畫」提升轉型為「傳統藝術中心籌設計畫」,並定位為文建會附屬機構。
民國八十五年籌備處成立,並於同年三月二十七日正式掛牌運作,成立迄今,除致力於中心的新建營繕工程外,在面對傳統藝術快速凋零的現實情境考量下,將中心設置的任務提前作業,進行各項傳統藝術之調查、採集、整理以及技能之保存、傳習工作,期於最短時間內,奠定傳承工作的軟硬體基礎工程。

九十一年元月十六日,本中心之暫行組織規程奉 行政院核定,同年元月二十八日中心正式入厝宜蘭園區掛牌運作,並陸續進行一系列開園啟用活動,成為統籌全國性傳統藝術相關業務的專責機構。 傳統藝術中心位於宜蘭縣五結鄉冬山河下游,與冬山河親水公園僅一何之隔,經濱海公路(台二省道)可直達園區。園區佔地二十四公頃,依傳統戲曲、音樂、舞蹈、工藝及民俗雜技之需求籌建,有二十一棟建築及景觀區,有關硬體建物空間配置如下:
(一)出入口及停車場區:即傳藝大道(含南北向與省道台二線連接之出入口)、中控室及管制口、傳統戲曲展演區售票入口、傳統工藝推廣區入口、機車停車場、小客車停車場(含通往戲曲及工藝區之入口二條人行道)、大客車停車場與連結園區內外道路構成之交通路徑、停車空間及至園區內之人行動線所組成。
(二)行政區宿舍:即行政中心、學員宿舍、藝師住所、交誼廳、員生餐廳等所組成。
(三)傳統藝術傳習區:由戲劇館、曲藝館、傳統工藝傳習所及圖書館所組成。其中戲劇館內包含傳習、排演空間;曲藝館內也提供傳習、研究、教學等空間;體育館亦可兼為戲曲排演空間。
(四)傳統戲曲展演區:戲劇館、曲藝館、展示館及戲劇館、曲藝館間之臨水實驗劇場、戶外廣場等。
(五)傳統工藝推廣區:即展示館、廣孝堂與民意街坊上之傳統工藝坊、童玩坊及文昌祠、廟埕廣場、戲台、傳統小吃坊、黃舉人宅及遊客服務中心等。
(六)景觀體驗區:即南北閘門、溼地、內河道、野外廣場(作為傳統雜技、民俗體育及大型表演場地)、民俗植栽園(以工藝性植栽為主)、自導性步道與污水處理場等。 (惡作劇之吻2、命中注定我愛你拍攝地點)

本景點為無障礙設施景點:


點此

宜蘭縣氣勢恢宏、神威顯赫的宗教聖地─草湖玉尊宮;坐落於海拔150公尺山麓,緊鄰三星鄉、離羅東鎮約8公里,位於冬山鄉西北方之草湖山。各地香客可由羅東往三星〈台七丙縣19.5公里〉大隱派出所前,經循上山道路即可抵達。
沿路青山蓊鬱、綠蔭成趣;景色宜人、心曠神怡,途中依稀可見玉尊宮巍峨坐鎮於山脈蜿蜒、鍾靈毓秀之中,群山來朝、層峰疊翠大有龍鳳來儀之姿。
天青氣朗時,遙望孤懸於碧波萬頃之上─龜山島;宛如靈龜葡匐朝天獻瑞。 溯自民國32年〈1943年〉,時值日據時代二次大戰末葉,戰況轉趨激烈;當時三星鄉行健村民為祈神威加佑,裨能化險為夷,遂組織神明會共同雕塑 天公聖像;於10月25日開光奉祀,澤蔭閭鄉、為民依止。

玉尊宮齡僅一甲子,但於先賢及歷屆委員共同努力經營下,神威赫奕、聲明遠播;殿宇巍峨、氣勢輝煌。現今於正殿奉祀 玉皇上帝、玉靈太子;偏殿配祀玄天上帝、三官大帝、東華帝君、瑤池王母、九天玄女、關聖帝君、文昌帝君、孚佑帝君、南斗星君、北斗星君及太乙救苦天尊等列位神祇,威靈顯赫、澤被眾信,於今諸方大德絡繹於途,香煙裊繞、氤氳不散,蔚為蘭陽地區信仰中心之一


點此

合併邱吳成圳及長慶源圳的萬長春圳閘門,建於1952年,是安農溪下游重要的水利設施,河道寬敞,漁源豐富。閘門旁的公園內有「澤廣春長」紀念碑及八角涼亭乙座,留下許多人青春浪漫的足跡。


點此

稻草~常被用來紮成稻草人、疊成草垺、利用織草包機織成補捉小鰻魚用具,或編成其他各種器具,是農家再平常不過的東西了,但是珍珠社區卻可以讓稻草變成美麗的藝術品喔!創作者的巧思讓人讚嘆.....
珍珠社區從民國七十七年五月設計興建社區活動中心開始推動珍珠發展工作,後來成立珍珠休閒農業區,區內有稻草工藝館及珍珠風箏館,展示多樣的鄉土工藝,來一趟珍珠社區不僅可以體驗農村生活及享受民宿的鄉土人情,感受一下傳統的疊草垺活動,及藝術的彩繪草垺之美。 珍珠社區位於冬山鄉偏東、冬山河中游兩岸,隔鄰有南興、補城、武淵、群英、永美、太和等村,全村面積約為二.五O五平方公里,貫穿本村的冬山河為境內重要資源,加上緊臨冬山河森林公園,故自然資源雄厚。社區內係以種植水稻為主,種植蔬菜為副,區內美麗的田園景觀可正適合發展文化、休閒農場、民宿等觀光產業。珍珠社區古稱【珍珠里簡】,位於冬山河中游沿岸,係平埔族噶瑪蘭三十六社之一。
【珍珠】一詞之由來有二種說法,一是珍珠社區位於冬山河中游沿岸,早期有一港口經常有船隻來往於東南亞等地,並帶回許多珍珠、瑪瑙回珍珠社區,因此,在港口附近土地均能輕易撿到珍珠、瑪瑙而得名;另一說法是珍珠里簡早期社區由於沒有環境污染,社區內田地及水溝經常有許多燒酒螺的蹤跡,平埔族語音珍珠,因而得名。

珍珠社區從民國七十七年五月設計興建社區活動中心成立社區理事會,並推選李振財先生為理事長開始推動社區發展工作,民國八十三年二月組織調整為珍珠社區發展協會,民國八十三年十二月廿四日社區活動中心落成,八十八年四月八日由現在珍珠社區發展協會理事長為李後進先生接任,開始運用社會工作專業推動社區營造,九十年五月十四日聘用永續就業工程人力,開始發展社區產業-稻草工藝,並獲內政部評定為優等社區,九十一年十一月推動成立珍珠休閒農業區推動管理委員會,整個社區由於大眾的努力,從無到有已有一些基礎,現在更須凝聚眾人的力量,全力推動社區工作。


點此

早期時,宜蘭地區的壯圍鄉、三星鄉及冬山鄉等區域皆以農業為主要經濟活動,宜蘭農田分布廣闊,稻穗成熟收割前,大地一片金黃,美不勝收。秋作休耕,水田仍覆水涵養,相映天色,此時的宜蘭農村似如澤國。休耕時期部分農田引入綠肥滋養,如種植太陽花、波斯菊,故而遊歷農村,時有花海驚豔。
然而農田整地時更可見到千百白鷺鷥覓食其間,農民也會收集稻禾去穗堆高,做成類似三角錐的形狀,稱為「草垛」,此時金黃色的草垛與遼闊的綠地營造出唯美的景色,相當具有農村特色,形成大氣的「草垛大觀」。現今因農業技術發達,草垛成為具有觀光效益的懷舊農家景觀。


點此

從楊士芳紀念林園,沿左彎右拐的巷弄漫步到社福館,登上樓或走上屋橋,西場大片風景隨即撲面而來。這棟居民口中奇怪的陸橋,既現代,又是老早就在那的熟識老屋,韻味深長。


點此

青山綠水,梵唄鐘磬,香煙繚繞,遊客如織,是三清宮最好的寫照!三清宮位於得安村的梅花湖南面山坡上,為中華民國道教總廟,供奉玉清元始天尊、上清靈寶天尊、太清道德天尊。三清宮的建築,宏偉富麗,黃瓦紅柱與寬敞的空間和迴廊的設計,最能突顯傳統宮殿的特色。廟前的廣場則可盡收梅花湖的秀麗景致。
梅花湖的謐靜幽雅,廟宇湖泊,相映成趣,直如世外桃源,宮裡終年香煙繚繞,遊客如織。一九七○年,陳故縣長進東實現其早年二二八事件時逃難誓言,無價提供私有土地,配合地方熱心人士成立三清宮興建委員會,以陳進東、許萬枝、陳進富、林莊旺、蔡拖、吳木枝等為主體之興建委員會,聘請白土炎為總幹事,黃姓煌負責整座廟宇的設計規劃及監工,積極籌措經費,進行施工。
同年年底,中華民國道教會指定三清宮為道教總廟,供奉玉清元始大天尊、上清靈寶大天尊、太清道德大天尊。 陳進東先生擔任名譽主任委員時,曾富有哲理的講出「永遠未完成的事業,才是偉大的事業」,來評比三清宮的建設事業,同時,他又期望所謂三清,應該是「天清、心清、時清」,從個人修養到社會涵養到國家生養教訓,層層推擴。而當我們頂禮膜拜之時,心中自有一份汩汩清泉流過!


點此

陳忠藏美術館位於冬山鄉梅花湖風景區,四周田園散村,遠望山巒層疊,不遠連到碧湖水畔,因而使得尋訪美術館的路程,成為一趟宜蘭鄉郊山水美景的旅行。創辦人陳忠藏先生畢生從事美術教育與創作,向以拓展本土美術創作環境為職志。

本館的創建,包括位址選定、建築與庭院設計、展場佈置、各處景觀雕塑與標示,皆是陳忠藏先生的精心藝作,處處呈現他獨有的藝術風格。


點此

綠鋼屋頂、洗宜蘭石、舖閩南紅磚的演藝廳,以深具宜蘭風味的美姿,玉立於中山公園畔。水榭垂柳,絃歌不輟,成為宜蘭都市更新計劃中的橋頭堡,在未來舊城復甦與發展中,無疑將扮演催化的角色


點此

昭應宮是宜蘭縣目前惟一的國家三級古蹟,位於宜蘭市中山路上,即清代噶瑪蘭廳的中心點上,自清嘉慶13年(1808年)建廟以來便是信仰中心,更成為官府公告,民眾聚會、閒談的場所;日治時期的文化協會及民眾黨,還一度利用宮前廣場舉辦講座,宣揚民主思潮。現今在宮前壁上還可以見到宜蘭各地歌仔戲的表演消息。

昭應宮主祀媽祖,初建時依傳統坐西朝東,面向大海,有佑護海上生靈之意。到了道光年間,整座廟宇搬到對面,並擴大格局為三殿式,但其方位卻改為坐東朝西,成為台灣惟一面山的媽祖廟。改向的原因眾說紛紜,民間傳說廟宇轉向會改變當地的文運,而昭應宮改向後,便在1868年出了首位進士楊士芳。本宮格局狹長,面寬只有三開間,進深則由廟埕、三川殿、前庭、正殿、後庭到後殿,深達60多公尺,今天的廟宇格局,大體保持道光時期的型式。日治時期,昭應宮歷經數次重修,但其木雕石刻仍保持道光年間的原貌,是本宮的藝術之寶,尤其三川殿檐下的龍柱、青獅、石枕、壁堵為精采絕倫石雕的繁紋華飾,及門堵的細木雕刻,著實令人嘆賞。後殿二樓則供有開蘭三大名臣楊廷理、翟淦、陳蒸的木雕人像,四時祭祀,展現出宜蘭人吃果子拜樹頭的淳厚民風。

其他古物如數方古匾等等,也都增添了昭應宮的光采, 此地是宜蘭信仰文化之重鎮,亦可見宜蘭人對開蘭先賢的緬懷之情。並匯聚了宜蘭人淳善虔誠的信仰,喜愛踏勘古蹟的民眾,千萬別忘了到昭應宮一遊。


點此

宜蘭孔廟,始倡建於一八六八年,開蘭進士楊士芳同治七年新科及第,載譽返鄉,為倡導文風,獎掖後進,登高號召鄉紳富商,有錢出錢,有力出力,共同興建,歷時十年,完工落成,促使地方教育勃興,蘭陽學子勤奮思學,登龍有術。 一八七五年(光緒元年),噶瑪蘭廳改制為宜蘭縣,縣設儒學,更增強讀書風氣。
宜蘭孔廟的建築形式被學者譽為「全臺最美的大成殿」,歇山重檐式的檐線弧度十分優美,整體建築宏偉高聳,可惜於二次大戰末期,因戰火摧損而拆毀,原址在今宜蘭市新民路中央市場,僅餘康樂街的一堵矮牆而已。

臺灣光復後,於北門外按原有大成殿規模予以重建,廟內仍有泮池、東西廡等建設,立於光緒七年的「臥碑」,乃清廷禮部刊佈,用來曉諭生員,讀書在於明禮,福國先於利民的仕人思想規條。
孔廟祭典皆在春秋兩季,尤其九月二十八日孔子誕辰,六佾舞于庭,學子爭拔智慧毛,為全年中最熱鬧時節。孔子為平民教育之倡導者,其有教無類精神,表現於建築上,乃以屋脊之梟鳥浮雕為代表;而楹柱、門樓皆未刻寫文字,則意謂孔子為思想巨擘,後人不敢賣弄也。


點此

1997年3月完工啓用,公園般的行政大樓,佔地約2500坪,是宜蘭縣治史上第3次的遷建。為呼應時代脈動,大樓設計以親民化、藝術化、公園化、本土化、智慧化為內涵,營造水與綠舒適親和的空間。


點此

鑑湖陳氏是聚族拓墾戶成功的範例。枝大葉茂,人才輩出。如建於1850年,園林格局完整;有祠堂、四合院、池塘、書院、以及氣根冒出成峰的落羽松園,與附近的空軍機堡,蔚為人文意涵濃厚的歷史空間。


點此

宜蘭縣自然史教育館位在羅東國中的校園內,為一棟三層樓建物,亦是一座以宜蘭地區特殊的自然人文生態景觀的保存、研究、介紹工作為重點、具有豐富的蝴蝶館藏為特色,並且協肋省博物館及其他各地博物館,引介各類展覽至蘭陽地區展出的地方性博物館。


點此

日本人曾在南門地區建監獄、官署、兵營、法院、銀行、圖書館、學校等,展現長久殖民統治的決心。
這棟建於1896年,明治時期建築風格的木造監獄辦公室,是日本進入蘭陽平原營造的第一棟建築


點此

甲午戰爭是一件歷史大事,徹底改變了台灣的命運。 當時清朝戰敗,將台灣割讓給日本, 一些達官貴人紛紛舉家遷回大陸, 唯獨開蘭進士楊士芳等地方仕紳,留在家鄉宜蘭, 於一八九六年倡建極具意義的宜蘭碧霞宮。
碧霞宮供奉的主神是盡忠報國、還我河山的民族英雄岳飛, 為了遮掩日本人的耳目,便取碧血丹心望曉霞之意, 定名為碧霞宮,並設勸善局、樂施社,長期從事宣講勸善、 樂善好施的社會教育、福利等工作。 由於碧霞宮由仕紳們創建,又實施特殊的門生制度, 所吸收的信徒多半為公教人員,水準高而素質齊。
每年農曆二月十五日的岳飛誕辰, 舉行隆重的三獻釋典古禮及跳演武佾舞,並依例由縣長主祭, 實為全台僅見。

本宮主殿頗為簡樸,是了解傳統大木建築結構的最好所在。 主神岳飛有帝、王、帥三種造型, 代表岳飛的三種身份:生前為大軍統帥,死後封為鄂王, 道教則尊為忠孝帝君。 此外,碧霞宮尚擁有眾多古物, 也值得仔細鑑賞,發思古之幽情。


點此

「宜蘭產業交流中心」為宜蘭旅遊、文化與農特產業結合再發展的基地。展示館分為紅磚屋迎賓客廳、旅遊服務中心。紅磚屋迎賓客廳 每週二休館已於90年登錄為歷史建築物的紅磚屋迎賓客廳,係由糧食局倉庫轉型而來,為窺探宜蘭的「窗口」,內部設有文化藝術主題展覽,戶外鐵樹廣場可欣賞展演活動,結合週邊各具發展潛力空間,使其具備資訊提供及停留、運轉功能。

旅遊服務中心 全年無休 宜蘭旅遊服務中心由木造日式的木工房、鐵工房改建而來, 為全宜蘭縣的旅遊窗口,館內規劃三個主題區,包括綜合資訊區、旅遊資訊區、文化資訊區,設置諮詢服務台、紀念品展示櫥窗、展示解說牆、視訊導覽設備及小型圖書室等,透過中心引介特色主題、多元遊程的優質旅遊線,創造深度體驗、親臨消費的全方位行銷網路,達到以服務品質為目的之旅遊資訊水準。


點此

在宜蘭市中山公園內的東南側角落,有座造型典雅肅穆的石砌碑塔,碑體下方刻著設立此碑的緣由,上方則有「獻馘碑」三個大篆字; 為了見證一段從戰爭到和平的歷史, 靜靜矗立在那裡,已有將近百年的歲月,成為歷史性的莊嚴地景。 原來宜蘭高山上的原住民族泰雅人, 曾有出草獵首的習俗,尤其自吳沙入墾蘭地後,更以種種原因,常與漢人發生衝突,清朝數次派兵圍剿,總是徒勞無功,甚至鎩羽而歸。
到了日治時期,日軍使用新式武器,剿撫並用,恩威並施,費盡力氣終於降服了強悍勇猛的泰雅人,從此革除出草獵首的傳統,並誓言與其他族群和平相處。 當時宜蘭仕紳為了紀念心腹大患得以解除,於是籌募經費,在一九○九年,興建了這座與傳統石碑大不相同、形制頗為特殊的獻馘碑納骨塔,塔下深埋泰雅人所獻出的武器、與被馘首的235個漢人頭骨,又稱「首塚」。因此過去常有人來此碑前,焚香祝禱,祈求開蘭英靈保佑,和平長駐人間


點此

新縣議會大樓面向雪山山脈,以下窄上寬,極其陽剛造,挑高俯視縣府大樓,監督意味強烈。但雄偉的外型上,卻頂著柔波的屋頂,大廳則親民開放,鄉土意象濃厚,呈現出閩南磚造特有的醇厚氣氛。。


點此

宜蘭酒廠歷史悠久,前身為宜蘭士紳林青雲等34人於1910年民國前2年所創立。後經日治、專賣到現在的宜蘭酒廠。
古稱宜蘭為蛤仔難、噶瑪蘭或甲子蘭,酒文物館以甲子蘭為名,除凸顯酒廠歷史之悠久,也藉此推廣本廠以甲子蘭為註冊商標之產品。本館由舊材料倉庫所改建,有老建築的特色。 由好幾十年老酒甕所堆砌的酒甕牆是文物館所給人的第一個印象,一樓的大廳展示著各種酒香副產品及多種美酒,沿著木梯上樓參觀,有細訴著百年老酒廠的歷史走廊,及提供了一個極佳的教育機會,告訴你製酒流程,還可以了解酒與人類的生活,酒與文化的關係。

除此之外,還有多項介紹,例如,你對酒了解多少?可到答客問遊戲區看看你是不是酒博通!如果您想更加了解酒的種種,可到多媒體簡報室在最短時間內,得到詳實簡約的資訊。 宜蘭酒廠最出名的是紅露酒可別忘了到一樓品嚐,酒廠特製的美酒及酒香製品有酒頭清冰、金棗酒冰、酒果凍、酒蛋、紅麴香腸等,還有金棗酒是宜蘭才有的,而這些也是饋贈親友的好伴手。


點此

位居宜蘭縣文化中心三樓的宜蘭縣史館,是台灣第一座以史料的保存和發揚為目標的文化機構,雖然它的空間與財務條件有限,卻建立起一個縣內文史專業的工作網絡,有效的整合關心宜蘭歷史的人力與資源,扮演著宜蘭文化立縣的重要角色。


點此

建於1906年,曾是宜蘭歷任行政首長的官邸,與縣政府隔牆並立,佔地 800 坪,建築空間74坪,在縣長官邸取消,縣政府拆遷,舊城改貌之際,本館開創出一個兼具鄉土歷史、知性教育及休閒的空間,展示內容有五大主題鋪陳宜蘭設治進200年的歷史、文化與社會變遷 。
設治紀念館的是一棟和洋式建築,建造用的檜木均是當時太平山的檜木,日治時代,這裡是宜蘭郡郡守的宿舍,當時的郡守多由日本人擔任,楊基詮為第一個由台灣人擔任的郡守,光復後這裡由國民政府接收。

內部陳列的東西主要涵蓋了三個時期的文物史料,第一是清朝的噶瑪蘭廳時代、第二是日治的宜蘭廳時代、第三則是光復後迄今的宜蘭縣時代。


點此

宜蘭的文化石磨-宜蘭縣立文化中心,於一九八四年正式啟用,長期以來,文化中心結合各界人士,不辭辛勞的磨出豐腴的文化米汁,滋養了宜蘭人的精神生活。文化中心位於宜蘭市的西南區,廣大草地上一幢土黃色的巨大建築,原本建築師設計了有圍牆的建物,要與外界隔絕,前縣長陳定南堅持反對,才改變成今日與周遭環境打成一片、開放自在的模樣。晴朗的早晨和黃昏,文化中心外的大草坪,是休閒運動者最喜愛的運動場,放風箏、玩飛盤、打搥球、練拳、舞劍、慢跑、散步等等,各種運動不一而足。夏日晚上,到文化中心欣賞野台歌仔戲,也是一大享受。
本中心擁有兩個特色館,其一是台灣戲劇館,將發源於宜蘭的歌仔戲,完整的呈現出它的流變;此外,本中心附屬的蘭陽戲劇團、蘭陽國樂團、蘭陽兒童劇團、蘭陽兒童合唱團、蘭陽現代劇團,更是讓全體縣民深感驕傲,而將文化中心視為全體縣民的最愛。其中81年9月28日成立的蘭陽戲劇團,為全國首例。

「台灣戲劇館」位於復興路宜蘭縣立文化中心內,此館以收藏歌仔戲相關事物為主,傀儡戲為輔的,館內收藏豐富,對於台灣民間戲劇、地方音樂的演變、保存、研究及推廣,做了詳井的介紹。館內並設有透明片文物區、傳統戲台及本地和現代歌仔戲劇場的模型,並有視廳室、曲調介紹區,讓參觀者透過不同方式輕易瞭解歌仔戲。 • 歌仔戲 以民謠小調為基礎,並吸收其他劇種的音樂、身段、服飾、道具而形成的閩南語歌唱劇,是台灣最受歡迎的傳統戲劇。 • 傀儡戲 由人操作戲偶表演的戲劇形式,中國古代即已盛行,其種類多,台灣則僅見懸絲傀儡一種。


點此

宜蘭縣議會新縣議會大樓面向雪山山脈,以下窄上寬,極其陽剛造,挑高俯視縣府大樓,監督意味強烈。但雄偉的外型上,卻頂著柔波的屋頂,大廳則親民開放,鄉土意象濃厚,呈現出閩南磚造特有的醇厚氣氛。

宜蘭縣政府 1997年3月完工啓用,公園般的行政大樓,佔地約2500坪,是宜蘭縣治史上第3次的遷建。為呼應時代脈動,大樓設計以親民化、藝術化、公園化、本土化、智慧化為內涵,營造水與綠舒適親和的空間。 宜蘭地方法院  臺灣宜蘭地方法院即將啟用的新廈,坐落在縣政中心,佔地八千一百四十坪,建物四千四百坪,與同樣典雅寬廣的縣政府及縣議會毗鄰,形成行政、立法、司法鼎立護持縣民的格局,為宜蘭邁入法治國境界的重要象徵。院宇四週圍繞著廣闊的綠地、可期待規劃完善的公共設施;輝映著遠方清新的青山雲影,營造出莊重又可信賴的親和空間。 宜蘭縣史館是蒐藏、記錄、研究、推廣宜蘭歷史的地方。它提供一個既安全又集中的史料保存環境,只要你願意,隨時可以來這裡尋寶;它也可以配合學生的戶外教學,扮演第二歷史教室的角色;它更是一個「人與歷史交會的空間」,不管男女老幼,都可以在這裡接觸歷史、感覺歷史,互相對話,尋找自己的身世與故事。  

館內典藏,以公文檔案、教育史料、日文剪報、家譜訃文、以及文獻手稿等最具特色。宜蘭縣史館並與各界合作,進行各種調查紀錄與研究出版,且舉辦展覽、研討會及研習營等,提供民眾深入淺出的本土歷史教育。  十多年來,縣史館以「鄉土的、歷史的、開創的」經營目標,喚起民眾對地方歷史的重視,為地方史料館的經營奠立基礎。成立時間:1992年元旦成立籌備處,1993年10月16日開館


點此

宜蘭縣旅遊服務中心位於宜蘭火車站左方約20公尺的宜興路上,原為台灣鐵路局運務段辦公室,建於西元1959年,負責宜蘭線、平溪支線等貨物、旅客之營運,西元2005年整修。辦公室後方有一防空洞,為戰爭時的遺物。本館經黃聲遠建築師設計規劃後,保留原建築外觀並依照宜蘭九芎樹之形狀規劃室內樑柱,是最有宜蘭當地傳統特色建築之一。

服務中心是一間可以坐遊宜蘭的小屋,作為宜蘭旅遊的資訊窗口,推介宜蘭觀光景點、主題旅遊、節慶活動、食宿交通等展示、諮詢和各種服務。館內設有旅遊服務台,由縣府派駐服務人員,為來往宜蘭車站的旅客們提供旅遊諮詢、DM索取、紀念品展示(不販售)、旅遊書籍現場閱讀、公共觀光旅遊資訊的服務。館內另設有宜蘭公用資訊站、生活e指通、館內英文語音導覽、免費無線上網等服務提供遊客使用,並有燈箱圖文介紹宜蘭縣各旅遊景點及文化節慶特色,以及媒體播映設備播放觀光旅遊導覽影片,片長約為20~40分鐘,有意觀賞者請洽櫃台人員。


點此

東澳國小建於1984年,陳定南縣長主政時,委由陳志梧建築師設計。這棟近乎20年以前的作品走在時代前端,材料控制得非常細膩,十分具有鄉土尺度。這種地域人文風味的基調與美學觀,是宜蘭正在走的方向。


點此

原名宜蘭神社,建於1918年,為日治時期皇民化運動的代表建築,光復後將日式改建為中式祠堂,更名忠烈祠。1998年修復,增添展示空間,還給民眾一個休憩、緬懷兼而有之平民公園。


點此

員山福園基地舊稱蜊仔埤,山巒疊翠,極富地形變化、天然湧泉湖埤和茄苳老樹等環境美質。以原地景為基礎配置新建築群,營建出園林般幽雅、安祥的空間。在此,環境的新與舊之間,一如人的生與死,是有機的延續。


點此

員山公園是員山最具代表性之地方,也是歌仔戲歷史文化的傳承所在,周圍涵蓋忠烈祠、溫泉戲水、環山步道等區域。
員山鄉名的由來即因員山公園內忠烈祠所在位置這座山狀如圓頂山而命名之。員山公園於民國八十五年整修完成,設有展演台、兒童安全遊戲區、早期日本神社改建的忠烈祠及環山步道....等多項遊樂設施,並且結合當地員山國小,形成景觀優美的開放式空間,適合全家大小一同遊樂的好地方。
公園的規劃著重在反映歷史足跡,沿著步道配置了入口廣場、拱橋、水池等紀念性的空間設置。園內草木扶疏外,幅員遼闊,彷彿一座美麗的人間仙境,小橋流水在蒼鬱的樹木陪襯下,如同一幀名家的畫作。

步道是員山鄉民及宜蘭市民晨間運動的好場所,配合公園的優良設施,經常遊客如織,每每到假日總隨處可見野餐、放風箏的家庭在此野餐、休憩,是一處家喻戶曉的景點。員山是傳統戲劇的故鄉,公所的細心規劃所成立的『員山公園』,結合了傳統與藝術、人文與教育,成為一個具優美意像的開放性公園,有機會到此一遊,只要您能駐足欣賞,相信您能領略道另外一種不同的風情。


點此

據記載,歌仔戲的發祥地員山鄉頭份村,有棵推測樹齡已有千年的大樹公,大樹公為茄苳樹,可惜後於颱風天災中攔腰折斷。據說大樹公在最為健壯的時期,樹高十四公尺,樹冠幅達三十平方公尺,樹圍九.四公尺,需要六、七人才能環抱。現今的大樹公仍展現其強韌的生命力,當地民眾將大樹公圍上紅布,並設置大樹公廟,廟內供奉著大樹公、土地公及觀音神祇,為當地居民信仰中心,香火鼎盛。


點此

頭城是開蘭第一城,而和平街則是頭城最古老的街道, 在清代一度成為蘭陽平原最重要的經濟中心, 於今卻是宜蘭地區碩果僅存的老街。 漫步其間,回想當年的繁華景象,感受興盛與衰落盡的變化,真是一種難得的體驗。 南北走向的和平街,原是一條因河運而發展出來的街道, 東邊濱臨頭城港,曾可北通烏石港, 南出打馬煙,帆檣林立,盛極一時,當地居民在老街南北兩端, 各蓋了一間面向街心的福德祠, 以堵住財氣。可惜好景不常, 一九二四年的大水,埋沒了頭城港, 再加上公路、鐵路的開闢,經濟中心轉移,使得老街一蹶不振。和平街北段頂端的北門福德祠, 是老街的守護神;往南的長排平房, 便是清代船頭行的遺址十三行; 再往南則有混合各種建築風格的「139號」盧宅、及盧宅對面已成一片池塘的頭城港遺址。

日治昭和時期精緻建築的「129號」吳宅、「121號」新長興樹記; 老街中心點慶元宮的三川殿仍保存早期石雕的古樸原貌。南段「51至61號」的源合成與陳春記, 則是氣勢不凡的日治大正時期建築;南段盡頭為南門福德祠。 放眼已經走過歷史榮枯的頭城老街, 正猶如走過一段台灣建築滄桑史。頭城老街,為我們留下一段珍貴的文化資源。


點此

一九○○年(明治三十三年),北宜公路鑿通。在穿越湖底嶺的67公里處,宜蘭廳長西鄉菊次郎曾刻有「湖底嶺開路碑」,篆額「平塹雲開」,記載當時開路的艱辛過程,後人便稱立碑處為「石牌」。
北宜公路盤旋於大、小金面山,至最高點的石牌,共計九彎十八拐。登此觀景,在晴空萬里之際,則大洋龜嶼,盪胸豁目,蘭陽平原,盡入眼中;若遇雨霧漫天,即令人產生一股屬於蘭陽特有的氤氳與縹緲感受。
由於景觀氣勢萬千,一九五四年,被選定新蘭陽八景之一,自古以來,是騷入墨客吟詠歌頌的最佳勝景。諸如:楊廷理「金面翠開雲吐納」、「天然佳境開金面」;李康寧「山開金面石碑崇,俯瞰蘭陽入眼中」;盧世標「巍巍金面鬱籠蔥,俯瞰重洋眼界空」等,激賞金面山佳景,不絕於書。。


點此

大溪國小佔地1.4公頃,山面海與龜山島相望,是座極富自然地景海濱校園。尤其是1918年設校時所植的榕樹群,樹高葉密,枝椏交纏,加上紅瓦白牆的美校舍,讓人有置身林園的溫馨感受


點此

頭城盧宅是個既多元又特殊的歷史空間。早在清代,盧家即擁有進出口的十三行郊。門前大池塘,1924年頭圍港淤塞以前,船隻可以直達,盛極一時。而盧家這棟混合多種風格的美麗宅第,到今天仍屬稀有。


點此

它是目前世界第一座以中國獅為主題的展覽館,館主高建文先生歷時三十餘年辛苦尋覓蒐集的兩千多件石獅文物,悉數呈現,是極具民俗趣味及藝術價值的博物館。


點此

頭城開蘭東路上的天主堂,建於1960年,又稱伯多祿堂,是宜蘭地區唯一的圓頂拱門式建築,半圓屋頂因年深日久,平添古典的翡翠色澤,彌足珍貴。


點此

漢人入蘭第一古廟的慶元宮為典型的漳州廟宇。樸拙的三川殿,保留早年的石雕原貌。
正門石刻門聯以罕見的「爾雅」紀年法落款,頗具歷史價值。廟前廣場是「宜蘭二二八事件」的發生地,北負著時代的傷痕。


點此

螃蟹標本展示館座落於頭城北方的北關生態農場內,是農場附設生態展示館中首先設置的一個展示單元。館內目前展示由大溪漁港上岸以及台灣各港口海域生產及海拔1900公尺至深海600公尺的螃蟹、蝦類及其他甲殼動物的標本,約一千多件不勝枚舉


點此

早期抵達蘭陽平原開拓的先民,有的因戰爭、天災及疾病等多種原因喪生,搶孤活動是對先民的崇敬。

宜蘭頭城的「搶孤」活動流傳至今已有兩百年的時間,具有多重的意義象徵,可說是最驚險刺激的民俗活動,參加隊伍以五人團體合作的方式,攀爬在布滿厚厚牛油且高於十層樓的孤棚上,每一步都得要小心謹慎,就像是早期先民拓墾時的艱辛,不僅是傳統民俗,也是一項精采的表演,藉此來表達對天地鬼神的敬畏,並在搶孤活動結束後將祭品分給生活困苦的人。


點此

九龍山白鵝湖玉清宮宮貌巍峨宏偉,主祀玉皇上帝, 肇建於民國六十五年, 一樓為朝儀會館, 二樓為禪房, 三樓為道祖殿, 四樓為玉皇殿, 香火鼎盛, 神威顯赫, 信眾遍佈全國各地. 九龍山, 九脈山崙枕臥, 狀似九龍環繞, 氣勢雄偉;
本宮背山面水, 宮的下面即白鵝湖, 白鵝湖清澈如鏡, 五彩祥雲即在眼前; 本宮左右各有四脈山崙, 氣勢非凡, 猶如君臨天下, 視野遼擴, 近瞰蘭陽平原, 良田千畝, 遠眺東海岸, 碧波萬頃, 風景秀麗, 美不勝收. 九龍山白鵝湖玉清宮地址: 宜蘭縣礁溪鄉白鵝村柴圍路48-8號, 在蔣渭水高速公路頭城交流道下來, 左轉台九線(即礁溪路)進入礁溪市區, 沿台九線往宜蘭市方向行三公里, 見路邊白鵝塑像, 右轉柴圍路再行1.5公里就抵達玉清宮; 或從宜蘭市方向沿台九線往礁溪方向行5公里, 見左邊路旁白鵝塑像, 左轉柴圍路再行1.5公里就到達玉清宮.


點此

礁溪協天廟是北台灣最大、最重要的關帝廟,其分靈廟也遍及北部和東部各地。協天廟建於清嘉慶9年(1804年),廟中主祀關公,因宜蘭、基隆一帶的漳州人又稱關公為「協天大帝」,故宜蘭的關帝廟皆稱協天廟。
每年農曆正月13日,關聖帝君成仙飛昇吉日,鄉人便以龜祭儀禮的方式酬謝神明護佑之恩,並祈求來年平安順利,這項乞龜拜拜每年都吸引了成千上萬的信徒,是相當具有代表性的。而農曆6月24日為關聖帝君的聖誕,由此分靈到各地的神像都要回來進香,由於分佈廣闊、人多事雜,每一尊神像進殿時便馬上編號入座,此時大殿供滿千百座關帝君神像,可謂奇觀。

協天廟氣象巍峨莊嚴,建築金碧輝煌,廟前原有一座歷史悠久的古老戲台,是台灣僅存惟一的大木結構戲台,其屋頂屬歇山重檐式,是較尊貴的建築型式,加上高突的地面台基,更突顯非凡的氣派,現在雖已拆除,但廟方預定在寺廟後方忠義大樓旁,以原來樣式、建材重建戲台。


點此

台灣戲刻館座落於宜蘭縣立文化中心,是台灣第一個公立地方戲劇博物館其外觀平實,內部陳設台灣味十足,它以3000件戲刻文物典藏、生動的劇場模擬、豐富的活動經營,凝聚著台灣戲味的精華;不但為台灣民間戲曲留下珍貴的文化資產,也是供一個了解地方戲劇的絶佳舞台。


點此

碩果僅存的礁溪石板橋,位於古早噶瑪蘭族聚落的武暖,曾是清代礁溪通往宜蘭的官道,在現今的礁溪鄉四城車站後面不遠處。
石板橋長約四公尺、寬約二點六公尺,石材有說是壓艙石,亦有說是澳底石,石板與石板間是以榫接方式銜接成一穩固的結構,原本用六塊長石板鋪成,後來增寬橋面用水泥長柱將石板隔開。 據說,以前石橋下水道面寬且深,可行舟,橋面中間凸起,橋面向兩側傾斜,而武暖石板橋是因武暖港而得名,當年先民可從武暖乘舟經卅九結連接二龍河出海。
在武暖石板橋的東北端有座福德廟供奉福德正神土地公,傳說係吳沙氏族開墾蘭陽之初所供奉的。廟旁更有一棵古榕,綠蔭華蓋,不時可見鄉民在樹下,對弈話家常,是幅甜美的農村景致。

1891年(清光緒十七年),當地居民曾重修石板橋,在橋旁立有『重修石板橋捐款銀員碑』,碑材因為質地堅硬,後來常被附近耕作農民作為磨刀石,久而久之,碑上緣與右側都磨出彎月狀凹痕


點此

呂美麗精雕在國內曾得到許多獎項,藝術創作也受到各界的肯定,所以設立蘭陽地區第一個以精雕(木雕、金雕、玻璃藝術)為主體的多樣化藝術館,本館以雕刻創作為主,在媒材方面有木雕、金雕、以及玻璃藝術。展出的作品以「蘭花」、「鄉土」、「佛」系列為主題,並且在欣賞精雕作品之餘,招待咖啡或茶飲,使來到本館參觀的來賓,有賓至如歸之感。


點此

金棗生長、利用的圖文展示以及金棗蜜餞的展售。


點此

為舊有之礁溪公園(圓山公園)所改建而成的,86年12月18日正式啟用,位在礁溪火車站北方約500公尺處,園內林蔭夾道,為民眾休閒遊憩之處,在園內並設有「礁溪溫泉會館.遊客中心」、「森林風呂.溫泉湯屋」、「溫泉泡腳池」、「礁溪劇場」…等,全園區已於101年9月16日營運移轉予「輕車悠遊股份有限公司」經營,為期10年。
◎遊客中心共計三個樓層:一樓除提供遊客觀光資訊、食、宿、交通等諮詢服務外,並定期舉辦藝文展覽活動提升園區整體美學形象;二樓為多媒體放映室,目前作為會議廳使用;三樓則為屋頂休閒室。本中心自啟用以來,對遊客提供相當大的助益,定當持續強化、更新相關服務品質及旅遊資訊,以期能發揮本中心之最大功能。營運移轉後遊客中心服務時間如下:平日-上午9時至下午17時30分,假日-上午9時至下午21時。
◎森林風呂:本溫泉湯屋自民國100年元旦起正式啟用,採日本和風式設計,泡湯池約可容納兩百人,四周保留原有自然生態的特殊環境及傳統生活型態。另溫泉質屬弱鹼性的碳酸氫鈉泉,水溫約在攝氏50度,色清無味,浸泡後,皮膚光滑柔嫩,一點也不黏膩,對腸胃、皮膚具良好的調養作用,素有”美人湯”美譽,堪稱台灣溫泉之極品!營運移轉後目前湯屋營運時間改為每日24小時營業,每日清潔時間為上午7時至9時(本時段不對外開放),若遇媒體採訪或其他事項不對外開放時,將於下方所列官網及粉絲團內提前公告,湯屋洽詢專線:03-9876-416。
◎目前「輕車悠遊股份有限公司」於園區內的營運項目如下:「一、森林風呂(溫泉湯屋)」、「二、美食饗宴(目前僅遊客中心前飲食區營運、預計未來將於礁溪劇場後方小廣場營運特色餐點及於紅磚屋營運創意料理)」、「三、下坡車(接駁、租賃服務及套裝行程,屬低碳旅遊一環)」、「四、流行藝文展演(於礁溪劇場不定期舉辦)」、「五、場地租借」、「六、遊客諮詢服務(礁溪遊客中心)」…等相關服務,詳情請依上方連絡電話,設有專人提供洽詢服務。
(官方網站:http://www.ezxsports.com.tw/,粉絲團:https://www.facebook.com/lcqcm?fref=ts)。
本景點為無障礙設施景點:


點此

相傳,早年平埔族噶瑪蘭人依二龍河而居, 當時每戶人家後院皆與河道直通, 但是卻常有孩童落水溺斃, 噶瑪蘭人便以競渡方式,驅逐水中精怪。 後來雖漢人入墾混居,卻仍然延續這個習俗。
一百八十餘年來,二龍河上的淇武蘭庄和洲仔尾庄, 兩庄村民莫不視扒龍舟為年度大事。 兩庄各有專用龍船,平時放置「龍船厝」裡悉心維護, 到了端午節, 由年高德劭者帶領祭拜點睛, 接著祭拜河神,然後才是精采的划船比賽。 依傳統,比賽時辰在午後, 參賽隊伍也只有淇武蘭與洲仔尾二隊, 庄民可輪流上陣,但不准外人及女子參賽。

比賽方式極特殊,只敲鑼、不打鼓,以站立姿勢划船, 不設計時員、裁判員、發令員,輸贏全憑觀眾和隊員自行認定, 二庄庄民卻往往自認己方才是勝利者, 因此往往是來來回回賽了十趟、八趟,仍難罷休。 這麼激烈的競賽,爭的是被庄民視為最神聖、吉利的「平安旗」, 以及那股鄉民們「輸人不輸陣」的運動豪情。 至於二龍村這種類似諸葛孔明七擒孟獲, 硬是要讓對方輸得口服心服, 而大有古風的競賽方式,真是別具一格, 也絕無僅有,令人深覺趣味盎然。
端午節,也到二龍河邊來歡喜助陣吧!


點此

吳沙為開發宜蘭的重要功臣,當年宜蘭蠻荒未闢,吳沙率漳、泉、粵三籍漢人來此開墾,初始與噶瑪蘭人常起爭端,後來流行天花疾病,吳沙以藥救助他們,使噶瑪蘭人心生感激,大家終於和平相處,奠定開蘭之基,故被尊為開蘭第一人。

其生前到此覺地勢不錯,因而建屋定居,距礁溪火車站東南方約六公里處,今之吳沙故居雖經過整修,但仍可略見百年古宅的痕跡。屋內供奉有吳沙的牌位和畫像。


點此

五福眼科位於羅東鎮菁華地段,為建於日治時期和洋風味的磚木造建築,原稱清野病院。二次戰後,陳五福醫師接手專診眼疾,遠近馳名。堅持原貌的五福眼科,為老羅東人典藏了歷史,勾勒難忘的回憶。


點此

孝威小小博物館位於宜蘭縣五結鄉孝威國小的校園內,是該校近十年推動生態教學、落實鄉土教育的成果累積,也是學校教育嘗試與社區生活相結合的一種典型。
結合了鄉土教室的佈置與教學活動以及校園周邊環境的生態經營,整體內容極富民俗與生態之特性,包括地方文物、中國結教室、生態研究中心、自然生態復育觀察區、宜馨閣掌中劇團。


點此

粗獷的洗石子牆及大片穿透的玻璃牆,俐落明快的外觀呈現都會建的美感。
學校師生說,隔著明淨的窗往外看更美。
不同尺度、層次像傳統亭仔腳的半戶外空間,分屬多元的展演活動,手法巧妙令人激賞。


點此

民國八十七年欣逢本校創校八十週年,決議集資興建具有文化傳承、史料總匯的校史館乙座,展館內具有
一、 蒐集:蒐集為本館的首要功能,對象為創校以來,與學進國小相關,具有歷史價值之文字、圖片、影音及實物等資料。
二、典藏:本館運用經規劃的空間保留原件史料,並進行數位化典藏,除了節省資料的實體儲存空間之外,也可快速檢索查詢。
三、展示:蒐集、建檔後的史料,將透過常態展及特展,提供全國民眾參觀,並將經由全球資訊網的聯結,成為地球村的一頁。
四、推廣:透過活動聯結教學、常態展及特展,提供鄉土教育資源;與社區結合,建立特色,吸引文化觀光人口,振興地方。


點此

枝葉扶疏,水榭樓臺,游魚悠遊,花團錦簇, 羅東公園在過去幾十年來,一直是學校舉辦遠足的最好地點,尤其是「忠魂碑」與「陳 純精翁紀念碑」的設立,更增加了人文歷史 的景觀。
這兒早已成為老人家聚會的場所,聽聽鳥鳴,學學蟬嘶,三五好友,奕棋觀局,靜謐中有著動躍的智慧生命。 此處寧謐的空間是羅東鬧區的唯一綠地,徜徉散步兩相宜。
而緊鄰民權路與民生 路的地帶,從日頭西晒開始,燈便通夜亮麗明晃,熙來攘往的人群自四面八方 攢聚而來,馬上帶動了整個城市的熱鬧。曾經,羅東夜市附近的街道規劃為行人徒步區,禁止任何車輛進入,但效果未 見理想。
現在為了市容觀瞻,夜市小販的販賣點 有形式劃一,規格統一的趨勢,對整體而言,是一大突破。在我們追求整齊的步調中,更應該力求業者特別注意清潔衛生,尤其更要率先做好環保,為夜市的經營樹立典範。如此,在欣賞公園的綠意後,享受夜市的火辣熱情,羅東地區居民可有福了!


點此

白米木屐館位於永春路白米社區發展協會的二樓一角,現在的展品以白米人製作的各色木屐為主,其中包括曾獲台灣手工藝獎的木屐作品。此外,對各式傳統木屐的樣式、用材與製作方法等,皆以圖文與實物詳盡解說。


點此

南安國中漁史文物室中,蒐集了傳統漁具、捕魚技法,以及漁村與漁港開拓史料,以及展列著居民捐贈的傳統漁具,如羅盤、探測機、吸引烏賊用的燈泡,撈捕珊瑚的網子等,現代漁船雖大多已經不再使用,但卻成了南方澳漁業發展史的見證。

居民也親自製作漁船模型,贈送給漁史文物室,而學生組成的旗魚陣,更常受邀參加南方澳各類慶典,也成為學校與社區結合的典範。


點此

南方澳臨太平洋,是一個極佳的天然漁港。居民多捕魚為業。西元1946年居民因感念媽祖顯靈相救遂於1950年臘月籌建南天宮媽祖廟,1952年完成大殿,1956年(民國45年)11月18日全廟落成。採南式宮殿造型是居民信仰生活的中心。

於79(1990)年請來20多名師傅打造全世界最大的一尊金身媽祖神像(全身皆為純金打造,重達200公斤)民國84年9月10日子時安座,吸引許多人來此朝拜,香火鼎盛。目前二樓尚有89年安座的玉媽祖神像值得朝拜探奇。
想吃一頓新鮮的海鮮大餐,漁港旁有許多海鮮餐廳林立,是最佳的選擇去處,由其這些漁貨都是剛從漁船下來,新鮮度更是沒話說,想買一些新鮮漁貨回家,可以就近到當地的漁貨巿場選購,順便體會一下當地的風土民情。


點此

清朝同治13年( 1874年),福建陸路提督羅大春奉命開通蘇花步道。安奉於南澳路震安宮旁的開路碑,座下埋的是戰士的枯骨。雄渾的碑文,歷歷記載著這段將士用命、宿瘴食雱,縋幽鑿險以開萬代坦平血汗歷史。


點此

自日據時代以來,南方澳一直是台灣珊瑚交易的主要中心,因而博得「珊瑚王國」之美稱。賴館長把佛教的精神融入珊瑚的雕刻創作,其作品能讓觀賞者不虛此行。

除了欣賞藝術雕工,作品意境亦可洗滌內心污垢,淨化心靈。館內的珊瑚作品在選材與構思上,亦別有新意。結合珊瑚與附著其上的岩石共同創作,作品完成後並搭配精選奇木,充分展現出作品的意境和內涵。


點此

砲台山海拔約200至300公尺, 由蘇澳鎮中山路白米橋橋頭轉入通往花蓮的9號省道,在約1公里處的右側,有條山徑可直達山頂。因頂上有清末砲台殘蹟, 所以將這座小山丘稱之「砲台山」。
優越的地理位置,使得砲台山被選為鎮守海口的軍事要地,臨砲台山,可鳥瞰三澳-蘇澳、北方澳、南方澳的風光。不過,今日的砲台山已不見砲台的蹤跡,只見重建過的砲台台基,兩座砲則存放在鎮公所內。 砲台山曾經有段輝煌的歷史故事,1884年(清光緒年間),爆發中法戰爭,蘇澳地方領袖「陳輝煌」於奉命鎮守蘇澳時看中此山地形居高臨下的防守優勢,因而在民眾的協助之下,將大砲扛上山頂,當時法軍攻打蘇澳時砲台山果然發揮了其防衛的重要地位,一舉轟退了法國軍艦。1889年,游擊鄭雲泰鑑於軍事要塞的考量,便在山上構築砲台和營房,以防外敵再犯。

日據時代日軍曾於山上建立「金刀羅比」神社及「祈願和平」碑,而今因年代久遠神社已改成「天君廟」碑文也被塗毀了,往日遺跡已不復追尋。而於清代鑄造的古砲也因風化斑駁腐蝕而移置於蘇澳鎮公所展覽室,目前放置於基台上的兩座大砲乃由在地熱心士紳集資重新打造而成。 然而,砲台山視野寬闊,向東遠眺,蘇澳港澳,盡收眼底;往西俯瞰,蘇澳街衢,一目了然。山上又有老榕數棵,枝葉茂盛,庇蔭消暑,而樹根盤旋,交錯排列,蔚為特殊奇觀。有關單位除宜善加重修史蹟外,更應爭取軍事禁地的開放,擴大景觀區的規劃與實施。如是,砲台山必成為一處尋古探幽、望海賞景的世外桃源。


點此

1959年,宜蘭縣政府在蘇澳後湖的一座山丘上,闢建軍人公墓,由於先前缺乏妥善管理,呈現荒蕪景緻。迨1985年,縣府將軍人公墓朝公園化經營,著手規畫與整建景觀,如今已成為蘭地踏青尋幽的好地點。 規劃後之景觀井然有序,佇立軍人公墓的山崗上,放眼望去, 庭園規畫對稱均勻,一片樹石花卉,四時相互爭艷。
並增加多項景觀,有服務中心詳細介紹公墓之原由,火砲、飛彈、戰車、飛機的展示,還有忠烈祠涼亭,及宜蘭軍人紀念碑等等,讓人在欣賞美麗的景色時,亦可了解先人之英勇,置身在古人、今人怡然共處的公園,提供戰爭與和平的省思。 環顧山下盆地,舊稱施八坑,是昔日開拓蘇澳地區的第一站。明媚的風光,無論陰晴或是霪雨,徜徉其間,倍感舒適。


點此

東城村林宅所在地舊稱阿兼城,為蘭陽平原上典型的農墾聚落地景。屋舍前的稱埕、巷弄、矮籬串構成鄰里間溫馨的往來空間。林宅造型在簡潔中有變化,在機能上也保持了傳統農家特色,十分精采動人。


點此

創校近百年的冬山國小,於1995年遷校。現址原是農田,水與植栽生態豐富。在學校與家長的共同願望下,預留北側公園用地廣場,引入農溝的水,營建出公園化親水的學園氛圍。


點此

「蜂采館」是全國第一座大型綜合產業文化、蜜蜂生態、蜂產品導覽之專業性、知識性、寓教於樂的蜜蜂生態育樂展覽館。更是一處最具教育性的育樂性休閒空間,可以配合各教育、學術、社團等單位,舉辦「蜜蜂生態體驗活動」。

它透過直接的接觸方式,帶領民眾認識蜜蜂生態體系的多樣性,從而瞭解蜜蜂對自然環境與人類的重要性。另外它還藉由蜂產品的現場DIY活動,提供一般大眾親自體驗如何收取蜂蜜、蜂王漿…等的經驗,見證國產蜂產品「產、製、銷」的過程與品質,增進大眾對國產蜂產品的喜愛與信心,營造養蜂農業新形象,增加產業新活力。


點此

慈林紀念館原為慈林基金會創辦人林義雄、方素敏夫婦之舊宅,為紀念母親與雙胞胎女兒而成立,主要以展示三個不同時空的歷史意義之文物,藉以揭示生命的課題。 是台灣社會運動保存最完整的展示空間,詳細紀錄當時228事件的原由、經過。文教中心並設有演講廳、研討室、閱覽室、台灣社會運動史料中心與住宿客房等資源設施。


點此

「九月九,風吹滿天哮」,農曆九月,台灣吹起著名的「九降風」(無雨的北風),在那秋收冬藏的農閒時節,人們以放風箏為娛樂,漫天飛舞的大小風箏,構成一幅美麗的田園景致。這種往日農村生活的閒情愜意,如今您來到宜蘭縣冬山鄉也都能輕易享受得到。

冬山風箏館室內空間佔地面積約100坪,主要分為五間主題展示室,有系統地把館藏風箏依照型式、產地、習作過程,分門別類對外展示。館內也收集各種與風箏相關的成品、文獻資料與昇放圖片等。在相關附屬支援空間方面,冬山風箏館內部設有視聽教室,可播放多媒體影片及進行校區視訊系統教學。


點此

羅東農村文物陳列室以農村文物為主要展示容。各地農友捐贈的農村生活與生產器具,依春耕、夏耘、秋收、冬藏的主題,陳設在玻璃透光的展示空間裡。展示方式平實簡易,卻帶給人最直接而真實的印象。

在陳列室後方、佔地約2公頃的市民農園,提供了4500個小園圃給非自耕農的市民承租使用。是一個兼具農園休閒意趣的,農事操作與體驗場所。


點此

烏石港遊客中心九十二年年初落成。內部軟硬體設備絡續充實中,並於九十三年三月啟用,提供遊客旅遊賞鯨、登龜山島等詢質服務,一樓為遊客登島、搭船櫃台服務區,二樓為龜山島意象人文簡介及多媒體放映室(放映室採預約登記服務制)。 烏石港為蘭陽平原得天獨厚之自然景觀,舉凡幽賞「龜山朝日」美麗景緻或者「賞鯨登島」之夏季海上活動,發展潛力無窮。

「觀光產業」一向為本縣之首要目標;本中心之建築美觀、植栽美化以及觀海涼亭之整建,讓烏石港成為本縣最具特色之遊憩區,進而活絡本縣相關產業蓬勃之發展。

本景點為無障礙設施景點:


點此

安農溪水源主要得自天送埤發電廠之尾水,河道上窄下寬,溪床礫灘羅列,流水滾滾奔放,時急時緩,富於變化。其基地呈帶狀,沿線景觀綿延數里,兩岸綠野千頃,竹籬農舍,聚落林立,極富田園風光之美。縣府為拓展觀光遊憩資源,在整治安農溪之際,同時將安農溪河域,規劃為五處發展據點,分別為水源橋、三星橋、張公圍、分洪堰及萬長春等。其中分洪堰之設施,應追溯到五十年代,當時冬山河鄉長林學德與三星鄉長官來壽為下游農田灌溉而爭水道,並在此地動起干戈,最後政府決定築堰分洪,一條往大洲、一條通萬長春水圳,讓急湍變成平流,嘉惠民,這段因爭水而築堰分洪的典故,是風景區內一段昔年軼事,見證了前人的辛苦。

分洪堰風景區,又稱「湧泉公園」,佔地約2公頃,區內不少飛禽棲息,亦有罕見植物密佈,是兼具觀賞美景及研究自然生態的風景點。目前已於八十一年十一月三日完成管理心、涼亭、戲水池及廣場植裁等設施,充分的落實地方建設,嘉惠地方。讓安農溪分洪堰規劃成自然公園、兒童戲場、淡水游泳區及老人休閒活動中心的宗旨,得以兌現落實,真正嘉惠地方。


點此

長埤湖休閒風景區,位於三星鄉,早期又名九芎湖,海拔高度約200公尺,亦是日據時期軍事馬場要地。主要地貌為湖泊地,陡峭林地及頁岩地質,獨具一格。行走台7丙省道,前往清水地熱、牛鬥、仁澤、棲蘭、明池、太平山、梨山、武陵農場的遊客,必定會為這山腰間碧綠的長埤湖所吸引,亦是最佳休息站。長埤湖在三星鄉公所和縣政府的合力下,積極的規劃為觀光旅遊據點,湖中飼養的天鵝,綠頭鴨等,更成為遊客的好朋友,多項的旅遊建設,只為將長埤湖的湖光山色與更多的遊客分享。長埤湖終年不乾涸,水位自動調節,山光水色,景緻幽雅,坐擁青天翠巒,日間還可享受陽光寧靜的映照。

如今三星鄉公所為配合縣府「觀光立縣」,期望以帶狀式遊憩系統,帶動地方觀光產業及創造地方財富,特別聘請環境工程公司擇定長埤湖,優先進行規劃。其規劃內容大致分成入口區、湖域活動區、渡假住宿區、露營區、營火烤肉區、戲水區、體能活動區及健行賞景區等,目前鄉公所已在進行逐項施工,迨整治完工,長埤湖必然成為蘭陽另一處重要的觀光遊憩據點,湖濱四周植物屬亞熱帶次森林區,其獨特的天然氣候,冬暖夏涼,且空氣中含有大量負離子及芬多精,對於人體健康大有助益。


點此

可以盡情觀賞大蒼鷺、夜鷺、棕背伯勞、灰頭鷦及白腹秧雞等多種鳥類在空中翱翔。
因河水長時間沖刷形成三角沙洲,孕育了豐富的水草資源,並吸引許多水鳥前來棲息覓食的大洲分洪堰風景區,本是因農田灌溉所需,而將安農溪用分洪堰分成兩脈水源,於民國八十一年四月完建啟用,位在宜蘭縣三星鄉,又稱為湧泉公園,總面積為二.二公頃,是民眾觀景賞鳥及探索自然生態的遊憩景點


點此

走過先總統 蔣公行館、花木觀賞區、櫻杏桃海步道、森林浴步道,隨自己興趣享用十四項有氧運動設施、小泰山森林遊樂場,親近山林樂無窮。
有歐式建築造型的棲蘭山莊與林間小木屋,為來此享用芬多精大餐的民眾,提供了舒適的住宿設施。位於北橫和北橫宜蘭支線(台7甲省道)交叉處的大同鄉土場村,距宜蘭市和羅東市約38公里,也是前往太平山和梨山必經之地。梯狀的苗圃以種植柳杉為主,來此地更別忘了嘗嘗當地培育養殖的特產-猴頭菇。
至於目前宜蘭僅存的紅檜巨木區-棲蘭神木園區,位於棲蘭林道十二公里處,區內多為千年以上的參天古木原始林,有五十一株紅檜、扁柏神木散布其間,而樹名分別依生長年代命名,如:孔子神木、唐太宗神木等,富趣味及教育意義。


點此

四周原始森林密布,終年有煙嵐繚繞,景色總是迷濛曼妙,有「北橫明珠」的美譽。
座落在宜蘭縣大同鄉和桃園縣復興鄉交界之處的明池森林遊樂區,又名「池端」,是一個高山人工湖泊,更是一處森林浴的好場所。
園區內以庭園山水的概念,設計出具有古代風格的建築景觀,另有明池苗圃、苔園、蕨園、森林步道、國父誕辰紀念林園等,且於山坡步道兩旁設有梯形株苗種育培養區,沿著斜坡步道而行,可眺望高山野地美景及細賞各式花卉的自然風貌。


點此

與阿里山、八仙山並列為台灣三大林場之一,盛產紅檜、扁柏聞名,全區面積達一萬兩千餘頃,區內有南湖大山山系、三星山山系、大霸尖山支脈。
位於大同鄉的太平山國家森林遊樂區,四季風貌皆有所不同,由於海拔高低差的關係,具有四季紅葉植物變化的景致,春暖花開時五彩繽紛;秋高氣爽時,日出雲海最讓人難以忘懷,火紅的楓樹也為太平山帶來艷麗的色彩。
此外山櫻花、梅、杏、太平山白櫻花等亦隨四季展現不同的風采,十分迷人。區內的景觀尚有仁澤溫泉、森林樂園、森林浴步道、野生動物保護區、翠峰湖等。


點此

鳩之澤溫泉是太平山國家森林遊樂區的中間據點,位於多望溪環繞的幽谷中,以往稱作仁澤,因此有地熱、溫泉等資源,故昔又稱「燒水」,民國九十三年更名為鳩之澤溫泉,周圍山巒青 翠、風光秀麗,多望溪在此呈曲流狀穿越。

鳩之澤溫泉泉質屬弱鹼性碳酸溫泉,水溫可達攝氏一百四十度,水質清澈無硫磺臭味,非常適合沐浴,附近的林間步道可享受森林浴並兼賞鳥。羅東林管處在此設有仁澤山莊提供住宿,設施包括跨越多望溪的鳩澤橋、煮蛋區外圍植栽美化、戶外溫泉SPA池和室內溫泉檜木桶湯屋。


點此

翠峰湖位於太平山與大元山之間,標高一千九百公尺,湖面廣達二十公頃,是台灣最大的高山湖泊之一。是太平山森林遊樂區中最精華的焦點。
從太平山至翠峰湖路段,健行約六小時可抵達,沿途風光怡人,林木參天羅列兩旁,隨處鳥啼脆音纏繞,加上遠處約山澗,淙淙水聲劃破靜謐,堪稱世外桃源。


點此

由地下冒出的地熱泉,水溫高達攝氏九十五度的清水地熱(石門溪),為帶有硫磺味的鹼性溫泉,位在宜蘭縣大同鄉的溪谷之間,是清水地熱旁的一條清澈小溪,沿途布有岩石及綠潭,加上地熱水煙瀰漫,猶如人間仙境般優美,因地熱泉溫度過高並不適合浸泡,但山嵐景致秀麗,因此許多遊客仍於假日時到此野餐,並用泉水煮食雞蛋、玉米、芋頭及蕃薯等食材,是相當熱門的景點之一。


點此

鴛鴦湖海拔高度為一千六百七十公尺,沼澤面積約為二.二公頃,最深達十五公尺,湖泊水流自西側流入石門水庫。鴛鴦湖畔林蔭蓊蓊,還有珍貴的苔蘚共生林,共有一百三十八個品種的植物種類,以及十四種個鳥類棲息於此,而海拔高度一千六百公尺至二千三百二十四公尺之間,目前已規畫為自然生態保護區,隸屬宜蘭縣管轄,整個區域位在雪白山主峰及四圍山等山脈之中。

鴛鴦湖四季各有不同風貌,又以清晨的景色最為美麗,春、秋時節經常飄著細細雨絲,夏季則生機蓬勃、綠意盎然,冬季時雪片紛飛,不論何時皆可欣賞鴛鴦湖的獨特景致。


點此

須駕駛吉普車方可抵達的梵梵溫泉,位在宜蘭縣大同鄉梵梵溪的上游,是一處尚未開發的天然野溪溫泉,還保留著山林間的原始風貌。現今因環保意識抬頭,許多民眾皆採用步行的方式進入,不僅可以靜靜的享受山林風光,還可減少對大自然的傷害。

梵梵溫泉為含有鎂鈣離子的鹼性碳酸泉,水溫大約在五十二度至七十度之間,不但可用來浸泡,還可供飲用。


點此

位在宜蘭縣大同鄉羅東鄉上游的寒溪,海拔高度為兩百五十公尺,屬於泰雅族南澳群的群居地區,後因時代變遷,狩獵等傳統生活方式逐漸改變,許多年輕民眾選擇外出謀生,導致人口嚴重流失。

寒溪兩岸林蔭蒼蒼,在古魯段有一座深潭,是夏日時民眾喜愛前往戲水消暑的地方,寒溪邊多處水流湍急,可至吊橋上眺望山林美景。春季時山櫻花盛開美不勝收,「寒溪櫻花」被選為蘭陽十八勝景之一,周圍環境清幽。


點此

中國歷代神木園區位在宜蘭縣大同鄉棲蘭林道十二公里處,海拔高度約為一千六千公尺,園區內有六十二棵的原生紅檜及台灣扁柏等四百年至千年以上的神木,多數神木的形狀皆相當特別,園區內依造樹木生長的年代來命名,像是孔子神木、楊貴妃神木、包拯神木、文天祥神木及蘇東坡神木等歷史人物。
園區步道總長為3.1公里,串聯起每一棵神木,讓您自在的徜徉在大自然芬多精之間,步道上並建有逸仙、志清及建豐三座涼亭供民眾休憩。因神木園區每日限定名額入園,欲參觀的民眾請提前預約洽詢。


點此

位在台中縣及宜蘭縣交界處的思源埡口,隸屬宜蘭縣管轄,海拔高度為一千九百四十八公尺,不僅是南湖大山支脈和桃山支脈最低鞍部,也是蘭陽溪及大甲溪分水嶺及氣候分界線。此處的森林屬於暖帶林,有紅檜及扁柏生長於上部,其他地區也有香楠、烏心石、后殼桂、黃櫟、赤楊及柳杉等樹種,並有多種動物及蕨類生態,是一處大自然的生態寶地。
春、夏兩季繁花齊放,是最適合民眾遊賞的季節,秋、冬時落葉紛飛,具有蕭瑟的美感,若水氣充足還會降下片片白雪。


點此

利澤五十二甲位於五結鄉利澤村及下福村的冬山河東側,北以協和路,東以下福路,西以冬山河及林和源圳,南以水田中的兩個獨立竹圍連線為界,近200甲。經利澤簡橋與親水公園隔岸相望。此處地勢低窪,常年積水,形成大片草澤,自成特殊生態發展-潮汐淡水沼澤,也因五股圳的魚類豐富,常吸引大批的水鳥在此棲息,尤其是鷺科的鳥類。而休耕的水田中,蘆葦叢生,有機碎屑豐富,水生植物亦多,是以也是雁鴨科的最愛。歷年來紀錄了鳥種150種以上,是從前蘭陽地區獵捕水鴨最盛的地區,鳥網長城,往往一架起來便是數百公尺。

每年10、11月,水鴨大舉南下,1月曾有過小辮徊170隻的紀錄,特殊的鳥種不少,如灰雁、白額雁、羅文鴨、磯雁、角鵬鵬、黑頸鵬鵬等,紫鷺也曾出沒。1993年還出現過一隻灰鵜鶘。冬山河風景區的親水公園已是全台聞名,但是具有珍貴自然資源的水鳥棲息地卻是在五十二甲,隔利澤簡橋遙相呼應,人工化對自然野趣,也正好可互補構成冬山河風景區多樣化的面貌,值得我們多加珍惜。


點此

水是生命之源,河川更是大地的血脈。但近世以來,由於水資源利用的改變,人依傍河水而生的親密關係日漸疏離,冬山河親水公園的設立,正是要喚回人類親水的天性,重建人與水之間的自然倫理。冬山河親水公園建設成功,可以說為宜蘭縣長久以來的治山防洪水利史,畫下了完美的句點。它結合了政府的行政魄力、民間的參與及專家的智慧,展現出自然環境與人文建設,得和諧平衡的具體成果。來到親水公園,可以充分體會宜蘭人的赤子情懷和夢想。放眼所見,不論一石一木,或一池一亭,皆極講究,並且大量運用宜蘭的傳統建材,處處呈現既樸拙又精緻的「庄腳味」,成功的詮釋了往昔的美感,並賦予新的生命。親水公園是五結鄉整治過程中的一環,但她卻是台灣治水史上最耀眼的光環!

親水公園於1987年設計施工,1994年端午節落成,它結合了政府的行政魄力、民間參與和專家的智慧,展現出自然環境與人文建設所得到的和諧平衡具體成果。來到這裡你會驚嘆於水被精心的設計,卻更能貼合心靈,因為它喚起了人類親水的天性,重建你對水的渴慕之情。 在翠峰的環抱下,從劇場中台向海遠眺,水上舞台、五座櫛比鱗次的圓錐形卵石丘,正對著龜山島的頸部,宜蘭人將其精神守護者引進公園,並成為造景的主軸線,卵石丘的右邊是划船區,左邊是涉水區。 划船區可用來練習龍舟及西式划舟,也可以藉一般小船盡享水天相映,扁舟遠影的浪漫情調。涉水區水深及踝,不論冬夏,大人、小孩都能安心親水、涉水,玩個痛快,更別忘了細心尋找池底跳房子遊戲的圖案,試試這別緻的童趣。此外還有戲水區,在夏天值得你一備泳衣前來,它不同於一般制式的泳池採筆直的水道,反而呈河流彎曲狀,模擬蘭陽溪水態身姿,在蜿蜒的倘佯中處處有驚奇。漫步在河堤,千萬別忽略雙龍戲水的造景,河堤北岸是黃色的文龍,龍頭朝山,象徵留在家鄉耕耘的蘭陽鄉親,南岸是青色的武龍,龍頭向海,有如外出打拼的宜蘭子弟,人與鄉土的臍連關係,在此緊密繫合。親水公園的美,在於它追求現代、關注傳統的堅持情懷,更在於蘭陽人對生命的熱切展望。在這裡你可以闔家悠閒的遊賞山姿水影,也可以瘋狂的戲玩水波天光,此外,端午節夜間龍舟競技,或是異國風情的國際名校划船比賽到家庭親子的休閒知性之旅,親水公園都令你流連忘返。

冬山河親水公園,它不只是宜蘭縣的新地標,更是獻給台灣人民一份化不可能為可能的最佳禮物,都值得你暢意遊玩。 冬山河親水小船搭船悠遊冬山河的美夢終於成真了,從九十三年六月十三日起冬山河親水公園至傳統藝術中心的寬闊景緻河面上,您可以看到河面船影幢幢,享受冬山河黃昏悠悠浪漫休閒氣氛。一次可搭乘八人的冬山河小船,以低噪音及零污染的環保與科技概念,採古老「鴨母船」造型設計,搭乘親水小船可讓您感受水紋的心情,「空中躍魚」的美姿,還有傾聽兩岸鳥語樂章。小船票價:
(1)親水公園-傳統藝術中心單程50元。
(2)遊河:每人二十分鐘150元(須座滿八人)
(3)包船遊河:每船每小時1200元 (最高限額八人)營運時間: 每日上午八時至下午六時

本景點為無障礙設施景點:


點此

平緩和順的冬山河緩緩地流向大海,其中,有一個叫做下清水的地方,它是冬山河下游入海口處最低窪的所在。1969年,防潮大閘門落成使用,20孔閘,每孔2.5公尺,對調節水量發揮極大的功能,自此以後,山洪暴發或海水倒灌成災,便成為冬山河下游居民過往記憶。1981年,因負荷量需求,又開工設置大型自動閘門,防汛防洪功能,更形增強。

大閘門設置完成後,高積的大量河水,注滿此處,形成一波平如明鏡的景色。月色皎潔的清輝、夕陽晚照的餘光是寧謐的化身,許多人以閒散的心情漫步來此,享受大閘門的水色風光,粼粼波光中,映照著幾許清晰的倒影。幾聲漁唱,撒網河中,魚兒應聲入網! 釣魚的人群,佈滿閘門內外,車馬喧囂,置之腦後,這兒可是世外桃源哪!大閘門防汛疏洪的功能徹底發揮後,冬山河重新綠化美化,提昇了人與水的密切關係,追溯根源,原只為了截彎取直洩洪的冬山河,在大閘門的襄助下,使得冬山河成為故鄉的希望之河。
由清水閘門順著河口走下,水草濃綠,沼澤密佈,芒草處處,自然麗質,翩然可見。


點此

民國五十七年創立,於民國六十一年遷往現址的利澤簡養鴨中心,位在宜蘭縣五結鄉。因宜蘭縣沿海地區下游常因豪雨成災,損傷農作物,多數農民就以養鴨作為另一項經濟活動,而利澤簡就是當時宜蘭縣養鴨最盛的地區之一,素有「鴨子的故鄉」稱號。

正式的名稱為「行政院農業委員會畜產試驗所宜蘭分所」,當地的農民多以逗趣的「鴨子中心」來稱呼,主要業務包括鴨類研究、品種選育及改良、優良種鴨繁殖推廣及鴨食品加工等項目,是為輔導鴨農的重要角色。


點此

梅花湖原名「大埤」,四周為群山環繞,風景優美,自古便是蘭陽勝景之一。民國六十年代,蔣經國總統下訪民瘼,睹見大埤湖光,碧綠清澄,山光水秀,以其形似五瓣花卉,頒名「梅花湖」,自是以後,美名遠播,探幽攬勝,絡繹相屬。

梅花湖湖域占地甚廣,環湖道路清幽便捷,行走其間,清風徐來,可盡享湖光山色,令人敞懷。湖中有一小島,有吊橋相連,立於島上,景觀迥異,頗有浪漫風情。 在山的另一邊另有一座山中湖,稱為「小埤」,春季花開遍野,嬉蜂戲蝶穿梭飛舞,彷彿世外桃源,值得尋芳。


點此

茶樹青青,蜂蝶飛繞,禽鳥相鳴, 嚶嚶成韻,放眼過去,眼前是一片的深黛和淺綠, 還有草青,捲上眼簾,還是一個字──綠! 中山村落的一大早,山腳下瀰漫著一層濃密不散的霧氣, 在山坳深處,雨水的滋潤又是這樣的甘霖普施, 茶樹正是在這種溫潤多霧氣候下所蘊釀生成的。 一畦畦順著山坡起伏的墾地, 一簇簇整齊低矮的茶樹,倏忽成為最動人的景致, 加上茶農的刻苦耕耘, 聞名全省的「金萱茶」在寂靜的鄉野,綻放出清香! 繞過茶園,順著陡削的山路, 往上攀昇,「仁者樂山,智者樂水」, 由縣政府規劃設置的仁山苗圃, 赫然入目,為了培植最佳新品種, 一整個山嶺都成了樹苗的新家。仁山植物園,地理環境特殊,景色獨特,青山綠水,綠意盎然,園區內植物種類眾多,同時吸引了各式各樣的鳥類、昆蟲、兩棲類以及其他動物的聚集,沿著登山步道上山,可眺望太平洋及龜山島,一覽整個蘭陽平原,使得園區成為一處民眾登山健行及親近大自然的好地方。
園區位屬中山村,舊地名為十三份,故早期也有人稱之為十三份苗圃或中山苗圃,後來以「仁者樂山、智者樂水」這句話為典故,更名為「仁山苗圃」。苗圃的觀景平台,視野寬闊,整個蘭陽平原盡收眼底。 天氣清朗時,龜山島悠遊海上, 蘭陽溪輕快入海, 觀賞蘭陽溪以南鄉鎮,未有勝於此者!  

宜蘭縣政府經營苗圃多年,已提供縣內各機關、學校、團體環境綠美化之植栽苗木,成效良好。為因應民眾日益增加之戶外休閒及自然教育體驗活動等,遂有轉型為植物園之構想,並著手辦理植物園之各項設施建設及委託規劃設計,現已有遊客服務中心、綠化教室等相繼整修完工,目前並配合全國植物園整建計畫,將陸續逐年完成更多完善的環境設施,以建立成為台灣北部區域植物及自然環境展示、教育解說設施的植物園為目標。


點此

從羅東過去往冬山方向的台9省道與冬山河交界的陸橋旁,出現了一片廣闊的公園,面積約16公頃,是目前宜蘭縣政府積極開發的一座大型公園區,名為冬山河森林公園。森林公園位於冬山河上游處,利用冬山河坡面加以整治及綠美化,以森林主題為主,創造豐富的自然生態環境,將與冬山河融為一體成自然形態的森林公園。

冬山河在全面整治後,從下游到中游均已截彎取直並全面進行植披工作,新增的河川新生地下游除了冬山河親水公園及國立傳統藝術中心外,縣府更在其中游的地方設立的冬山河森林公園,以整體河川的發展,讓冬山河沿途景緻更顯秀麗。除此之外,還設有冬山河鐵路橋、兒童遊樂區及賞鳥平台、步道....等設施,是個兼具休閒與自然生態的森林公園。

由於冬山河全面的整治成功,未來除了積極發展水上運動之外,沿途發展河岸觀光及遊河活動來帶動整體宜蘭縣旅行業的蓬勃發展,再配合大型活動的舉辦吸引大量的觀光人潮,冬山河森林公園未來的發展將更加無遠弗屆

本景點為無障礙設施景點:


點此

不知道在那個世代以前,冬山鄉中山村的居民把山頂上來自不同兩個方位的溪澗,一條叫做「舊寮瀑布」,後來出現且流速較湍急,水量亦較豐沛的就叫做「新寮瀑布」。寮就是木寮、草寮,聰明的先民們就著當地的材料,臨時搭建個遮風避雨的處所,方便他們上山採樟抽籐。冬山河被稱為「希望之河」,她的源流正是新寮瀑布。

站在瀑布沖瀉而下的深潭,碧綠色的漩渦中冒起晶瑩的水泡,噴灑著細髮般的水絲,便是酷暑也罷,這兒有終年吹襲著的冷氣。浸足溪澗中,冷冽的泉水,讓人涼透心脾。泉水激石,冷泠作響。站在崖下,細聽蟬嘶鳥鳴,而水面還有蝌蚪、青蛙、蜻蜓、蜉蝣、蝴蝶等,由於行程上的不便,能夠享受山澗野趣的人,相形減少,但是也因此而多了一份野趣。


點此

傳說中,蘭陽平原是外海的龜山島和沿海沙汕的靈蛇所護衛的土地,在壯圍鄉的行政區域內,遠眺龜山島最為清楚,而沙岸的迤邐有如巨蟒盤首,龜與蛇是玄天上帝的坐騎,所以在濱海公路上也有不少的玄天上帝廟。 東港濱海公園榕樹茂盛,樹間社區民眾掛上吊床睡網,躺在吊床上悠然自得,一身的疲憊似乎都拋到九霄雲外。

由於宜蘭河、冬山河、蘭陽溪在此會合是一片典型的河口沖積扇地形,淤積的沙丘形成沼澤區常有水鳥在此棲息。蘭陽溪口是水鳥棲息處,是台灣十二大濕地之一也是賞鳥好去處。 在此休憩,可享受徐徐海風吹拂、聽鳥叫,看著遠處龜島、海浪拍打沙灘、出海口的小舟、漁人和飛鳥;別有偷得浮生半日閒的愜意。


點此

鄰近宜蘭市區,擁有細白的沙灘及多種海濱植物,永鎮海邊的海濱公園位在宜蘭縣壯圍鄉,夏季時生成一片綠意盎然,更可遠眺龜山島,夕陽黃昏的景緻最是迷人,經常有民眾到此漫步逐浪,如此海天美景,連路過此處的遊客也會忍不住駐足賞景。海濱步道旁貼心地設有涼亭供民眾休憩,每年的中秋佳節更有許多民眾到此烤肉賞月。


點此

位在宜蘭縣壯圍鄉及五結鄉的蘭陽溪兩側,占地二百零六公頃的蘭陽溪口水鳥保護區,於民國八十五年九月十六日成立,區內擁有豐富的動物生態,更被列為台灣十二大溼地之一。

區內歷年來共有二百三十六種的鳥類在此出現,更曾有過珍貴的丹頂鶴及灰鶴現蹤,每年十月至隔年四月是侯鳥過冬的季節,此處還可遠眺龜山島的美景,吸引許多愛好賞鳥人士前來觀賞優美的景致。


點此

宜蘭河是由大礁溪、小礁溪、五十溪、大湖溪等匯流而成,水域涵蓋礁溪、員山、宜蘭、壯圍等鄉巿。 清治時代,河面非常寬廣,但每逢豪雨就泛濫成災,或屢改水道,舉人林廷儀曾以一幅對聯,「風吹大枝尾,捲東捲西﹔水崩下渡頭,河南河北」為宜蘭河原是流經淇武蘭到頭城出海,後因鬧水災改由下渡頭直奔壯圍東港,匯注蘭陽溪入海的變遷,做最真實的描述。

日治時代,宜蘭廳長西鄉菊次郎看到宜蘭河經常氾濫,遺禍甚巨。便開始修築堤防,整治河道,當時巿民就在西門堤防上勒石評載「西鄉憲廳德政碑」。戰後,縣府繼續爭取上級補助,加強整修堤防,並認定當時河面水量充沛,站在堤上賞景,發現峰巒倒影,有如畫屏,可攬溪山之勝,而被選定「蘭陽十八勝」之一,稱之「西堤晚眺」。 現在宜蘭河在宜蘭巿階段,規劃後開闢河床、修建堤防階梯平台、田徑場、籃球場、棒球場等,並綠化周邊河岸、周邊景觀,開闢成河濱公園,景玫整齊美觀,結合休閒與運動為一體。


點此

徉在 ~~ 四季有花香.時時聞鳥語的公園風情中馳騁在 ~~ 現代化.精緻化.多元化的運動空間裡 宜蘭運動公園位於宜蘭市區,緊臨台9省道, 面積約27公頃,是一處全面開放、將休閒與運動結合在一起,具有承續了縣立文化中心沒有圍牆的人性化設計的休閒空間。首創台灣地區運動設施公園化風氣之先。 1992年的台灣區運動會即在此地舉行。

公園,人們可以從任何一處進出公園,但是除了腳踏車之外,所有車輛均受到嚴格的管制。公園的植栽隨季節的更替展現不同的風貌:當健康路上木棉花紅豔豔地綴滿樹梢時,炎夏已悄悄逼近;而台灣灤樹則是抽出嫩黃的花序,向人們傳播秋的訊息;當豔紫荊花落滿地時,人們知道冬天的腳步已近; 而春天這個百花怒放的季節,公園裡更是處處花影,好不熱鬧!平日,閤家可以在這裡觀賞奇花異草、散步、騎腳踏車、放風箏...等,靜享公園之美。亦可作為各項運動比賽的競技場。在此風景優美的場地競技必能創造佳績。外縣市來的觀光遊客,在漫長的觀光旅程中,宜蘭運動公園是一處歇腳、休息遨遊的好地方,既可盡享藍天白雲下花香鳥語、樹木庭園的公園風情,更可以舒展筋骨,自在體驗蘭陽平原「綠與力的交響詩」。

由於完善的設計,無論男女老幼都可以在這裡找到他們的天地。 平日這裡是人們休閒運動的好場所, 假日或節慶時,人潮更在此地聚集。然而,伴隨人潮而至的攤販所帶來的髒亂,已成為公園的隱憂,畢竟,擁有一座美麗的運動公園,是大家共同的福氣, 我們應該知福惜福, 好好地疼惜這塊屬於鄉親大眾的美好所在。

本景點為無障礙設施景點:


點此

介於宜蘭、花蓮及台中三個縣市之間的南湖大山,是台灣百岳中的名山之一,周圍的群峰更顯其氣勢磅礡,也是宜蘭縣境內眾所皆知的風景名勝,實際上唯有北峰是位處宜蘭縣。春季時開滿鮮豔杜鵑,綠地繁花美不勝收,而因位處高海拔地區,受東北季風影響甚大,冬季時降下大雪,群峰山頭點綴的冰封晶瑩。
此外,日出晨曦、層層雲海及夕陽晚霞的景致,更是有如人間仙境般,吸引許多喜愛登山的民眾前來徜徉在壯麗的山景之中。


點此

牛鬥山屬於雪山山脈及中央山脈的交會帶,因兩側山壁猶如兩頭牛在對峙,早期稱為「牛頭」,現今則稱為「牛鬥」。

而位在宜蘭縣復興村的宜五十一縣道旁的牛鬥苗圃,總面積約有兩公頃,與海中的龜山島遙遙相望,主要種植柳球及楓香樹的苗木,苗圃景色秀麗,不僅提供樹苗,也綠化了自然環境,春季時粉嫩桃李花開,與翠綠茶園相輝映,秋季時白芒處處,無比壯麗。


點此

東岳村泰雅爾舊地名為伊佑(Iyu),早期因盛產珍貴藥草「金線蓮」因此而得名,日據時期原為上下兩個村落,因環境與行政管理能有效的整合,民國三十一年左右上下兩個村落合併成為今日的「東岳村」。

東岳村目前戶數約169戶,人口600人左右,工作項目涵蓋士、農、工、商,是南澳鄉境內知識教育與成就顯著的部落,對外聯絡道路非常的方便,有東部鐵路經過該部落,蘇花公路從部落中間穿越,東岳部落往來車輛源源不斷,交通便利,民風純樸。東岳部落依山傍海,具有獨特的自然景觀,東澳灣的周邊景色宜人,形成人人稱羨的蔚藍海岸,是村民們野餐烤肉、游泳嬉戲的好地方,每日黃昏時段,漁船紛紛駛近附近的粉鳥林漁港,粉鳥林漁港是東岳部落與東澳里的漁市集,每到四至六月是魚的產季,每每親朋好友前來東岳部落時,村民都以東澳Dobiyo(飛魚)為最好的禮品,因此東岳部落也以飛魚部落而聞名。

沿著蘇花公路往蘇澳至九公里風景區,因地勢較高,自然可以鳥瞰廣大的海洋,從蘇澳至花蓮和平一帶都盡在眼前,時有賣小吃、咖啡屋等小販做生意,形成小市集。東岳部落背山面海,其背山是緣向西帽山的東澳北溪與源自楓樹山的南溪所形成的一大片腹地,北溪與南溪因環境地質的改變及天氣使然,夏季水流豐富,其腹地是村民賴以維生種植農產品、培育林木、養殖香魚、放山雞等的原住民保留地。


點此

南澳北溪屬於大南澳溪支流,源於大元山間,流域面積達13萬平方公里,流程長度計31.6公里,出碧侯村與南溪匯合注入大海。北溪兩岸高山峻嶺,溪谷深且陡峭。
沿途礁岩磷磷棋佈溪中,堪稱天造奇景。溯溪健行,走在巨石上頗有凌空飄逸之感,再聆聽流瀉起伏的濤聲,凝視洶湧激盪的水流,翹目浮雲朵朵、萬里晴空,環顧青山綿延、飛泉濺花,保證會生起不虛此行的感受。北溪景觀以秀麗的峽谷風光取勝,上、中、下游之間各有不同,動靜皆美。沿途草木林立,有無味溫泉、瀑布奇石及珍貴藥草金線蓮,適合做採石踏青等戶外活動。
另有沙洲營地可供露營戲水,於酷夏中乃一避暑勝地。


點此

澳花瀑布位於澳花村西北方六公里的山谷中,由於未完全開發,益見渾然天成的壯美之姿。

瀑布區三面環山,岩石嶙峋壁立,瀑布便裂石從上直瀉,聲勢轟隆如雷,其豐沛的水量,便形成一處長約80 公尺寬約60公尺的深潭,水質清澈甘美,又有魚蝦悠游,是一處適合全家出遊的好所在。由於南澳鄉多山地,所以除了澳花瀑布外,還有多處景觀優美的瀑布可做遊賞,例如景致幽隱的觀音瀑布、縹緲如絹的谷風瀑布等,不妨來趟瀑布之旅,想必定能洗滌心中塊壘,神清氣明。


點此

神祕湖又稱鬼湖,位於南澳鄉金洋村重山之內。 從金洋部落換乘吉普車,沿產業道路爬坡前進到登山口, 車程需耗一小時半以上。山路遙遠崎嶇, 極富原始風味,是喜愛探險的山友們,不可多得的尋幽探勝地。
該湖海拔約1000公尺,屬高山封閉湖泊之一。 也是珍貴的湖泊溼生演替觀測站。 湖域約長200公尺,寬約100公尺, 湖畔滿佈水苔,覆蓋了大半的水面。 站在入口處,可見水鴨漫游湖面, 湖水清澈見底,湖內有各種水生動物, 如螃蟹、田螺、泥鰍、蝌蚪等, 亦有稀有植物如細葉眼子菜、東亞黑三稜、 水社柳等,岸邊也時有松鼠、山羊、羌、山鼠等野生動物出沒。

湖岸四處蔓生原始闊葉林,不少候鳥棲息其間, 計鳥類60餘種、蝶類約200餘種, 是賞鳥觀景的絕佳地點。 惟因受地形及氣候因素影響, 水域逐年縮小,漸似大沼澤,頗具蠻荒神祕的氣息。 故極為適宜嘗試推廣教育及生態保育等知性之旅。


點此

位在宜蘭縣南勢溪的上游處,有一座高山凹地的沼澤湖泊松羅湖,海拔高度為一千三百公尺,前往松羅湖的十公里山路泥濘崎嶇難行,還須攀爬山壁,登山的過程極為辛苦,加上終年雲霧繚繞,擁有朦朧夢幻的風貌,因此許多山友也將此湖稱之為「夢幻湖」、「十七歲之湖」及「十七歲的少女」。
松羅湖周圍林種多為雜木林及闊葉針樹林,每年十月至隔年四月還有許多侯鳥遷徙此處渡冬,自然生態也相當豐富。


點此

位於宜蘭縣南澳鄉烏石鼻的根部,是東澳一個僻靜的小漁港,因鴿子在此群聚林間,鴿子的台灣稱為粉鳥,故有粉鳥林之稱。而粉鳥林魚港前的東澳灣,彎弧形的海灣由沙灘及交研所組成,湛藍的山海景緻盡收眼底,耳邊傳來海浪陣陣拍打岩岸的聲響,站在烏巖角上方的蘇花公路轉彎處,景色最為迷人。

此漁港捕獲豆腐鯊的數量為台灣之最,不僅海天美景宜人,還有多種生鮮魚類,石斑、黑毛、白毛、漁獲量驚為天人,許多釣客也相當喜愛到此垂釣。


點此

鄰近南澳漁港,由行政院農委會林務局所整建,位在宜蘭縣南澳鄉的龜山山丘的南澳朝陽國家步道,當民眾順此全長二.七公里,多以枕木為主鋪設,共有三處登山口可進入的步道登上山頂,有多處觀景平台供民眾遠眺景致,不但南澳漁港美景盡收眼底,還可眺望烏石鼻自然保留區及太平洋海景。

南澳朝陽國家步道擁有完整的自然生態,為森林生態旅遊示範區,更是宜蘭縣大南澳地區新興景點。


點此

台灣東部一塊突出的鼻形海岬,民國八十三年一月已由行政院農委會公告為海岸自然保留區的烏石鼻海岸,海拔約為三百三十公尺,為蘇花公路上景緻最為壯觀的岬角,氣勢萬千美景宜人,常有民眾前來觀景及磯釣。
在海岸區中有多種動植物,包含十餘種哺乳類、五十九種鳥類、十三種爬蟲類及一百一十三種的蝶類,此外還有烏心石、大葉楠、大香葉樹及紅楠等多種植物,相當具有保育價值。


點此

員山鄉湖北村,是『大湖底』地區的中心位置,大湖底地區有四個村落,佈滿丘陵地及眾多湖泊,湖北村位置較低,村境處處是水田、溪流、湧泉,因溪流匯集處,在公路旁自然形成一沼澤地帶,地下水自地表湧出時,多處挾帶著圓形氣泡,形似螃蟹泡沫,因水質清澈甘甜,往來民眾在此取水、洗滌、或休憩,久而久之,當地人士取其大自然現象,稱它為『螃蟹冒泡』迄今。

隨時代需求演變,於民國九十五年,由員山鄉農會及鄉公所籌資三百餘萬元,完成冒泡湧泉周邊硬體設備整建,再配合大湖地區農地重劃『紀念公園』興設,增添員山鄉一處兼具文化歷史與觀光水資源的休憩場所。


點此

到宜蘭如果想走知性旅遊之路, 福山植物園將是您的大好選擇! 植物園位於台北縣烏來鄉福山村, 與宜蘭縣員山鄉湖西村交界之國有林區內。 一九八六年起,在台北、宜蘭二縣交界山區籌設了一處 自然資源豐富的「福山試驗林」。 本園內設置有福山植物標本園, 可以發揮森林多目標利用, 實施環境教育資源保育與森林遊憩功能, 而園區亦有豐富的鳥類生態可供觀賞研究, 是教育與娛樂特色兼具的植物園。

哈盆自然保留區,為台灣北部森林的代表, 設置的目的在於保護這個地區之自然環境, 以供基因保存、永久觀察與教育研究, 區內嚴格限制參觀民眾進入, 經營之目標為「保護重於利用」。 水源保護區,位於福山試驗村之北側。為了避免污染與破壞, 此一區內除了進行氣象、水文之調查觀測外, 一般民眾請勿任意進入。

入園的遊客請要嚴格遵守入園規定,尊重此研究機構。 我們可見相關單位維護自然生態的決心與熱忱,更應該知曉: 保育生態環境,其實亦是為自己保留了一塊人間淨土。

本景點為無障礙設施景點:


點此

本農場因BOT案委外經營,即日起進行點交業務,故園區暫時封園,停止對外開放,不便之處敬請見諒!期待再相會!。南澳農場位於蘇澳鎮海岸路為蘭陽平原的最南端,行政區域屬蘇澳鎮朝陽里,蘇花公路與北迴鐵路均可通達,交通便利。前臨南澳溪與北溪會流處,後依澳尾山,青山綠水環繞整個農場。農場內動植物生態豐富,場區道路規劃完善、整齊。有生長茂密之桉樹林,四季花果及有機蔬菜栽培。周邊山、海資源豐富,適合景點旅遊,生態、知性體驗,露營、團康及親子活動,並提供露營設施、腳踏車騎乘活動及農業體驗。南澳農場原屬財政部國有財產局委託土地銀行經營,其土地面積約九十六公頃,民國八十八年元月,改由宜蘭縣政府取得承租權。

宜蘭縣政府為台灣於環境保育執行最徹底的地方,目前正積極將此地開發成具有生態之旅、休閒渡假、會議等多功能的大南澳生態博物館園區,開發南澳地區。未來宜蘭的有機農產品以大台北地區為市場,將可維持基本的經濟規模;有機農業推動會在未來扮演重要角色,將針對南澳地區有機農產品的生產技術、驗證、行銷等方面,提供整體配套經營之協助。南澳農場土壤、氣候條件 南澳農場土地是早期由河床沖積而成,除了河岸外,大底不會淹水,及排水良好,四週均有林帶防風(如桉樹類)。

由於此農場生態環境獨立,鮮少污染,水質清澈;除了人工培育原生樹種外,植被上具有原始風貌,未遭破壞,適合發展有機農業的天然條件。南澳農場之氣候,屬於獨立型氣候,別於宜蘭與花蓮之天氣,少下雨,日照充足,年平均溫度23.3℃,氣候溫和乾燥,適合農作物生產,但颱風期容易造成旋風威脅。農場之鄰近完全無污染源,最近之住家遠在三公里外;在整體有機環境之隔離維護上,有得天獨厚之優勢。


點此

南澳南溪流經南澳鄉金洋村、武塔村至南澳村,匯合北溪注入太平洋。沿岸青山翠谷、叢林羅列,綠水旖旎,景色秀麗。南溪水質潔淨如翠玉,水流輕揚如浮雲,隨處可直視魚蝦悠遊其間,每年4、5月盛產青毛蟹,今又飼放香魚繁殖,倍增南溪水態的功能。除外,溯溪蜿蜒而上,沿途可造訪武塔、金洋兩大部落,是原住民泰雅族聚居孳息的村莊。

日治時代流行歌曲「莎韻之鐘」,即從南溪傳揚開來。到南溪賞玩,最佳方式應採露營過夜,以充分感受原始美。在夜晚無雲時,仰望繁星閃爍,輝映溪面,別具奇趣,偶有蟲鳴鳥啼,伴奏水聲淙淙,此情此景實為天上方有。若遇微雨點點,落擊溪面,則風聲、雨聲、溪水聲,齊聲鳴奏自然之音;在白天,溪景水勢一覽無遺。濯足戲水、或平躺巨石,感受、細心了解其水流,將會從中獲得許多啟示,是一趟難忘的休閒知性之旅。


點此

大湖溪支流,清澈的溪水流經尚德村。9年以來,社區居民出錢出力,在河堤上闢建了休閒散步的健康步道,種植花草樹木,並且成立義工隊定時維護。有美麗的人心,才有尚德這樣美麗的親水環境。


點此

雙連埤是高山臺地的天然湖泊,湖面附近平坦,四周環以群山,形成生態體系獨立之谷地,湖水面積不定,依雨量大小決定其水位。本區植物、動物等自然資源豐富,人文產業景觀亦具特色,配合附近開發的「福山植物園」,有生態環境教育之發展潛力。 雙連埤取其字意,即表示兩個相連之湖泊,雲霧霞蔚,特別是浮游藻類數量極多,乃典型的池沼生態體系。

此區之主要交通幹線為台9甲公路,往東經圳頭達宜蘭約13.6公里,往西步行3小時可達福山植物園,再步行6小時可達烏來。 本區是一天然谷地,腹地有限,受到氣候與地形之限制,使得農作物的面積不大,但是有山下之園藝公司在此經營苗圃及花圃,景觀甚佳。更因特殊封閉地形,造成了此區寧靜清悠的自然景色。


點此

大湖又名天鵝湖,因其湖面狀似一隻展翅飛翔的天鵝而得名。湖岸綠意盎然,景致清新。湖北如鵝頭,轉過山坳,則是飛展的翅膀與身軀。 往南逐漸窄小即為尾巴與小腳。湖身長200公尺,最寬處400公尺,沿岸百棵水茄苳,是此植物在宜蘭地區栽植密度最高,花期一到,環湖周遭便如煙火齊放,燦爛繽紛,是最美之賞花處。

本遊樂區佔地11甲,湖面寬廣,湖水清澈,西伯利亞雁鴨成群結隊,高飛低翔﹔各種候鳥、高山留鳥遨遊樹林,形成一個天然鳥園,實是愛鳥者的最佳賞鳥去處。湖水來自地下湧泉,四季水色不同,春綠、夏黃、秋灰、冬藍,變化萬千,堪稱特殊水塘景觀。 遊樂區預定闢建遊艇區、腳踏船、水划船區,另外可以在湖邊垂釣,亦有觀光果園、環湖步道,適合闔家遊湖散步之拱橋,詩情畫意,頗富閒遊之樂。湖邊設有一座船屋,停泊龍舟一艘,其幅地約100公尺的「湧泉老樹」區,據傳是宜蘭縣泉水最清澈、水質最甜美之處。許多咖啡館、喫茶廳,皆遠道來取水,此地數家茶館,得天然泉水之賜,遠近馳名,不妨前來品茗賞景。

遊樂區前可品嚐崩山湖的楊桃、二湖的鳳梨,而富麗農村的民宿、賞湖、品茗,風清水白,佳趣天成, 為大湖風景區之特色,值得闔家前往遊覽。

本景點為無障礙設施景點:


點此

雷公埤位於宜蘭縣員山鄉永和村內,水質清澈不受污染,因此湖內孕育豐富淡水魚類。   員山鄉公所為提供當地居民更良好的生活品質,在湖域範圍內闢建公園供民眾休憩之用,園區內設由環湖步道、洗衣台、釣魚區....等多樣化設施,由於水質清澈,當地居民特別喜歡在此享受摸蛤的樂趣,到了冬季,水鳥亦會駐足於此過冬,此時賞鳥更顯幽情。   

當地除了有雷公埤公園外,附近更有日據時期享有大名的員山溫泉,略帶泥泉質的特性,可養顏美容,促進新陳代謝,目前縣政府正積極的規劃員山溫泉再造,目前已有相關研究團隊在此作溫泉探勘,希望未來能夠發展成為縣內第二個溫泉鄉!


點此

枕山地理位置在宜蘭縣偏西北方位,北面依山是大礁溪河流一個沖積扇的谷地平原,為一典型的農村村落。傳說一位仙人挑擔時扁擔忽然折斷,兩頭貨物一頭栽在員山,一頭栽在北地,仙人將此地一頭貨物弄平當枕頭睡覺休息,因形狀似枕,故後人把它取名枕頭山。

農業區內土地肥沃,有:樂山梨、翠玉蓮霧、白菝、甜桃、員山花卉、李仔榚、金棗糕 , 區內景點有:大礁溪、軟埤因水源來自地下湧泉,水質清澈,其三面環山,叢林茂密,終年有水鳥及白鷺鷥等鳥類棲息、李仔山是觀賞蘭陽八景之一───龜山朝日的好位置、水尾防空洞洞內有蝙蝠棲息,實為境內一處即佳生態環境。

聞名枕山春梅────蜜餞的原鄉是踏青的好地方,也因此入列蘭陽十八勝之一景。大樹公───歌仔戲的娘家,頭份路的老茄苳樹是最具文化特質的一棵古樹,歌仔戲鼻祖的歐來助先生就是在這棵有千年樹齡的老茄樹下搭棚教唱,因而唱出蘭陽平原的『本地歌仔』。 不管是吃、玩、採果、賞鳥、賞景、民宿,都歡迎來枕山這現代化的農村公園。


點此

位於員山鄉大湖與內城之間的逸仙村橫互著一道突出於平原的丘陵,其尖端就稱為鼻仔頭,現己開闢為”員山鄉逸仙村鼻仔頭遊憩區”。鼻仔頭的由來,是因在鼻仔頭溪的北方有一座中間凸起、兩側下凹的山丘,就像人的鼻頭,因此得名。

鼻仔頭溪湖山區的水源流經此處時,形成淤積迴旋,水質清澈且四周風光明媚,在鄉公所興建下,成為設有涼亭、公廁及戲水平台的小型公園,常有民眾前來此處戲水、郊遊及寫生,公園栽植杜鵑附近有波斯菊春天綻放異常美麗。

鼻仔頭圳緊鄰山脈,旁有開闊的水田,水田裏常有小白鷺、大白鷺等野鳥蹤影,圳裏有水草,螺、貝、大肚魚成群活動及蜻蜓、蝴蝶飛舞溪邊。


點此

位在員山鄉的內城村,因地形像是蟹鉗環抱水面,早期稱為「蟳管埤」,後來被水利會改名為「太陽埤」。

太陽埤是一座深度頗深封閉性的湖泊,湖岸生長有眾多草木,有白鷺鷥群聚棲息於此,形成一幅平靜祥和的畫面。目前多為鄰近稻田引水灌溉之用,假日時許多民眾皆會到此垂釣,並設有瞭望台供民眾休憩


點此

台灣漢人的開發,是由南而北, 由西而東依地形而進展。 自台北盆地溯基隆河而上, 翻越三貂嶺與草嶺,而後進入宜蘭的這條移民路線, 就是「淡蘭古道」。其中北起自台北縣貢寮鄉遠望坑、南迄於宜蘭縣頭城鎮大里天公廟、 約10公里長的草嶺段,則稱「草嶺古道」,是清代先民由台北盆地(淡水廳)移民宜蘭的路線,即淡蘭古道至今僅存的遺跡。

清代宜蘭對外交通十分不便,僅有草嶺古道是唯一官道,也是維繫蘭陽地區民生發展宜蘭發展的重要命脈。羊腸小徑之中有石磴如梯,沿途設有兵汛、驛站以保護行旅,後來歷經日人的拓寬、頭城鎮公所的開路、及東北角管理處的重舖石板,於今已成為一條兼具知性與感性的健行步道。這條古道古意盎然,一八六七年,清代總兵劉明燈所題刻的「虎字碑」與「雄鎮蠻煙」摩碣,兀然聳立,為漢人開蘭的艱辛,還有古樸的「跌死馬橋」、「福德祠」,都為歷史留下見證。行走在古道上可欣賞山勢起伏的美景,還有口地勢所形成的植物林相,站在草嶺嶺頂,向東望去,眼界大開,也能驚見太平洋的壯闊,又可感受忽來的霧漫風疾的特殊天候,方才明白宜蘭為何古稱「別有天」。近來登山健行成為國人風行熱愛的休閒活動,草嶺古道也因沿途秀麗的景致,而成為熱門路線之一。

草嶺古道的終(起)點為八十六年啟用的大里遊客中心,提供遊客旅遊諮詢服務;另有大里天公廟(又稱慶雲宮)祀奉主神玉皇大帝廟史已逾190年,往來香客絡繹不絕;此外這裡有許多特產小吃,其中石花菜凍更是享有勝名。 大里遊客中心(原為大里遊客服務中心Dali Visitor Center) 於民國八十六年五月二十七日落成啟用,位於在於東北角管理處轄區草嶺古道大里入口處,一樓大廳北側設有仿虎字碑的拓碑區,服務中心下方停車場有一大石,上有何應欽將軍親筆所題「蘭陽第一勝景」字蹟。 大里遊客中心有一間可容納八十人的多媒體放映室,且針對宜蘭境內各景點設置解說版,提供遊客心靈深處更知性與感性的景點解說的導覽服務。


點此

桃源谷昔稱「綑牛仔山」,是早期農閒時候,孩童放牧與嬉戲之地。桃源谷,顧名思義,是武陵人的桃花源頭, 就有那份置身世外的安詳與寧靜,再配上幾戶人家,炊煙裊裊、雞犬相聞的景象,登山者一趟走下來,必能印象深刻,回味無窮。 從仁澤社區上山,是傳統登桃源谷的路線,有一段落差頗大的上坡,曲折旋繞,峰迴路轉,至豁然開朗,遠景近物讓人仰首低額之時,心境也開始清明。一路行至野趣十足的廣享草原, 這片海拔500公尺的青草坡,傾斜將近30度,迤邐延伸有四、五百公尺。
坡面上的綠草,梗短且密實,像大自然用心編織的上等毛毯。天氣晴朗時,草原上可西眺三貂嶺,東望太平洋;變天時,騰雲駕霧,甚至可做捉迷藏的遊戲;秋冬之季,強勁的季風常推來一朵一朵的雲團,漫山的五節芒在雲團中若隱若現。 草坡上,大夥兒可以圍坐說笑,或躺個舒適的大字形,仰望蔚藍的天空,讓山風和著海風吹拂著。站在最高點,蘭陽平原及龜山島皆在你的腳底下,山海交錯,人煙渺遠,真正是置身世外的天堂仙境。

回程路上有一座石觀音古剎,有味美的甘泉可解旅途勞頓,石洞中的諸神、觀音,還可以保佑你萬事順遂、國泰民安。嚮往滌俗濾憂的人們,桃源谷將是您的最佳選擇。


點此

宜蘭頭城的外澳就在烏石港北面,是一處平坦的沙灘,雪白的浪花一波波地打上岸來,在陽光照耀下,波光粼粼;龜山島的身影隱約可見,真是無限風光啊!除了弄濤戲水,這裡還有著結合刺激、技巧、難度於一身的極限運動,諸如飛行傘、衝浪等需要膽識的活動,來一趟頭城外澳沙灘,上天下海,三度空間的運動任君選擇。夜晚降臨時,還可找家優質的民宿度過聽濤的夜晚!

近年來,烏石港所興建的遠洋漁港工程,也逐年完成防波堤、碼頭,當年的遺址也規劃成紀念公園,隨著賞鯨登島觀光活動的興起,使漁港成為假日休閒的絕佳去處,為方便遊客,還設有遊客服務中心。而烏石港北側堤防內側步道堤防成為傍晚漫步及觀賞龜山島的絕佳去處。

本景點為無障礙設施景點:


點此

頭城海水浴場位於大坑罟海濱,頭城火車站東南方2公里處,是頭城沙質海域的一段,也是宜蘭地區唯一的海水浴場。由於受到季風吹襲和潮汐的雙重影響,在海邊形成高20公尺、寬10公尺的沙汕。也因為平直遼闊的視野,頭城海水浴場便成為「龜山朝日」的絕佳景點,當天氣晴朗,日初的剎那,光芒從海平面、龜山島背後噴湧而出,你必會驚歎。因為沙質海岸的關係,所以種植了茂密的防風林,此處和附近女青年會的聽濤營地仍保留原始沙林聽濤的特色。而在漁汛期間,偶而可見傳統的牽罟行列,不過這卻是頭城新興的沙灘休閒活動,十分有趣,值得親身體味。近處設置有頭城海水浴場,是夏日闔家游泳戲水的好地方。

海灘平伸陸地,一字兒排開面向太平洋,海底磯波,捲起洶湧浪濤,排空翻滾,聲勢浩大。風平浪靜時,和緩的浪條,很有秩序的推移挪動,輕輕柔柔的輕吻大地。柔軟的和風中,大麻黃成群攢聚,馬鞍藤也四處趴爬,瓊麻林硬是在砂地上展現雄姿,風起,沙沙的呼嘯聲傳入耳際,讓人有遺世而獨立的感覺。 海濤綿延不絕的吼聲,規律性的起伏,高的浪頭,低的浪頭,好似白色的馬鬃翻飛,十分壯觀。 目前開放陸域,海域因部分沙灘流失,暫不開放。浴場占地遼闊,場內設施完善,有停車場、盥洗室、瞭望台、餐飲部和旅社部,全建於海岸沙丘高地上,鄰旁有片廣大的木麻黃防風林,可作為露營場地。歡迎大家來露營賞海,享受海風吹拂及與自然融合的感覺。


點此

一九五四年,宜蘭縣文獻委員會挑選「蘭陽十八勝」,位在頭城鎮金面里石燭坑之攔沙壩內,有座石燭山,屬探幽避暑勝地,終被選定為十八勝之一。 七十年代,石燭坑曾被私人開闢成為遊樂區,定名「新峰瀑布」,遊樂區內設有游泳池、渡假別墅、露營區、瀑布區等,各區依山谷流水而闢建,並種植各種紅花綠草,美不勝收,瀑布區建有一座觀瀑亭,駐足亭中,仰望瀑布,噴珠飛玉,傾瀉千丈,使人俗念全消,其樂無窮。 八十年代,由於遊樂區設施違反水利法,縣政府收歸自營,改稱「金面瀑布」,自此,「新峰瀑布」漸漸被世人淡忘。
石燭坑攔沙壩的蓄水潭,碧綠翡翠,水清見底,每逢盛暑,即成嬉水清暑的好去處,值得眾人一遊再遊。


點此

無論走陸路或海陸,只要看到龜山島,就知道宜蘭到了。位在宜蘭縣頭城鎮海岸以東約十公里處,是宜蘭縣縣屬島嶼之中最大、也是唯一有人居住的龜山島,也是台灣地區目前尚存的活火山。龜山島因其型似浮龜而得名,自民國七十七年解除戒嚴後,在宜蘭縣政府及地方民意代表多年積極努力之下,行政院於民國八十八年將龜山島納為東北角暨宜蘭海岸國家風景區內。依龜山島人文及生態資源特性,規畫成為兼具知性及感性之海上生態公園,藉由遊客容納量的管制,減少旅遊環境衝突,並結合鄰近海域賞鯨活動,成為北部藍色公路熱門的旅遊景點。龜山島有一個海底世界,在熱騰騰的硫磺及強酸的環境之下,還有成千上萬的螃蟹生存著,成為一個罕見現象。
龜山島上著名的美景龜湖,又名龜尾潭,原來是一個淡水湖,後來島上居民引海水進湖,本希望成為一個漁港,但是居民每次築堤都被颱風吹垮而堵住,所以現在是鹹淡各半的湖泊。湖的對岸有一座觀音像,安詳的守護著龜尾潭及居民。從島上駐軍營往前望去,山勢陡峭而且綠意盎然,山巒稜線分明,猶如一位美人仰天,還可以清楚的看見美人的形態,讓人讚嘆大自然的巧奪天工。龜山島的末端為一道鵝卵石長灘,因為受風向和潮水的影響,尾端會隨著季風而南北向移動,俗稱「靈龜擺尾」。


點此

北關原為滿清時期的一座關卡,嘉慶年間清政府鑑於此地地形為防止盜匪進入宜蘭的最佳關隘,而奏請設立駐兵關卡。北關海潮公園又稱蘭城公園,地處台灣東北角沿岸,位於頭城鎮更新里,南端設有南關,遙相呼應,成為進出蘭陽門戶,是一座景觀豐富的海濱公園。公園裡立有兩尊一百六十多年的歷史古砲,據說是清代嘉慶年間所鑄造的古物,為北關添加些許古早味。

公園內有經過千萬年沖刷而成的單面山、豆腐岩、小海岬等自然石岩景觀,石岩林立,堪稱東海岸特殊的景觀。在巨石與山勢對峙中,並設有階梯、步道和觀海涼庭,園中處處展現海濱特有奇景。觀海亭可清楚眺望龜山島、外澳等海上景致,以及北關一帶全景,近看則驚濤拍岸,氣象萬千,蘭陽八景中的「北關海潮」即指此地,尤其在漲潮或日出時,更是走訪北關的最佳時刻。


點此

東北角海岸自大里以降,呈現的是單面山和豆腐岩地形,另有一番景致。濱海公路旁靠山面海的大里天公廟為境內香火鼎盛之名剎,主祀玉皇大帝。該寺於清道光十六(西元一八三六)年肇建時,規模尚屬簡陋,殆至光緒三十(西元一九零四)年改建後,始有今日堂皇廟貌。
廟前可展望遼闊的太平洋及縹緲的龜山島,廟後為草嶺古道出口,而規畫整齊的小吃賣店,更可資暢古道後解饞之處。廟右側設有遊客服務中心,提供展覽及諮詢等服務。


點此

位於濱海公路旁,宜蘭縣頭城鎮大里漁村內的天公廟,本名慶雲宮,主奉由漳州供奉來台的玉皇大帝(天公)。於清道光十六(西元一八三六年),因鑑於居民需要一信仰中心作為心靈之寄託,故興起肇建之動機,剛成立之時規模簡陋,歷經多次整修,直到光緒三十年改建後,才有今日堂皇廟貌,歷史共有一百九十五年。

大里天公廟背倚綠意盎然草嶺山,前方則面對波濤洶湧的太平洋,視野遼闊,同時可欣賞龜山島的旭日紅霞,景色殊麗,許多的遊客都專程前來欣賞美景;由寺廟旁的小徑前往後山,廟後為草嶺古道出口。每年農曆的正月初九是當地慶典之日,遠從各地而來參拜的信徒總是絡繹不絕,於膜拜祈福之後,從天公廟樓台外遠眺,『大里觀潮』曾被列為『蘭陽八景』之一,尤其當東北季風到訪時節,沿岸波濤洶湧、壯麗非凡,氣勢更是磅薄。


點此

東北角依山傍海,灣岬羅列,有嶙峋的奇岩聳崖、巨觀的海蝕地形、細柔的金色沙灘,以及繽紛的海洋生態,並且孕育出淳樸的人文史蹟,是一處兼具大自然教室知性功能與濱海遊樂場感性風采的全方位觀光旅遊勝地。
而陸域北起台北縣瑞芳鎮南雅里,南至蘇澳鎮內埤海灘南方岬角,海岸線全長一百零二.五公里,海、陸域總面積共一萬七千四百二十一公頃的區域,皆屬東北角暨宜蘭海岸風景特定區。
交通部觀光局為加強開發東北角海岸的景觀資源及生態保育,特於民國七十三年六月一日成立管理處,專責東北海岸觀光遊憩資源的開發建設與經營管理,除按區內自然景觀特色,逐次開發風景優美的據點,並規畫有陸域及海域資源保護區,以期永續東北角生生不息的命脈。


點此

位在宜蘭縣頭城鎮,是宜蘭第三大漁港的大溪漁港,設有新、舊港口,舊港口目前僅供漁民使用,新港口則有魚市場供漁民與民眾交易。

大溪漁港多為當日往返,每天皆有新鮮魚獲入港,假日魚市更是人聲鼎沸,主要的海鮮種類為金鉤蝦,另外還有紅目蓮、白帶魚及鰻魚等,許多民眾到此可以購買新鮮且便宜的海鮮。目前大溪漁港朝向觀光漁港方向發展,周圍並有賞鯨登島及船釣活動可進行


點此

「沙林聽濤」曾為蘭陽十二勝景之一,頭城鎮的海域平直而遼闊,因長年季風吹拂及潮汐的緣故,形成了高二十公尺、寬十公尺的沙汕。
海濱沿岸面向太平洋,並有馬鞍藤、瓊麻林及大麻黃等多種海濱植物生長於此,強勁的季風吹襲,浪濤聲不絕於耳,猶如千軍萬馬一般,擁有強大的氣勢,「沙林聽濤」即是呼嘯風聲、翻騰浪濤及壯麗海濱所形成的意境景象。


點此

宜蘭縣頭城鎮與台北縣貢寮鄉交界的濱海公路旁,石城縣界公園的海濱美景盡收眼底。
此公園是為東北角海岸風景特定區所設立,與奇岩海洋相當接近,也可眺望龜山島景色,園區內設有停車場、望遠鏡及戶外咖啡廳等設施,提供來往的民眾休憩,您可以坐在這裡喝杯咖啡,靜靜的欣賞湛藍的海洋,讓海風微微吹拂,相當愜意。


點此

頭城鎮竹安溪入海口因溪床寬廣,擁有多處水田及魚塭的淡水沼澤,加上潮汐帶來的大量魚蝦,吸引許多水鳥前來棲息,特設竹安溪口水鳥保護區。
沼澤裡生長多項水生植物,包括大範圍的蘆葦及布袋蓮,一隻隻的水鳥到此漫步覓食,至今已有一百九十種以上的鳥類紀錄,加上山巒層疊倒映水面,營造出幽靜浪漫的氣息。
可惜的是在北宜高速公路通車後,自然生態遭受破壞,目前僅剩八十種鳥類到此棲息,但仍有些許區域保留自然資源,民眾仍可賞鳥遊憩。


點此

五峰旗瀑布是由五座山峰排列而成,遠看宛如旗幟,噶瑪蘭廳志有云:「……以形得名,五峰排列,如豎旗幟……」故而得名。而瀑布位在五座險峻山峰之前,是礁溪鄉著名的風景區。瀑布全長約100公尺,共分為三層。

上層瀑布約50公尺,自峽谷奔流而下,中層瀑布由山壁中穿出,約30公尺,立於「觀瀑亭」以極佳之視野近賞急瀉之姿,亦可遠眺翠綠山谷,下層瀑布約20公尺,自然形成小水潭,潭水清澈順流而下,在風景區入口處規劃有兒童戲水區,是全家休閒玩樂的勝地。在風景區上方有座聖母山莊,由於景觀視野極佳,登山路徑絕美,因此也吸引不少朝聖者外的遊客前來。

五峰旗風景區旁另有一更清幽的勝地,從入口處前不遠的土地廟旁小路上行,約一小時的登山小徑路程,可上達五峰旗瀑布的源頭,有幾處小水塘,水塘邊有小規模的宿營地,登山界朋友名之為「五峰幽谷」,水質甘甜無比,許多登山朋友經常取水下山泡茶,而好水泡上好茶,更是清甘香淳,相得益彰。

本景點為無障礙設施景點:


點此

宜蘭縣境地質構造特殊,地下有熱源,又有地下斷層通過,所以地層的裂縫提供熱氣上升的通道,加上蘭陽平原多雨有豐沛的地下水源,大量的雨水滲入地下岩層之後,很快就被地下熱能加熱,成為滾燙的地下水,一旦熱水通過地表的裂縫,就會受壓湧出成溫泉。其中「礁溪溫泉」馳名最早,是臺灣少見的平地溫泉。

在清代即為馳名的「湯圍溫泉」,早就被列入「蘭陽八景」之一。 礁溪溫泉起源於德陽村福崇寺後的山下,沿著水溝、流經公路、穿越鐵道,湧泉匯聚成流,昔日當地居民就在這條熱氣騰騰的熱水溝裡沐浴,而現在這裡還有兩座公共澡堂,供民眾享受截然不同的沐浴情調。礁溪溫泉屬鹼性溫泉,溫度適中約50度C左右,色清無味,水質中含有氯化鉀、硫酸鈉、重碳酸鉀、硼酸、有機物和流離酸等礦物質。沒有刺鼻的硫磺味,洗後皮膚備感光滑柔細,絲毫不黏膩,所以被譽為「溫泉中的溫泉」。

溫泉區是礁溪鄉最熱鬧的地帶,大致包括火車站附近方圓1.5公里的地區,除了在旅館可以享受溫泉浴之外,還有四處公共澡堂:燒水溝上、中正路上、吳沙紀念館後、公園路上,可供民眾免費洗湯。近年來,礁溪農會發展溫泉蔬菜、溫泉礦水、溫泉養殖,將溫泉用途,發揮盡致,為農村經濟提供了新財源,同時也促進了觀光事業。來到這裡除了享受洗湯的樂趣,也不妨嚐一嚐溫泉蔬菜的風味。


點此

蝴蝶蘭花姿如蝴蝶飛舞因而得名,不但外型好、花的數量多且花期長,在芸芸眾蘭屬之中,贏得「蘭花之后」之美譽。宜蘭氣候潮濕多雨極適合蝴蝶蘭生長,金車生物科技針對蝴蝶蘭生長需要斥資興建精密電腦環控溫室從事蝴蝶蘭種苗栽培,配合新品種雜交選育、優良品種微體繁殖及利用冷房催花系統、加溫機保溫設施調節花期,能週年供應國內外市場需求,所生產蝴蝶蘭種苗及盆花品質優良。
近年來極積收集各式蘭屬之原生種並規劃一生態園區將蘭花以最自然的方式呈現,在每個月規劃不同的展出主題期將各種蘭花介紹給參訪來賓,期培養大家愛花賞花之品味。

本景點為無障礙設施景點:


點此

林美山高爾夫球場又稱礁溪球場。約於一九七六年間,在享譽國際高爾夫球壇的耆老陳金獅先生的精心規劃下,擇定林美山丘,開闢成十八洞的國際標準球場,這也是蘭陽地區目前唯一的高爾夫球場。

球場毗臨五峰旗,依山傍水、景緻秀麗,空氣清雅、獨樹一幟。 駐足於和緩的草坡上,可前眺太平洋上的龜嶼浮影,後枕聖母顯靈的聖母山莊,進而左觀五峰奇岩峻嶺的原頭,右攬蘭陽平原的阡陌縱橫。景觀視野之殊勝,無與倫比。球場佔地約50公頃,後方窪地有座天然的無名埤,是球場用水的泉源,池中飼養數隻綠頭鴨,棲游於沼澤間。

溪谷山林中,時有飛禽翱翔,據調查結果,計有四對大冠鷲與13種鳥類,是賞鳥、觀景兼運動的最佳去處;球場又因雪霸尖山尾峰互阻於此,擋住強勁的冬北季風,而不影響擊球運作。球場設施之整體配合,未多加以人工修飾,而渾然天成、風景清美。


點此

走趟金盈瀑布,將可享受自然山水之幽情與知性浪漫之旅。 本瀑布位於頭城鎮金面鄉之山區,距離北宜公路僅0.7公里, 平常有公路局往來北宜公路,多數遊客皆以自用車或機車為主要交通公具。 本瀑布遊樂區以北門溪為主,全長1.7公里,標高50至430公尺, 在瀑布以下地區,溪谷蜿蜒,全長約1.1公里,落差卻達260公尺, 加以溪床上岩石磊磊,因而造成許多瀑布湍流。 金盈瀑布的水源,是珍貴的天然礦泉水,水量豐沛四季皆不受影響。

據說金盈瀑布的水源不是溪澗,而是來自一大塊巨石的缺口, 不斷自山中地底湧現清泉。因此不分雨季乾季,水量大致不變, 水質也永遠清澈,是極珍貴難得的天然礦泉水。

本區因生態資源豐富 ,氣候溫和且水源豐沛,棲息其間之動物種類頗多,包括鳥類、昆蟲 類及小型爬蟲類等生態環境,本區的植被屬亞熱帶雨林,但上游高地 也有針葉林,其餘地區則多雜林,在入口區則種植許多蛇木,樹型特 別類似傘狀,遍地稀疏且具觀賞價值,台灣的桫欏是域內最大資源。 金盈谷全區群山環繞、清澈的溪流貫穿其間, 山光水色配上青翠森林,將金盈谷襯托出一份綠意盎然、生氣蓬勃的景象, 置身其間,令人心曠神怡,陶醉在大自然裡,渾然忘我。


點此

「猴洞坑瀑布」屬於「蘭陽十八勝」之一,位於礁溪鄉白雲村轄區內,俗稱「白石腳」。日治時期,為了充裕二城附近的農田水利及預防山洪爆發,於一九一七年,由當時水利會在白石腳的猴洞溪修築堤防、圳道。
並在瀑布下方的堤防旁勒「猴硐溪圳頭」碑石,以彰顯此項工程的重要性。光復以後,瀑布上游水源漸稀,白雲村村民因而另築一道小水渠,將瀑布最下段的流水化為人工瀑布,並攔腰橫截引到水渠去灌溉,使得原來瀑布的氣勢頓失,只有在雨季來臨時刻,才能觀賞到寬約6公尺,高約25公尺的瀑布勝況。
觀賞者可享受到一股幽雅清靜的秀氣,若攀登斷壁峭崖,立足瀑布上端岩石,可遠眺龜嶼,再深入瀑布上游的山谷,眼見風化岩洞林立,大有身處水濂洞的感受。由於越石登壁,既困難且危險,險境橫生,但景致誘人。所以,民間有此傳說:有情者相偕登上猴硐瀑布,必成良緣眷屬。有心人不妨一遊,來明證此語此景。


點此

龍潭舊名大埤,俗稱「大陂湖」,為昔日「蘭陽十二勝」之一, 位於礁溪鄉龍潭村,距離宜蘭市區約6公里,交通便利。 此湖三面環山,面積約17公頃, 湖面遼闊,水深4.5丈,是宜蘭五大名湖中面積最大者。

湖區仍保留了原始自然的風味,循著環湖道路悠然漫步, 只見兩旁綠樹垂蔭,蝴蝶翩翩飛舞,偶而幾隻鷺鷥掠過湖面, 為寧靜的山光水色增添不少美感! 湖的附近有廟宇數座:龍潭寺位於山腰上, 由湖旁沿山坡路蜿蜒而上,是一處清靜的佛教寶地, 可遠眺整個湖面景觀; 軒轅教黃帝神宮位於環湖路旁的一條岔路上,奉黃帝為教祖; 漳福廟則位於湖南端的不遠處,主要奉祀開漳聖王, 該廟感應靈驗、香火鼎盛,為鄉民的信仰中心,頗具尋幽攬勝之趣。

本景點為無障礙設施景點:


點此

跑馬古道位於台北縣烏來鄉與宜蘭縣頭城鎮、礁溪鄉的界線上,是淡蘭古道的支線之一。沿著礁溪頭城的猴洞坑溪河谷直下,即北宜公路石牌站附近,下坡至五旗峰風景區,全長約七公里,其中有三公里在國有林班地界內。

淡蘭便道為清末蘭陽地區對外主要交通幹道。蘭陽平原三面群山環擁,一面瀕臨太平洋,交通不便,開發較晚,開蘭之初,在吳沙的帶領下,循著草嶺古道前進宜蘭,但往來台北盆地必須由頭城經草嶺古道再繞雙溪、基隆河谷,才能抵達台北、淡水,路途甚遠,於是清光緒年間,先人逐步利用台北縣新店溪與礁溪猴洞坑溪的河谷,闢出一條較短的便道,人稱淡蘭便道。 而跑馬古道修於清光緒年間,先民常利用古道搬運木材,在路上置圓木枕,上托木馬搬運,有「木馬路」之稱。

二次大戰期間,常可見日軍官兵騎馬巡邏,居民又稱之為「陸軍路」、「跑馬路」,台9公路之後,又將它稱為頂車路。 跑馬古道可以從五峰旗牌樓往上攀爬,亦可從北宜公路上新花園旁緩步下山;沿途可以遠眺蘭陽平原風光、龜山島,夜間可以欣賞整個礁溪市區萬家燈火的景緻;亦可途經小山神廟、柳橙果園、採礦區、猴洞坑溪上游、跑馬古道勒石、竹蔭道等,景觀多變豐富。


點此

宜蘭縣政府為創造湯圍溝歷史空間新風貌,提昇健康的溫泉休閒形象,保留傳統建築生活的共同記憶,建立舒適自然的開放遊憩場所,自91年起分四期規劃設計建設湯圍溝公園,並於94年12月17日完成正式啟用。
湯圍溝公園除了水岸綠美化空間及景觀涼亭外,並規劃充滿禪意的檜木風呂及半戶外泡腳交流地,讓在地民眾重溫舊有泡湯記憶,外地遊客則可享受自然舒適的檜木溫泉。
本景點為無障礙設施景點:


點此

位於宜蘭縣羅東鎮,自民國七十五年建造,歷經許多的規畫以及建構,占地四十七公頃的羅東運動公園終於在民國八十五年正式開園,距羅東火車站約二公里,交通十分方便。
羅東為將綠意推向都市,羅東運動公園與蘭陽平原融為一體,並設有以開放親切為設計概念的園區運動設施,居民、遊客可在遊園賞景中運動強身,對從事專業運動的選手,也是一個優良的訓練場所。

本景點為無障礙設施景點:


點此

位在宜蘭縣羅東鎮,北成庄荷花形象館為旺柏休閒農場的附設區域,夏季時滿園蓮葉田田,一朵朵出淤泥而不染的蓮花隨風搖曳,您可以在蓮花田間享用下午茶,欣賞這一幅最美的自然景致。
館中有多項農作知識生態解說牌,並建有有機蔬菜園、苗木培植區及民宿茶館等空間,提供民眾遠離塵囂的農村之旅。


點此

號稱天下第一泉的蘇澳冷泉,是相當特別的,尤其是像這般清澈潔淨的更少,冷泉的形成必須有豐沛的地下水及石灰鈣岩層,而蘇澳正好兼具宜蘭豐沛的雨量和蘇澳當地厚實的石灰岩層。蘇澳冷泉區是一處相當特殊的景點位在中原路和冷泉路一帶,1928年由日人發現。目前冷泉浴室有兩處,一在蘇澳的冷泉區,內部設有男女露天大眾池和個人浴池;另一處就是阿里史橋附近,分兒童戲水區及男女兩池,免費供當地居民使用,遊客酌收清潔費用,其餘空地規劃成休閒公園。

蘇澳冷泉與礁溪溫泉,是宜蘭縣境中深藏地下的兩塊瑰寶,希望大家都能珍愛這份世間少有的天然瑰寶。剛下冷泉時不禁會哆嗦,但不到5分鐘,便會覺得渾身發熱,且由池底不斷冒出潔細的氣泡沾滿全身,彷彿浸泡在無糖的汽水裡,十足有趣。據說沐浴其中可治皮膚病,飲用則對腸胃具有醫療效果。奇異的冷泉,你一定要來親身體驗。

此外,由於冷泉水質清澈甘美且富含大量的二氧化碳,是低於攝氐22度的「低溫礦泉」,為東南亞獨一無二的特有資源,又因冷泉含大量二氧化碳,曾設廠生產冷泉彈珠汽水,稱為「那姆內」,與用冷泉調製出來的「羊羹」,成為蘇澳兩大特產。

本景點為無障礙設施景點:


點此

武荖坑林泉位於冬山鄉、蘇澳鎮交界處,長條狀的谷地由狹而寬,是由東、西兩股溪水匯流而成,全長約24公里,在大坑罟出海。山巔水湄,水氣氤氳,盛產茗茶,一向是宜蘭人探幽消暑的天然勝地。1994年整建為可容納千人溯溪嬉水、登山賞景、品茗夜遊的露營勝地。早期先民以為溪谷含有沙金,很多人曾湧入淘金,耗盡家財,結果鍛羽而歸,以台語發音,稱之「武荖坑」。

民俗諺語中更有所謂的「武荖坑大粒石鼓;阿甘城水查某」的稱謂。 武荖溪谷林木茂盛、清流激湍、怪石嶙峋、曲徑蜿蜒、泉水甘醇,素有「武荖林泉」美譽,也是新「蘭陽八景」之一。

區內草坡翠綠,溪中有數座攔砂壩,形成幾道小瀑布,清流碧湍,更增幽靜舒爽。其間溪水平緩,水位不深,最適合戲水、抓蝦、泛舟等活動,較深水潭處,盛產溪哥、石貼魚,是溪釣的理想地點。 溪流兩側,茂林叢叢,入目皆綠,自然景觀優美,生態環境豐富,尤以鳥類和蝴蝶最是引人入勝,溯溪同時兼能賞鳥和賞蝶,一舉數得。目前縣府已規畫本區成為大型露營區,該項工程正陸續完成。今後,必是宜蘭人戲水露營的熱門去處,也是戶外踏青兼做自然生態教室的絕佳場所。

本景點為無障礙設施景點:


點此

位於蘇澳港南側,是台灣沿海及近洋漁船的重要基地的南方澳,魚獲量極豐,為台灣三大漁業重鎮之一。此處有三個漁港及漁市,各依其功能、特色而有不同。
第一漁市每天約在下午二時左右,由漁會主持拍賣,第二漁市為每天約在下午三時到五時,由漁民們各自販售。第三漁港旁的漁港路,聚滿各式海鮮、特產品店,也是遊客聚集的地方。


點此

位在宜蘭縣蘇澳鎮,南方澳風景區中的一隅,因海岬岩礁外形似豆腐,因而得「豆腐岬」之名,由於是陸連島與沙洲所形成,又稱為沙頸岬。豆腐岬的晨曦及夕陽景致優美,海天相連一片,並設有海岸步道、長亭景觀休憩區、海灘活動區及入口廣場區等區域,因海域水質潔淨,夏季時風浪並不大,經常有民眾到此進行戲水、浮潛、烤肉及海釣等休閒活動。


點此

位在宜蘭縣蘇澳鎮南方澳漁港外側的內埤海灘,沙丘呈現彎曲弧線,是以細砂石礫混合而成的海積沙灘,海天景致優美,有海岬、海蝕崖及海底岩礁等海蝕地形,黃昏夕陽金黃光芒閃耀,波波海濤聲聲入耳,並規畫有觀光涼亭、沿岸步道及停車場等設施,並種植有台灣樹蘭及台灣海桐等樹種,假日時吸引許多民眾到此遊憩垂釣,因此處海底地形不平,海面下常有暗湧,到此戲水的民眾需注意自身安全。


點此

位在宜蘭縣蘇澳鎮的碧涵軒帝雉生態館,館長為張漢欽先生,二十多歲時拯救了一對在山產店面臨生命威脅的黑色雉雞,進而發現竟然是台灣國寶鳥-帝雉,自此之後便展開了雉科鳥類的保育生涯,從一竅不通到國際雉科的權威,張漢欽館長的奉獻令人欽佩。
館內除了帝雉外,還有藍腹鷴及山鷓鴣等台灣國寶鳥,養育了紅腹角雉、綠野雞及藍耳雉等上百種的雉科鳥類,其中更有自喜馬拉雅山帶回的棕尾虹雉,以及從越南搶救回台灣,俗稱「鳳凰」的冠青鸞,相當珍貴。


點此

位在宜蘭縣蘇澳鎮,早期稱為「東港」的蘇澳港,為一座由北方澳、蘇澳及南方澳三面環山的天然優良港灣,許多釣客皆會到此垂釣。蘇澳港於民國五十四年由政府興建小型商港,民國六十三年擴建成為國際商港,港面寬闊、礁岩遍佈,湛藍天際與船隻倒映在海面上,為蘭陽八景之「蘇澳蜃市」。
於砲台山及蘇南公路即可欣賞景致,左右兩側各為南方澳及北方澳漁港。


點此

蘭陽平原的東南方,此處河水因出海口淤塞無法排出,形成一片沼澤,因而稱「無尾港」,為台灣沿海地區珍貴的濕地生態寶地。
無尾港自每年十一月開始,便有多種雁鴨到處度冬,根據紀錄每年一百四十個品種,至少有三千隻以上的小水鴨及花嘴鴨等雁鴨在此出沒。

台灣在民國七十七年加入國際水鳥與濕地研究組織(IWRB)後,無尾港即被列為亞洲的重要濕地之一,台灣行政院農委會並於民國八十三年將此地設為「無尾港水鳥保護區」。


點此

仁澤溫泉位在宜蘭縣的太平山下,海拔高度約在五百公尺左右,於日據時期就已開發成為溫泉區,稱為「旭澤溫泉」或「鳩澤溫泉」,台灣光復後則由蘭陽林區管理處接管整建,並更名為「仁澤溫泉」。
仁澤溫泉的泉水源頭是從山石中湧出,屬於無色無味的碳酸鈣泉,溫度經常高達攝氏95度,浸泡會皮膚會更加柔滑細緻,據說對於皮膚病及胃病有所功效,加上周圍環境秀麗,擁有豐富的自然生態,吸引許多民眾前來泡湯。


點此

宜蘭地下水位甚高,接近地表常少於5公尺,是全台灣水資源最豐富的地區。這兩座游池位於冬山鄉近山一帶,湧出的潔淨泉水,日夜不停注入池中,成為水資源專家口中;全台灣最潔淨的游泳池。


點此

群山環抱中的員山鄉大湖地區, 因具備有現代化果園,及綠意盎然的車道, 保留著自然生態的農村風貌, 成為宜蘭縣首座「富麗農村」, 而「崩山湖觀光果園」就是其中最具代表性之一。

「崩山湖」並非一座蓄水的湖泊, 而是指這一帶群山環抱, 形如湖狀,又因山坡極陡, 常會崩塌,所以稱它為「崩山湖」。 由於地形險峻,山上物產都採用「溜籠」來載運。 山間谷地廣大,遠山近水,景色秀麗, 又遍植楊桃、番石榴、金棗和桶柑,果實纍纍, 是大湖地區最著名的觀光果園。
除此之外,崩山湖觀光果園區, 還擁有大湖地區最多的民宿房舍。 民宿裝璜有如私人別墅, 客廳、家居用品,設備齊全,可提供渡假之用,十分舒適。

到此一遊,白天可採收各樣季節性的水果, 觀賞四周綠意盎然的田野風光; 夜裡借宿民家,靜聽蟲聲唧唧,雞犬相招, 還有湍湍水流和風吹樹葉的簌簌聲響, 頗能到風味特殊的農村生活, 享受一趟豐富的鄉土之旅。


點此

蜜月灣位於宜蘭縣頭城鎮大溪附近, 是北關以北的唯一沙岸。 整座海灣呈眉月形,海水清澈, 沙灘細軟平緩,一直延伸至海中, 是非常適合情侶、朋友攜手漫步、嬉水共遊的好地方。 台2號公路在經過蜜月灣時, 與堤防間有一片長滿馬鞍藤短草的大地, 附近有高大的榕樹,樹蔭濃密,十分清涼,可供200人露營。 此處可遠眺龜山,近臨蜜月灣優美的孤形海濱, 適合遊客游泳、垂釣、潛水……等活動。

來此悠遊,相當令人心曠神怡,精神一振! 蜜月灣另一特色,則是兩側為礁岩,中間部份為細柔的沙灘, 海灣浪花沖高平均1至3公尺, 成為北部主要的衝浪據點。 在旅遊行程安排上,可與海堤、聽濤營、海水浴場、北關等景點連線, 可欣賞沙岸、岩岸、海蝕平台,可與台北縣福隆海水浴場相互媲美。 此地仍可加強植栽,亦可再列專案計劃為觀光勝地。 而海上休閒、遊憩、潛水、游泳、夏季衝浪者將樂於倘佯其間; 而親子活動亦可撿拾貝殼或觀賞寄居生物, 闔家嬉戲踏浪,其樂無窮。


點此

原生植物區之籌設起緣於八十四年七月南澳工作站新建辦公室之遷建計畫,將原樟樹造林地闢建為植物標本園,園區面積八點九九公頃,平均海拔二十五公尺,地勢平坦。

本園區設置之目的除欲使教育訓練、解說功能及森林與生活密切結合在一起外,同時並期許能使南澳地區的民眾認識台灣本土植物,體認森林生態的重要性,進而達到保林愛林之目標。

園區以郝欽森分類系統規劃園區植物栽植,目前種類計有,類植物一科二種,裸子植物八科十九種,被子植物五十八科一百六十八種,其中竹類植物就占了二十四種,水生植物十二科十五種,合計七十九科二百零四種,以木本植物為主,藤本、草本為輔。
裸子植物包括有,台灣杉、台灣肖楠、柳杉、台灣扁柏以及紅繪等針葉樹主要造林樹種﹔被子植物,木蘭科、薔薇、樟科、殼斗科、杜鵑科等植物﹔竹類植物,桂竹、綠竹、莿竹、蓬萊竹、葫蘆竹等二十餘種。


點此

起點為蘭陽溪口的東港河口賞鳥區,終點則在壯圍鄉吉安宮的濱海自行車道,全長為六.五公里,騎乘在濱海自行車道上,享受海風的吹拂,聆聽浪濤的聲響,車道兩旁種植文殊蘭,部分路段可眺望龜山島觀賞濱海景致,海岸旁則種有海檬果、林投樹及木麻黃等防風林種,且能欣賞蘭陽著名的陳溪美景-「龜山朝日」,是深獲自行車族喜愛的休閒路線


點此

自行車道總長約6.7公里,自員山鄉員山公園起至宜蘭河濱公園車道長約6.7公里,從員山公園至中山橋銜接宜蘭河濱公園,一路沿著宜蘭河畔的堤防走,在四月天春灑大地一片綠,飽覽怡人風光。踏尋前人史跡(員山神社),飽覽"蘭陽十八勝"之一-西堤晚眺其中「宜蘭河自行車道」之設計以環境保護觀念為主,途中栽植許多能夠淨化空氣及耐污染的樹種,且使用大量木造結構,不僅讓車道更加美化


點此

雙園線自行車道主要是指宜蘭運動公園及羅東運動公園間的自行車道。羅東運動公園以蘭陽溪水的故事為基礎架構,展現蘭陽平原多雨及豐富地下水的親水環境。公園內規劃的濕生植物區、奇妙的節理護岸都很受小朋友的喜歡。

最棒的是會經過一條種滿相思林的景觀車道,綠樹成蔭、微風輕拂,真是愜意又自在車道沿途經過的景觀車道,車道兩旁植滿相思林,綠樹成蔭,微風吹拂輕鬆愜意,是宜蘭人豎起大拇指稱讚、景觀最美的自行車道


點此

太平山與大元山以翠峰湖為交界處,昔日林木生產時期,由山地運材軌道搬運木材,西元1979年依軌道為基礎改闢為林道,因連結太平山與大元山之間,故命名為「平元」,全長由翠峰湖至古魯約26公里。今將分年分期整建為自然步道,讓民眾欣賞沿途生態景觀。

平元自然步道大約處於海拔1840公尺左右,林相上屬闊葉林與針葉林的交會帶,除了紅檜、扁柏等檜木群,還有台灣赤楊在此成林,玉山箭竹亦常見叢生於步道邊;因氣溫偏低且溼氣飽滿,所以長年雲霧繚繞,生長於雲霧帶之森林則稱為「霧林」,這兒吸引了兩種林帶的動、植物前來定居,生態豐富且多樣,是台灣十分珍貴的森林。

往平元深處行去,踏上原始的木棧道,於晨光熹微時分,等待朝陽發出奪目的光采,把山、把雲、把昔日串聯太平安與大元山的林道,照得明亮燦爛!兩旁挺拔的高山檜木、線條剛勁的岩層,在雲霧之間若隱若現,水氣充足的環境,孕育了蕨類與苔蘚類的千姿百態,彩花盛開之際,蝶兒翩然來去,整條步道如詩畫般令人陶醉。


點此

北成社區為羅東著名具人文氣息的社區,因社區內居民多為老師或公務員,社區營造相當成功,自行車專用道的規劃也很完整,可以享受一段深入社區之美的騎乘感受


點此

安農溪自行車道沿安農溪北側提防旁闢建,起點靠近安農溪上游的水源橋,終點在安農溪下遊的歪仔歪橋。
安農溪發源於三星鄉西南側淺山,由西往東流貫蘭陽平原並注入羅東溪。上游水量極豐,可進行泛舟活動。自行車道則闢建於平地河段,全長約13公里,是一條平緩的自行車道,非常適合親子同遊


點此

翠峰湖環山步道,位於翠峰湖西側之山丘上,由翠峰景觀道路15K+500處進入,全長約3.95公里,步道係循昔日運材軌道路線整建而成,沿途景致層層疊疊,如同桃花源記中「柳岸花明又一村」般令人驚喜。

海拔介於1900公尺至2000公尺之間,提供春浴新綠、夏洗雨霧、秋賞紅葉、冬觀白雪的四季體驗,此步道罕有人行活動,輔以受到地被植物、枯枝落葉層、苔蘚植物等覆蓋保護,少有地表裸露或流失現象。

進入步道後有寬敞的休憩平台、木橋,以及解說展示站,展示站小屋是由以前機關車的油庫所改建,裡頭有詳盡的翠峰湖週遭生態解說,屋外則特地保留了懷舊復古的運材軌道以及台車,相當值得一看;另設有雙層觀湖平台,可飽覽翠峰湖壯闊之美景,並可與對岸原有之觀湖平台相互輝映,從不同角度欣賞美麗的湖景,並可觀賞過冬候鳥及鴛鴦戲水的英姿。


點此

台灣山毛櫸步道是一條景觀、生態豐富,設施也相當多元的步道,因為擁有廣達900公頃山毛櫸原始林而得名,目光所及之處皆是優美的森林,有高大如聖誕樹般的紅檜人造林,大型的朱黛晏蜓來回穿梭。

在台灣,山毛櫸(台灣水青岡)僅此一種,與櫻花鉤吻鮭同屬於冰河時期孓遺的珍貴植物。每年4月間,成片的山毛櫸綻放新綠,迷霧中,太陽剛露臉的剎那間,可見如10元硬幣大小的「夸父綠小灰蝶」,快速地穿梭在雲霧間。而到秋季時步道綠葉轉黃,更是美景迷人;冬天落葉後,又另有一番寂寥之美。

步道沿途可以遠眺望洋山、南澳北溪發源地甚至龜山島,並用心的保留舊有的鐵道轉轍器、里程碑,以及滿是蝌蚪的生態池與地質解說等, 夠幸運的話還有機會看到國寶級的台灣帝雉也在步道上散步,有如一處高山上的秘密花園。


點此

屬溪南環狀系統,北接溪北濱海線,南連冬山河線,為靠海自行車專用道。無尾港自行車道緊鄰五結清水海灘,由蘭陽溪與冬山河積沙,再加上長年東北季風的吹襲,形成高達數十公尺的沙丘海岸地形,多脊沙岸的特殊景觀為其吸引人的特點。
新水自行車專用道可從北部濱海公路五結路段(即五濱路),在清水大鎮路口往海邊方向而行,沿途除可觀賞到壯麗海景,遠眺龜山島,看漁船乘風破浪外,木麻黃林,遍地馬鞍藤,別有一番樂趣。


點此

位於宜蘭縣冬山火車站旁的冬山河自行車道,其自行車道以冬山火車站為起點至五結大閘門間為終點,行經冬山森林公園、清水橋、珍珠休閒農業區、冬山河親水公園、國立傳統藝術中心等當地著名景點,沿途可欣賞恬靜的農田風光、水鳥生態及河畔風光,如此的視野景觀,使得這趟單車之旅充滿著驚奇與愜意之感。
若是您有空的話,不妨到此一遊,享受騎乘單車環景的樂趣。


點此

宜蘭舊稱「口葛瑪蘭」,原是平埔族的家園,而近年來因致力於無污染工業—觀光的發展,為台灣的綠色之鄉。
除了溫泉、宜蘭特產與小吃,騎在宜蘭和羅東兩個運動公園之間的單車專用道,可以感受到宜蘭綠野平疇的美麗風光,以及一個騎自行車的人應有的尊重,處處可以體會地方政府的用心。此外,宜蘭羅東十六份圳自行車道,全長3.3公里,兩旁遍植花木,漫步其間,享受難得的假日悠閒,可謂是人間一大享受。


點此

區域型步道的仁山自然步道,位在冬山鄉中山村仁山植物園區,入口在新寮產業道路邊,冬山鄉舊垃圾場復育區,循著平緩山坡向上延伸,終點銜接縣府的仁山登山步道,正好環繞仁山植物園一圈,構成一條完整的步道系統。

仁山自然步道本身的長度雖然只有2.46公里,走一趟的單程約2個小時即可,但如果加上串連的仁山登山步道,全程則超過5公里,遊客可視體力,自行選擇怎麼走法。入口處舊時盛產樟腦,被稱為「樟腦寮」,因此,步道入口即搭建大型的樟腦儲存木桶為地標。仁山自然步道為未開發的原始林區,全線都是沿著舊有山路整修而成,只在幾處爬坡段簡單鋪設原木或石塊階梯,因此整條步道大致保持著林地的自然風貌,幾乎看不出人工雕鑿的痕跡。   

仁山自然步道盤繞在低海拔森林裡,林相豐富,可見相思樹、烏心石、樟樹、江某、白匏子等林木外,森林的低層更有蕨類、藤類植物爭長,綠意盎然,即使是陽光高照的日子,還是涼意襲人,一路走來相當清爽。除了林木群相繽紛外,動物生態也相當豐富,台灣獼猴、莫氏樹蛙、台北樹蛙、長腳赤蛙、五色鳥、灰喉山椒鳥、朱鸝、紅嘴黑鵯等,都是當地常見的嬌客,偶爾還有花紋鮮豔的蝴蝶成群飛舞,讓人目不暇給。


點此

深洲線沿途經過羅東運動公園、葫蘆堵大橋,至員山省道七號折返,途經羅東溪休閒農業區、柯林湧泉生態園區等景點。


點此

宜蘭縣礁溪鄉的時潮,舊名「大塭底」,塭在台語的意思,即是「低漥有水之地」,因地勢低窪,加上此地仍會受到漲退潮的影響,使得這兒的居民飽受潮水之苦,農田常為海水淹沒久久不退,尤其以七至九月收成之時,颱風來襲,更是使農民辛勤耕耘難以維生。日據時期,在時潮設大塭庄與塭底庄。直到民國三十五年元月,臺灣省實行地方自治,第一任村長以“一日二時潮水”之故而定「時潮」村名由於地區內地勢低窪,開墾的歷史,其實就是人與水奮鬥的血淚史。

地區土地常年積水,雖然土壤養力肥沃,卻不利耕作,先民圈地圍田之後,必須先以水車排水、挖土填補,方能開始種植農作物,且由於當時陸運未通,一切出入均需倚賴鴨母船等船隻,交通相當不便。鴨母船是自古以來行於淺水區的交通工具,大船走到烏石港後內陸河川則利用駁船或鴨母船做為運輸工具。

早年陸運未暢,時潮社區的交通出入大部均需倚賴“鴨母船”等船隻協助進出 其後更以“鴨母船“從事養殖、漁撈、貨物運輸等工作,因此時潮社區便有「鴨母船的故鄉」之稱


點此

宜蘭縣員山鄉的枕頭山簡稱「枕山」,是一座75公尺高獨立小山,相傳有位仙人挑重重的扁擔,經過蘭陽平原時,因擔子太重扁擔突然從中折斷,一個掉落在外員山,另一個就是掉落在枕頭山位置,仙人把落在枕頭山這邊的貨物當作枕頭拿來睡覺,因而睡出枕頭山來。

枕頭山休閒農業區,是由三個農村所組成,園區景點包括枕頭山、李仔山、水井山軟埤、雷公埤、大礁溪等天然景色,另外還有一棵最具特色的當地古蹟茄苳樹,村民稱作「大樹公」,也是文化歌仔戲的發源地。


點此

成立の緣起:

社会変遷が非常に早く、伝統芸術の後継が危ぶまれるようになったために、行政院は1995年2月に宜蘭県政府に命じ、1995年国家建設六年計画中に入れてある「東北部民俗技芸園籌設計画」を提升「傳統藝術中心籌設計画」に転換し、行政院の文化建設委員会の付属機構に編入しました。1996年籌備処を設立し、又同年の3月27日正式に発足させました。 立案から今日まで新しいセンターの建設作業を早めた一つの理由は、伝統芸術が思いもよらぬスピードで崩れる現実情況を考慮したからです。 同時に伝統芸術の調査、採集、整理及び技能の保存と継承作業を推し進め、ソフトの面でも多くの進歩を成し遂げることが出来ました。 2002年1月16日にセンターの暫行組織規程は行政院から核定され、同じ年の1月28日正式に運営が始まりしました。その後、続々と各園区の啓用活動も加わり、全国伝統芸術総籌専責機構と成りました。 

伝統芸術センターは宜蘭県五結郷冬山河の川下に有り、冬山河親水公園とは冬山河をはさんで位置しています。 浜海公路(台二省路)から直接園区に到着することが出来ます。 園区の総面積は24へクタール有り、伝統戯曲、音楽、舞蹈、工芸及び民俗雑技等、それぞれのテーマに基づいて21棟の建築物と景観を異にする区域に分かれています。

建築物とスペースのレイアウトは次の通りです。
(一) 出入り口及び駐車場区域、即ち伝統大道(南北向きは省道台二線と連接した出入り口です)、センター控え室及管製口、伝統戯曲展演区チケット売り場入り口、伝統工芸推広区入り口、バイク駐車場、小型車駐車場(戯曲館と工芸区の入り口歩道二筋を含んでいます)。大型車駐車場と園区の内外道路の交通路径を繋がっている。 駐車場から園区内の歩道とを組み合わせています。
(二) 行政区宿舍は行政センター。学員宿舍、芸師の住所、交誼庁、員生食堂等の区域です。
(三) 伝統芸術伝習区は、戲劇館、曲芸館、伝統工芸伝習所及び図書館等が構成して其の内戲劇館内は伝習、排演スペースが有る、曲芸館内を伝習、研究教学等の空間が有る体育館も又戲曲排演のスペースを兼ねています。
(四) 伝統戲曲展演区は、戲劇館、曲芸館、展示館及び戲劇館と曲芸館の間は現場実験劇場にもなれる、戸外広場も有ります。
(五) 伝統工芸推広区は展示館、広孝堂と民意街坊上の伝統工芸、童玩坊及び文昌祠と廟庭広場、戲台、伝統小吃坊、黄擧人宅及び遊客案内センターがあります。
(六) 景観体験区は南北水門と湿地、内河道、野外広場、(伝統雑技、民俗体育及大型演出場所になれる)民俗植栽園(主に工芸性植栽する場所)や自導性歩道と汚水処理場等が有ります。


點此

「橫山頭休閒農業區」成立於民國92年,位於宜蘭縣員山鄉,總面積約300公頃,範圍涵蓋內城村、尚德村及蓁巷村。本區就像是宜蘭的縮影一般,有「山」又有「水」。 

因此本區休閒農業的特色與「水」息息相關:在農產品方面,有水草、香魚、水果、芋頭供您朵頤;在水資源景觀方面,有水景公園、環山水圳步道、太陽埤、水車景觀供您觀賞;在休閒產業方面,有水SPA 、青蛙館、甲蟲生態館、香魚主題餐、土壟間、鐵牛力阿卡供您體驗


點此

新南休閒農業區位於壯圍鄉的最南端,位處宜蘭河、蘭陽溪、美福大排匯流之處,區內有面積廣闊之濕地,魚蝦貝蟹等食源豐富,與蘭陽溪口同為鳥類最愛之棲地。次外,因為位處三河匯流要塞,肥沃的土地所出產的蔥、蒜、瓜、果與稻米甜美無染,因此有聞名的「春蔥、夏瓜、秋鳥、冬蒜」美稱。
除了豐富的瓜果類,這裡還有傳統農村的水稻田、歷史悠久的古厝、守護當地的石敢當、美麗的蘭陽溪堤岸、溪口的水鳥保護區等,在全體居民「關懷、參與、營造」的理念下,更提供了各式各樣農村互動體驗的服務。在這裡可盡情發現、體驗、探索您所不知道的農村風情!


點此

羅東溪休閒農業區在蘭陽平原南側,沖積扇平原上,因羅東溪自中央貫穿而過,故名之為「羅東溪休閒農業區」。
而在地下水文學上,扇端及扇央的透天性均相當大,再加上宜蘭地區雨量相當充沛,雨水滲流至地底下,隨坡降流至扇端,在扇端一帶常易受壓形成湧泉;因此,隨處可見騰騰汨流而上的湧泉及由此形成的溝渠,百年來不虞匱乏的水源不僅照顧到了居民生活所需,更成為發展地區產業的經濟命脈。

羅東休閒農業區可分為北成區及柯林區,各有不同的農業生態及特色


點此

Considering the rapid social evolution and lack of concern for the traditional arts, the idea of establishing a National Center for Traditional Arts under the administration of the Council for Cultural Affairs was hatched in February 1995 by the Executive Yuan. In 1996, a steering unit was established and entered into operation in March of the same year. Outside of planning and building the Center, this unit also dedicated itself to the investigation, collection, and sorting of various traditional arts and objects as well as acting as a conduit for the preservation and passing down of traditional handicrafts and skills. The goal was to build up a basic software and hardware database so as to sustain these arts. In January 2002, this center officially commenced operations and a series of inauguration activities were held. This center then became the official unit in charge of all national traditional arts and related affairs.

Located in Wujie Township, downstream of the Dongshan River, the National Center for Traditional Arts is across the river from the Dongshan River Cinshuei Water Park. It is easily accessible via the Northern Coastal Highway. The Center occupies an area of 24 hectares, featuring 21 buildings and a landscape area. The Center is divided as follows:

(1) Entrance/Exit and Parking Area: Traditional Arts Boulevard, Central Control Room, Control Point, Entrance Ticket Booth for Traditional Opera Performing Center, Entrance to Traditional Handicraft Promoting Area, Motorcycle Parking, Car Parking, Tour Bus Parking, etc.

(2) Administration Area and Dormitory: Administrative Center, Students Dorm, Masters Dorm, Entertaining Hall, Cafeteria

(3) Traditional Arts Research Area: Operatic Theater Hall, Musical Art Hall, Traditional Handicraft Study Center.

(4) Traditional Opera Performing Area: Operatic Theater Hall, Musical Art Hall, Exhibit Hall, Experimental Theater and Outdoor Square

(5) Traditional Handicraft Promoting Area: Exhibit Hall, Guangsiao Hall, the Traditional Handicraft Workshop and the Folkgame Workship on Folk Art Street, Wenchang Temple, Temple courtyard, Operatic Stage, Traditional Delicacy House, Huang’s Official Residence, and the Visitor Center

(6) Landscape Area: South and North Water Gates, wetland, inner river way, outdoor square, folk plants area, a walking path, and a sewer processing area.


點此

天送埤休閒農業區面積約290公頃,有6個羅東運動公園大,目前有天山、天福二村位在蘭陽平原沖積扇頂端,海拔約130至180公尺,三面環山為平原與山脈的交界處,因為如此的地理特性,造成該地區日夜溫差大,而肥沃的礦物質土壤也讓種植的蔥、蒜、銀柳、梨等作物品質相當好。

天送埤休閒農業區的自然人文景觀條件相當突出,天送埤的農業生產,因太平山下降之冷風吹經本區,因此造就本區得以生產,具有蔥、蒜、銀柳、上將梨…等高經濟作物的條件,並習慣以輪作方式進行,具有穩定的農產收益;目前亦有四至五家民宿業者從事農業生態休閒的活動。


點此

 It was the Atayal children’s dream to build a bridge over the river so that they would not be afraid of getting their shoes wet and thus forced to carry them on their backs.

It was also the dream of their parents to build a bridge over this torrid water so that they wouldn’t have to risk their lives carrying heavy bamboo across the river to sell them for a few bucks to support their family.


點此

泰雅の子供はかつて夢がひとつありました。それは、もし谷川に橋が架かっていたなら、谷川を渡るとき時、靴は濡れず、肩の上に担がなくても済むというものでした。
泰雅の両親もかつてこのような夢を持っていました。

もし本当に橋ができたら、生命の危険を冒す必要もなく、重い竹の棒をかついで、川の反対側に掛け渡し荷物を送って、いくらかの金貨をかせぐ必要もなくなるでしょう。


點此

粗獷清水梯に鐘樓と郷土気質を帯びた赤煉の禮拜堂は、純僕造型と質素感を持っています。 

1965年に建築して以来、四結地方のランドマークとなっています。 

禮拜堂に入り、煉が壁の砌建てた時に設けた縦矩形の穴から日光が斜めに差し込む様子を眺めると、宗教特有の聖潔と神秘さに引き込まれます。


點此

1937年(昭和12年)の古い写真を見ますと利澤簡橋は川をまたいで、直接利澤簡の旧街に通じていました。 
その後、新たに真っ直ぐな川道の冬山河が出来たので、曲がりくねっている利澤簡川を埋め旧い橋を解体しました。
 後の、1920年に建てた元信用組合である利生病院を後世の歴史的地標として残しました。


點此

この文化館の前身は、二結王公廟である。地域住民の熱い要望に応え、修復し保存されるようになった。

今後は地域の組織が、その経営管理にあたる。地域史料、伝統歌劇、手工芸、廟建築など地域全体をテーマとした展示を行っている。「千人移廟」(鋼引きで廟を移動)イベントを開催してからは、全国の地域住民活動のモデル地域として、参観、研修の場となっている。


點此

玉蘭休閒農業區位在宜蘭縣大同鄉,因台灣早期漢人在此設有鋸木工廠,而鋸木的泰雅族語為「HELAN」,就以此音命名為「玉蘭」。現玉蘭休閒農業區因氣候條件適合栽種茶樹,有著多座茶園,廣大的茶園沿著山坡種植,青綠與湛藍天際景色秀麗,居民多以產茶、販茶為經濟活動。

現今宜蘭縣政府推動在地產業觀光,除了有茶園美景之外,還有別具特色的茶香風味餐,遊客也可DIY體驗採茶、客家擂茶及製茶等活動。


點此

宜蘭的冬山河休閒農業區以冬山河為主軸,在冬山河中游緊臨親水公園,範圍跨越了五結鄉及冬山鄉,面積280公頃,區域地形平坦、風景優美、生態資源豐富,是個可以增進親情、友誼、休閒的好去處。本區域昔日為噶瑪蘭族的重要據點,宜蘭原住民噶瑪蘭人喜愛傍水而居,因冬山河貫穿本區,噶瑪蘭族聚落尤其多。

 冬山河親水公園已成為造訪宜蘭最重要的景點之一。冬山河親水公園歷經一段河川整治,漫長規劃與施工歷程改造人們對水的觀念,如今的冬山河親水公園,是蘭雨節、宜蘭縣國際名校划船賽的地點,不但是宜蘭縣最熱門的景點,多次登上全國公立風景區中入園人次最多的寶座,更成功打響「宜蘭經驗」,成為宜蘭人的福氣,也是驕傲。


點此

300年ほど前、 ここには「九層炊」という木とアカヨウの木が一本ずつ植わっていました。 

小鳥たちがその間を行ったりきたりしているうちに、アコウなどが枝を延ばし、原生樹を呑み込んでしまったという言い伝えがあります。木の根っこの部分には自然にできた石が目に付きます。 その石が土地の守り神のようだったことから、村人たちはその石を恭しく拝むようになりました。1962年に大型台風が宜蘭を襲ったあと、この土地の神様を祭る廟が建て直されたそうです。

台7丙公路(国道丙7号線)から槍櫃成の方角を眺めると、遠くに樹齢百年を数えるガジュマルの木が見えます。 枝から伸びた無数の気根(ヒゲ)が絡まりあい、面白い形になっているので、遠くから眺めると、まるで二羽のツルが睦まじく口ばしを合わせあっているようにも、竜とトラが対峙しているようにも見えます。 木の根は病を治し、木の霊が村人を守るという言い伝えがあり、現地の人々から神木として崇められています。 『沙喃秋水』という蘭陽八景の美を描いた書物によれば、「あちらこちらに石が転がり、緑したたる山のまわりには何もありません。 

秋になり果てしなく広がる平野では、水と光が一体となって美しい景色を織り成している」という節があるほど。 昔のまま残されている農家の竹作りの塀が、ここの風景の美をいっそう引き立てるスポットになっています。 防風、防水、日よけ、防犯といった多く機能を兼ねるこの竹作りの塀が田園風景の中にぽつぽつと点在していて、蘭陽の農家をこのように姿形よく、粋に見せています。


點此

大進休閒農業區緊臨羅東溪畔與野分山間,兩旁青山對望,純樸寧靜,全村除了一望無際的果園之外,看不到一畝水田,因此,除了四季果園可供採果外,還充分利用來釀酒及醃漬蜜餞,為本區一大特色。

本區盛產水果與綠竹筍,就地取材的石板屋建築極具特色,區域內觀光果園,水果生態套裝體驗活動,水果製酒活動,水果蜜餞體驗,是一個以水果文化為特色的休閒農業區。本區塊是台灣第一處核准的觀光果園區,鄰近有梅花湖風景區、道教總廟三清宮、寒溪原住民聚落,屬於地形封閉,未受都市化影響,保留典型鄉村特色的世外桃源。


點此

 Legend has it that 300 years ago a bird brought a seed to this location resulting in the sprouting of a banyan and pine tree. These 2 foreign “outsider” trees slowly took the area over, killing all original trees around them. Within the roots of these trees there was a natural stone in the shape of the Earth God which is revered by the local inhabitants. In 1962, the Earth God temple was erected along with other reconstruction works in the aftermath of the devastating Typhoon Pamela.

Going down Provincial Highway No. 7, passing through this area, and looking at this tree from the road, its shape resembles two cranes facing each other. Furthermore, if you look closely, the tree also resembles a dragon and a tiger. The locals view the tree as special and mysterious for this reason. It is also believed that the roots of the tree can cure illness and that the tree itself protects the local people.

Dispersed among the rice patties, bamboo hedges protect the houses here from rain, wind, sunlight, and even theft and are the most common vistas in the Yilan countryside.


點此

梅花湖休閒農業區位於宜蘭縣冬山鄉中部,行政區隸屬於得安村、廣興村與鹿埔村等三村,其涵蓋面積約 283 公頃 。本區域連接二鎮 ( 羅東鎮與蘇澳鎮 ) 與四鄉 ( 三星鄉,大同鄉,南澳鄉,五結鄉 ) 。本區域以南為綿延數公里之山脈,以北則是羅東溪。境內擁有ㄧ座特色湖泊,其外型恰似梅花五辦,經先總統蔣經國先命名為「梅花湖」,在全國四十八個已劃定休閒農業區中,是少數以湖泊生態為發展主軸。

梅花湖匯聚相當多的動植物,是個動植物資源相當豐富的區域
梅花湖區內常見的鳥類資源如大冠鷲、番鵑、朱鸝及白頭翁等;魚類資源如鯽、鯉、羅漢魚及川蝦虎等;野生動物資源如台灣獼猴、果子狸、松鼠及蝙蝠等;野生植物資源如大葉櫻、藤相思樹、菊花木及鴨鍵藤等稀有植物外,常見的低海拔植物如豬母乳、大葉楠、山黃麻、野桐、血桐及金氏榕在當地也極為普遍,同時也栽植許多稀有的植物如風箱樹及臺灣三角楓


點此

「林美石磐步道」的名稱是由「林美」、「石磐」所組成的。「林美」是指當地村名(礁溪鄉林美村),「石磐」則是指「石磐瀑布」;這條森林步道的前身是一條古老的水圳路。這水圳遺址及渠道岩洞,也使這條森林浴步道多了一分淡淡的古道人文氣氛。

林美石磐步道位於林美村石磐溪谷內,長約1.7公里,呈O型環狀,右去左回,去程及回程各約八百多公尺。路面平緩好走,擁有豐富的自然生態,沿途溪水潺潺,區內山巒疊翠、飛瀑湍流,亞熱帶植物繁複盎然,經過百萬年溪流侵蝕後的地形,有著各種風姿各異的溪岩及瀑布景觀,使步道呈現出非常原始的風貌。

步道旁的「石磐溪」係雪山山脈臺北縣與宜蘭縣的分水嶺,因水流落差大,形成大小不一的瀑布群,聲勢最大的石磐瀑布自石磐處沿溪而下,聲響嘩啦啦的迴盪在山林間,並激盪出大量陰離子,由於水氣充沛,加上陽光充足,所以溪谷植物生態盎然豐富,蕨類等濕生與附生植物處處可見,繚繞的森林芬多精,令人身心舒暢,真是大自然的恩賜,沿途除了亞熱帶的森林美景外,先人所遺留的木馬林道和鑿水道遺跡,也在路途中帶給遊客們另一種不同的文化饗宴。


點此

中山休閒農業區經營以休閒農場、觀光果園、鄉土餐飲、鄉村住宿及茶園體驗為主體。主要以中山村為主題,包括大進村、丸山村與八寶村,參與規劃面積約130公頃,區內以種植茶樹及果樹為主,主要生產茶葉及文旦柚,風光雅緻秀麗。

該區位於冬山河流域上游,為冬山河發源地之一,區內有大量湧泉及伏流,如小埤湖、梅花湖、丸山等,都是天然湧泉所形成的自然景觀,此區有新寮、舊寮、隘勇寮、石頭城等地名是舊時對抗原民出草的寮站。
農產品特色:此區主要的農產品有冬山素馨茶、冬山文旦柚、冬山山水梨等,區內知名風景點包括有:仁山苗圃、新寮瀑布、梅花湖風景遊樂區、三清宮、丸山遺址等。中山休閒農業區不僅自然景觀豊富,文化及地方特色亦頗具看頭,區內「三清宮」為全國道教總壇、是縣內最具歷史價值的古蹟、冬山鄉每年舉辦的「風箏節」、「農產業文化活動」、八寶掛貫的「兒童守護節」等,人文色彩濃厚且獨特!

本景點為無障礙設施景點:


點此

位於宜蘭縣冬山鄉的珍珠休閒農業區,範圍包括了珍珠村全部及鄰近五個村的一部分,面積廣達300公頃。農業區農民大都以稻作為主。

南瓜園、竹子生態園區、稻草工藝館、風箏體驗館、草垺王公、靈石、珍珠項鍊、冬山河自行車道、森林公園等都是珍珠休閒農業區內相當著名的景點。農業區內的李厝舊宅因久經荒廢無人居住,林蔭草叢內尚存一處螢火蟲棲息地,每年4-6月為交配活動期,此區是目前宜蘭縣境內唯一的平原型螢火蟲區。珍珠休閒農業區緊鄰冬山河親水公園及國立傳統藝術中心,民宿數量多且集中為全國少見,而每家民宿各有特色,也為休閒農業帶來蓬勃發展。


點此

是一條可以俯覽礁溪市街及遠眺龜山島的古道,全程約5公里,古道叉路可至猴洞坑瀑布,走到4800公尺處,還有一座日據時代派出所。林蔭夾道,五色鳥、白頭翁、畫眉、山鶺鴒…等鳥類及蝴蝶很多,在古樹鳴禽聲中,回首古人,棧道墾荒,思古之情永難忘懷!

跑馬古道為淡蘭古道的支線之一,位於台北縣烏來鄉與宜蘭縣頭城鎮、礁溪鄉的界線上;由北宜公路石牌站起步,至五峰旗止,全長7公里,其中約有3公里在國有林班地界內。此古道早先稱「木馬路」,到第二次世界大戰時,因作為軍用運輸道路,故又稱「陸軍道」或「跑馬路」,有了台9號公路時,又將它稱為「頂車路」,由於古道係清朝末年連絡台北與蘭陽地區的主要道路,故又稱「淡蘭便道」。

跑馬古道是早清時,先民進出礁溪,運送物資的重要通道。日劇時期被拓寬為守備道路。隨著交通的進步,以往的要道隨著時間逐漸被淡忘。而今的跑馬古道已被闢為登山步道。沿途物種繁多,蕨類、毛杜鵑、樹蛙等自然生物欣欣向榮。更有伐木、採礦等等遺跡可循。登山途中盡收礁溪平原的開闊綺麗風光,休閒尋幽之餘更能體驗先民拓墾生活的艱難,寓教於樂。


點此

位於枕頭山休閒農業區,占地2000坪,是一個兼具休閒與住宿的好所在。從傍晚的焢窯、摸蛤蜊、抓泥鰍,夜晚的田園B.B.Q、放天燈到夜間的夜遊和捏員山魚丸,趣味一個接一個,這麼多的農村體驗,在這裡全部可以找得到。


點此

鐵杉林自然步道由太平山原始森林公園進入,全長約1.7公里,為太平山莊通往嘉羅湖登山路徑之前段,沿途可觀賞原始鐵杉純林及溼地等自然生態;雖然林間苔蘚處處,但鐵杉林步道階梯棧道設置得相當平整,十分好走,是老少咸宜的遊憩路線;鐵杉林步道兩旁的百年鐵杉,和不怕遊客的蟲、鳥,讓遊客彷彿成為森林精靈。

這片森林長年雲霧環繞,走入鐵杉林步道有種時空錯置、踏入遠古森林的幻覺,苔蘚、地衣爬滿樹幹,松蘿長長地垂吊著,好似樹姥姥的環身披巾,透過層層霧氣看到遠方薄薄的陽光,這樣的森林景觀與其它中低海拔林間全然不同;迷霧森林,有點夢幻,有點脫離現實的想像,想像著,恐龍由視野不清的遠處,踏著沉重腳步現身的畫面。

步道旁的解說牌以「古意盎然」來形容鐵杉林步道,說的大概就是那種苔蘚處處,有原始味的感覺;台灣中海拔山區正好碰上雲霧帶,雨量大、濕度大,冬季降霜,還偶而下點雪,這些形成霧林的條件,就都挑上了太平山了,於是就有了這個松蘿、苔蘚生長繁盛的古森林景觀。

而步道終點有運材木馬道遺跡之展示,更可眺望山脈雲海景觀,是一條可徹底沉淨於森林,享受芬多精及森林浴之洗禮,真正體驗森林【森】呼吸的快感,並欣賞山林雲霧的自然景致及大地畫布之美。


點此

果園等農村體驗、露營、烤肉


點此

本休閒農場是以「水族」、「水草」兩大方向發展,並利用得天獨厚的天然環境栽培出品質良好的水草,廣受市場好評。為全國最大的專業水草植栽場,現有水族魚類數十種,如保育類的蓋斑鬥魚、水生植物四百餘種,「水草文化館」中有風箱樹、台灣水韭、台灣萍蓬草等水草植物,數量之多,讓遊客身處其中亦能感受生態之豐富多元。

為了服務更多的朋友,勝洋更積極轉型朝生態農場發展,空間寬敞、自然田園風光之園區,相當適合遊客在此遊憩,這裡是偶像劇「偷心大聖PS男」的拍攝場景,亦有許多新人到此拍婚紗照,而農場也提供喜宴的服務。


點此

全長2.7公里的瀑布步道呈現三種不同的風貌,下段五百公尺就地取材,利用山谷溪底的石塊敲成片狀後鋪就,展現自然原味;中間跳躍鋪設的紅磚道最長達千餘公尺,上段為水泥混合少數石塊鋪設,三種石材也具有提供路程遠近訊息。

在潮濕多霧的森林,有多樣的附生植物,加上三疊瀑布的水氣充沛,整條步道除了隨處可見的苔蘚植物以外,就是以蕨類植物為主,這兒有水龍骨科的石葦、瓦葦、波氏星蕨、台灣劍蕨、台灣水龍骨,與書帶蕨科的書帶蕨、垂葉書帶蕨,還有鐵角蕨科的山蘇花、花芽鐵角蕨、威氏鐵角蕨等種類豐富的蕨類植物,宛如綠色的小精靈,在迷霧森林中活蹦亂跳!

緩緩下坡,迎面而來的山風伴著鳥語,樹叢中的冠羽畫眉,發出「吐米酒、吐米酒」的可愛叫聲,聲音如機關槍「得、得、得」的白耳畫眉,與身手腳健的藪鳥等鳥類,正活躍在中海拔這個生態天堂。沿途可見許多蕨類與苔蘚植物,恣意地依附在樹幹或岩石上,把步道妝點得有如綠色隧道一般!隨著海拔漸次而降,步道將至尾聲,飄落小徑的葉片,也由針葉樹葉轉為了闊葉樹葉,此時映入眼簾是三疊瀑布的最上層瀑布,飛縱而下,濺起了晶瑩水花,落在清澈無比的水潭中,流至中層瀑布,再由岩端隆隆飛下,呈現壯觀的雙疊瀑布,點點水霧橫飛,與森林散發的芬多精結合在一起,成為有益健康的空氣維他命,吐納之間神清氣爽,繁囂塵慮瞬間一掃而空!


點此

農業經營體驗、荷花、水生植物、草本花卉生態教育


點此

由松羅村進入步道入口處,可見清澈見底的溪流,封溪後形成稀有的台灣鯝魚成群,水中翻肚的螢火蟲,真是令人驚艷。天然的溪瀑幽徑,幽幽地蜿蜒在茂密的森林中,沿著松羅溪而上的步道全長2.4公里,保有原始豐富自然生態。

延溪而建的松羅步道是比較輕鬆適合大眾休閒的路線,步道雖然平易近人,卻是掛國家級保證的生態景點。松羅步道沿早年泰雅族人狩獵步道修築,為了維護原始生態環境,自然步道皆是就地取材施作,儘量不使用違背原始自然生態的人工建材,也因此松羅步道內並無設置公廁的打算。松羅步道最大的特色在於延松羅溪而建,松羅溪近來護溪保育執行的相當徹底,溪內燐光閃摺的鯝魚群讓人驚豔。

沿途可見豐富的低海拔林相生態,濃密的山蘇隧道、讓人誤以為鳥啼聲的斯文豪氏斥蛙鳴叫,及隨處可見的保育類動植物,說松羅生態之美盡在松羅溪也不為過了。著名的環保音樂家馬修連恩就曾在此溪畔夜宿多日,留下深刻美好的印象。


點此

凡梨花休閒農場由梨和花匯集而成的鄉村農場,同時也是三星鄉第一家取得合法休閒農場及合法民宿,農場主人特別注重的是休閒和放鬆是民宿所特有的風格,農場中有大片的上將梨果園和自然的鄉村生態,可讓來訪的旅客身心靈都能有完全的放鬆,並了解不一樣的果樹生長體驗


點此

英仕山莊位於宜蘭縣大同鄉英仕村台7線91.5公里處,以雪山山脈為屏障,左邊為蘭陽溪河谷,右邊則為太平山山巒,視野十分開闊。 附近還有梵梵野溪溫泉、松羅國家步道等登山健行的去處


點此

鳩之澤自然步道與鳩之澤溫泉隔著清幽多望溪以鳩澤橋相通,步道全長2公里,是一中低拔、以常綠闊葉林為主的休閒步道,溫和的氣候、充沛的雨量以及河谷地形,孕育出豐富多樣的生態,沿途設有完善的休憩設施,以及詳實的景觀、地形、動植物等解說牌,是一條供悠閒漫步、進行生態觀察的林間步道。

「鳩之澤」因群山環繞,多望溪穿越而形成澤地,加以水棲鳥類居多,鳥鳴聲繚繞於翠谷不絕於耳,而得其名,溪水潺潺、鳩鳴關關,這個由詩境走出的景致,讓人將煩憂拋卻腦後。


點此

本厝座落於依山傍水,名闢遐邇之冬山河上游,佔地約四千五百坪,原為一私人莊園,園區一棟三百坪私人渡假別墅格局有十數坪以上景觀大套房數間、寬敞大廳 及景觀露台,另有游泳池、卡拉OK、露營土窯烤肉區、溪畔品茗涼亭、大 機蔬果園、道地番鴨土雞野菜、綠竹筍林、肥美河蜆魚鮮供大快朵頤。

兩條天然山泉親水溪倒映夜空皓月、繁星點點、滿園鳥語花香、蛙鼓蟲鳴, 滌淨您的身心靈。


點此

農場道路規劃完善、整齊。有生長茂密之桉樹林、原生植物園、四季花果及有機蔬菜栽培。周邊山林、溪流、海岸等自然景觀資源豐富,適合從事定點、生態旅遊、農場體驗,露營、團康及親子活動。

周邊山、海資源豐富,適合景點旅遊,生態、知性體驗,露營、團康及親子活動,並提供露營設施、腳踏車騎乘活動及農業體驗。南澳農場原屬財政部國有財產局委託土地銀行經營,其土地面積約九十六公頃,民國八十八年元月,改由宜蘭縣政府取得承租權。

宜蘭縣政府為台灣於環境保育執行最徹底的地方,目前正積極將此地開發成具有生態之旅、休閒渡假、會議等多功能的大南澳生態博物館園區,開發南澳地區 南澳農場之氣候,屬於獨立型氣候,別於宜蘭與花蓮之天氣,少下雨,日照充足,年平均溫度23.3℃,氣候溫和乾燥,適合農作物生產,但颱風期容易造成旋風威脅。


點此

崙埤社區為泰雅族部落。近年守護九寮溪有成,九寮溪自然生態區可以看見各種原生魚:苦花、台灣櫻口鰍與日本禿頭鯊等。
美好的自然可供親子戲水、烤肉,流洩的瀑布,洗滌身心的塵埃。泰雅生活館,展示原住民文化的風貌。編織藝品是泰雅族的絕活,遠眺龜山島、俯看壯闊蘭陽溪的民宿,適合閒適的渡假。歡迎大家來部落感受自然的舒服、泰雅族的熱情。


點此

同位於中山休閒農業區的新寮瀑布步道,全程有茂密的自然林、清澈的溪流為伴,還有250公尺瀑布,景致怡人。沿途可欣賞褐樹蛙、斯文豪氏赤蛙與柑橘鳳蝶、短腹幽蟌、薄翅蜻蜓、無尾鳳蝶及台灣紫嘯鶇、鉛色水鶇、台灣獼猴等,來回約2小時,不會覺得太疲累。

為保留自然生態,沿途除兩座越溪吊橋、兩小段木梯搭建的陡峭路段,其餘大多就地取材,利用黑石板、原木鋪設而成。前段的木屑步道,是以鋸木剩下的小木片鋪成的,走起來很舒適,還不時散放出原木的芳香氣味,更是吸取芬多精及陰離子的好地方。步道旁有林蔭與溪水,走起來清爽、自在,不需涉水就能抵達瀑布。步道盡頭還有觀瀑平台(距離瀑布僅六、七十公尺),可近距離體驗瀑布傾瀉而下的磅礡氣勢,瀑布飛濺的水花所產生的陰離子特別多,有亞熱帶雨林的景致。


點此

稻草~常被用來紮成稻草人、疊成草垺、利用織草包機織成補捉小鰻魚用具,或編成其他各種器具,是農家再平常不過的東西了,但是珍珠社區卻可以讓稻草變成美麗的藝術品喔!創作者的巧思讓人讚嘆..... 珍珠社區從民國七十七年五月設計興建社區活動中心開始推動珍珠發展工作,後來成立珍珠休閒農業區,區內有稻草工藝館及珍珠風箏館,展示多樣的鄉土工藝,來一趟珍珠社區不僅可以體驗農村生活及享受民宿的鄉土人情,感受一下傳統的疊草垺活動,及藝術的彩繪草垺之美。 珍珠社區位於冬山鄉偏東、冬山河中游兩岸,隔鄰有南興、補城、武淵、群英、永美、太和等村,全村面積約為二.五O五平方公里,貫穿本村的冬山河為境內重要資源,加上緊臨冬山河森林公園,故自然資源雄厚。

社區內係以種植水稻為主,種植蔬菜為副,區內美麗的田園景觀可正適合發展文化、休閒農場、民宿等觀光產業。珍珠社區古稱【珍珠里簡】,位於冬山河中游沿岸,係平埔族噶瑪蘭三十六社之一。【珍珠】一詞之由來有二種說法,一是珍珠社區位於冬山河中游沿岸,早期有一港口經常有船隻來往於東南亞等地,並帶回許多珍珠、瑪瑙回珍珠社區,因此,在港口附近土地均能輕易撿到珍珠、瑪瑙而得名;另一說法是珍珠里簡早期社區由於沒有環境污染,社區內田地及水溝經常有許多燒酒螺的蹤跡,平埔族語音珍珠,因而得名。  

珍珠社區從民國七十七年五月設計興建社區活動中心成立社區理事會,並推選李振財先生為理事長開始推動社區發展工作,民國八十三年二月組織調整為珍珠社區發展協會,民國八十三年十二月廿四日社區活動中心落成,八十八年四月八日由現在珍珠社區發展協會理事長為李後進先生接任,開始運用社會工作專業推動社區營造,九十年五月十四日聘用永續就業工程人力,開始發展社區產業-稻草工藝,並獲內政部評定為優等社區,九十一年十一月推動成立珍珠休閒農業區推動管理委員會,整個社區由於大眾的努力,從無到有已有一些基礎,現在更須凝聚眾人的力量,全力推動社區工作。


點此

96年度全國社區評鑑第一名的內城社區,是一個典型的山邊農村。偏居山谷的內城,遠離塵囂,恬靜宜人。湖光山色,悠閒田園,就是社區最優質的產品。
過去農民仰賴「鐵牛力阿卡」翻耕農地或載運農作物的文化。今天,退而不休的力阿卡成為社區遊覽車,載運來客飽覽內城的山嵐水甽、太陽埤、大樹公及濃濃的鄉土人情味。社區手工藝師編織的中國繩結,超出你對繩結技藝的想像力。
農場民宿,亦提供渡假的好去處。


點此

沿著蹦蹦車終站茂興月台鐵軌鋪設的正是茂興懷舊步道,全長1.5公里,沿路儘量保留當時鐵軌的原貌因此斷落枕木、彎曲的鐵軌、懸空的木橋,就連已經流失的路基也不整修,可以說是條原汁原味的鐵路步道。在鐵軌與木棧道兩側種植了俊秀挺拔的柳杉林,情人攜手步行其中,頗能製造「冬季戀歌」般的浪漫效果。另一方面,這裡屬於海拔1800~2500公尺的霧林帶,氣候潮濕、雲霧繚繞,走入蕨類地衣密佈的迷霧森林中,更有如置身電影《魔戒》場景,充滿魔幻寫實氛圍。

終站茂興依偎在樹蔭之下,林木穿出屋簷,彷彿童話裡的神秘月台。鐵道旁就是蕨類原生園區,高聳的檜木、杉樹下生長著各式各樣的蕨類,還可以看到不少棵兩代木,也就是原有老死的樹幹上又長出新的樹。有些樹則盤根錯節,形成大型樹洞,彷彿是森林精靈的棲息地。沿鐵道前行是已經修建完成的茂興懷舊步道,可見到過去運材軌道的遺跡,兼具自然及歷史人文價值。步道中段延伸搭建了高架瞭望台,高度剛好在樹腰間,除了延伸視野,還能近距離觀察林木形態,比從樹下仰望更具臨場感。站在瞭望台上,似乎隨手便可摘下雲朵,習慣城市喧囂而麻木的感官,彷彿獲得充電般甦醒過來,心中溢滿與自然相遇的感動,如同解說牌上寫的「彼此相忘在風裡、雲裡、霧裡」……。

區內以人工種植的柳杉林為主,並混雜少數檜木,森林結構十分單純,較複雜的植物組成以地被草本植物為主,其中蕨類植物更佔有重要性,就目前調查所得,區內蕨類種數竟多達20科79種,且在部分地點甚至成為最優勢的草本植物,例如台灣瘤足及裹白等。 茂興懷舊步道除了是一處絕佳的森林浴步道,更有各種蕨類植物的詳細解說,而且四季皆有不同的美景,讓遊客在每個季節,都可體驗到不同的景觀風貌。


點此

『竹扇引清風打死蚊子公 雖然不值錢連用兩三年』。

鄉下阿嬤的打油詩,喚起社區對過往竹圍農村的記憶,因此開啟社區的竹編文化。尚德竹編館是一座六十餘年,古色古香的紅瓦磚牆農舍改裝而成。現在的竹編館內設有竹工藝展示間、竹工藝DIY體驗區、竹工坊生產作業區,室外並設有尚德車站、九球洞木球場、九宮格親子活動場等設施;配有專人解說導覽,提供團體參訪活動,以及全方位「文化社造休閒接待社區」,提供食宿交通、吃喝玩樂之整體規劃服務。


點此

源自雪山山脈的千古好水,讓日本人驚艷,不惜成本由此取水釀製有名的紅露酒。

處處活水的社區,有小朋友嬉戲消暑的湧泉游泳池,有泉水淨身的公共浴池,有洗滌心靈的清淨水源,為社區帶來健康的活力。

今天,優質的泉水與在地盛產的水果相遇,發酵昇華成健康的手工醋。讓更多人能來分享阿蘭城好山好水的精華。


點此

位於蘇澳無尾港水鳥保護區的港邊社區,過去是個牽罟漁村。

為反火力發電廠而走上生態社區之路。今天社區內有豐富的溼地生態,吸引許多侯鳥來此度冬。阿媽的灶腳為遠道而來的客人準備一頓溫暖古味的大鍋飯;阿公的工寮發展再生藝術,讓廢棄木頭重生為溫馨的傢俱,也為村民的老傢俱看診。

再生藝術讓社區充滿人文生態的內涵,自然與人文融洽的的氛圍,值得細細感受。


點此

Verdant mountains and beautiful green water, chanting priests, ringing bells, smoke rising from burning incense, and endlessly coming and going visitors - this is the perfect depiction of Sanching Temple. Located at Dean Village, amidst the southern mountain slopes of Meihua Lake, Sanching was appointed by the government as the model temple for all Taoist temples in the Republic of China. Enshrined at the main hall of the temple are the three major Taoist deities: Yu-Ching, Shan-Ching and Tai-Ching. The architecture of the temple is quite magnificent with golden roof coverings, giant red pillars, and winding corridors, presenting outstanding traditional court characteristics. From the elevated temple courtyard, you can enjoy a perfect view of the peaceful Meihua Lake.

The temple land was donated by former County Chief Chen, Jin-Dong in 1970. The Sanching Temple Construction Committee was established by enthusiastic locals, nominating Chen, Jin-Dong, Syu, Wan-Chih, Chen, Jin-Fu, Lin, Jhuang-Wang, Cai, Tuou, and Wu, Mu-Chih as board members. Bai, Tu-Yen as nominated as the chief member of the committee, put Huang, Sin-Huang in charge of the design and supervision of construction work. At the end of the same year, Sanching Temple was appointed by The Taoist Association of R.O.C. as the model Taoist temple of the Repubic of China.

As a committee member, Mr. Chen, Jin-Dong, was quoted as saying: “uncompleted tasks are the most noble tasks to work on”, when talking about the perpetual state working on and improving the construction and facilities of the temple. And while we honor the virtues of the 3 deities enshrined at Sanching Temple, we should always bear in mind that the so-called Sanching (3 clearances), as interpreted by Mr. Chen, Jin-Dong, as “clearance of heaven, the mind, and time” which implies the pursuit of self-cultivation, social order, and the ruling of the nation according to Chinese philosophy.


點此

昭和12年的舊照中,利澤簡橋橫跨河道,直通利澤老街。

冬山河截彎取直後,老橋拆除了,逐漸淤塞的河道被填平成新生地,只餘建於1920年,原為信用組合的利生醫院,為歷史性的地標。(命中注定我愛妳拍攝景點)


點此

國立傳統藝術中心成立緣起:政府有鑒於社會變遷快速,傳統藝術面臨後繼無人之窘境,於民國八十四年二月奉行政院核定,將原為民國七十九年國建六年計畫中所提列之「籌設東北部民俗技藝園計畫」提升轉型為「傳統藝術中心籌設計畫」,並定位為文建會附屬機構。民國八十五年籌備處成立,並於同年三月二十七日正式掛牌運作,成立迄今,除致力於中心的新建營繕工程外,在面對傳統藝術快速凋零的現實情境考量下,將中心設置的任務提前作業,進行各項傳統藝術之調查、採集、整理以及技能之保存、傳習工作,期於最短時間內,奠定傳承工作的軟硬體基礎工程。九十一年元月十六日,本中心之暫行組織規程奉行政院核定,同年元月二十八日中心正式入厝宜蘭園區掛牌運作,並陸續進行一系列開園啟用活動,成為統籌全國性傳統藝術相關業務的專責機構。

傳統藝術中心位於宜蘭縣五結鄉冬山河下游,與冬山河親水公園僅一何之隔,經濱海公路(台二省道)可直達園區。園區佔地二十四公頃,依傳統戲曲、音樂、舞蹈、工藝及民俗雜技之需求籌建,有二十一棟建築及景觀區,有關硬體建物空間配置如下:
(一)出入口及停車場區:即傳藝大道(含南北向與省道台二線連接之出入口)、中控室及管制口、傳統戲曲展演區售票入口、傳統工藝推廣區入口、機車停車場、小客車停車場(含通往戲曲及工藝區之入口二條人行道)、大客車停車場與連結園區內外道路構成之交通路徑、停車空間及至園區內之人行動線所組成。
(二)行政區宿舍:即行政中心、學員宿舍、藝師住所、交誼廳、員生餐廳等所組成。
(三)傳統藝術傳習區:由戲劇館、曲藝館、傳統工藝傳習所及圖書館所組成。其中戲劇館內包含傳習、排演空間;曲藝館內也提供傳習、研究、教學等空間;體育館亦可兼為戲曲排演空間。
(四)傳統戲曲展演區:戲劇館、曲藝館、展示館及戲劇館、曲藝館間之臨水實驗劇場、戶外廣場等。
(五)傳統工藝推廣區:即展示館、廣孝堂與民意街坊上之傳統工藝坊、童玩坊及文昌祠、廟埕廣場、戲台、傳統小吃坊、黃舉人宅及遊客服務中心等。
(六)景觀體驗區:即南北閘門、溼地、內河道、野外廣場(作為傳統雜技、民俗體育及大型表演場地)、民俗植栽園(以工藝性植栽為主)、自導性步道與污水處理場等。 (惡作劇之吻2、命中注定我愛你拍攝地點)

本景點為無障礙設施景點:


點此

http://www.flyingbirdhouse.com/      ( 命中注定我愛你.惡作劇2吻拍攝場景)


點此

位於台灣東北部,所以佔面積約為全台灣森林面積的9%,這片無可取的綠色森林,涵養著大台北和蘭陽地區的民生、灌溉…等所需的水源。而植物則可以淨化都會地區汙濁的空氣,颱風來襲時也負起了防止土砂崩落與減少洪災的發生。  

假日時,又提供了許多民眾放鬆壓力、遊憩的最佳地點,更是台灣賴以維生的最要命脈。   

羅東林區由海岸的紅樹林直到海拔3,600公尺的高山,隨著高度的變化呈現亞熱帶、溫帶以及亞寒帶等不同的氣候型態,其間也孕育著豐富的林木資源。  

根據國有林事業區最近一次檢訂調查結果,目前森林面積以天然林約佔80%,人工林則佔20%;其蓄積量針葉樹7,433,695立方公尺,闊葉樹則有12,387,043立方公尺;其中人工林材積達3,866,932立方公尺,極具有經濟價值。  

針葉樹以紅檜、扁柏等貴重樹種最多,約佔全部蓄積的26.74%,其次則為楠木、櫧櫟類及其它闊葉樹種。  在不同的林型中,特別以棲蘭、太平山一帶,受東北季風與地形影響所造就的檜木森林,最受人們矚目,千年以上的巍巍巨木,早已是全民共同的資產;而銅山一帶的山毛櫸森林,更是目前已知該屬植物分布最南的區域,也是在台灣所發現面積最大的純林;台灣油杉在台灣本島的分布侷限於南北兩端,其族群的數量非常稀少,因此在坪林姑婆寮溪與金瓜寮溪一帶的油杉生育地,經文化資產保存法指定為「自然保留區」;還有淡水河口的紅樹林,是目前分布最北、面積最大的水筆仔純林。  

除了林木與植物資源外,在不同的林相中,還有30種以上的哺乳類、200種以上的鳥類、以及70種以上的兩生類與爬蟲類等生存,其中不乏野生動物保育法所公告的瀕臨絕種或珍稀的物種,而森林則提供了這些物種賴以維生的重要環境,也維繫著台灣地區豐富多樣的生態環境。(惡作劇2吻拍攝地點)


點此

全長2350公尺,入口處位於太平山宜專一線(太平山林道)道路23公里處,沿線可遠兆大霸尖山及聖稜線、中央及雪山山脈,本步道坡度平緩且沿線多處山溪水塘可供休憩,是一處適宜老少一同觀山觀雲體驗自然生態的步道。

步道入口處的見晴觀景平台,因為面向東北,在雨後乍晴之際,不但可眺望蘭陽平原,以及雪山與大霸尖山之間的聖稜線等山系甚至可將崇山峻嶺的風姿盡收眼底、一覽無遺,更是欣賞美麗雲海的最佳地點。不過觀賞雲海得要有點運氣,當運氣好時,瑰麗如詩的雲海,如白浪翻湧般,絕對令你嘆為觀止!當雲層湧升到一定的高度後,往往受到氣溫及地形影響,製流程雲海的景觀;雲海聚散無常,有時又濃霧籠罩、白茫茫一片,渴望「見晴」的心情讓人更能了解此地因何得名。

雲朵每隔一段時間就重新排列組合,有時將天際橫切為二,或者變成眠棉白花佔據天空一隅,轉眼又化作輕薄如絲的雲彩,詭譎多變的雲海,是大自然魅力的最佳表現!

而見晴步道是昔日運送木材的交通網之一,步道上刻意保留了一段段軌道、木橋以及運送木材的木馬,充滿懷舊氣息。水氣濃重的蓊鬱山林,有常青的扁柏、紅檜,以及各種蕨類,還有罕見的二代木(枯樹幹再生長出樹)奇觀。步道上還另有一個疊石親水池以及尼龍繩製的吊索橋,前者讓人可直接掬飲甘甜山泉;後者走來雖搖搖晃晃卻十分安全,為平穩易行的步道增添了一點小刺激。


點此

位於宜蘭縣三星鄉境內天送埤地區,步道入口位於台七丙9.5公里處,步道全長1.3公里,坡度平緩、長短適中,自然步道以原木及碎木屑鋪設,同時顧及優美環境與遊客安全,是一條老少均宜的健身步道。

海拔300多公尺的拳頭姆自然步道,因巧妙的地理位置,使遊客能輕鬆的俯瞰蘭陽溪及蘭陽平原,遙望橫亙台灣的中央山脈與雪山山脈,步道為烏心石造林地,有豐富的蕨類與各式植物,隨著不同時序變化,展露精緻風情,也提供鳥類及各種小生物優良的棲息環境。清晟偶來的薄霧,讓山林更有靈氣。

步道另依大特色是生長茂盛的蕨類植物,有分佈低海拔的廣葉鋸齒雙蓋蕨、熱帶鱗蓋蕨、粗毛鱗蓋蕨、台灣圓線蕨、烏毛蕨等,不同的蕨類胞子蘘群形態各異,莖葉的特徵也有所不同,另像可編織為提籃的芒萁,形如觀音菩薩蓮花座的觀音座蓮,為保護枝幹不受蔓藤遭擾而穿上樹裙的台灣桫欏,這些有趣的生態故事深具教育意義,沿線設有解說牌誌,可協助民眾做深度的自然觀察


點此

水是生命之源,河川更是大地的血脈。但近世以來,由於水資源利用的改變,人依傍河水而生的親密關係日漸疏離,冬山河親水公園的設立,正是要喚回人類親水的天性,重建人與水之間的自然倫理。冬山河親水公園建設成功,可以說為宜蘭縣長久以來的治山防洪水利史,畫下了完美的句點。它結合了政府的行政魄力、民間的參與及專家的智慧,展現出自然環境與人文建設,得和諧平衡的具體成果。來到親水公園,可以充分體會宜蘭人的赤子情懷和夢想。放眼所見,不論一石一木,或一池一亭,皆極講究,並且大量運用宜蘭的傳統建材,處處呈現既樸拙又精緻的「庄腳味」,成功的詮釋了往昔的美感,並賦予新的生命。

親水公園是五結鄉整治過程中的一環,但她卻是台灣治水史上最耀眼的光環!親水公園於1987年設計施工,1994年端午節落成,它結合了政府的行政魄力、民間參與和專家的智慧,展現出自然環境與人文建設所得到的和諧平衡具體成果。來到這裡你會驚嘆於水被精心的設計,卻更能貼合心靈,因為它喚起了人類親水的天性,重建你對水的渴慕之情。在翠峰的環抱下,從劇場中台向海遠眺,水上舞台、五座櫛比鱗次的圓錐形卵石丘,正對著龜山島的頸部,宜蘭人將其精神守護者引進公園,並成為造景的主軸線,卵石丘的右邊是划船區,左邊是涉水區。

划船區可用來練習龍舟及西式划舟,也可以藉一般小船盡享水天相映,扁舟遠影的浪漫情調。涉水區水深及踝,不論冬夏,大人、小孩都能安心親水、涉水,玩個痛快,更別忘了細心尋找池底跳房子遊戲的圖案,試試這別緻的童趣。

此外還有戲水區,在夏天值得你一備泳衣前來,它不同於一般制式的泳池採筆直的水道,反而呈河流彎曲狀,模擬蘭陽溪水態身姿,在蜿蜒的倘佯中處處有驚奇。漫步在河堤,千萬別忽略雙龍戲水的造景,河堤北岸是黃色的文龍,龍頭朝山,象徵留在家鄉耕耘的蘭陽鄉親,南岸是青色的武龍,龍頭向海,有如外出打拼的宜蘭子弟,人與鄉土的臍連關係,在此緊密繫合。親水公園的美,在於它追求現代、關注傳統的堅持情懷,更在於蘭陽人對生命的熱切展望。在這裡你可以闔家悠閒的遊賞山姿水影,也可以瘋狂的戲玩水波天光,此外,端午節夜間龍舟競技,或是異國風情的國際名校划船比賽到家庭親子的休閒知性之旅,親水公園都令你流連忘返。冬山河親水公園,它不只是宜蘭縣的新地標,更是獻給台灣人民一份化不可能為可能的最佳禮物,都值得你暢意遊玩。冬山河親水小船搭船悠遊冬山河的美夢終於成真了,從九十三年六月十三日起冬山河親水公園至傳統藝術中心的寬闊景緻河面上,您可以看到河面船影幢幢,享受冬山河黃昏悠悠浪漫休閒氣氛。

一次可搭乘八人的冬山河小船,以低噪音及零污染的環保與科技概念,採古老「鴨母船」造型設計,搭乘親水小船可讓您感受水紋的心情,「空中躍魚」的美姿,還有傾聽兩岸鳥語樂章。小船票價:
(1)親水公園-傳統藝術中心單程50元。
(2)遊河:每人二十分鐘150元(須座滿八人)
(3)包船遊河:每船每小時1200元 (最高限額八人)營運時間: 每日上午八時至下午六時 (命中注定我愛你拍攝場景)

本景點為無障礙設施景點:


點此

http://www.designerhouse.com.tw/page1.htm (至尊玻璃鞋.泡沫之夏.不良校花拍攝場景)


點此

敗犬女王.那一年的幸福時光拍攝場景


點此

http://www.silksplace-yilan.com/     (敗犬女王拍攝場景)


點此

朝陽步道全長2.2公里,前段以枕木鋪設,沿途設有景觀台,可眺望廣闊的太平洋、烏石鼻海岸線、南澳漁港等景觀。春夏之初蝶影禪嗚,登上至龜山最頂點,可見森林教室台地設施,最高點立一花岡岩石柱三角點及解說牌,更可遠眺太平洋的海天一色美景,是一條景觀登山健身步道喔!

沿著生態豐富林相,朝陽國家步道各種植物名稱或諧音,作為十二生肖代表,分別是一鼠賊仔名(鼠刺)、二牛駛犁仔兄(雙面刺,又稱入地金牛)、三虎爬山崎(三叉虎)、四兔遊東京(菟絲子)、五龍皇帝命(拎壁龍,又稱風不動)、六蛇互人驚(蛇木,又稱筆筒樹)、七馬跑兵營(假走馬風,又稱白怕骨消)、八羊吃草嶺(山羊麻,又稱山黃麻)、九猴爬樹頭(猴難爬,又稱九芎)、十雞啼三聲(光臘樹,又稱白雞油)、十一狗吠契兄(狗骨刺,又稱菝契)、十二豬菜命(豬母乳舅,又稱稜果榕),並立解說牌詳細介紹各種植物功能。遊客順著步道走一遭,藉著台語童謠的吟唱,更深入認識朝陽步道這十二種植物。


點此

http://www.fguweb.fgu.edu.tw/front/bin/home.phtml        (天平上的馬爾濟斯拍攝場景)


點此

1997年3月完工啓用,公園般的行政大樓,佔地約2500坪,是宜蘭縣治史上第3次的遷建。
為呼應時代脈動,大樓設計以親民化、藝術化、公園化、本土化、智慧化為內涵,營造水與綠舒適親和的空間 (天平上的馬爾濟斯拍攝場景)


點此

泰雅大橋原名為天崙大橋,建於民國八十四至八十五年間,位在蘭陽溪上游地區,是連結三星鄉及大同鄉兩座鄉鎮的橋鎮,主要是為了讓大同鄉的居民到羅東地區更加便捷所建。
泰雅大橋的設計相當具有泰雅文化風情,包括弓箭造型的路燈,紅棕褐三色及菱形圖騰等裝飾,將傳統泰雅及現代藝術融合展現。(又見橘花香拍攝場景)


點此

明池森林遊樂區座落在宜蘭縣大同鄉和桃園縣復興鄉交界之處,又名「池端」,是一個高山人工湖泊。四周原始森林密佈,終年煙嵐繚繞,景色迷濛曼妙,有「北橫明珠」的美譽,更是一處森林浴的好場所。

園區內以庭園山水的概念,設計出具有古代風格的建築景觀,另有明池苗圃、苔園、蕨園、森林步道、國父誕辰紀念林園等,且於山坡步道兩旁設有梯形株苗種育培養區,沿著斜坡步道而行,可眺望高山野地美景及細賞各式花卉的自然風貌。
(十八歲的約定.福氣又安康拍攝場景)


點此

望洋山步道位於中央山脈東北端,在翠峰湖周遭的山系中海拔高度僅次於三星山,海拔標高為2050公尺,循著步道登上望洋山,在眼前展現的是大元山、水源山、銅山、下銅山…等,展開雙手似乎就能將層層山巒懷抱於胸臆之中,天氣晴朗時不僅能遠眺蘭陽平原,就連坐落太平洋的龜山島都清晰可見。


點此

這個登山步道是國內登山界鍛鍊腳程的最佳場地,亦是登山界著名的鍛鍊體能登山步道,全長大約1600公尺,坡度最大有60度。走在步道上,沿途風景秀麗,花鳥爭鳴,為一極佳之登山路徑。登山口就在通天橋旁聖母石像右側,瞻仰完石像後也就是挑戰的開始,因為接下來的山路崎嶇陡峭。

來這裡登山健行,不但可以欣賞林鬱青蔥的原始森林,還可以邊走邊傾聽潺潺的流水聲,以及觀看激流漱石的美景。而天然的箭竹林與闊葉林,也帶來了豐富的林相與動植物生態 。

台灣獼猴群在樹上與人觀望 、行人靠近還吱吱叫著!老鷹、松鼠、竹雞、蝶類、蛇類也常見到。走出雜木林,霧氣籠罩,隨著海拔漸高,風勢也漸漸強了起來。好天氣的話,此處可以展望,遙望龜山島。


點此

青山緑水、梵唄鐘磬、香煙がなんなると昇っている遊客が大勢参詣に来るのが三清宮の風景です三清宮は冬山郷得安村の梅花湖の山坂に鎭座している、1970年陳故県長陳進東は先の二二八事件の時に逃難したに誓った無償で私有土地を贈呈して地方の熱心な人達と三清宮建立委員会を組織した積極的に経費を応暮らし廟の主体建設を着手した。同年の年末に中華民国道教会から三清宮を道教総廟に指定しました。

三清宮は「玉清元始大天尊」「上清靈宝大天尊」「太清道徳大天尊」を奉っております、陳進東さんが名誉主任委員を担任した時哲理富んだ説きに「永遠未完成的事業、才是偉大な事業」と個人の惨養から社会涵養に国家生養教訓迄一段一段推広しょうと云っている、我々が神に礼拜するたび心の内から自らと清泉ゆるやかに流れ行きの覚えます。

三清宮の建築は宏偉富麗、黄色い瓦に赤柱と広い空間を持つ廻廊の設計は非常に伝統的宮殿の特色が有り、廟前の広場は梅花湖の綺麗な景色と梅花湖の謐静幽雅、廟宇と湖・相映した趣味は世外桃源宮内は終年香煙繚繞の状景は莊嚴な聖地を思わせます。


點此

宜蘭県で名高い神威顯赫の宗教聖地―草湖玉尊宮は、三星郷に隣接した冬山郷内西北方の草湖山の麓、海抜150メートルの所に位置しており、羅東鎮から8キロメートル離れた所にあります。 
各地の参拜者は、羅東から三星行きの道路(台七丙県道)で19.5キロメートルの所にある大隠派出所の前を過ぎ、山道(自動車道路)を登ると着きます。 道沿には草木が鬱蒼と茂り、緑陰の景色は心身共に楽しくさせてくれます。途中から山並が曲がりくねり、鐘霊毓秀な草木の合間から見え隠れする玉尊宮が巍然と鎮座しているのが目にとまります。 廟に着いてあたりを見回すと、辟山が来朝している様で翠り重なる層峰はあたかも龍と鳳鳥が来儀をしている姿を思わせます。 
天気が良く澄み渡っている日には、遥かに只独りひろびろとした碧波の上に浮んでいる亀山島と云う霊亀が葡蔔して天に献端している様に見える素晴らしい景観です。 遡る1943年第二次世界大戦の末、戦況が激烈になった同時の三星郷行健村民は神に神威を発して危険を除けて、平安を恵んでくださいと祈願し、神明(様)会を組んで、天公(玉皇)様を塑像し、10月25日に開光の行事を終えた日が玉尊宮の始まりです。 

玉尊宮の歴史は僅に─還暦の60年ですが光賢と歴屆委員達の誠心込めた努力は、奉示と神霊の巨大霊威が人々を保佑、礼を持たせられた事が明らかでなので、信者が酬いとして参詣に来て、建廟を援助し、巍然とした気勢輝煌な宮殿を建立する事が出来ました。 玉尊宮の本殿に玉皇上帝玉霊太子を祭り、偏殿では玄天上帝、三宮大帝、東華帝君、瑶池玉母、九天玄女、関聖帝君、文昌帝君、孚佑帝君及び南斗星君、北斗星君、太乙救若天尊道教等の神権時代の神様を多く祭られています。  

神様の巨大な威霊が十方の信者に平安を保佑と礼を受けた明かしがある事で諸方の信者大徳の参詣は絶えず、線香の煙の筋は途絶えることがありません。 荘厳さをとても感じさせられる宮廟です。


點此

邱呉用水路と長慶源用水路の万長春水門は、1952年に建てられました。安農渓流の重要な水利施設になっています。河幅は広く、魚資源は豊富です。
水門の傍の公園には「沢広春長」の記念碑と八角形の東屋が建てられて、多くの人の青春残しています。


點此

稲幹で案山子を造り又は稲塚疊ばった、或いは織り草で鰻魚補獲用具を・編製する等農家で澤山有る稲柄を使って創作者が巧みに、いろんな綺麗な芸術品を造り上げる技巧は人々を賛嘆させます。珍珠団地にはこの様な芸術を1988年5月に団地活動センタを建設発展工作に勤めた。後に珍珠休憩農業区を成立して、稲草工芸館、珍珠風筝館を設けて、様々な郷土工芸品を展示して居ります、是非一度珍珠団地に遊びにいらっしゃって、珍珠の農村生活を体験し、民宿の郷土人情を楽しみ稲・塚の疊がる遊びや芸術彩絵を楽しみましょう。

珍珠団地は冬山郷の東側に居って、冬山河の中流が村中をは貫通し冬山森林公園と隣接しているので村の重要な資料なった稲作が主で野菜栽培が副業です。綺麗な田団風景は文化や休憩農業と民宿等の観光事業を発展するのに適しています。

珍珠村、古い名は(珍珠里簡)と呼ぶ元平埔族噶瑪蘭三十六社の一社「珍珠」の名の由来は二つの伝説が有る、一つは昔は港が有り常に船が東南亜を往来して珍珠や瑪瑙等運んで来るので港口に近い所で軽く珍珠や瑪瑙を拾う事が出来たので「珍珠」の名が出た。もう一言は珍珠里簡昔は汚染がなく水田や小川等には焼酒螺が澤山有るので平埔族の語音で「珍珠」の名を得たという


點此

蘭陽渓を渓流沿いに上流に向かって遡っていくと、壮囲郷、五結郷、三星郷、冬山郷へ出ます。このあたりは昔ながらの農業生活の様子がそのままの姿で残されています。つまり懐かしくもあり新しくもある山積みにされた「草垜」(わらぐま)。 私たちが子供のころはわらぐまにもぐって遊ぶのが唯一の楽しみでした。現代っ子たちに聞かれて、わらぐまは昔懐かしい思い出へと変化してしまいました。
わらぐまは伝統的な農家では、農業の閑散期に刈り取った稲を小さくまとめて高く積み上げられています。きれいな三角錐型に積み上げられたわらぐまの黄色く乾いた稲穂は素朴で、それが平坦な緑色の背景に引き立てられて壮観です。この風景は蘭陽平原の農村の特色になっています。
建築技術が著しい発展を遂げた現代では、わらぐまの機能は形式的なものへとなりつつあり、その生命の終点に向かっています。それに代わってやってきたのが、観光価値という代物であります。美しさを演出するのは数。いま私たちが立っている蘭陽渓の岸辺からは、農村の竹作りの塀にきれいに入れられたわらぐまを見ることができます。この風景は見ているだけで、ほのぼのとした気持ちにさせられます。


點此

楊士芳記念林園から散歩しながら左に曲がり、しばらくして右に折れる道に沿って歩くと、社福館に辿り着ます。 屋上橋に登ると、西側から素晴らしい風景が目の前に広がって来ます。 

一風代わった陸上橋は新式的な建物ですが、早くから此れに居座っていた旧い韻味深長な建築物であります。


點此

緑色の綱板屋根、洗宜蘭石(宜蘭産の水石+セメントを混ぜ合わせて敷いた後、表面のセメントを流し落として小石を浮き出させたもの)、又閩南産の赤磚を敷いた演芸庁は、宜蘭特有の味わいある姿を中山公園の畦に立たせ、柳木の倒影と絃器の美妙な音が絶えることなく響き渡ってきます。

その風景は宜蘭都市更新の橋頭堡になり、将来旧城地区の復甦と発展を催化する役割と成るでしょう。


點此

昭応宮は宣蘭県の現在唯一の国家の3級の古跡で、宜蘭市中山路に位置しています。つまり清朝噶瑪蘭ホールの中心です。嘉慶13年(1808年)に廟が建設され信仰の中心となってきました。更に封建官吏の公告により、民衆の集まり、雑談の場所として、日本時代には文化協会と民衆党により、廟前広場は民主思想を広く宣伝する各種講座に利用されてきました。現在でも廟前の壁に宜蘭各地の台湾オペラの公演ニュースの情報が見られます。昭応宮の主神は媽祖です。初建以来伝統に従い東に向って座し、海を望んでいます。海上の人民を加護する意味がありました。
道光年間に、廟の建物は正面に引っ越し、大きく拡大され三殿式建物になりました。しかしその方位は西向きに変わりました。台湾で唯一山に向った媽祖廟になりました。方向の変更には諸説紛々で、民間の伝説によると、廟の建物の向きが変わると当地に文運をもたらすと言われており、昭応宮の方向変更後、1868年に科挙首位の進士として楊士芳を出しました。 

この廟の構造は細長く間口三間、奥行きは廟埕、三川殿、前庭、正殿、後の庭から後殿まで60数メートルに達し、今日の廟の構造、道光年間の型式を大体保持しています。日本統治時代、昭応宮は数度にわたり修築されましたが、その木彫りや

石の彫刻は道光年間の様子を留めています。これらは本廟の芸術の宝で、特に三川殿ひさしの下の竜柱、青獅子、石枕、衝立壁はすばらしい石の彫刻の複雑な文様は美しい飾りです。入り口の衝立細木彫刻には、本当に賞賛させられます。後殿2階には宜蘭開発の三大名臣である楊廷理、翟淦、陳蒸の木彫像が安置されています。季節の祭祀には、宜蘭の人々の前に現れ出て、果実を食べて樹頭を拝む純朴な民間の風俗があります。その他、方古の額など古物数をそろえ、昭応宮に光を添えます。ここは宜蘭の信仰文化の要衝で、また宜蘭の人々の宜蘭開発先賢追想の情を見ることができます。さらに宜蘭人は素朴で虔誠な信条を持ちここに集い、古跡に足を踏み入れることが好きで、昭応宮を訪れることを忘れません。


點此

宜蘭の孔子廟は1868年に建立された廟でした。開蘭出身の進士、楊士芳が清代の同治七年に科挙の新科に合格し、故郷に錦を飾りました。そして、文風学復興を唱え、後続する人々を励まそうと、村の富豪たちに金のあるものは金を出せ、力のあるものは力を出せと号令をかけ、共同作業のもと、十年の歳月をかけて孔子廟はようやく落成の日を迎えたのであります。これらの行動はこの地方の教育発展のきっかけとなり、蘭陽に暮らす子供たちは科挙合格を目指し、日夜勤勉に励むようになりました。

1875年(清朝・光緒元年)、当時の行政機関はフマラン庁から宜蘭県に改正され、「儒学」の階級が県に設置され、学問勤勉な気風がさらに強くなりました。宜蘭県にある孔子廟の建築様式は学者たちからも「台湾一の大正殿」と絶賛されています。この廟ならではの「歇山重檐式」と呼ばれる、弧を描くようなひさし部分のカーブはとても美しく、全体的に壮大な雰囲気を漂わせています。しかし、残念なことに第二次世界大戦の末期に戦火が宜蘭にまで広がりその犠牲となってしまいました。いまでは宜蘭市新民路中央市場内の康楽街に低い塀が昔の面影を残しているだけであります。 台湾が主権を回復した後、北門の表に大正殿が元通りに再建されました。廟内には池や東西に並ぶ小さな棟が建てられ、「光緒七年」と刻まれた石碑も据えられました。これは清朝廷収蔵の礼部にも指導員に暗誦させるために載っており、勉学は礼の基本であり、人民の利益よりも富国を重んじろという人としての仕え方が説かれています。

孔子廟では、毎年春と秋の2回にぎやかにお祭りが行われる。とくに九月二十八日の孔子生誕日には、「六佾」と呼ばれる人が中庭で舞い踊り、子供たちも知恵毛の抜けるのを比べる大会を開くなど、一年で最もにぎわいを見せる日。孔子は平等教育を唱えたことは言うまでもなく、その隔たりのない教育精神は屋根の脊髄部分にあるフクロウの彫刻を見てわかるように、建築にも大いに生かされています。また、主柱やヤグラに文字が一つも刻まれていないことに気づくが、これは孔子が偉大な思想家で、私たち後人もその思想をひけらかさないことを象徴しているのです。


點此

鑑湖陳氏は同姓集落で、拓墾によって成功をした範主の一人です。子孫は樹林が大きくなり幹が太く葉が繁って居る様にたくさん繁栄し、多くの人材を出しています。1850年圍林格式が整っている祠堂を建立しまた。
「落羽松園」と名前付けられ、四合院、池塘、書院及び木の根が地面に浮き出て峰の様な形をした松園と、付近の空軍機堡と共に貴重な人文歴史を刻んでいます。


點此

甲午戦争は歷史上の大事件であり,台灣の運命を徹底的に変えました。 当時清朝の敗戦により,台灣が日本に割譲され, 一部の官吏や貴族たちはあたふたと一家を従えて大陸に帰りました。 宜蘭開拓の先駆者,進士の楊士芳等地方名士達が,故郷の宜蘭に留まり,一八九六年宜蘭碧霞宮の建設を提唱しました。

碧霞宮に奉られる神体は忠義.報国の民族的英雄岳飛です。 日本人の耳目をごまかすために,碧血(正義のために流した血)丹心(真心)をもって朝霞を望むの意で, 宮名を碧霞宮と定めました。勸善局、樂施社を併設し,長期に亘り勧善を講じ、 善を楽しみ進んで施す社会教育、福利等を行います。 碧霞宮は名士等により創建されたが,また特殊な門弟制度を取り入れています。 信徒の大半は公務員や教員で,門徒のレベルも高く資質も平均しています。

每年旧曆二月十五日の岳飛誕生日には, 厳かに三獻釋典の古い儀式が執り行われ、また古式ゆかしい武者舞も披露されました。更に県長も主祭として参列する事は, 全台湾でも稀です。当宮の主殿は簡樸な造りで,伝統木造建築の良い実例です。 神体岳飛は帝、王、帥三種の造型があり, 岳飛の三種類の身分を表しています:生前は大軍の総帥として,死後は鄂王となり, 道教の忠孝帝君として崇められています。 ほかにも,碧霞宮は 骨董品も数多く所蔵している, 鑑賞の価値があり,古い時代に思いを馳せることも楽しいです。


點此

台湾戲劇館は、台湾初の公立地方戲劇博物館である。台湾東北部の蘭陽平原にする。宜蘭は、素朴な住民気質と風土から芝居の息吹きが濃厚な地域である。地方の特色を発揮した文化活動の充実に伴い、芝居はごく自然に庶民とって一番人気のあるエンタ-テイメントとなった。

而して、台湾伝統の大衆歌劇を主体とし、人形劇部門を加えた”台湾戲劇中心“が行政院文化建設委員会と宜蘭縣政府の協力のもと誕生し、” 台湾戲劇館“と命名された。

館内の第一展示室には、各種伝統演劇の資料がテーマ毎に不定期に展示され、二階の第二展示室には、あやつり人形が、また三階の第三展示室には、歌仔戲(台湾伝統の大衆歌劇)を主に展示している。また、来館者へのサービスとして、休憩コーナーには竹製の小型テーブルセットを用意しまた、記念写真撮影用に、芝居の衣裳を無料で貸し出している。この他にも、映写室、視聴図書室、研修教室等教育推進用のスペースも提供している。当館の業務は、伝統演劇の研修、公演、展示、保存、出版等、伝統演劇の伝承と推進、保存のため、質の高いサービスを提供している。


點此

The Sianguo Stone Monument stands at the southeast corner of Jhongshan Park in Yilan City. The monument features three big characters as: “Sian Guo Bei”. The monument was erected to commemorate the end of a war and the ensuing peace. An explanation at the bottom of the monument introduces the reason for the erection of this stone monument as: “the Atayal people living in the mountain areas of Yilan would come down onto the plain to headhunt. After Wusha entered and cleared Yilan, conflicts between the aborigines and the Han peoples worsened. The Cing court sent troops to suppress the conflicts but returned in vain. Not until the Japanese governing period was a successful “carrot and stick approach” used by the Japanese army to nullify the situation. This resulted in the fierce Atayal people giving up their headhunting custom and promising to live peacefully together with other ethnic groups”. This stone monument was erected by local citizens in 1909 to mark this important history. Buried under the monument are the weapons which the Atayals’ gave up together with 235 Han skulls belonging to those hunted down and beheaded by the Atayal people. In the past, people came here to burn incense and pray for protection and world peace.

This stone monument has silently stood the past one hundred or so years, witnessing both war and peace, and gradually itself becoming part of history and a majestic landmark in the process.


點此

宜蘭市中山公園東南側の角には、雄大で一際目立つ風格を備えた石砌碑塔が有ります。 碑体の下にはこの碑を立てた経緯が刻まれています。 上方には「獻馘碑」の三文字が大篆字体で刻まれています。 ひとつの戦争から和平迄の歴史の見證として、百年近く絶えることなくそこに聳えている歴史的荘厳な地景を成しています。 

昔、宜蘭の高山に住む原住民泰雅人の間には出草首狩の習俗が有り、呉沙が蘭陽に入って拓墾した後は、様々な原因がもとで漢人と常に衝突を起こしていました。 清朝が幾度も兵を派遣して掃討を試みましたがいつも徒労に終っていました。 日本統治時期に入ってから日本軍が新式の武器を用いて討伐と安撫を弁用し、恩威も用いた色々な手段を用いて、ようやく強悍勇猛な泰雅人を治めることが出来ました。 この時から出草首狩の伝統は排除され、他族と平和を誓い仲良く暮らすようになりました。 

当時宜蘭の仕紳達は心腹大患が除かれた事を記念する事業の経費を募集し、1909年此処の伝統と異なった石碑を建立しました。 形が特殊な獻馘碑納骨塔の下には泰雅人が獻出した武器と首を取られた235名の漢人の頭蓋骨が埋葬されており、「首塚」とも言われています。 人々は今も碑前に来て線香を上げて、祝禱し、開蘭英霊を弔い、平和がいつまでも長く続いてくれる事を願っています。


點此

宣蘭県議会 
新県議会のビルは雪山山脈に面し、下部が狭く上部が幅広になったきわめて頑丈な造りの建物です。隣のやや低い県政府ビルを高い所から見下ろす姿は、議会が政府を監督しているメッセージを送っています。雄大な外型にもかかわらず、柔らかい波状の屋根なしのロビーは、県民に親しみやすく開放的な空間を提供しています。郷土のイメージが濃厚で、福建省南部のレンガ造りの特徴を色濃く伝えています。

宜蘭県庁 
1997年3月に竣工。公園風の行政大楼です。敷地は約8250㎡あります。宜蘭県政上3回の移転を経て現在に至っています。時代の流れに呼応し、建物の設計は県民に親しみやすく、芸術的で且つ公園のようであり、郷土の味をもち、知恵を内包し、水と緑が心地よく和合する空間を作り出しています。

宜蘭地方裁判所 
台湾宜蘭地方裁判所は間もなく使用し始める新しいビルです。県政センターに位置して、敷地面積は26900㎡、建物は14500㎡あり優雅で広い県庁と県議会に隣接しています。行政、立法、司法が独立し、県民を守る宜蘭法治の重要なシンボルです。庭の周りは広大な緑地に囲まれ、完全な公共施設として期待されています。遠方の清新な緑濃き山々にかかる雲の影を映し出し、重厚で頼れる建物の中にも県民に親しみやすい空間を作り出しています。

宣蘭県史編纂所
宣蘭県史編纂所は宜蘭の歴史の保存、記録、研究、紹介をしています。編纂所は安全に資料を保存しており、もし誰かが宜蘭の歴史を調べたいと考えたとき、いつでもここに来て、必要な物を探すことができます。学生の戸外授業としても役立つことができ、第2の歴史教室の役目を果たしています。また編纂所は「人と歴史交流空間です」。老若男女、ここに訪れて歴史に接し、歴史を感じ、歴史と対話しすることによって、自分のルーツと物語を探すことができるでしょう。

館内に納めているものは、公文書書類、教育史料、日本語の新聞の切り抜き、家系図の過去帳、およびの手書き文献などで、非常に特色あるものを備えています。宣蘭県史編纂所は各界と協力して、各種の調査記録をすると同時に研究成果の出版も行っています。また、展覧会やシンポジウムを催し、人々にこの土地の歴史教育の奥深いものをごく分かりやすく紹介しています。

10数年来、県史編纂所は「郷土、歴史、創造」を経営目標にし、人々に地方歴史の重要性を呼びかけ、地方の史料館経営の基礎としています。

成立時間:1992年元旦に計画準備処を設立、1993年10月16日にオープン
参観時間:火曜日~日曜日9:00~17:00まで、月曜日と毎月最後の一日は休館日
場  所:260 宣蘭県宜蘭市凱旋里県政北路3号
ホンムーページ:http://www.ilccb.gov.tw/history/


點此

宜蘭酒造工場の歴史は古く、その前身は1910年(民国前2年)、宜蘭の名士 林青雲等34名によって、創立された。日本の植民地時代を経て専売公社に移管し、現在に至る。

宜蘭は、かつて、蛤仔難、噶瑪蘭また甲子蘭の別称があった。酒文物館は、その中の甲子蘭という旧地名を冠した。酒造工場の長い歴史を強調するほかに、甲子蘭を製品の商標として登録し、広告にも活用している。当文物館は、かつての原料倉庫を改造したもので、当時の古い建築の特色を残している。文物館の入り口では、壁に積み上げられた数十年物の古い酒がめが目を引く。一階のロビーには、数々の銘酒はもとより各種酒を用いたオリジナル商品も展示されている。又、二階につながる階段に沿って、酒造工場の百年の歴史資料を展示するとともに、酒造りの工程を紹介し、見学者が酒造に関する知識を深め、更に、人々の生活と酒の関係、酒と文化の関係をより理解できる資料を提供している。

また、ゲームコーナーでは、酒に関するクイズも用意し、参加者が自分の“酒通度”試すことができる。お酒に関して、もっと知りたいという方は媒体簡報室で、即時、詳しい資料を手に入れることができる。

宜蘭酒造工場で、一番人気のお酒は“紅露酒”。一階の試飲コーナーで、味見できるので、是非お忘れなく。他にも、当工場特製の銘酒やお酒入りのオリジナル商品各種、清酒入りアイスキャンディー、金棗酒アイスキャンディー、お酒のゼリー、酒卵、紅麹ソーセージなども用意しており、特に金棗酒は宜蘭特産品、ご家族やお友達へのお土産に最適。


點此

1株の古い樟の木の保存から始まりました。宜蘭設治記念館は、この地方の何代もの指導者の官邸として利用されて来ました。その昔、建物の外にそびえたつ1株の百年を越える貴重な老樟木を、保存すべきかどうかで論議が巻き起こりました。しかし1株の老木ついてだけ保存の意義を論じることは難しかったのです。何故なら、そこには100年に渡る宜蘭政治の発展を見てきた官邸があり、何ものにも替えられない歴史的価値を有していたからです。やがて「南門の計画」が作られ、保存が決定されました。そして復元され、整備されて宜蘭設治記念館となり、古い建物に新しい生命が与えられたのです。

和洋折衷式建物の風格官邸は1906年(明治39年)に建てられました。敷地面積は2640㎡、建物は約244㎡で、日本の木造建築とヨーロッパの古典的建築の溶け合った形式を備えた、一種の和洋折衷式の建物でした。伝統的な日本式建物の内部構造は、日本の日常生活の軽妙で精巧さをかもし出し、外観は雨樋と日本式屋根瓦葺が特徴です。洋式造りは応接室を代表とし、分厚くて落ち着いた煉瓦造りの壁、比較的細長い窓と室内の天井板の彫りを組み合わせが応接室にいっそうの豪華さを加えています。
落ち着いて静かで趣がある庭官邸の建物のほか、庭もこの館の特色のある空間です。枯山水、つまり小石で水の流れを見立てさせた日本式庭園には、老木と花、アーチ橋の池もあります。市の中心にある宜蘭設治記念館の落ち着いた静かな趣は、心を落ち着かせてくれる場所なのです。庭は一世紀の歳月を経て、植生の形態が整い、まるで小型の生態教室にいるようです。特に数々の大きな木は当地の植物で、貴重さを増しています。官邸後方の囲いは、伝統的な卵白、牡蠣殻の粉を、もち米粉でといた漆喰で塗り固められています。このように趣がある庭は、歴史の遺構として県民に愛護されています。
老木の新しい枝─歴史的建物の再生官邸は二十人あまりの首長によって代わる代わる住まわれて来ました。その時々の首長の要求に応じて、内部構造に変更が加えられ、数度の改修が成されました。そのため当初の状態に復旧することは非常に困難でした。しかしながら調査、考証を経て、職人や専門家の技術と知恵を結集した結果、ついに老官舎は新しい光に包まれ、以前の姿を取り戻す事が出来ました。歴史的建築物は保存するだけではなく、更に活用することによって、その価値が生まれ、継続の生命が育まれるのです。1997年12月13日に官邸は再建され宜蘭設治記念館として落成しました。そして博物館は新しい姿となって、大衆の前に現れたのです。 翠の葉に囲まれた紅花が映える─宜蘭設治記念展「設治」の意味は「設官治理」です。宜蘭は1812年(清朝嘉慶17年)に、清国から庁へ官吏が派遣されました。清朝の統治、日本の統治、そして国民党政府の統治の経験は、宜蘭人民に、土地、政治、経済と文化教育に消すことができない影響を残しました。その時々の統治者の心理状態、方法に対して、宜蘭の人民の対応はそれぞれ異なっていました。それらを比較・研究することは興味深い事です。館内に展示された貴重な資料と共に分かりやすい説明が、宜蘭の歴史の一ページを皆様に紹介いたします。

料  金;大人30NT$、学割20NT$, 子供15NT$ (団体割引有り)
見学時間:毎日午前9時~12時、午後1時~5時。
休館日 :毎週月曜日と毎月最後の一日は清掃休館日です住  所:260 宜蘭市旧城南路力行3巷3号
電  話:03-9326664
ホームページ:http://www.ilccb.gov.tw/history/memorial/


點此

Since its inauguration in 1984, the Yilan County Center for Cultural Affairs has played the role of uniting people of all areas and nurturing the spiritual life of the Yilan people. Located in the southwest of Yilan City, the Yilan County Center for Cultural Affairs sits on a vast lawn. The architect’s original design included separating it from the outside world by fences. This met with strong objection by then County Chief Chen, Ding-Nan. The final result is today’s Center, which offers a free and open space to the general public. Early in the morning, or late in the afternoon, the great lawn outside of the Center serves as an exercise ground for sports and outdoors lovers. It is a lot of fun to enjoy the outdoor Taiwanese Opera theater put on by the Center on a hot summer’s night. The Center features 2 special halls, one of which is the Taiwanese Theater Hall which presents in a complete form the evolution of the Taiwanese opera that originated in Yilan. In addition, the Lanyang Taiwanese Opera Company, Lanyang Traditional Music Group, Lanyang Children’s Theatre Group, Lanyang Children’s Chorus and Lanyang Modern Theatre Group within the Center all have great achievement to make the local residents proud.

The Taiwanese Opera Hall hosts an outstanding collection of Taiwanese Opera historical items complemented by a side collection of puppet opera items. The collections contain an introduction, research aspects, and promotion of Taiwanese folk opera and folk music. The Taiwanese Opera Hall also features a historical documents area, traditional opera performing stage, a model modern Taiwanese opera theater, an audio-video room, and a music introduction room, allowing visitor to understand Taiwanese opera through various means.

Taiwanese Opera
The Minnan Dialect Theatre was formed on the foundation of folk stories and borrowing of music, costumes, and props from other traditions, making it the most popular traditional opera in Taiwan.

Puppet Theater
This theatric form, which uses hand puppets, has been very popular since the old days.
Tel:03-9322014/9322440
Address:No. 101, Section 2, Fusing Road, Yilan City


點此

宜蘭文化の石臼…宜蘭県立文化センターは、1984年に正式にオープンしました。長い間、文化センターは各界の人士を結び付け、苦労を厭わずふっくらした文化という米を研ぎ、宜蘭人の精神生活に栄養を与えてきました。センターは宜蘭市の西南に位置し、広大な芝生の上の黄色の巨大な建物です。本来、建築士が設計した建物は塀に囲まれ、外部と断絶していましたが、前県長陳定南氏の反対により、現在の周囲環境と一体となり、のびのびした開放的ものになりました。晴れ渡った早朝と黄昏時には、文化センター外の大きな芝生のスペースは、運動者の最も好きな運動場になり、凧揚げ、フリスビー、野球、太極拳の練習、剣舞、ジョギング、散歩なそ、各種の運動に供されています。夏の日の晩には、文化センター屋外の台湾オペラ鑑賞は、大きな楽しみの一つです。本センターには二つの特色があります。そのひとつは台湾オペラ館で、宜蘭に源を発する歌仔劇(台湾オペラ)の変遷を完備しています。それ以外に、文化センター付属の蘭陽国劇団、蘭陽国楽団、蘭陽児童劇団、蘭陽児童合唱団、蘭陽近代劇団を有し、県民に誇りとなっています。1981年9月28日に創立された蘭陽劇団は全国の初めてのものです。
「台湾オペラ館」は復興路の宜蘭県立文化センター内にあり、館は歌仔劇関連事物の収集を主とし、人形芝居を次に、館内の収集は豊富です。台湾民間の芝居、地方音楽の変遷、保存、研究と普及について、詳しい紹介をしています。館内にスクリーンによる文化財区、伝統舞台および当地と現代歌仔劇(台湾オペラ)の劇場模型がります。さらに視聴覚室、メロディー紹介エリアもあって、見学者にいろいろな方法を通じて、簡単に歌仔劇を理解していただいています。
歌仔劇 (台湾オペラ)
民謡の俗謡を基礎とし、その他の劇音楽、身のこなし、服飾、福建省南部オペラを形成する道具を取り入れた台湾で最も人気がある伝統芝居です。
人形芝居 人が操作する人形芝居の形式で、中国古代にすでに盛んに行われていました。その種類は多く、台湾では操り人形の形式だけが残っています。
電話:03-9322014/9322440
住所:宜蘭市復興路2段101号


點此

東澳国民小学校は1984年に創立しました。陳定南県知事のとき、陳志梧建築士の設計により、20年前に建築されました。小学校は時代の最先端を行くもので、材料は非常に細かく配慮され、郷土色をたっぷり備えています。このような地域の人文の特色を基調とした美観は、宜蘭のまさに向かっている方向です。


點此

Built in 1918 and originally named “Yilan Shrine”, this shrine was closely associated with activities concerning the Japanese emperor rites during the Japanese Occupation period of Taiwan. Upon retrocession of Taiwan, the temple was re-structured in the Chinese style and re-named as the “Martyr’s Shrine”.
As part of the 1998 restoration, an exhibition space was added, providing the general public a place to relax and venerate its bygone history.


點此

元は宜蘭神社、1918年に日本政府が民化運動を実行する為に建てた代表的な建物です。 
戦後中国祠堂式に改築して忠烈祠と改名されました。 1998年再び修築し展示物を増加し、民間に返還、今は憩いの場と歴史を学べる市民公園になりました。


點此

員山福園の区域は元「ラアーピ」と称し、地形変化に富んでいます。 

緑色の山巒に囲まれた池には天然泉水が湧き出ています。 茄冬老樹点在した景色をもとに新しい建築が入り、安らかさと優雅な園林が生まれ、この新旧合いまった環境に人生の生と死の有機的延続を思い起こさせます。


點此

員山公園は員山の最も代表的な場所で、歌仔劇(台湾オペラ)の歴史文化を伝承する所です。周囲には忠烈祠、温泉遊戯場、山を巡る遊歩道地区からなっています。員山郷の由来は、員山公園内の忠烈祠の位置する山の頂上が丸いところから命名されました。員山公園は中華民国85(1996)年に修理完成し、舞台や、児童の安全遊戯区、昔の日本神社を改築した忠烈祠、そして山を巡る遊歩道....多くの楽しむ施設を有しています。さらに現地の員山国民小学校を結び、景観優美なオープンスペースを形成し、家族の大人も子供もいっしょに楽しめる場所です。
公園の計画は重点的に歴史の足跡を反映しながら、歩道に沿って入り口広場、アーチ橋、プールなどの記念性の空間を配置しています。園内の草木はよく茂り枝ぶりもよく、土地も広くまるで美しい仙境にいるようです。小橋を流れる水は鬱蒼とした木々は、名家の山水画のようです。歩道は員山郷や宜蘭の人々の早朝の運動場所で、公園の優良な施設とあわせ、観光客が多く訪れ、休日には至る所で食事を楽しみ、凧揚げに興じ、そして休む。だれもがよく知っている名所にです。員山は伝統芝居の故郷で、役所が注意深く計画創立した『員山公園』は、伝統と芸術、人文と教育を結び付けた、優れた開放性公園です。ここを訪れる機会がれば、足を止め鑑賞さえしていただければ、異なる風情を味わうことができると信じています。


點此

昔から物に対する崇拝観念がある台湾では、木や石には情があるとされてきました。加えて民間信仰の影響を受け、巨木や山間に転がる巨石などは往々にして崇拝対象となったものです。員山郷頭份村には樹齢百年以上といわれる古いアカギーがあります。枝ぶりも見事でどっしりとした構えから村人たちから「大樹公」の名で親しまれています。根が生えているところには神様が奉られ、この大樹公の周りには常に線香の煙が漂っています。
1990年、大型台風が来襲し、この古いアカギは雨風の強さに耐え切れず、とうとう腰の部分から折れてしまうという事件が起こりました。ところが、不思議なことに老木の霊が働いたせいか、すぐ近くにあった民家への直撃は避けられ、村民の安全が守られたというのです。その後、村人たちによってこの老木に鋸が入れられ、廟前にある広場に記念品として展示されています。このアカギがあったところは「歌仔戯」(台湾オペラ)の発祥地だと昔から言い伝えられています。
純朴な民情を持つ宜蘭。山水に恵まれたこの地域は、戯曲が発展するためにちょうどよい揺りかごになりました。清代末期から民国初期にかけて、欧来助という人が農業の閑散期に村民を集めました。そしてそこで集まった人たちに、のんびりした気持ちで七言絶句の詞を考え、ひとつ歌を作って芝居でもやってみようじゃないかと提案したのです。はじめ題目は「山伯英台」、「呂蒙正」、「陳三五娘」などの役が単純で細工の細かいものばかりでした。衣装はその当時の流行の最先端のものを使い、自然のままの道具を取り入れて忠実に表現しました。これがいわゆる「落地掃」や「醜扮歌仔戯」と呼ばれるもので、それ以来、歌仔戯には歌と踊りが加えられ、蘭陽平原を越えて民間へと伝わっていきました。そして民族戯劇の大木となったのであります。


點此

Toucheng (First Town) was the first town to be cleared and established by the Han settlers arriving in Yilan. Hoping Street being the oldest street in Toucheng was once the busiest commercial center on the Lanyang Plain. Currently for the Yilan area this is the only surviving old street that marks this unique history. Walking down the old street here, you are provided a glimpse of a bygone era while trying to imagine the glorious moments this town has witnessed.

With the east portion of Hoping Street neighboring Toucheng Harbor, this area was once an important trading district with its ever-booming river transportation business. Hoping Old Street was therefore developed. At either end of the street you can find temples devoted to the Earth God. These temples were erected by local residents, who believed they would keep the wealth sealed in. However, this street’s golden era is long gone. A flood in 1924 buried Toucheng’s harbor. In addition, with completion of highways and a railway, and with the business center shifting elsewhere, this old street slowly lost its glamour.

Walking through Toucheng’s Old Street is like taking a quick overview of Taiwan’s entire architectural history. Along the street are old buildings of different eras and of various architectural styles, which speak gently of the evolving times. Toucheng’s Old Street is a precious cultural heritage for us to treasure.


點此

こんな方にお勧め: 古跡研究家、カップル
頭城は宜蘭県で最初に造られた町で、和平街は頭城で最も古い通りであります。 清の時代(1644 - 1911)に一時蘭陽平原で最も重要な経済の中心として栄えました。 現在は宜蘭地区で現状を残す古い町並みとして貴重な存在です。 ゆっくり散策してみると、当時の繁栄が思い起こされ、栄枯盛衰を感じさせます。 まるでタイムトラベルをしたような得がたい体験が出来るしょう。南北に伸びる和平街は、以前は一本の河によって拓けた街道で、東は頭城港に臨み、北に向かうと烏石港に通じ、 南は打馬煙へとつながっていました。 当時は船の帆柱が林立し、隆盛を極めていました。 住民は街の南北両端に住み、家の中に町の中心を向いた福德祠を建て、招財を願いました。しかし「好事、魔多し」と言はれるように、1924年の大洪水によって頭城港が埋沒、加えて国道、鉄道の施設により経済の中心が転移したため、やがて旧市街は荒廃して行きました。

 

和平街の北段端の頂に位置する北門福德祠は、旧市街の守護神。 また、南に長い平屋建ての建築は、清代造船業の遺跡十三行です。 更に南に下ると各種建築の混合された風格がある「139號」盧邸、そして盧邸向いの池がすなわち頭城港遺跡です。  日本の植民地時代昭和期の精緻な建築「129號」吳邸、「121號」新長樹記; 旧市街の中心、慶元宮の三川殿には早期石雕の素樸な風貌がいまも保存されています。 南段の「51至61號」の源合成と陳春記は、勢のある日本の植民地時代、大正期の建築です。 南段の突き当たりは南門の福德祠となっています。 このように歷史の榮枯を歩んできた頭城旧市街は、まさに台灣建築の変遷史と言えるでしょう。 頭城旧市街は、私たちに貴重な文化資源を遺してくれています。 榮枯の歴史を歩いてきた旧市街は先人の古い遺風を残して、後人の歩きする道を鑑見ている様です。


點此

1900年(明治33年)、北宜街道が開通しました。湖底嶺を67キロメートル掘りぬけ、当時の宜蘭庁長の西郷菊次郎は「湖底嶺開通の碑」を建て、「平塹雲開」の文字を刻み、道を開く艱難至極の過程を記載しました。後の人は碑をただ「石碑」と呼びました。北宜街道は大、小金面山をぐるぐると回り、台湾のイロハ坂です。石碑は一番高いところにあります。ここに登って見る景色は、晴れていれば海洋の亀島嶼に胸を揺がし、蘭陽平原が目に飛び込みます。もし雨で霧に覆われたなら、蘭南特有な霧がもうもうと立ちこめぼんやりとした状態に感銘を受けるでしょう。

景観の変化が多種多様なため、1954年、新蘭陽8景の一つに選定され、昔から、文人たちによって賛美され、最も美しい景勝地として吟詠されてきました。

たとえば:楊廷理の「金面翠開雲吐納」、「天然佳境開金面」;李康寧の「山開金面石碑祟、俯瞰蘭陽入眼中」;盧世標の「巍巍金面鬱籠蔥 俯瞰重洋眼界空」などの詩は金面山の美しさを激賞している。


點此

大渓国民小学校は1.4ヘクタールの面積を有し、山と海に面し亀山島が望めます。自然の地形の中の海浜学校です。特に1918年に学校が創設されたときに植えられたガジュマルの群は背が高く葉を密生させ、小枝は絡み合い、赤がわら城壁の美しい校舎は、人に林園の暖かい感銘を与えてくれます。


點此

頭城の盧家は多元的で特殊な歴史を有しています。清朝時代に、盧家十三の貿易会社を有していました。家の前に大きい池があり、1924年頭囲港が土砂で詰まる前に、船舶は直行することができ、一時期大いに栄えました。盧家のこの混合の多種の風格を持つ美しい邸宅は、今日では貴重な存在です。


點此

頭城の蘭東路にカトリック教会があります。1960年の建築で、また伯多禄協会とも呼ばれています。宜蘭地区で唯一の丸天井の拱門式の建物で、半円の屋根は長い年月を経て、古典的なのひすいの色合いを増しています。足を伸ばす価値があります。


點此

漢人が始めて宜蘭に入った時の最も古い廟で漳州の廟をモデルにした建物です。素朴な三川殿は、歴史的な石彫刻はもとの様子を残しています。正門の石刻門の対聯はめったにない「爾雅」紀年法の落款で、歴史の価値を備えています。廟の前広場は「宜蘭228事件」の発生の地で、時代の傷跡を負っています。


點此

The Sietian Temple in Jiaosi Township is the most prominent and important Guandi Temple in northern Taiwan dedicated to the Taoist deity Guangong. This temple was built in 1804 under the order of the Cing court. It was said that the completion of the temple brought the local plague to an end, attracting many more devotees to come and pray at the temple.

This temple has gone through several renovations since it was first erected. Each January 13 on the lunar calendar, worshipers celebrate the anniversary of Guangong, whose spirit went to heaven on that date upon his death. Worshipers from the neighboring 8 villages present Red Rice Turtles to Guangong to thank him for his protection during the year, and to pray for another peaceful and prosperous year. This so called Ciguei ceremony attracts tens of thousands of worshipers every year and is a major local event. Every June 24 of the lunar calendar observes Guangong’s birthday. On his birthday, Guangong statues from temples all over the island return here to this temple for a special ceremony. In the main hall, you can witness a sea of thousands of Guangong statues, which makes quite a sight.

The majestic construction and ornate decoration make for the architectural characteristics of the Sietian Temple. There used to be an old wooden operatic stage fronting the temple courtyard, however, it was dismantled in 1995 because of the heavy demand for space. The temple committee plans to reconstruct the stage using the same style and material as the old stage at a pre-assigned site behind the temple.


點此

礁渓協天廟は台湾北部屈指の最重要な関帝廟で、廟内には蚕絲関公という神様が祭られています。ここは清代嘉慶9年(1804年)の建立で、朝廷が役人を派遣して自ら建設したものです。この廟が建てられた後、このあたりでの流行病がぴたりと止んだという話が残されており、参拝者が後を絶ちません。 ここの分霊で建てた廟は北部東部に広く散在しています。

言い伝えでは、清代の同治6年(1867年)、当時台湾を治めていた劉明灯という人が宜蘭視察の際にここに駐留したそうです。 その時、ある部下が誤って廟の裏手にあった楓の木を切って薪にしたところ、それが神様の逆鱗に触れ、すべての部下が病に倒れてしまいました。 劉明灯が廟に出向き、頭を深く下げ、ひざまずいて拝んだあと、ようやく病が治ったといわれています。 そして、皇帝の命を受けて協天廟に建て替えたのでした。 その後何度か修築の手が加えられ、現在の様相を呈しています。 毎年旧暦の1月13日と6月24日には、「乞亀」という行事や小学生らが関家軍に扮して舞を踊るお祭りが行われます。

この廟建築の特色は厳かで煌びやかなところです。 毎年旧暦1月13日には関聖帝君が仙人になり、仙境に昇って修行する縁起の良い日とされています。慣例に従い、廟側が神の御加護を祈ったあと、近くにある八つの村からもち米を奉納してもらいます。 そして砂糖を混ぜて「紅片亀」という餅のようなものをこしらえ、「亀祭り」の儀式によって人々の平安無事を願います。 人々はこれを「乞亀」と呼んでいます。

協天廟の前にはその昔、長い歴史をもつ台湾でただひとつ大木から作られた舞台がありました。 「歇山重柦式」という建築様式が採用され、床から高く突出した台からは非凡な風格が漂っていました。 ただ残念なことに1995年、廟前にある空き地の再開発にともない、取り壊されてしまいました。


點此

現在唯一残っている礁溪石板橋は、当時の噶瑪蘭族の集落があった武暖にあり、清代には礁渓と宜蘭を結ぶ官有の道として利用されていた。全長約4m、幅約2.6m、かつては6枚の長い石板で作られていたが、後にコンクリート柱を用いて石板の間隔を広げ、橋幅が拡張された。

この石橋は、清代に中国の圧艙石を船に積み、烏石港へつながる支流である得子口渓流を溯って武暖港まで運び、その石で建造されたと言われている。1891年(清光緒17年)当時の住民達によってこの石橋は修復され、橋のそばに『重修石橋捐款銀員碑』という石碑が建てられた。この石材が大変堅固であったので、その後農民たちが刀の磨ぎ石として利用したため、石碑の上や右の縁には三日月状の刀を磨いだ跡が多く残っている。

また武暖には清朝の武拳人(高級武官)胡文成がかつて設置した旗竿台もある。科挙に合格した名士の文物として、一見の価値があるだろう。


點此

昔々、平埔族グマラン人が二龍河沿いに住んでいました。当時どの家も裏庭は全て河に面していました。 そのため子供が時々河に落ち、溺死しました。グマランの人々はそれから、競泳のやり方で、水の中の悪霊を追い払いました。その後漢人が入植し、雑居状態になりましたが、この習わしは今に続いています。180年余り、二竜河の淇武蘭庄と州仔尾庄の二村の村民にとって、ドラゴンボートレース年間の最大行事になっています。

二村にはそれぞれ専用のドラゴンボートがあって、ふだんは「ドラゴンボートの倉庫」にしまい大切に守っています。 端午の節句には、 高徳者によって祭られ画竜点睛され、 引き続いて河の神を拝み、それからすばらしいボート・レースが始まります。伝統に則って、試合は午後、 参加チームは淇武蘭と州仔尾の2チームだけで、 村人は順番に出陣することができますが、外部の人と女子が試合に参加することは許されません。 

試合のやり方はきわめて特殊で、ただ銅鑼だけをたたき、太鼓はたたきません。そして立った姿勢で舟をこぎ、 時間計測員、審判員、スターターも置かないで、勝ち負けはすべて観衆とメンバーに任せます。結果、二村の村人は自分こそ勝利者だと自認し、そのため毎回、8回も10回も試合をし、なかなか勝負をやめません。

こんな激烈な競技は、争う村人にとって最も神聖で、縁起がよい「平安旗」だと見なされるからです。これは村人達の「人に負けても競争に負けない」という気高い感情の表れなのです。


點此

Formerly named the Cingye Hospital, Wufu Ophthalmologic Clinic, located at the center section of Luodong Township, was a wood and brick construction built during the Japanese Occupation period with a unique Japanese and European style. After World War II, Dr. Chen Wu Fu took over the operation and became famous by specializing in and providing eye care. By maintaining its original architecture, Wufu Ophthalmologic Clinic has preserved the classic historical aspects of old Luodong and its ever-lasting memories.


點此

五福眼科は羅東鎮の賑やかな町の中心に有ります。日本統治時代に建てられた和洋風の磚と木造建築で、元は清野病院と称していました。 戦後、陳五福医師の手に渡り、眼科専門病院となり地方まで名声を馳せました。 歳月を経ても原貌を保つ五福眼科は、年配の人達にとって古き歴史の忘れ難い思い出となっています。


點此

素朴な洗石牆と大きな透明ガラスの壁、クッキリと明快な外観は都会的な建物の様相を呈しています。 教師と生徒達の間には明るく健やかな繋がりがあります。 窓を隔てて外を見ると、異なった長さで層状になっている綺麗な停子脚(廊下)は半分が戸外に出た空間を持ち、多種多様の展演活動が出来ます。 
この巧妙な設計は多くの人から賞賛されています。


點此

青々と茂る樹木の枝、水辺の休憩所、悠々と泳ぐ魚達。色とりどりの美しさを見せる羅東公園は、ここ数十年来、学校遠足の人気場となっている。また「忠魂碑」と「陳純精翁紀念碑」が設立されてからは、歴史文化的な見どころも増えた。ここは古くからお年寄り達の憩いの場となっており、鳥のさえずりを聞き、蝉の物まねをしてみたり、親しい友人と将棋をさしたり、と静かな佇まいの公園から、庶民の息づきが伝わってくる場所でもある。

この公園は、羅東地区市街地で唯一の緑地帯でもあるため、散策に最適な場所となっている。民権路と民生路に隣接するこの一帯は、日没後から、灯りが夜通し灯され、方々から人々が集まり、街はたちまち賑やかになる。かつては羅東夜市近くの道路を歩行者専用道路にし、車輌の乗り入れを規制したこともあったが、あまり効果がなかったようだ。

現在は夜市全体の外観を考慮し、屋台の形や規格を統一しようという動きがある。公園の緑を満喫し、夜市を存分に楽しむ。羅東地区の人々は、そのどちらも楽しめるとは、なんと幸せなことだろう。


點此

白米社区は豊富な地理景観を持っています。蘇澳鎮の東南に位置し、白米橋の南側、砲台山の西の麓にあり、南は東澳に境を接し、太平洋を東に臨んでいます。白米川は社区を貫き、蘇澳港から太平洋に流れ込んでいます。社区の住民はおよそ1000人余りです。白米社区の人々は環境を生かして、生計と生活の道を探し出し、「下駄」を社区再建の資材にする方向を打ちたて、下駄を通して芸術産業とすることを願い、現地の発展を目指しています。さらに産業を格上げをしながら、普通の観光とは異なった学習の旅を提供するため、社区では知性旅行の活動を推進し、観光客に現地の特殊な文化を体験してもらいます。

白米社区は市街区の端に沿い、蘇澳軍港と蘇澳旧駅に隣接しているため、交通はきわめて便利です。清朝同治年間、福建提督の羅大春は蘇花古道を切り開きました。ここには古道だけでなく、古砲台山、清兵のお墓、古碑などの歴史の遺跡があります。白米の縁起は光緒の年間に始まり、清朝に出仕した王家驥が命令を受け蘇澳(今の金字山の一帯)に駐在して、初めてこの地に至ったとき、高いところから遠くを眺め、谷間に1本の谷川がくねくね流れているのを見つけました。干上がった渓谷は積み重なった白石を呈し、白い米粒のように見えたため、白米川と称するようになりました。またこの一帯は三方が山にかこまれており、甕の底にある白米のようで、「白米甕」と言われるようにもなりました。  

日本の統治時代、日本人はここで採掘工業を開きました。白石を集め加工し、庭園造景用の建築資材としたほか、練り歯磨き、チューインガム、チョーク、銅板紙、ミサイル弾頭など、生活用品から科学技術工業の成分まで、用途はかなり広範です。今現地の住民の努力の下で、落ちぶれた採掘工業から引き起こされた汚染のあった小さな村から、下駄文化の村、白米下駄館を創立して、広く下駄文化を普及しています。
白米社区下駄博物館
白米下駄:白米ではアイデアと想像力を発揮して、下駄に新しい生命を吹き込み、げたを生活用品から手芸品に転化し、続々と「彩色塗り絵の下駄」、「オシドリの下駄」、「精巧な下駄」と「木彫りの下駄に焼き鏝をあてた下駄」を出して、下駄下駄がたんなる履物としてだけでなく、彩色上絵、観賞用、装飾用などの用途があります。
電話:(03)995-2653
住所:宣蘭県蘇澳鎮永春路126号
URL:www.ceformosa.org.tw/bami/
時間:月曜日休館
見学時間:9:00~17:00(団体は事前予約が必要)
入場券:無料/説明およびDIY体験は要費用
以上は白米社区発展協会の提供です


點此

南方澳は、太平洋に臨むすばらしい天然の漁港である。この地の住民の多くが漁業を生業としているころから、西暦1946年住民が馬祖(海の神様)の霊験にあやかりたいと、1950年12月に南天宮馬祖廟を起工、1952年大殿が完成1956年(民国45年)11月18日に全廟の落成を見た。南式宮殿造りを模した拝殿は、人々の信仰生活の中心となった。

民国79年(1990年)には、20余名の有名な仏師を招き、世界最大の黄金の馬祖神像が作られた。(全身純金製、重さ200kg)民国84年9月10日、子の刻に安置した。参拝者が、後を絶たず香りの火も絶えない。現在、拝殿の二段に89年(2000年)に安置した、玉製の馬祖神像もあり、拝観の価値あり、新鮮な海鮮料理をご希望の向きには、漁港近くに沢山の海鮮レストランが軒を連ねている。絶好のグルメスポット。港に水揚げされたばかりの海鮮だから鮮度は文句なし。

お土産に鮮魚をお求めの方には、当地の市場をのぞいてみる事をおすすめ。この土地の風土や人情を垣間見ることができる。


點此

清朝同治十三年(1874年)、福建陸路提督の羅大春は蘇澳花蓮歩道の建設を命じられました。南澳路震安宮わきに道路開通の記念碑が安置されています。碑の下に工事に関わって命を落とされた戦士の遺骨が納められています。雄渾な碑文には、一人一人の将兵が生命をかけ、あばら屋に寝、粗末な食事で、危険な箇所を開拓し平坦な道を作った血の歴史が刻まれています。


點此

砲台山は海拔約200から300mの小山である。頂上に清代末の砲台跡が残っているため、「砲台山」と呼ばれている。かつてその立地から、鎮の港を守る軍事要塞に選ばれた場所なのだ。砲台山の頂上からは、三澳-蘇澳、北方澳、南方澳を鳥瞰することができるが、現在砲台山には大砲台の跡はなく、復原された大砲台台座が残されているだけで、二基の大砲も鎮公所内に保管されている。

砲台山には栄光の歴史がある。1884年(清光緒の時代)清仏戦争が勃発し、蘇澳地方のリーダーである陳輝煌が奉命を受けて蘇澳を警護していた時のこと。彼はこの地形が下方からの防禦より優勢である事に気づき、民衆の協力を得て大砲を山頂に担ぎ上げた。後に蘇澳がフランス軍の攻撃を受けた時、この砲台山が大いに活躍しフランスの軍艦を一挙に撃退したのだ。そして1889年遊撃部の鄭雲泰が軍事要塞として、更に考察を重ね、山上に砲台と陣営を築き、敵の再襲に備えた。

日本統治時代には、日本軍によって山頂に「金刀羅比」神社と「平和祈願」碑が建てられたが、長い年月を経て神社は「天君廟」と変わり、碑文も上塗りされた。かつての遺跡は姿を消し、また清代に鋳造された古い大砲も風化したため、蘇澳鎮公所の展示室に移された。現在大砲台座に置かれている二基の大砲は、復元を切望する郷土の名士が資料を収集して復元したものである。

砲台山から広がる視界の東には蘇澳港澳が、西には蘇澳の街並が広がっています。山頂には数本のガジュマルの木が根をおろし、豊かに生い茂ったその枝葉は心地よい木陰を作り、絡みあったその根は交差して独特な奇観を生み出している。政府はこれから史跡を修復していくだけでなく、軍の管轄区が開放されるよう努め、この風景区の拡大計画に着手していくべきであろう。そうすれば砲台山は静寂に包まれた歴史探訪の地、そして素晴らしい海の眺めを誇る場所となるに違いあるまい。


點此

1959年宜蘭県政府が、蘇澳後湖の丘の上に建設した軍人墓地である。当時は管理が行き届かず墓地は荒れ放題だったが、1985年にようやく県政府により軍人墓地の公園化経営プランが立てられ、景観の再整備が著手された。今では宜蘭地区でピクニックの格好の場所として親しまれている。

整然と修復された軍人墓地が立つ丘を見上げると、左右対象に整備された庭園には、樹木、石、花々がその美しい彩りを競っている。

墓地が整備され美しい景勝地となったのと同時に、服務中心(サービスセンター)では、墓地の由来を詳しく紹介し、大砲、ミサイル、戦車、飛行機などの展示も行っている。忠烈祠、休憩所、宜蘭軍人記念碑など美しい景色を楽しみ、先人の英勇に思いを馳せる。― この公園は、私達に戦争と平和について考えさせてくれるのである。

山のふもとに広がる盆地を見下ろすと、そこは旧称「施八坑」だ。蘇澳地区の開拓はここから始まったのだ。正に風光明媚なこのエリアは、どんな天気の日でも、ゆったり散策すると心が解き放たれるようである。


點此

東城村の林家は旧阿兼城にあります。蘭陽平原の典型的な農業開墾集落趣を保っています。家屋の前には三合院の広場があり、狭い路地あり、低くい籬は町内の人々の暖かい付き合いの空間を構成しています。林家の造りは簡潔な中に変化があり、機能上伝統的な農家の特色を維持し、訪れた人々を感動させます。


點此

学校創設以来100年に及ぶ冬山国民小学校は、1995年に移転しました。元の場所はもともと農地で、水と植物栽培の豊富なところでした。学校とPTAの共同の希望により、北側の公園用地を取っておき、農業用水を引き込み、公園化し水に親しむキャンパスの雰囲気を作り出しました。


點此

1980年2月28日に発生した「林家殺人事件」を機に、1993年に林義雄、方素敏夫妻が殺害された母親と双子の愛娘の三人を記念して建設した記念館で、林家の旧宅を修復したものである。

現在の慈林は社会のために多くの文化教育事業を展開している。例えば慈林図書館、台湾社会運動史料センター、社会発展研修グループ等の活動などである。

慈林の意味とは:  

慈 - 人々に幸福と快楽を与える。  

林 - 多くの人または物が集まる所。

慈林- 慈悲の心を持つ人々が一堂に集い、慈悲喜捨精神を発揮する所。

「慈林記念館」はその歴史的意義と古い閩南式建築様式のため、宜蘭県政府から歴史建築物の指定を受けている。


點此

西暦1826年(道光6年)中国との往来のために開かれた烏石漁港はすでに百年の暦史を誇り、漁港としてだけではなく歴史や文化の面でも特別な意義をもつ港です。

烏石と云う名前は港内にある大きく黒い暗礁に由来しています。 かつては宜蘭の一大漁港であった呉沙が、大勢の人達を引き連れて蘭陽に入って開墾した時、今の頭城を集団地拠点として各地の移民を引き寄せました。 頭城北端の烏石港が宜蘭地区に於は最も大きな港となり、重要な水路となりました。 
商業貿易の繁盛によって港務が日ごとに増えたので清廷は砲台や軍と税関を設置して、外敵の侵入を防止する様になりました。

全盛時期は川道が頭城慶元宮と盧宅前の13行に迄到達し、各種の民生物資は此処を通過しました。 
従って商船が多く行き交いして、その盛況は「石港春帆」という美称を勝ち得ました。 今は蘭陽八景の一つに入りましたが1878年の洪水氾濫に襲われ、大量の泥沙に埋もれてしまいました。 更に1883年一隻のアメリカ大船が座礁して港を塞いだ為に、烏石港は落ちぶれてしまいました。 それから百年の歳月、只の沼地と三つの烏石を遺して人々の憑弔する所となりました。 1991年(民国80年)、頭城地区所属の漁船が停泊する漁港の施設が不足で且つ狭く、台風の時漁船は強風と猛烈な波浪に対応できず、常に基隆や蘭方澳に逃れて避難する非常に不便でした。 この事を解消するために、政府が烏石港を再び大型漁港として開港しました。 
更に、大型遠洋漁港と海上旅遊拠点にして原来の港の榮景を回復しようと1999年假日観光魚市「烏石漁港直銷中心を設置して多元整体の発展を目指しています。 

烏石港鮮魚直売センターの売り場面積は、3000平方メートルあります。 1階は鮮魚、海産物、乾物など、56の店舗が軒を並べています。 2階はグルメ街として17店舗、特産品コーナーが2ヵ所、座席は全部で五百座席あり、新鮮な海の幸を味わいながら、烏石港に出入港する船舶を眺め楽しむことができます。

そのほか、ホエールウエオッチングや亀山島の散策など、多彩な海の観光プランが揃っています。 クルージングや離島めぐりがお好きな方なら、烏石港でのバカンスは最もすばらしい選択と言えるでしょう。


點此

Annong River was originally named “Lighting River”. During the Japanese occupation, the Japanese set up a hydropower plant on the Lanyang River at Cinshuei, drawing water from the Annong River to run the plant. It not only brought light to the Lanyang Plain but also served as a main agricultural irrigation channel. Power obtained from the river used to light up the Lanyang Plain, however because of the steady forward march of modernization, the river’s fame slowly faded. The Annong River still provides overflowing water to nourish agricultural fields to produce abundant crops. The river’s name was changed in 1978. The Annong river runs about 20 kilometers long, providing an annual water capacity of roughly 20 cubic meter per second. The boating route goes from Siahu Bridge in Tianshan Village down to the flood-diversion embarkment in Dajhou for a total 12 km, or 2 hours by boat. The waterway narrows and widens creating swift currents. The scenery along the way: beautiful seasonal trees, mountain flowers, and village houses is breathtaking.

The boating route can be divided into 3 sections. The section between Suahu Village and Shuangsian No. 2 Bridge is very primitive and rough with tall grass on both banks creating nervous breaking excitement. It is thus called the “Challenge Section”. The waterway narrows and widens from Shuangsian No. 2 Bridge all the way through the Wanfu Channel, hence its designation as the “Danger Section”, offering an extremely thrilling boating experience. The water calms down in the section between Wanfu Channel and the flood-diversion embankment, become much more smooth and allowing visitors to have fun playing in the water and engaging in water battles.


點此

安農渓はもともと電火渓と呼ばれていました。日本統治時代に、水力発電所建設計画が持ち上がり、当時台湾に定住していた日本人が蘭陽渓上流から清水発電所に水を引き入れました。 そして、トンネルをくぐらせ、九芎湖で砂を濾過した後、発電用に水が送られ、その水のことを「尾水道(尻尾の部分の水道)」と呼んでいたのが「電火渓」の名前の由来です。 水力発電は蘭陽平原に明るい光をもたらしただけでなく、その後、灌漑を取り入れた農業の主流となり、1978年に現在の安農渓に改名されたのです。
かつて蘭陽平原を照らした電火渓も文明の発達にともない、廃れる運命をたどりましたが、安農渓をさらさらと流れる水は今も大地を潤し、良好な田畑を作ってたくさんの作物を育んでいます。 「噶瑪蘭ではたっぷりと雨が降り、吧哩沙まで美しい山水が続いている」という俗語もあるほど。そして今、新たに「ラフティングの旅」で、私たちをミドリあふれる水の郷へと案内してくれるのです。
安農渓は長さ約20キロで。1秒間に20立方メートルの水を送り出している川です。 ラフティングのコースは、天山村の下湖端から大洲の堰までの約12キロメートル。 スタートからゴールまで約2時間のコースで、川幅は狭いところから広いところまでいろいろ変化し、流れが速くスリル満点。 緑の平野が広がっているかと思うと、満面の花が咲いていたり、ハイキング客を見つけたりと、四季折々の風景が楽しめます。
天山村の下湖から双賢二号橋にかけてはワイルドさあふれる区間。 傾斜度が高く、川を挟むように咲いたススキに見送られながら急流を下りる様子から、チャレンジエリアと名付けられています。双賢二号橋から万富圳まで行くと、突然川面が開けます。 途中3カ所ほど心臓が飛び出るくらいスリル満点なポイントがあることからストレンジャーエリアと呼ばれます。 万富圳に入ったところから堰までの区間は水の流れも穏やかで、水遊びなどに最適です。


點此

Changpi Lake, also called Jioucyong Lake, is situated in Yuanshan Village, Sansing Township at approximately 190 meters above sea level. On the way to Cilan and/or Taiping Mountain via Provincial Highway No. 7 Bin, visitors will certainly marvel at this verdant lake nestling in the middle of the mountains like a hidden green gem. Some say the lake water is supplied via underground springs. Others say the lake water comes from the accumulation of rainwater. The lake has never dried up and reflects royally the blue sky and nearby mountain peaks.
After a joint effort of the Sansing Township Government and the Yilan County Government, this area was developed into a travel destination featuring a lake activity area, camping/outdoor cooking area, tourist fruit orchards, tea gardens, fitness area, and a hiking/scenery viewing area. The friendly swans and mallards gliding gracefully on the lake have won the attention of all visitors. The beautiful mountain and lake scenery here is for all to share.


點此

三星郷員山村に有る長埤湖海抜は約175~190メートル又九芎湖とも呼んでいます。棲蘭山と大平山におでかけの遊客は必ずこの麓に有る長い湖に引かれる、あたかも山の中にかくれている一粒の緑宝石の様だ陡峭の林地に囲まれた湖は地下湧泉や雨水の集成した物と云われているが川の注ぐにもないのに年中乾涸しない特別湖池です。岸に活動区域、露営アピキュ地区と観光果園、茶園区及び体能活動、健行賞景を設けていて、湖の中には天娥と緑玉石が飼育して、遊客を楽しませます。この「九芎湖光」は蘭陽地区の又一つの観光拠点です。


點此

分洪堰は蘭陽平野沖積地扇柄の所に有る、元平埔族噶瑪蘭人の部落叭哩沙喃社、今は月眉村と呼ぶ宜蘭県の中心地です。
安農渓水源は主に天送埤発電所の下方の川で上流は狭く下流は広くなって川床にバラスが多く流水が滾奔して急流処と緩流処とが多く数キロメートル有る沿岸の景観、竹やぶ農舎や聚落村立所も有って田舎風景に富んでいます。安農渓流域には五個所の遊楽処が有るー水源橋―三星橋―張公園―分洪堰及び万長春水門。其の内分洪堰の施設は「湧泉公園」とも呼ばれ水面積は2へクタール、園内澤山の飛禽が棲息いしていて珍しい植物も密生しています、東屋水遊び水池を施設して美しい景色を観賞すると自然生態の研究も出来る良いところです。是非遊びにいらっしゃい。


點此

棲蘭苗木畑は大同郷土場村にあって、今日既に「棲蘭森林遊樂区」として開拓され、北横国道と宜蘭ローカル線の交叉した所にあります。太平山と梨山に行く時に必ず通過する所で、宜蘭市と羅東鎮からわずか38キロくらい離れています。棲蘭は層巒疊嶂をハックに、木畑を楽しみ、緑色の木木は心が和らぎ、野山の自然風情を極めて富む、森林浴の理想の場所です。蘭陽、多望、田古趣三渓の合流点をし、雄壮で美しい、従来観光客が帰る時間をも忘れる程の景勝地です。全区の面積は約1700ヘクタール余り、海拔約420メートル、階段段状の苗木畑が主に柳が植えられ、園の内に優雅な蔣介石館、花木觀賞区及び春には一斉に花開きます。まだ全省最も標準的な森林浴歩道があり、桜やアンズ、梅と桃の歩道、森林遊楽地とエアロビクスの施設で、ヨーロッパ式の棲蘭コッテージや林の中のバンガロー、さらに宿泊サービスもあります。会議や研修を開催することもカラオケを歌うこともできます。ここに来て忘れならない特産---猴頭菇(きのこの一種)も味わうこともできます。尚又、森林歩道、迷宮、野外のイベント及び小泰山森林遊樂地となど各項の休憩施設は、すべて観光客の知性、感性的な遊びを満足させることが出来ます。

宿泊予約する電話 :03-9809606╶7
ホームページ : www.cllan.com.tw


點此

Located at the highest elevation point on the Northern Cross-Island Highway, at approximately 1700 meters above sea level, the Mingchih Forest Recreation Area, and neighboring Cilan Forest Recreation Area, are both managed by the Yilan Forestry Bureau. Wrapped in towering mountains and shrouded in year-round fog and mist, the serene and peaceful Mingchih touches your heart with its breathtaking fairyland like scenery.

Because of its rich tree reserves (some of the trees are over 1,000 years old!), this park is blessed with a diverse eco-system. While strolling in the forest, you can enjoy the scenery and forget your everyday worries. Wild animals such as birds, butterflies and squirrels frequent here. Other recreational facilities include the Mingchih Nursery, a forest trail, Taolan Pavillion, Cihsiao Pavillion, the unusual Fern Garden, Moss Garden, Stone Garden, and the Fairyland Forest Maze. The Mingchih Mountain Villa provides food and accommodation, affording urbanites a totally relaxing experience. In recent years, this area has become a popular North Cross-Island Highway summer resort area.
For reservation please call:03-9894104~6
Website:www.mingchih.com.tw


點此

明池は北横国道の最高所地点で、標高は1150-1700メートルの間、高干渓と蘭陽渓の分水嶺です。付近の棲蘭森林遊樂区と同じ、宜蘭開発所が遊樂事業の運営に当たっています。また池端と呼ばれている明池は面積が約2-3ヘクタールの人工湖で、原始原生林が多くて、気候も涼しく、景観が綺麗です。山々にかこまれ、一年中霧がたちこめて、それに対し、明池の静寂で克つ幽玄的な美しさがあります。まるで桃源郷のようで、「霧中の仙郷」と呼ばれています。

この一帯の木は主に人工で植えられた柳と杉及び原始ヒノキ林で、植林面積が40.94ヘクタールに達して、鳥類及び蝶類の生態に富んでおり、しかもその中によく千年越える古木が高く聳え立っています、森林の中を散策すると、まるでコンとチン(森林浴)が肌に入ってくるような感覚で、俗世のけがれもどこかへ行ってしまいます。この園区には豊かな森林景観のほかに、鳥類、蝶類、リス、鴛鴦、鴨などの動物は、皆森林の常客です。初夏は山の蟬が一緒に鳴いて、大自然のソナタを奏でます。観光客は帰るのを忘れます。ほかに明池植物園、森林散策路、桃蘭亭、慈孝亭など休憩施設又世界で珍しい稀有な蕨園、苔園、静石園、メルヘンの森林迷路などは、この園区を一層楽しめる、また、明池コッテージは宿泊設備が整っています。都会に住んでいる人達にはよい休憩場所であり、台湾北部の有名なリゾート地で、ここ数年来既に北横国道の逸することが出来ない旅行の景点になります。
宿泊予約する電話03- 9894104~6
ホームページ : www.mingchih.com.tw


點此

標高は1950メートルの太平山は大同郷にあって雄大で美しく聳え立っています。冬は雪見、夏は避暑地として有名です。太平山は年中雲がかかり、霧が立ち込め、その景観は銀の海の如し。晴れた日には桃山、大霸尖山、大霸聖稜、南湖の大山などの峰峰が眼前に眺望できます。四季を通して雲と霧が立ち込めえる「太平の雲海」は魅力的な絕景です。日治時代から戦後にかけて「台湾十二景勝地」「新蘭陽八の景」に選ばれ、その素晴らしさが長い年月が経った現在でも変わっておりません。
太平山の營林署は台湾三大營林署の一つで、面積約五万ヘクタールに達し、そこには柏の木、桧等の貴重な樹木が大多数を占めて1914年から代採を始めたが、人為的な原因及び計画へと変更、そして名称を「太平山森林レジャー地域」と改称してより、現在に至っています。
この「レジャー地域」は一万ヘクタールあまりを占め、主に仁澤温泉、蘭台苗圃、原始林公園、獨立山野生動物保護区、翠峰湖等を含む、様様な顔を持ち、色々楽しむことがてきます。仁澤温泉は無色無臭の良質な温泉です。その他に、山あいにあって豊かな自然生態に恵まれ、鳥や魚の種類も多く、中にはとっても珍しいものがいます。太平山森林公園は後山公園とも呼ばれています。園中には古木が高く聳え立ち、別世界の桃源鄕のようです。公園から「獨立山野生動物保護区」までは山道をポンポン車(トロッコ)が走り、沿道には渓谷の滝が見え隱れし、蝶や小鳥が飛びかい、レシャー地区の中で、どうしても見逃げないスポットです。翠峰湖は太平山と大元山の間にあって、標高1900メートル、湖面は20ヘクタールと台湾最大の高山湖です。湖水は年中澄んでいて、四季折折に変化してとても美しく、まるで天から降ってきた仙境のようです。又野生動物のパラダイスであります。


點此

翠峰湖は、太平山と、大元山の間、標高1900mの高地にあり、湖の面積は20ヘクタールに達し、台湾最大の高山湖泊である。太平山森林遊楽区の中でも、翠峰湖は最も人気高いスポット。太平山から翠峰湖までの縦走ルートは約6時間の道のりで、沿道の風景は人人の心を和ませ、道両脇に立ち並ぶ樹々の間から、どこからともなく鳥のさえずりが聞こえてくる。遠くから谷川の水のさらさらと流れる音が静けさを破る。まさに別天地である。翠峰湖は、一種独特の地勢にあり、連山が折り重なるように静かな湖を囲んでいる。湖の周囲には緑あふれる草原が広がつてにる。ゆったりと腰をおろすと、心が晴れ晴れとして爽快である。湖水は汚れなく清らかで、湖には、草魚、鯉などが放流され、小水鴨やおしどりなどの渡り鳥も渡来し、湖の景色は春夏秋冬それぞれ異なった風情を漂わせ、変化に富んでいる。春風が吹き始めると、万物に生気がみなぎり、春雨が続くと、湖水がすがすがしくすっきりする。夏のよく晴れた日、とりわけ日の出の頃雲の間から七色の光が湖面を照らす様は、えも言われず美しい。

秋風が物寂しく木々に吹き始めると、湖面全体が薄い霧にすっぽりと覆われ、水上にたなびくもやがぼんやりと仙境のようなたたずまいを見せている。冬は寒波が来ると、雪景色が見られることもある。薄氷の張った湖畔の小径をたどると、又違った風情がある。

翠峰湖は宜蘭縣内でも、開発、発展が期待されるポイント。神秘的な高山湖泊もあり、行楽客が容易に訪れることができる。更に、多くの人が翠峰湖の四季の美しさを楽しめるよう、積極的に企画、開発をすすめることが肝要であろう。


點此

山が幾重にも重なり合った中にある鴛鴦湖は、北横公路110キロポイントの林道にあります。標高1670メートル、面積は2.2ヘクタール。湖面の長さは575メートルで、最も広い場所が200メートル、最も狭い場所はわずか20メートルしかなく、水深は一番深いところで15メートルです。湖の西側からは石門ダムに向かって湖水が流れ出ています。
自然生態保護区に指定されている鴛鴦湖の周りには木々が生い茂り、樹齢の高い老木が根っこを至る所で絡ませています。ここにはめずらしいコケの共生林もあり、生えている植物は大きく水生植物、湿生植物、中生植物にわけられ、種類も138種を数えるほどの多さ。北方から暖かさを求めて飛来してくる渡り鳥が多く、その数も9科14種に及んでいるとか。
鴛鴦湖が最も美しい時間は早朝です。湖面から立ち上る湯気が霧の中で踊りながら、ゆっくりと上昇。そして1メートルくらい昇ったところで、再び雲のような霧を作り、空中で舞う様子は千変万化の動きを見せて見応え十分。たびたび現れるその美しく滑らかに動く姿はずっと記憶の奥底に残るだろう。雪が舞い散る冬になると、湖畔は一面銀世界へと変わる。一度足を運んで、自然が織りなした作品を観賞してみたいです。


點此

ジープの運転を愛する人なら知っていらっしゃると思います。宣蘭県にはたいへん有名な野生の谷川の温泉があって、梵梵温泉と呼ばれています。
梵梵温泉は宣蘭県の大同郷英士村の梵梵渓流の上流に位置し、水温は大体52度から70度の間で、その水質はマグネシウム・カルシウムイオンを含むアルカリ性の炭酸泉で、水質は清浄で汚染を受けず、そのため入浴できる以外、更に飲むこともできます。
このごろの環境保護意識の台頭により、もしあなたがジープを運転して向かうなら、直は英士国民小学校の駐車場に置いておくことをお勧めします。歩いてください。道中美しい景色を楽しめることができるほか、現地の河床の生態を保護することができます。


點此

寒渓は羅東渓の上流「番社坑」の谷川の畔に位置しています。海抜は約250メートル、住民は泰雅族南澳群に属し、寒渓部落、四方林部落、小南部落、大元部落、古魯部落など五部落を含み、行政地区は大同郷寒渓村になっています。伝統的な狩猟での生計は、次第に淘汰されてきており、人口流出がきわめて深刻になっています。
番社坑大元山に源を発し、両岸の青く生い茂る樹木は多く、広葉樹林区に属し、渓谷の奇岩は重なり合い、激しい流れは岸を激しくうち、きわめて壮観で、特に古魯では、岩壁は切り立ち、深い淵を形成し、水質は澄みきって、淵は広く、盛夏に水の暑気を払う景勝の地となっています。下流は寒渓部落に当たり、河床は豁然として広くなり、吊橋が両岸にまたがり、華興村に達しています。他に山林の趣があり、もし足を止め橋上から眺めるならば、果てしなく広い平野、海上には亀島が、一目で見渡せます。  
昔寒渓の周囲には一面に山桜が植えられ、初春に花が咲き、春霞のような情景を作り出していました。「寒渓の桜」は「蘭陽十八景のひとつに挙げられています。しかし今、山桜は陰も形も見えませんが、ただ辺鄙な場所の山あいの窪地のため、静寂で、大自然を愛する人々にとって絶好の行楽地になっています。カトリック教会の側の2つ古い大砲は、原住民開拓史の具体的な資料になっています。今後、太平山森林レジャーエリアとして、山を巡るスカイラインが完成されれば、更に寒渓観光果樹園の開発とともに、その将来性は計り知れません。


點此

中国歴代神木園区は神木巡りの旅に不可欠なスポットです。標高約1600メートルの場所にあるこの園区は1991年以降、対外的に開放されるようになりました。園区内には樹齢1000年以上の空に向かって高くそびえる古木の原生林があります。62本のベニヒに囲まれるようにして、タイワンヒノキの神木が散らばっています。一本一本しっかりと大地に根を張り、巨木の枝ぶりもよく、ぎっしりと繁っています。樹木の形も枝ぶりも巍然とそびえ立っている様もそれぞれ異なった趣を呈しています。
神木園区にある神木には、孔子神木、唐太宗神木、司馬遷神木、武則天神木、楊貴妃神木といったように樹齢やその時代によってそれぞれ名前がつけられていて、生態認識や教育効果という二つの面で深い意義を持っています。「人のはじめ」、別名「夫妻樹」と呼ばれる二本のつがいになった木は、ちょうど男と女の生理構造に似ていることからそういう名前がついたとか。自然の手で造られた作品に人々は感無量になり、自然の織りなす絶妙さにただ驚かされるばかりです。
このほか、園区内にはたくさんの楓が生えていて、毎年秋が深まるころには、赤く色づいた紅葉があちこちで見られ、人々の疲れた心を癒してくれます。ここを訪れたなら、ぜひ林間歩道をのんびりと散策し、森の香り、フィトンチッド、マイナスイオン、大気に含まれるビタミンなどを体全体で思い切り浴びよう。ちょっと疲れたなと思ったら、林道脇の休憩所で足を休め、大自然の美しさを満喫しながら、心と体をゆっくりとリラックスさせましょう。


點此

台中県と宜蘭県の境にある思源唖口は、蘭陽渓と大甲渓の分水嶺で、標高1948メートル、南湖大山の支脈と桃山の支脈が交わる鞍部。ここからは中横公路(道路)の宜蘭支線入り口から向かえ、蘭陽渓に沿って、宜蘭、羅東へと続いています。
宜蘭県に属する亜口は地形が極めて険しく、蘭陽渓をはじめ、南山村、四季村の全景が隅々まで見渡せます。保安林の指定を受ける周りの国有林は、人の手が入っておらず昔ながらの自然の美しい姿がそのまま残されています。南湖大山に入る登山口には展望台が設置されているほか、道を挟むように楓や山桜200本あまりが植えられており、本格的な冬を迎えると美しく色づき、見事な花を咲かせます。
暖温帯域に属する森は、南山から思源沿線までが最も典型的な暖温帯林の様相を呈しています。原始林はブナ科やクスノキ科に属する木が多く生えており、上の方ではベニヒ、タイワンヒノキが見られ、一部開発が行われた地域にも台湾クスノキ、ウラジロガシ、オガタマノキ、シナクスモドキ、台湾クヌギなどの木が残っています。続いてアルダーを中心とした天然樹林が道路の両脇の倒壊地に多く分布しています。沿線に広がる一部の森は人工的に作られたもので、主にシダーが植えられています。
思源は大甲渓と蘭陽渓の源流にあり、台中県にある大甲渓沿いには果樹園が広がっています。思源に足を踏み入れるとそこはもう自然の森。大きく二つに分かれていて、それぞれ違った醍醐味が味わえます。鞍部にあたるため、蘭陽渓の全景が見渡せるのみならず、雲海の変化をはじめ、さまざまな景色が見られます。寒さが厳しくなるころには空から雪がはらはらと舞い降り一面が銀世界と化す。ここは宜蘭有数の雪景色が見られるポイントであります。


點此

Lizejian Wushiherjia is located on the east bank of the Dongshan River across the Lizejian Bridge from Cinshuei Water Park, and near Lize and Siafu Villages. Landlocked by Sieho Road in the north, Siafu Road in the east, Dongshan River in the west, and bamboo hedges in the south, this unique location occupies an area of approximately 200 hectares. Because of its shallow terrain and year round water reserves, an expansive marsh area has formed, and a unique eco-system has slowly evolved. The wide variety of fish species in the Wugu Irrigation Channel attracts flocks of waterfowl, while the rice fields make a perfect location for ducks and geese to hunt in-between the rich water plants.

The famous Cinshuei Water Park and Wushiherjia Water Bird Refugee give the Dongshan River Scenic Area a more diverse look. Both are treasures!


點此

利沢五十二甲は五結郷利沢村および下福村の冬山河東側にあります。北は協和路、東は下福路、西は冬山河と林和源の用水路、南は水田中の二つの独立竹囲を結んだ線上を堺とし、約56万6千坪。利沢簡橋を渡ると親水公園を隔てる岸が眺めます。ここの地形は低くくぼみ、いつもが水溜まっており、大きな沼を形成しています。特殊な生態形を生み出し、淡水の沼沢に発展し、五股用水路の魚類が豊かになったため、常に大量の水鳥をひきつけ、生息しています。特にサギ科の鳥類が目立ちます。休耕水田の中には、アシが生い茂げり、有機物の豊かに重なり合い、水生植物も多く、ガンやアヒルの最も好む場所になっています。数年来、150種以上の鳥類を記録しています。昔蘭陽地区はミズカモが最も多く捕獲されていたため、鳥網の長城と呼ばれ、今一枚の網の長さは数百メートルにも及びました。毎年10、11月、ミズカモは大挙して南下してきます。かつて1月に170羽の記録があります。特殊な鳥類も少なくなく、例えば灰色ガン、マガン、羅文鴨、磯ガン、角鵬、黒首鵬など、紫サギもかつて出没したことがあります。1993年には、一羽の灰色ペリカンが現れたこともあります。
冬山河景勝地の親水公園はすでに台湾全土に名声を博しています。五十二甲には貴重な自然資源の水鳥が生息しています。沢簡橋から遠く離れ、自然のままの趣に対して人工化が相呼応しています。冬山河景勝地多様化の顔を互いに補完しあっています。私達が大いに大切にすることに値する景勝地です。


點此

Water is the source of all life. It is the lifeblood of all cultures on the planet. The intimacy between human beings and river ways our ancestors lived upon is long gone because of the change in the ways we use water resources. The establishment of the Dongshan River Cingshuei Water Park helps us recall human intimacy with water and regain this closeness. The successful experience this park represents becomes a victorious emblem of Yilan’s long history in the efforts of preventing floods and dredging rivers. It is a joint input of the government’s vision, local people’s participation, and experts’ knowledge. Many Yilan traditional materials were used in the construction of this park. Every detail of the park presents a simple yet delicate local accent which retrieves the sense of the aesthetic of the old days, and grants it with a brand new life.

In the beginning, Cinshuei Water Park was just a re-organization project launched in Wujie Township, however it ended up becoming a legend in the history of Taiwan water management. Construction started in 1987, and was completed in 1994 on Dragon Boat Festival Day. The determination of the local government, the participation from local communities, and the wisdom of experts combined to make the project possible. It is a living proof of how the natural environment and humanity can work together in harmony. When you visit the park, you will be reminded of the human desire to be close to water. The design of the park, which adapts to Chinese geomancy and local cultural characteristics, emphasizes the pursuit of a contemporary aesthetic while showing care for tradition and passion of the Yilan people towards their homeland and their future. Here you can simply gaze upon the breathtaking scenery or indulge yourself in water play. Come to cheer for the dragon boat racing teams during the Dragon Boat Festival, or for the Yilan International Collegiate Invitational Regatta teams, or simply enjoy a family outing and educational trip.
Cinshuei Water Park will never let you down. This wonderful park is not only a new landmark to Yilan, but also a testament to the Taiwan people who are good at carrying out “mission impossible


點此

水は生命の源で、河川は大地の血管だ。
近世以来、水資源の利用の変化により、人が河水に頼ル事から生じる親密な関係が日に日に疎遠になって来ました。冬山河親水公園は、まさに人類の水に親しむ天性を喚起し、人と水の自然倫理を再建するために設立されました。
冬山河親水公園の成功は、宣蘭県の長い間の治山洪水防止の水利歴史だということができます。それは政府の行政の気迫と、民間の参与と専門家の知恵を結び付け、自然環境と人文建設とを表現したもので、調和がとれた具体的な成果です。親水公園に来て、存分に宜蘭人の子供心と夢を体験してください。
眼に入る物は、一木一草であろうと、池や建物であろうと、全てきわめて研究され、しかも大量に宜蘭伝統の建築資材が使用され、至る所に素朴で精致な 「田舎の雰囲気」が見られ、みごとに昔の美感が表現され、新しい生命力を与えてくれます。親水公園は五結郷整備過程の一環です。しかし、この整備は台湾の治水史上最も光り輝くものです!親水公園は1987年設計施工され、1994年端午の節句に落成しました。それは政府行政の気迫と、民間の参与と専門家の知恵を結び付け、自然環境と人文建設とを表現したもので、調和がとれた具体的な成果です。
ここに来れば水がいかに心をこめて設計されているかに驚かれるでしょう。更に心琴に触れる事でしょう。なぜなら人類の水に対する天性を喚起し、人々に水への慕情を掻き立てるからです。青緑色の峰にぐるりと囲まれ、劇場の舞台から遠くに海を眺め、水上の舞台、五つに並んだ鱗状の円錐形玉子形石の丘、亀山島の頚部を正面に眺めます。宜蘭人はその精神的な守護者を公園に導入して、造景の中心線とし、玉子形石の丘の右側はボートエリア、左側は川を渡るエリアです。ボートエリアではドラゴンボートやレガッタの練習も可能です。普通のボートで水に写る空を享受したり、遠くに浮かぶ小船の影を楽しむロマンチックな情緒もあります。川を渡るエリアの水深は踝ほどで、夏冬を問わず、大人も子供も安心して水に親しみ、川を渡ることができます。痛快に遊べ、また池底の石けり遊びの図案を探すことを忘れないでください。奇抜な子供心をくすぐるゲームを試してください。このほかに水遊びエリアがあります。夏には水着をご用意ください。ここは普通のプール直線コースとは異なり、湾曲する河川を呈し、蘭陽渓水の姿に似せています。曲がりくねった流れに沿えば、至る所に驚きがあります。土手の散歩では、くれぐれも二頭の龍が水に戯れる造景を見落としてはいけません。土手の北岸には黄色の文竜が、頭を山に向け、郷里に残り努力する蘭陽の同郷の人を象徴しています。南岸には青い色の武竜が、頭を海に向け、故郷を離れ頑張る宜蘭の子弟を象徴しています。人々と郷土は深く係わり合い、ここで緊密結びついているのです。親水公園の美は、それが現代を追求しているものの、伝統的な情を堅持し、更に蘭陽人の生命に対する熱烈な展望にあるのです。みなさんはここで家族とゆったりしながら、山の姿と水の影を楽しむことができます。また気違いのように水に戯れて遊ぶこともできます。このほか、端午の節句の夜間のドラゴンボート競技、或いは異国情緒溢れる国際的有名大学のボート・レースは親子の知性的なレジャーの旅です。親水公園は皆様に帰宅することを忘れさせるでしょう。冬山河親水公園は、宣蘭県の新しいシンボルだけでなく、台湾中の人々にとっても最もよいプレゼントです。ゆっくりと御遊びいただける価値ある場所です。

冬山河親水公園遊覧船ボートに乗って冬山河で夢を実現しましょう。1993年6月13日より冬山河親水公園から伝統芸術センターまでの広々とした川面を船に乗って楽しむ事ができるようになりました。船から水面に落ち揺らぐ影を見ながら、冬山河のロマンチックな黄昏をのんびり満喫してください。
8人乗りの小船は、騒音と汚染のない環境保護を目的とし、科学技術のコンセプトに基づいて建造された、クラシックな「母アヒルの姿」をデザインし、のんびりとサザナミに揺られ、魚が飛び跳ねる美しい姿を愛で、両岸の小鳥のさえずりに耳を傾けてください。

乗船料:
(1) 「親水公園」から「伝統芸術センター」まで片道50元
(2)  遊覧船:1人20分 50元  1時間1人150元(定員8人)
(3)  貸切:1時間 1200元  (定員8人)

営業時間
毎日 午前8時~午後6時


點此

ゆったりと海に流れていく冬山河の下流に、下清水と呼ばれる場所がある。防潮大閘門(水門開閉扉)は、この冬山河が海に注ぎ込む海抜の最も低い窪地にある。直径2.5mの水門が20穴あり、水量を調節するようになっている。「清水大閘門」と呼ばれているのが、つまりこの五結防潮閘門(水門)なのである。

冬山河の下流は太平洋に注ぎ込んでいる。そのため潮の干満の影響を受けて、海水が逆流し上流で排水することができず、豪雨のたびに冬山河は増水、氾濫を繰返してきた。そこで政府は、上流・下流の水位を自動調節して海水の逆流を防ぎ、冬山河流域の土地を有効に利用しようと、五結防潮閘門の建設に着手した。1982年の完成後、この水門は冬山河の逆流、洪水の防止のための重要な施設として治水に貢献している。


點此

宜蘭は台湾有数の鴨の養殖地であります。これには気候や地理的条件、川の多さなどが影響しています。冬山河の中流・下流地帯では、夏から秋にかけて集中豪雨が降るたびに洪水が発生し、海水が逆流していました。せっかくの刈り入れを待った作物が水に浸ってしまい、災害による多大な被害が出たとか。そこで、農民たちが生計を立てていく別の手段として始めたのがこの鴨の養殖であります。いまでは「鴨賞」という鴨の燻製はここの特産品になっています。
宜蘭における鴨の養殖事業は100年以上の長い歴史があります。これまでの体験を生かし、「鴨」独特の風味を前面に出した鴨肉の加工製品は押しも押しされぬ地方の特産品となりました。ほどよい甘さの宜蘭特産、「鴨の燻製」を味わうとき、現地の人々が天災や環境の苦労を乗り越えて得た結果であるとは思いもよらないでしょう。このようなわけもあり、1973年に台湾省畜産試験(研究所)が、加礼宛砂丘を宜蘭支所の設置場所として選んだのであります。
鴨養殖センターの正門の標識には、シンボルマークとしてオスとメスの鴨が向きあうようにしているウィットにとんだマークが入れられている。近くにある加礼宛はその昔、平埔族に属するグマラン人の最大部落があったところ。撈撈社という村にあるオリーブの木は村のランドマーク。冬山河の風景、鴨の燻製の製造、鴨養殖センターと合わせて、これらは知的で感動的な特色をかもしだしています。


點此

Originally named “Dapi (Great Lake)”, the Meihua Lake is bordered by verdant mountains and is blessed with outstanding scenery, making it one of the most scenic spots in Yilan from the old days. In the 1970s, President Chiang Ching Kuo came across this lake during one of his rural visits and was impressed by its beautiful surroundings, hence naming it “Meihua (plum blossom) Lake” because of its resemblance to a plum flower with five pedals. From that time forward, the name of this lake has taken on, and endless visitors have come here to witness the wonder of this gorgeous lake.

Circling around the lake is a trail allowing visitors to stroll tranquilly while enjoying the beautiful scenery of the lake and the surrounding mountains. A small island sits in the middle of the lake with a suspension bridge connecting to the circular trail, providing an exquisite view. On the other side of the mountain, there is another lake called “ Siaopi (Little Lake)”. In springtime when the flowers are in full bloom, countless butterflies can be seen flying among the flowers, with buzzing of bees flying in and out, forming a striking scene.


點此

梅花湖原名「大埤」群山が四周を囲み風景が優美で昔から蘭陽の勝景の一つに数えられいる、民国六十年代蔣経国総理が訪れ大埤の湖光と碧緑清澄と山光と水秀と湖が五瓣の花びらの様になっているのを見て「梅花湖」と名付けた、其の後美名遠くに迄伝えて、遊び来るが絶え間なく非常賑やかになります


點此

茶樹青青,蜂蝶が飛びまわリ。禽鳥が相鳴の聲には韻が有樣だ。前を見ると深い青色と淺綠及び翠青の色が眼につく、であった、中山村部落の早朝、山の麓は濃密な霧かっただよっている、山坳深い處は雨水潤んで甘霖を普している、茶樹はこの槺溫潤ふ霧の多い氣候の下に生長したいる一畦一畦、山坡の起伏した墾地、一株一株矮い茶樹、突然最てとも動人な景色になる、それに茶農の苦勞で全省に名ある「金宣茶」、靜かな鄉野清い香りを綻放している、茶園繞つて、陡峭な坂道を登ると「仁者樂山、智者樂水」。縣政府が計劃設置した仁山苗圃が突然眼に入いた。最っとも良い新品種を栽培するのに一つの山嶺を樹苗の新家にしました。
仁山植物園は地理環境が特殊に景色が獨特の青山綠水は綠意が盎然としている、園區內の植物種類は數多く多種類の鳥や昆蟲と兩棲類、動物が聚集していた、步道に沿うて、山上に登る見わたすと太平洋や龜山島及び蘭陽平野が見えて來ますので民眾の登山健行して、大自然に親しむ好い所。園區は中山村に所屬し古い名を十三份とえう、故に以前は十三份苗圃や中山苗圃と稱しています。苗圃の觀景平台は視野が寬闊で見晴しはすばらしい。
宜蘭県政府の経営多年の苗圃はすでに県内の各機関、学校団体が緑の環境美化に植える苗木を提供して良好な成果を收めている今では民衆の日増しの戸外休憩及び自然教育体験活動に応じる為に植物園に転型する構想をし、植物園に相応した各種の施設と建設企画設計しています。今では遊客サービスセンタ、緑化教室等が整修完了又全国植物縁の整建設計画に配合いしてつぎつぎによいよい環境施設を造り台湾北部区域の植物及び自然環境を展示と教育解説する事が出来る植物園に成れる目標を目指しております。


點此

Driving from Luodong towards Dongshan, near the overhead passage at the crossing of Provincial Highway No. 9 and Dongshan River, an expansive park appears. Occupying a ground area of approximately 16 hectares, the Dongshan River Forestry Park is an important large-scaled park development project undertaken by the Yilan County Government. Located at upstream of the Dongshan River, this forestry park uses the forest as the main theme. The forest was made possible by using and beautifying the natural sloppy banks of the Dongshan River. This has resulted in the area becoming a natural forest park which conjoins with the beautiful scenery of the Dongshan River, providing a rich ecological environment.
After the completion of a successful dredging project, the middle and downstream areas of the Dongshan River were straightened, and trees were planted along the riverbanks. Besides the new additions of the Dongshan River Cinshuei Water Park and the National Center for Traditional Arts to the downstream area of the river, the Dongshan River Forestry Park was further developed by the Yilan County Government to provide a more complete tourist destination. Facilities such as a railway bridge, a children’s play ground, a bird-watching platform, and a walking path will be added to the park, making this forestry park both recreational and ecological. In the future, besides promoting water sports on the Dongshan River, other tourist promotional activities along the river including boat riding will be promoted and will certainly attract further tourist populations


點此

羅東から冬山方向的(台9)省道に行き冬山河交界の陸橋の傍に広い公園が出来た。面積は約16~クタール、目前宜蘭県政府が積極に大型公園としようと開発中、森林公園の位置は冬山河の上遊に有り、冬山河岸の坂面を森林主題として整治と緑化して豊富な自然環境を創造して冬山河と一体とした自然形態の森林公園にした。冬山河を全面整治した後、下流は親水公園及び国立伝統芸術中心外中流河岸の河辺は草を植えは森林公園も有る冬山河沿途の景色は益益綺麗くなる。又冬山河鉄路橋や児童遊楽区と賞鳥見物台、歩道等も施設し整うと森林公園は休閑と自然生態を備えた所になる。
将来冬山河の水上運動を発展し、治途河岸観光と水上遊楽が発展すれば宜蘭県旅行業ははつらつと発展したら大型活動をやりますと大量の観光人潮が冬山森林公園更加発展するでしょう。


點此

何世代前か知りませんが、冬山郷中山村の住民は二つの異なる山頂から流れ出る渓流をひとつは「古寮の滝」と言い、もう一つの流れが速く急で、水量も多いのを「新寮の滝」と呼んでいました。寮は木の寮、あるいは草の寮で、聡明な先人たちは当地の材料を利用して、臨時に風雨よけの避難場所を建設しました。彼らが樟脳や籐を取るのに便利だったからです。
冬山河は「希望の川」と称されていました。冬山河の源流はまさに新寮の滝です。
滝は激しい勢いで、下の深い淵に流れ込んで、青玉の緑色の渦巻きの中にはキラキラと光る透明な泡が渦巻いています。きめ細かい水の糸を吹きつけ、酷暑でも、ここでは1年中冷気が吹いています。
谷川に足を浸すと、冷たい泉の水は、人の五臓六腑まで涼気を通わせます。泉の水は石を激しく打ち、涼しく音を立てています。崖の下に立ち、セミの声を聞き、鳥が鳴き、水面にはオタマジャクシ、トノサマガエル、トンボ、カゲロウ、チョウなどが遊びます。行程の上の不便はありますが、谷川の自然のままの趣を愛する人にとっては、自然のままの趣を多く享受できます。


點此

東港海浜歩道はサイクリング専用道として設計された、全長約6.5kmのサイクリングロードである。蘭陽渓口の東港海浜公園を起点として、壮圍過嶺村の集安宮まで続いている。この道の過嶺側の半分は、海を眺めながらのツーリングが楽しめる。また、この付近の海岸には釣人がよく訪れるが、天気の良い時にはまるで亀山島が釣人の隣に寄り添っているかのようで、先住民の「亀と蛇が港を守っている」という言い伝えを彷彿させる。東港の海浜公園に生い茂るガジュマルの樹には、ハンモックが吊るされている。ハンモックにゆったりと揺られれば、全身の疲れは吹き飛んでしまうだろう。蘭陽渓口は水鳥の棲息地としても有名で、バードウォッチングの絶好のポイントにもなっている。


點此

Located behind Yongjhen Temple in Jhuangwei Township, Yongjhen Beach Park is 6.5 kilometers from Yilan City and features beautiful ocean scenery. With the surrounding agricultural landscape, and open, straight coastline, the park is a perfect location from which to admire the spectacular Turtle Island sunrise. The vegetation here is mainly of the coastal variety which protects against the detrimental effect of wind and sand. It can be divided in to two groups: shade providing large trees, and erosion protecting shrubs. In summer, the plant covered beach looks like a verdant hill. The park features a pavilion where you can observe legendary Turtle Island from a distance, and a walking path if you want a tour around the beach.

Yongjhen Beach Park is located between the Lanyang River and the Jhu-an Rivermouth. Both of the areas here are famous for their abundant species of birds. Gazing over the ocean, you can find Turtle Island, one of the main area markers, resting solemnly on the ocean. The main road - the Northern Coastal Highway (Provincial Highway No. 2) connects conveniently with Toucheng and Keelung in the north, and Suao, and the Suao/Hualien Highway in the south.

The old Yongjhen temple at the entrance of the beach is dedicated to Kaijhangshenwang, the Taoist deity, who according to legend, led the opening of Jhangjhou in China. This deity has many devotees. The temple’s front courtyard serves as a public meeting place for local villagers. Every February 15th on the lunar calendar, the temple celebrates Kaijhangshenwang’s birthday by holding a “Walking upon Fire” ceremony, along with other fascinating local folk activities, attracting tens of thousands of worshippers from all over the island.


點此

永鎮海岸公園は、宣蘭県壯圍郷永鎮廟の裏に位置しています。宜蘭市から直線距離にして約6.5キロメートル、海辺景色が園区の主要な特色になっています。周囲の土地は主に農業用地です。そのため海岸が平らでまっすぐ開け、亀山の朝日のとてもすばらしい情景が観賞できます。この園区の植物は海浜植物で、多くが防風及び定砂の役目を担っています。光を遮る高木、灌漑植物、多年草と蔓科の植物に分けることができ、夏のには蔓科の植物は緑の砂丘を形成します。東屋があって亀山島を遠くに眺めることがで、また散歩道は海辺の浜風を満喫できます。
永鎮港は蘭陽渓と竹安渓口の間に位置し、 この区は鳥類が豊富なことで有名です。海を望めば、穏やかな海面に亀山島が眺められ、この地区の目印になっています。外との連絡道路は北部浜海道路(台湾第二省道)で、 北へは頭城、基隆に通じ、南へは蘇澳、蘇花街道につながり、交通は非常に便利です。
この区の入口にある永鎮廟の歴史は古く、線香や蝋燭は盛んに煙を上げ、廟の主神は「開漳聖王」です。平日の廟前の広場は村民の集会の場所となり、 毎年旧暦2月15日には「開漳聖王」の火のお祭りが行われます。地方性民俗活動の劇は、全県から全省にわたり非常に多くの人々を引きつけ、 現在主要な観光資源となっています。未来においても最も主要な観光客を引きつける資源です。


點此

The Yilan River comprised of the Dajiao, Siaojiao, Wushih, and Dahu rivers, covers Jiaosi, Yuanshan, Yilan, and Jhuangwei. During the Cing Dynasty, the river was very wide and often flooded or changed it’s route after heavy rains. The local scholar Lin Ting Yi once made a couplet to describe this lively, ever so changeable river.

During the Japanese occupation, seeing the frequent flooding situation of the Yilan River, 西鄉菊次郎the Japanese Yilan County magistrate, started construction of a flood protection embankment and straightened the river way. The city residents of the time erected a stone monument on the water break entitled “The Virtuous Government of 西鄉菊次郎“, commemorating his contribution to the well being of the locals through this act.

After the war, the county government continued to fight for budget from the central government to strengthen this protective barrier. Standing on top of the embankment and looking around, you will be treated to a picturesque scene of green mountains and waters. This is the reason it was selected as one of the “most scenic spots in Yilan”, and called “The Evening Views on the West Embankment”.

The Yilan City section of the Yilan river has undergone a series of construction works, where sports facilities such as auditoriums, basketball courts, and baseball fields were put in. In addition, a riverside park with beautiful landscaping was built, providing a leisure and entertainment venue for the local community.


點此

A park that provides year round beautiful scenery with the scent of flowers and songs of birds.

A park that is contemporary, refined and multi-functional.

Taking up a ground area of approximately 27 hectares, the Yilan Sports Park is located in Yilan City, right next to Provincial Highway No. 9. The first park to combine the concepts of recreation and sports in Taiwan, this park features a humanity-oriented approach in design. There are no fences, and the whole park is dedicated to the general public. People can enter the park from any direction, however entry of vehicles is strictly prohibited with the exception of bicycles. The 1992 Taiwan Area Athletic Meet was held here.

The park flowers change with the seasons, giving it different looks throughout the year. Beautiful red flowers of the cotton trees announce the arrival of the hot summer, followed by the yellow flowers of the Taiwan Flame trees, sending out the message for the coming autumn. Winter proclaims its presence via the arrival of the purple flowers of the Bauhinia trees, while in spring, the park overflows with flowers in full bloom. The park, while providing the perfect venue for families to stroll, bicycle, fly kites, or simply admire the beautiful scenery, also serves as a competitive arena for various athletic competitions. For visitors from outside of Yilan County, this park provides a mid-way rest stop for them to stretch their legs and enjoy a taste of the green and beautiful Yilan vistas.

Because of its complete and thoughtful design, people of all age groups can find suitable activities here. On weekdays, locals assemble here to exercise. On holidays, it becomes fairly crowded. As a consequence, litter has become a serious problem because of the vendors attracted by the crowds. It is a blessing to have a beautiful sports park. It is also our obligation to maintain it well.


點此

南澳にある北渓は大南澳渓の支流。大元山間から流れ出る北渓の流域面積は13万平方キロメートル、長さは31.6キロメートルに達します。碧侯村を出たところで南渓と合流し、海へと流れ出ます。北渓は高い山に挟まれるようにして流れていて、深く険しく切り立った渓谷がとても印象的。川のあちこちに散らばっている岩礁が、独特な景色を造っています。
沢登りをしながら巨石の上をひょいひょいと飛ぶようにしていると、まるで空中を闊歩しているような錯覚に襲われます。川の流れにじっと耳を澄ませ、力強く荒々しく流れる水の様子に目を凝らそう。空にぽっかりと浮かんだ白い雲と青空が美しいコントラストを描いています。周りはミドリがあふれ、パシャッと上がる水しぶきが飛び散ります。こんな様子を眺めると、本当にきてよかったなぁと思うに違いません。北渓は渓谷の美で知られているが、上流、中流、下流のどこにいても異なった美景に出会え、目を楽しませてくれます。
川沿いにはいろいろな草木が密生しています。無臭の温泉や滝、おもしろい形をした石があるほか、キバナシュスランというめずらしい薬草も生えています。石の収集や散歩などのアウトドアに最適で、ほかに、砂州ではキャンプや水遊びなどもでき、暑い夏には絶好の避暑地になっています。汚染されていない美しい景観を壊さないように、宜蘭県政府から「自然魚類資源保護区」の指定を受けています。


點此

南澳郷金洋村重山にある神秘湖は、別名「鬼湖」の名で親しまれています。それほど広くはないが、ちょうどいい具合に周りの山々にさえぎられ、原生林が自然のままの姿で残されています。湖が一年を通して深い霧に覆われていることから、その名がつけられたのです。
この神秘湖は高山湖の中でも古い湖で、湖底には堆積物が厚く積もっており、水の深度も浅いことから、どうしても雨水に頼らねばならません。入水口にはスイシャヤナギからシマサルスベリにかけて緑したたる森が連なり、湖の周りはトキワススキが群落する草原が広がっています。こうしたことから、この湖が湿地帯と乾燥帯が入れ替わろうとする後期から中期に変化した典型的な湖だということがうかがえます。そして、この湖の近辺にはタイワンコウホネやヒルムシロなどのめずらしい植物も生えています。
湖は長さが約200メートル、広さが100メートルほど。湖の畔に青浮き草が生えて、畔の水面をほとんど覆っています。湖の入水口に立つと、鴨が湖面をのんびりと優雅に泳いでいる様子が見えます。湖の水は底が透けて見えるくらい透明度が高く、カニ、タニシ、ドジョウ、ミミズなどの水生動物もたくさん生息しています。ササバモ、タイワンコウホネなどの希少価値の高い植物もよく見かけるほか、岸辺では時折、リスやヤギ、キョン、ノネズミなどがひょっこり姿を現します。湖岸のあちらこちらに原始広葉樹林が生えているので、渡り鳥たちがここへ羽を休めにやってきます。その数は60種類以上を数え、チョウも200種類以上生息していて、バードウォッチングに絶好のポイント。ただ残念なことに、地形や気候などの影響を受け、水域は年々狭まる傾向にあります。この大きな沼に似た湖はとても神秘的な雰囲気に包まれています。
金洋部落からジープに乗り換え、産業道路に沿って登山口までおよそ1時間半以上の距離です。長くて、曲がっている山道が続き、原始的な様相を呈しています。探検家にとってはまれにない秘境でもあり、湖が湿生したり乾生したりすることを観測できるめずらしい場所です。


點此

南澳南渓の川の流れは南澳郷金洋村、武塔村、南澳村を経て、北渓と合流したあと、太平洋へと流れ出ています。沿岸には緑したたる山々、透明感あふれる川など美しい景色が延々と続いています。
ここの水はヒスイを彷彿させるほど透明度が高く、流れる様子はまるで浮雲のように軽やか。至る所で魚やエビが楽しそうに泳いでいる姿が見られます。毎年4月から5月にかけては毛ガニの最盛期であるが、南渓の水のよさを大いに活用し、今ではアユの放流も行われるようになりました。
このほか、くねくねと曲がった道に沿って川を上っていくと、先住民、タイヤル族の人たちが暮らす武塔村と金洋村に辿り着きます。日本統治時代に流行っていた「サヨンの鐘」という歌はこの南澳から広まりました。おすすめの南渓での過ごし方はキャンプ。自然の美しさを心行くまで満喫できます。雲一つ浮かんでいない夜空には、星がきらきらと輝き、川面に反射して映った様子はまた格別。時折、虫の鳴き声や鳥のさえずりが、さらさら流れる川の音とともに聞こえてきます。まさにこの世の極楽です。
小雨が降ると雨が川面を打ち、風の音、雨の音、渓流の音とすべての音がひとつになって自然のハーモニーを奏でています。太陽が昇っている間、川の絶景がよくみえます。川の流れは穏やかで、裸足になって水と戯れたり、巨石の上でゴロンと横になったりして、体全体で水の流れを感じましょう。この自然から感じたさまざまな思いは、きっと忘れがたい旅の思い出となるはずです。


點此

宜蘭へ来て知的な旅を願うなら、 福山植物園は良い選択でしょう。植物園は台北県烏来郷福山村に位置し、宣蘭県員山郷湖西村と境を接する森林区内にあります。1986年以来、台北、宜蘭の2県は境が接する山岳地帯に自然資源が豊富な「福山試験林」を設けました。台湾地区の最大の植物園で、約50ヘクタールの地を占め、、海抜の約620メートル;広葉樹林をその主要な林相としていますが、植物の種類は非常に多く、鳥類、昆虫その他の動物の生態もたいへん豊かです。更に貴重なのは園区に原始の生態を維持することに力を尽くしていることです。
この園内には福山植物標本の園が設置されており、 森林の多目的利用を発揮することができ、資源保育の環境教育を実施し、森林の娯楽と休息機能を有しています。 園区の豊富な鳥類の生態も観賞研究の目的に供することができます。 教育と娯楽を兼ね備えた植物園です。
1:福山植物標本園は、森林の多目的利用と、資源保育の環境教育を結びつけ、森林の娯楽と休息機能はレジャーを兼ね備える植物園です。
2:自然保護区の目的は、この地区の自然環境を保護し、それによって永遠の観察研究に供しています。そのために厳格に見学の民衆の入山を制限しています。
3:水源保護区は、福山試験村の北側に位置し、水源の清潔を保護し、汚染と破壊から守るほか、気象、水質調査の観測を行うために、厳格に観光客の任意の入山を禁止しています。

「保護は利用より大切」の経営策略をとり、福山植物園が人為的な破壊から免れ、原始の自然の姿を維持することに努めています。山林の生態を保護するため、すべて入園観光客は必ず申請をし、入園時は観光客は厳格に園の規則を遵守し、この研究機構の重要さを理解してもらいます。私達関連部門は自然生態保護の決心と情熱を持っています。美しい景色を鑑賞すると同時に、この貴重な浄土を保育するため心血を注ぎ、生態環境保護、実は私達自分のために人間浄土を保留していることを知っていただきたいのです。


點此

「南澳農場」の所在地は宜蘭県蘇澳鎮海岸路・・・で、蘭陽平野の最南端の部に位置しています。行政上の区画では、蘇澳鎮の「の朝陽里」と言う村落地帯に編入されており、交通の便は、蘇花自動車道を利用しても、北廻鉄道に乗っても行けるから、不便ではありません。農場の前面一帯は丁度、「南澳渓」と「北渓」と呼ばれる河の交流地点となっており、背後の澳尾山とが相まって、農場の周囲―帯は何処も青々とした山の樹木と河の流れに取り囲まれている訳であります。農場敷地内で見られる動植物の生態は真に豊かです。場内の道路もきちんと区画、整備されています。生い茂るユーカリの林、四季折々の花や果実、それに有機栽培中の野菜も多いです。これら、農場週辺の山や海の豊かの自然に触れようと、やって来る人達が少なくないです。景勝地を探訪し、生態を観察し、知性を磨きます。又、キャンプに訪れるグループや親子連れでの活動に最適で、キャンプ用の施設、マウンテンバイクの貸出し、農作業の体験をするコースも設けられています。
南澳農場の面積は約96へクタールで、元々財政部の国有財産局の所有で、土地銀行が委託されて経営、管理をしていました。民国88年の正月からは宜蘭県政府が租借の権利を取得する事に成って、其の後、県政府はこの地を台湾中で最も環境保護運動の行き届いた開発地域にする為、目下、「生態の旅」の企画や「レジャー・休憩村」の建設、そして大会議開催の為の施設など有する多目的な構想「大南・生態博物館パーク」の建設に取り組んでいます。劉県知事はかって次の様に指摘した:「南澳地区の開発により、将来、県産の有機農作物が大台北地区を市場として発展して行く場合、それに必要な最低限度の経済規模を、宜蘭県は確保することが出来ます。そして、有機農業の推進団体はこの重要な役割を達成する為、南澳地区にあける於ける有機農産物の生産技術や検査、販売等に関する的確な対応を怠らず、その経営に対する総合的な協力体制を敷く必要が有る」と。
南澳農場地帯の土壌と気候に関して言えば、この辺には大昔に河床であったのが、後世に沖積台地と化けした土地なので、河沿いの地以外は大抵のことで水侵したになる様なことはなく、水はけも良いです。そして、四方四面にユーカリの木等で防風林が設けてあり、この地の生態環境は工業社会から孤立した状態なので、付近に環境汚染源も無く、河川の水も清らかである。樹木も、己にここで人工栽培を言っている種苗以外の「原生樹」に関しては、その“種子”(種子を包む皮)に遥か原生時代の特質が残ってる様な樹木がある土地柄故、我々が当地での有機農業を発展させようと力を入れるのは、全く、自然の条件にマッチしたものであり、成功の可能性すこぶる大きいのであります。 

南澳農場一帯の気候は孤立型であり、宜蘭市とも花連地区とも異なる。即ち、雨が少なく日照時間が長い上、年間の平均気温が23度。温暖で乾燥気味の気候は農作物の生育に適しています。とは言え、毎年の如く訪れる台風によって被害を受ける可能性は極めて高いです。但し、農場の近くにはいかなる汚染源もなく、最も近い民家でも3キロ以上も離れています。この様な恵まれに環境と有利な条件を持つ土地柄の農場で、尚も環境破壊の問題も十分に考慮しつつ有機農業の発展に力を入れる訳だから、成功の可能性は甚大であります。


點此

大湖渓の清らかな流れが尚徳村を通り、村人がこの美し流れを守っています。景観を一段と美化しようと9年前から資金を出し合い、ボランティア活動をして、川岸に散歩道を開設し、草木や花を植えました。また、義務工作隊を組織して常時綺麗にして居ります。このような熱心な人達によって、尚徳村では美しい景観を維持しています。


點此

宜蘭で、知性的な旅を希望される向きには、福山植物園がおすすめ。当植物園は、台北縣烏来郷福山村と宜蘭縣員山郷湖西村の境界に位置する国有林の中にある。1986年から台北、宜蘭の二縣にまたがる山間部に自然豊かな“福山試験林”を計画、設置した。

当園内には、福山の植物標本園が設けられ、森林の多目的利用-自然保護、育成等環境教育や森林浴、バードウオッチング等、教育、レジャーの両面で活用できる植物園である。

哈盆自然保留区は、台湾北部を代表する森林で、当地域の自然環境保護、遺伝子の保存及び長期に亘る観察と教育研究のため設置された。区内は、“保護は、利用より優先される”という経営理念から、一般の見学を厳しく制限している。

水源保護区は、福山試験村の北側に位置する。環境汚染や破壊を避けるため、区域内では、気象観測、水質調査のほか一般客の自由な参観を制限している。入園者は、厳しい入園規定を遵守することが義務付けられ、この研究機構を守るために協力してもらう。更に、生態環境を保護育成することは、自分のためにもこの世のパラダイスを守ることだと悟るであろう。


點此

Dahu is also known as Swan Lake because of its resemblance to a flying swan. The lake is lined with beautiful small-leaf barringtonia trees, which every year provide sweeping vistas during full blossom. The Dahu Scenic Area occupies an area of approximately 1,067 hectares featuring a broad and peaceful lake. With its clean water, this lake attracts hordes of migratory birds to assemble here, making it a great bird-watching venue. The lake water is constantly supplied via underground springs. The color of the water here varies by season providing a spectacular year round lake view.

The amusement section here offers ferry, paddle boat, and rowboat areas. Fishing is also allowed on the lake edge. Finally, there are visitor orchards and circular path for hiking around the lake, suitable for the whole family. Legend has it that the “Yongcuan (Underground Water) Old Tree” area next to the lake which houses a dragon boat, holds the purest water in Yilan. Many establishments come here for their water. Outside of the amusement area, visitors can sample famous Bongshanhu star fruit and Erhu pineapple. This is a great place for weekend family outings.


點此

「大湖」は別名「白鳥の湖」と呼ばれています。それはその湖面が翼を広げて飛び回る白鳥の姿に似ているところから得たものです。湖岸は緑に満ちあふれて、景色は清新です。湖北は白鳥の頭部に似て、山あいの窪地を回転し、翼を広げ飛びたつ様子です。南は次第に狭くなり尾と小さな足のようです。湖の長さは200メートル、最も広い所が400メートル、沿岸に百本の「水茄苳」が植えられ、宜蘭地区で最も高密度に栽培されているものです。花が咲くころには、湖の周囲は花火が一斉開いたように、光り輝き入り乱れ、花見には最高の場所になります。
湖面は広く、湖水は澄みきって、シベリアガンは群れをなし隊を組み、高く低く飛翔しています。各種の渡り鳥や、高山の留鳥は林を漫遊し、天然の鳥園を形成し、バードウォッチャーの最も適した鳥の鑑賞区になっています。湖水は地下から泉が湧き出て、四季水色は異なり、春の緑、夏の黄、秋のグレー、冬のブルーは千変万化で、湖の特殊な景観を楽しむことができます。
遊園区には遊覧船が計画されています。足踏みボート、手漕ぎボート、その他に湖での魚釣り、また観光果樹園、湖の回りの散歩道、散歩に適したアーチ橋など、詩情の境地はレジャーに富んでいます。湖には船の家があり、竜船が1隻停泊し、その幅約100メートルの「泉が湧き出る年を取った木」区は聞くところによると宣蘭県泉水で最も澄みきっていて、水質も最もよい場所だそうです。多くの喫茶店が遠路ここに水を取りに来るそうです。この地区の数軒の茶屋では、天然泉水を用いることで、遠近に名を知られ、景色を楽しみながら茶を賞味できることでも有名です。遊園区前の崩山湖ではおいしいスターフルーツ、二湖のパイナップルを味わうことができてます。華麗な農村民宿に泊り、湖ながめ、茶を賞味し、自然を楽しみ、そのすばらしい趣を満喫できます。 大きな湖の景勝地は、家族の遊覧に最適です。


點此

This park is located in Yilan County’s Yonghe Village, Yuanshan Township. The water here is pure and clean – untouched by pollutants. As a result, the water here is filled with fresh water fish.

Aiming to promote a quality life for the local residents, the village government has constructed a park by the pond with a walkway around it, a washing platform, and a designated fishing area to provide the local residents with a leisure area to spend their time. The local residents especially enjoy clam hunting in the clear waters. Bird watching is also a great activity during the wintertime when water birds fly here to escape the cold.

Another tourist attraction outside of the Leigong Pond Park, are the famous Yuanshan Hot Springs. With their special muddy features, the hot springs here are great for rejuvenating the skin and promoting metabolism. Currently, the county government is undertaking a Yuanshan hot spring revival program. A research team has been dispatched to excavate the hot spring sources and hopefully in the near future a second hot spring spot within the Yilan County an be developed.


點此

員山郷永和村管轄内に有る雷公埤は汚染が全く無く清い水は底まで見え、淡水魚類が数多く生息しています。 員山郷公所は現地の人達によって、より良い生活環境を作る為、湖域の範囲内に公園を造り、環湖散歩道を開き、魚釣り区域及び洗濯場も施設しました。 
湖水清澈なので村人達はいつも蛽掬いを楽しみ、評判を博しています。 又、冬になりますと水鳥も飛んで来て、ここで冬を過ごし、人々に観賞の幽情を誘います。 以前は雷公埤の外に昔名の売れた員山温泉が有りました。 
泥を少し含んだ泉水の特性は、顔の美容及び新陳代謝促進の効き目があるので、県政府は今積極的に温泉の再建を計画しています。 同時に研究団体を設けて温泉を探索し、将来は県内第二温泉郷が出来る事を望んでおります。


點此

枕山は宜蘭県の西北よりに位置し、北には山が控え、大礁溪河流の堆積による扇形の平原で、典型的な農村です。昔、一人の仙人が天枰を担いでいた時突然天枰棒が折れました。二つの荷のうち、一つは員山に転がり、もう一つは北地に転がった。仙人はここで、荷物平にし、枕にして休んだという噂がありました。山の形が枕に似ていることもあり、後の人が枕頭山と名付けました。

農業区内の土地は肥沃で、楽山梨、蓮霧(ワックスアップル)、グァバ、桃、員山花卉、李仔もち、金棗もちなどの特産品があります。

区内には多くの景勝地があります;大礁溪軟埤は、水源が湧き水で、水質が良好。また、三方を山に囲まれ、林が密生して、水鳥や白鷺などの鳥類が通年棲息しています。
李仔山は蘭陽八景の亀山朝日を観る絶好のポイントです。水尾防空壕の内には、こうもりが棲息し、この地域一帯がよい生態環境を保っています。 

有名な枕山春梅-蜜餞(果物のシロップ漬け)の故郷で、ピクニックにもおすすめ、こちらも蘭陽十八景に選ばれています。大樹公-歌仔戲(台湾伝統歌劇)の生まれ故郷、頭份路にある茄苳(サガリバナ)の老木は、当地の文化に関わった一本の古い樹です。歌仔戲の創始者欧来助氏がその昔、この樹齢千年の老茄苳の樹下にテントを張り、歌を指導した由縁があります。而して、蘭陽平原の“本地歌仔”が世に出たのであります。
食べる、遊ぶ、果物狩り、バードウオッチング、ビューウオッチング、景色を楽しむ民宿への宿泊、全て、当枕山近代農村公園にお任せを。ご光臨を歓迎しております。


點此

鼻仔頭は、鼻仔頭渓北側の中間が突き出て両側がくぼんだ丘の形が、人間の鼻によく似ていることから名付けられた。鼻仔頭渓湖の山中から流れてくる水は美しく澄み、四方は風光明媚な風景に包まれている。郷公所が休憩場所や公衆トイレ、水遊び場を設け小さな公園にし、人々が水遊びや休日の散歩を楽しめる場所となっている。


點此

ここは員山郷内城村にあります。栄源国中(中学)の校門前にある村道を南に向かってまっすぐ。池の形がカニの足の形に似ていたので、昔は「蟳管埤」と呼ばれていたが、いつのまにか、水利会という団体によって「太陽埤」と改名されてしまいました。
この太陽埤は三面を山に囲まれ、鏡のように水面が美しい池。しかし、水深がかなり深く立ち入ることはできません。池のほとりにはジャングルのように草木が生い茂り、巨木が林立していてさまざまな様相を呈しています。また百羽を上回るサギが林の中で羽を休めたり、湖上を飛び回ってエサを探したりしている姿も見られ、静かでのんびりとした絵のよう。ここは人々から幸運を呼ぶ地として知られています。
岸辺の陸地はやや狭く、土地は国有財産局が所有しています。南側の傾斜地が茶園として開発されたのを除いて、自然の姿がそのまま残されています。この池の水は近くの農家から灌漑用水として引かれているだけでなく、村民の絶好の釣り場にもなっています。将来的にはビジュアル面のバランスも考慮しながら、休憩やバードウォッチングが楽しめる展望台が設けられる予定であります。


點此

Han settlers opened and cleared Taiwan from south to north and south to east. The Han peoples entered Yilan via Taipei by traveling along the Keelung River and crossing Sandiaoling and Caoling through the Danlan Historic Trail. The section between Yuanwangkeng, Gongliao Township, and Dali, Tiangong Temple, Toucheng Township, of the Danlan Historic Trail, is called the Caoling Historic Trail. This is all that is left of the entire Danlan Historic Trail.

During the Cing Dynasty, there were no convenient transportation links with the outside world. Today’s Caoling Historic Trail was the only official link connecting Yilan to the outside world. This trail then was a crucial “lifeline” for Yilan’s development. It was originally a narrow path, however through successive projects to widen it, the trail is now quite a nice hiking trail.

Hiking along this old trail, you can enjoy the beautiful mountain scenery and special vegetation in this area. When you finally reach the highest point of the trail and look east, the vast Pacific Ocean opens up suddenly in front of you. You will be overwhelmed by this breathtaking vista and finally realize why Yilan was called “Another Heaven” in the old days. With the rise of hiking activities in recent years, this beautiful trail has become a popular tourist attraction.

At the final point of this trail is the Dali Visitor Center which was inaugurated in 1997 to provide visitors with travel information concerning the area. The 190 year old Tiangong Temple (or Cingyun Temple) here is devoted to the Jade Emperor, and has a large following of devotes. Local delicacies here such as Shihhuacaidong (sweet sea weed jelly) are worth a try.

Dali Visitor Center :

Inaugurated in May 27, 1997, the Dali Visitor Center is located at the Dali entrance of the Caoling Historic Trail. At the north side of the center’s lobby is an inscription rubbing area featuring a reproduction of the “tiger calligraphy stone tablet”. At the parking lot located down from the visitor center, you can find a huge rock with an inscription by General Ho Ying Cin as: “Lanyang’s Number One Scenic Spot”.

The Dali Visitor Center has a multimedia room which can host up to 80 visitors offering an introduction to, and explanation of, various Yilan scenic spots.


點此

昔、台湾に渡来した漢人は台湾東北部を開拓するに当たり、南から北へまた、西から東へと進展しまた。台北盆地から基隆河を遡り、更に三紹嶺と草嶺を越えて宜蘭に抜けるルートは淡蘭古道と呼ばれています。その途中の台北県貢寮郷遠望坑から南の宜蘭県頭城鎮の大里天公廟迄の約10キロメートルの草嶺側の道を「草嶺古道」と呼んでいます。台北盆地(淡水廳)から宜蘭に移民した路線はここだけで、今もその遺跡が残っています。
清代には宜蘭への交通の便が悪く、草嶺古道が唯一の官道であり、宜蘭地区発展の生命線でありました。つづら折の細い道の坂や橋は石を使って道が造られました。また、沿途は哨兵と駅站を置いて、旅人の安全を保護していました。その後日本人の重なる拓寬と頭城鎮の修繕、及び東北角管理所が新しい石板を敷設した今は、知性と感性を兼ねた、古意盎然な健行歩道となっています。
古道には悪霊や疫病神を圧し嚇かすため、1867年に清朝の総兵劉明灯が書いて彫刻した「虎」の字碑と「雄鎮蠻煙」を立っています。又、道には「跌死馬橋」と「福徳祠」なども有って、漢人が宜蘭を開拓する艱辛な歴史の証しとして残っています。古道を歩きながら山勢の起伏美景と地勢が形成した植物林相を観賞し、草嶺の頂きに佇んで東に向くと目の前が広がり、壮闊な太平洋が目に飛び込んで来るでしょう。又、突然深い霧と疾風に包まれるとき、何故昔は宜蘭を「別有天」で有る所と言われたのが分かるでしょう。ハイキングが人々のレジャーの一つとして定着してからは、草嶺古道の沿途の透麗な景色が注目のコースとなっています。 

草嶺古道の端には1997年に開設した大里遊客センターがあり、遊客の旅遊問い合せのサービスを提供しています。又、玉皇大帝を主祀している大里天公廟(慶雲宮と称えします)があります。其の廟の建立は190年を越えていて、往来の参香客が絶え間なく訪れています。此処でも多くの特産食堂があり、其の中でも石花凍の美味しさは、人々にとても喜ばれています。


點此

桃源谷はその昔、「綑牛仔山」と呼ばれ、早い時期、農業が閑散期になると、子供たちがよくここへ遊びに来ていました。桃源谷の名の由来は、武陵人にとっての桃源郷がその始まり。その身を実社会の外に置きました、安らぎあふれる静寂な環境に、数えるほどしかない人家、夕飯時に立ち上る白い煙、そして犬や鶏の鳴き声が辺りに響いている光景が下山してきた登山者たちの胸に深く刻まれます。
桃源谷へは仁沢社区という地区から入るのが従来のコースです。一部急峻なのぼり坂があり、クネクネと曲がった道に沿って歩みを進めて峠を越えると、突然眼下が開けます。もたげた頭を上げたときのすがすがしさはなんとも言えません。そのまま続けて先を目指すと、趣のある広享草原に出ます。この海抜500メートルのところにある草原は30度の急勾配が400~500メートルにわたって続いています。
斜面には短い草が密生していて、まるで自然が心を込めて織り上げた上質のカーペットのようです。晴天に恵まれた日には、西には三貂嶺が、東には太平洋が望めます。天気が急変したときには、突然暗雲が現れて鬼ごっこをして遊べるほどの霧に覆われます。秋が深まり寒い冬が到来する季節になると、強い季節風とともに雲がかたまって押し寄せ、漫山のトキワススキが雲の中で見え隠れします。
草原に腰を下ろし、友人たちと語らい合ったり、大の字になって寝転んで真っ青な空を見上げたりして、心地よく通り過ぎる山風や海風に吹かれよう。頂上にたたずむと、蘭陽平原や亀山島が眼下に見える。海と山が交差し、人家が遠くにちっぽけに見えて、ここはまさに俗世を離れたパラダイスです。
帰路の途中に古い石窟があって、甘味を帯びた泉の水を飲むと旅の疲れが癒される思いがします。石窟には観音様をはじめとするいろいろな神仏が奉られていて、旅人の家内安全、順風満帆を見守っています。憂き世の憂さを晴らしたい人にとって、桃源谷は最適な場所です。


點此

Located on the Dakenggu seashore, about 2 kilometers southeast of Toucheng Railway Station, the Toucheng Beach Resort is the only sandy beach resort in Yilan County. Because of the double influence of monsoons and tides, a 20 meter high, 10 meter wide sand bar has been formed, hence the beach. Because of its open and broad view, it is the best location to enjoy the spectacular Turtle Island sunrise. Native wind-breaking trees dominate the beach all the way to the campsite at the nearby YWCA. During the fishing season, traditional net fishing activities can be witnessed from the beach. This old style fishing tradition has become a trendy, hands on summer activity.

Currently the shore area along the beach is open to the public while the water area is temporarily closed due to partial beach erosion. The resort occupies an expansive area with complete beach facilities including parking lots, washrooms, viewing platform, cafeteria, and lodging. The nearby wind-breaking woods provide a wonderful camp site. Welcome to Toucheng Beach Resort to enjoy the beautiful ocean view, the wonderful breeze, and the surrounding nature


點此

頭城鎮金面里石燭坑の攔沙盆地にある石燭凝翠は1954年に宜蘭県文献委員会によって「蘭陽十八景」に指定されました。そこにある石燭山が探検や避暑に絶好の場所だったことが高く評価され最終的に「蘭陽十八景」に選ばれたのです。
1980年代、石燭坑は一度、遊園地として開発されたことがあります。そこは「新峰の滝」と命名され、プールやリゾートホテル、キャンプエリア、滝観賞エリアなどが設けられました。それぞれの施設は谷や川の地形を生かして建てられ、周りには草木や花がたくさん植えられて美しい限りでした。滝観賞エリアには小さな小屋が建てられ、そこで足を休めて滝を仰ぎ、飛び散る水しぶきに目を細めているだけでこの世の憂さを忘れられたほどです。
1990年代に入り、このレジャー施設は水利法違反により県政府が接収し運営されるようになりました。名前も「金面の滝」と変えられ、「新峰の滝」は次第に人々に忘れ去られつつあります。
石燭坑にある攔沙盆地には緑が映えて美しい水を蓄えた沢があRいます。透明度が高く底まで見えるこの沢には、毎年暑い夏になると、水遊びや避暑に最適の場所となりました。遊びに行ってみる価値大です。


點此

亀山島は宜蘭東方約12キロメートル沖合の太平洋に浮び、宜蘭の人々の精神的なシンボルになっています。外観が水に浮ぶ亀の背に似ていることから亀山島の名で呼ばれています。宜蘭県頭城鎮に属し面積は約60ヘクタール、東西の長さは3.3キロメートル、幅は1.7キロメートルで二つの火山活動によって、頭の部分と甲羅の部分が形成され、尾の部位は細長い砂州を形成しています。潮の満ち引きよって、動く亀の尻尾のようにみえます。
亀山島の南西約4キロメートルのところには、更に小さい島があり「亀の卵島」と呼ばれています。亀山島の住民はかつて759人(1967年)に達していましたが、島の生活は困難な為、島の住民は次々と本島へ移り、1976年亀山島が軍事管制区に組み込まれたのを期して、亀山島の人々は集団で今の大渓仁沢のコミュニティ村に移りました。
軍事管制区に組み込まれた後、西元1999年12月22日に東北角海岸国家景勝地の範囲に含まれ再び開放されるまで、亀山島は神秘のベールに覆われていました。
亀山の朝日は遠い昔の清朝時代から蘭陽八景の一つに選ばれ、今日の蘭陽百景中でも一粒の真珠の様に輝いています。亀山島はその昔から、詠歌や描画の対象として芸術家達の創作力を霊感させて来ました。宜蘭農漁民の生活も又亀山島とは切っても切れません。「亀山那崁頂、大雨隨時到」(亀山島の頂上に曇が帽子の様に覆い被いたら、雨がすぐ降って来る)と云う等の諺が有ります。また、「亀山会伝頭」と言って天候や見る場所によって、亀山島が形を変え亀頭が動いた様に見えます。亀頭が噴気をする亀尾擺動等の風景は、人々に亀山島は生きている霊亀と信じさせる様になりました。
島の豊富な自然資源と生態環境は自然教室として最適です。鯨やイルカの鑑賞も含めて、美しい景色と知性と感性を備えた海上生態の旅は決して見逃せない素晴らしい体験です。


點此

“蘭城鎖鑰扼山腰、雪浪飛騰響怒潮”

この清朝の古い詩の中に北關の特色が要約されている。蘭陽平原は、三方を山に囲まれ、東は大海に臨み、封鎖された地形である。このことから、清朝政府は、蘭陽平原の北端に、北關を南端には南關を設け、南北呼応して、蘭陽の警護にあたってきた。

北關は、1819年に、通判高大鏞によって、建設され、城壁、ひめがき、馬道、砲座、兵舎も整備され、  宜蘭開口部を守っていた。残念ながら今日では全壊し、遺構もほとんど残っていない。北關海潮は、以前は“蘭陽八景”の一つに数えられていた。現在は北關の観海亭上にあり、遠く美しい亀島を望み、眼下に打ち寄せる浪が圧巻である。気候も変化に富み、景色も雄大で美しい。中でも満潮時と日の出がビューポイント。

台湾東北角には、数千年もの歳月が創造した自然の芸術、単面山、豆腐岩、小海岬などがある。北關で規模が最大でもっとも険しい単面山、や近くには、外観が整然とした豆腐岩や風も弱く浪穏やかな小海岬等多彩な自然環境から、東北角管理処が北關公園に指定。当地域の三貂角峰東部は黒潮の流域で、黒鯛、うつぼ、ハタ等珍しい魚も出没し、釣客に人気のスポットとなっている。また、シラス羹(とろみのスープ)は、北關の名物料理である


點此

宜蘭はどこまでも続く海岸線を持ち、漁獲資源は宜蘭最も重要な天然資源の一つになっています。大渓漁港は宜蘭の三番目に大きい漁港で、その中は多くは磯釣りの場所として、大渓と亀山島の近くの海域は重要な漁場になっています。赤目鯛、魚、エビなどが重要な漁産です。
ここ数年来、クジラ鑑賞のため、島に登る人や、船釣りを楽しむ人で盛況になってきています。宜蘭県庁は積極的に観光漁港としての整備を進めています。休日には黒山の人だかりで、新鮮な海産物を求める人であふれます。決して欠かすことのできない場所の一つです。もしあなたがグルメなら、ここは最良の選択です。


點此

まっすぐ遠く太平洋の果てまで広がる頭城の海。季節風と潮の干満というふたつの影響を受け、海辺には高さ20メートル、幅10メートルの砂丘ができました。昔から地理的条件に恵まれず、このくねった砂丘と海上に浮かぶ亀山島を合わせて、「亀蛇把口」(亀と蛇が港を守っている)のような地形と呼ばれてきました。そのため、この地方に関する神話や小説は実に数多くあります。ほんの目と鼻の先にある頭城海水浴場は、暑い夏に家族で海水浴をするのに絶好の場所です。
ビーチはまっすぐ伸びて陸地になっており「一文字」の形をして太平洋に面しています。海の底では磯の波ができ、空中で浪の花がはじけてその様相は壮観。浪が穏やかなときは、緩やかな浪が一波ずつ秩序正しく押し寄せ、大地にやさしくキスをしています。柔らかな風が吹く中、大麻が群生し、ビーチ・モーニング・グローリー(イポモエア・ペスカプレ)も至る所で美しい花を咲かせています。サイザル麻は砂丘にその勇姿を現しています。風が吹くたびにサラサラという音が耳に入り、一人ぼっちになったような気になります。
とめどない波濤がすさまじい波音を上げて、浪がリズムよく上下しています。高い波頭と低い波頭が交互に出てきて、まるで真っ白な馬のタテガミがなびいているようです。海岸には防風林が造られ、かつて「蘭陽十二景」に選ばれたという面影はもうないです。しかし、頭城海水浴場とキリスト教婦人会青年部の波濤専用キャンプ地はそのままの姿で砂丘に残されています。ここの一直線に伸びたビーチは地引網漁の絶好の場所でもあります。風の音、波の音、綱を引く掛け声が自然にマッチし美しい風景を織りなしています。


點此

浜海公路の路線上にある石城県界公園は、宜蘭県頭城と台北県貢寮郷の境に位置する公園です。旅の足休め場所として、また美しい海の景色を満喫するためのスポットとして、東北角海岸風景区に遊びに来る人たちのために設置されました。石城の波打つような海岸線は美しい限り。コバルトブルーの海水が黒味を帯びた褐色の岩に当たって砕けます。満潮時の猛々しい様子は北関の津波にも遜色しません。海の向こうでは漁船が亀山島を横切る風景がなんともいえない絵になっています。
県界公園内には東北角管理所が設けたコーヒーショップがあります。石城の景勝地を眺めながら飲む香り高いコーヒーは人生最高の贅沢です。


點此

竹安河の流域には至る所に水田や稚魚を養殖している淡水の沼地があります。河口からくねくねと西南方向に向かって入っていくと、川には竹篭が数多く設置してあり、養殖場では水車がガタガタと音を立てて回っています。だだっ広く静まり返った沼には葦や布袋葵が密生しています。ここで渓流は急に折れて、点在する水田や沼地、湿地、養殖場が姿を現します。山と水と天が一つに融け合い、穏やかに流れる川が鏡の役割を果たし、緑したたる山々が映し出されます。水鳥が群れを成して悠々と空を飛び回る様子はまるで詩的な絵のようです。
海を越えてわたってくる鳥たちにとって、竹安大沢は羽休めや越冬に格好の場所です。数千羽、数万羽のカモ科、シギ科、サギ科、カモメ科に属する水鳥たちがこのだだっ広い沼地に命のすばらしさと彩りをもたらしてくれます。これまで、この広大な水域は、水、エサ、隠蔽、空間と四つの要素が揃っていて、無数の水鳥たちのすみかとして利用されていました。
190種以上の鳥たちが飛来したという記録やその他めずらしい鳥がやってきたという記録も残されています。しかし、いいことは長く続かず、養殖場が建てられたあとは、生態系がすっかり破壊され、水鳥たちにとって魅力的な場所ではなくなってしまいました。いまとなっては、大きないくつかの沼でカモ科に属する鳥が何羽か見られるだけです。
できることなら、エビ養殖場を復活させる一方で、今ある沼地と湿地の状態を保ち、北宜(台北―宜蘭間)高速道路が開通した後も、自然資源と昔ながらの景観を守り続けてほしいものです。


點此

Wufongci Waterfall is a famous scenic area in Jiaosi Township. The name comes from the 5 peaks that line the background of the waterfall which look like a flag from afar. The best way to admire this spectacular waterfall is to stand at the Waterfall Viewing Pavilion where you can get a close view of the water gushing down the canyon. This is also a perfect location to view the surrounding mountain and valley scenery. At the bottom of the waterfall is a natural pond where the water is clean and clear. At the entrance of the scenic area is a water area for children to play in.

Walking up the trail past the Earth God Temple near the entrance, you will reach the waterfall source on foot within one hour. There you will discover a few water ponds. By the ponds is a small campsite known as “Wufong Yogu (Serene Valley)” among mountain climbers. The water here is extremely clean and sweet. Many tea lovers have come all the way here just to obtain water for brewing their tea in.


點此

五峰旗は宜蘭縣礁溪鄉の有名な風景区であり、噶瑪蘭廳碑の中に「以形得名、五峰排列、如豎旗幟:---形状から名が付いたもので、五つの峰の並ぶ様は、旗が立ち並ぶようであります---」と書かれています。 滝が五つの険しい峰の前に位置することから、「五峰旗瀑布(滝)」の名が付けられました。 全長100mの滝は、三層からなり、下層は約20mの落差があります。 滝つぼの下流には水が緩やかなところがあり、水遊びもできます。 中層の滝は、岩壁を突き抜けて流出しており、高さは約30m。「滝観亭」があり、緑連なる山々を一望することができます。 上層の滝は狭い谷の中からほとばしり、50mの高さを一気に流れ落ちます。 下層の滝は、五峰旗風景区の入り口に位置し、児童の水遊びコーナーが整備されています。 水は清らかで澄み切っており、週末になると大勢の人で賑わいます。 バーベキューや水遊びの声が弾む家族向けのレジャースポットとして親しまれています。
 風景区上方には聖母荘があり、景観と見晴らしはても良く、登山ルートとしても非常に美しく、朝聖者に加えて訪れる外遊者も少なくありません。
五峰旗風景区には、他にも景色が美しく、静寂な景勝地が多くあります。 風景区の入り口近く、土地廟の祠わきの小道を登り、一時間ほどで、五峰旗滝の源泉に辿り着きます。 何ヶ所も湧き水があり、そのほとりに、小さなキャンプ場があります。 登山者が「五峰幽谷」と名付けたこの地の湧き水は、甘美で、多くの人が汲んで持ち帰ります。 良い茶をおいしい水で入れると、相乗効果により芳醇で味わい深いお茶が楽しめるといいます。


點此

Yilan’s unique geographic terrain, which harbors a fault line through it, combined with the rich underground water resources within contribute to the formation of rare flatland hot springs in Jiaosi. The Jiaosi Hot Springs won their fame early on in the Cing Dynasty when they were known as the “Tangwei Hot Springs”, and hence appointed as one of the “8 most scenic spots in Yilan”.

The source of the springs is located under the foot of the mountain behind Fuchong Temple in Deyang Village. The springs flow into irrigation channels along the highway and across the railway into a bigger channel where in the old days local residents enjoyed their daily soak in the wonderful hot water. Nowadays, there are still two hot springs on this spot providing people with a different kind of hot springs experience. The Jiaosi Hot Springs are of the odorless, colorless, carbonic type. The water temperature within these hot springs stays at 50 degrees centigrade year round. After soaking in the springs, your skin will turn soft and smooth. The Hot Springs area is the busiest district of Jiaosi Township with hot springs hotels lining the streets on either end of the railway station. Public springs are also available on Jhongjheng and Gongyuan Roads, and behind the Wusha Memorial Hall. Admission is free.

In recent years, the Farmers’ Association in Jiaosi has dedicated itself to promoting the hot springs industry including hot springs vegetables, hot springs mineral water, and hot springs fish breeding. By making every use of the hot springs, their aim is to create a new source of income for local agricultural households as well as to promote the local travel industry. When you visit Jiaosi, outside of enjoying the wonderful hot springs, don’t forget to taste the gourmet hot springs vegetables here.


點此

宜蘭県北部県境の地質構造には特徴があり、地熱が断層地帯で熱気を上昇させ、地下水を熱し、それが地上のあちこちに温泉として湧き出ています。 中でも、「礁溪温泉」は古くから有名な温泉で、台湾では稀に見る平地の温泉です。 清代には、「湯圍温泉」として名高く、「蘭陽百景」の一つにも数えられました。
礁溪温泉の源泉は、礁溪郷徳陽村福崇寺の裏山で、小川になり、公道を流れ、鉄道を突き抜け、温泉が集まり、一つの流れになります。 その昔、当地の住民は、この蒸気の上がる小川で沐浴を楽しみました。 現在は僅か二箇所の公共浴場があるのみですが、民衆に違った沐浴の楽しみ方を提供しています。 礁溪温泉はアルカリ泉で温度は約50度、無色無臭、成分は塩化カリウム、硫酸ナトリウム、重炭酸カリウム、ホウ酸やミネラルを多く含みます。
この温泉は入浴後、皮膚に光沢ときめ細かさが戻り、肌がベタつかずサラサラする効果があります。 このことから“温泉中の温泉”と言われています。 また、温泉が皮膚病や胃病の治療にも効果があることから、遠方から多くの客が訪れ温泉を利用しています。 最近では礁溪農協が温泉野菜、温泉ミネラルウオーター、温泉養殖等温泉の用途を広げ、農村経済に新財源を提供し、同時に観光事業を促進するための企画を進めています。


點此

金車生物科技公司は、『金車伯朗コーヒー』として有名な会社の関連企業であるが、その社長が宜蘭県出身であったため、宜蘭の多雨多湿な気候を利用して、この会社が胡蝶蘭の栽培を始めた。年間約130万株の生産量を誇るこの大規模な栽培農場は、完全なバイオテクノロジーにより生産が行われている。大型のガラス張りの温室はコンピュータにより徹底的に管理され、ファン、スプリンクラー、サンカット用ネット、温度、湿度、そして日照に至るまで、全てが自動調整されている。そして遺伝子の組合せや組織培養、品種改良、免疫強化などの技術によって、大きく美しい優良品種が育てられるようになった。産品の九割は日本に輸出され、残りは宅配便ルートを使って国内で卸され、消費者の人気を博している。

胡蝶蘭は蘭の王様、花の君子と称され、その形は、あたかも羽を広げて飛び立とうとする胡蝶のようであると言われる。台湾の草花を代表するにふさわしい品種であり、また輸出量も世界一を誇っている。原産地はヒマラヤ、インド、インドネシア、オーストラリア北部で、原生種は全世界で約50種ある。

金車生物科技公司は、台湾北部で最大の蘭専門農園で、8,540坪の温室と130万株の胡蝶蘭があり、これまで世界各地の原生種や優良交配品種を収集してきた。現在、博物館の設立を計画しており、社会教育の発展に寄与し、人々の花を愛する心を育てたいと考えている。皆さんも、金車蘭花園で胡蝶蘭の世界を覗いてみませんか。


點此

礁渓ゴルフ場はおよそ1976年、国際ゴルフ界で名ある名人陳金獅氏が企画デザインし、林美山上に18ホールの国際水準のゴルフ場を開設しました。 このゴルフ場は蘭陽地区の唯一のゴルフ場です。 五峰旗滝に隣接して、依山傍水の美しい景観と空気の澄んだ所にあって、プレーヤー達に素晴らしい環境を提供しています。
ここは緩やかに傾斜する草原にあり、太平洋にぽっかり浮かぶ亀山島も眺められます。後ろには聖母山荘が、向かって左手には五峰への入り口があり、右手には蘭陽平原が縦横に走っています。景色の美しさといったら右に出るものはいないほど。約50ヘクタールを誇る敷地の裏手の窪地には名もない天然の池があって、球場で使う水の水源として利用しています。池では数羽のマガモが飼われていて、優雅に泳ぐ姿が見られます。
渓谷や林では時折鳥が空を舞っています。ある調査によれば、4組のオオカンムリワシのほか13種類もの鳥類が観測されていて、バードウォッチングや景色観賞、スポーツに最適の場所。またこのゴルフ場は雪覇と尖山の峰がここで交わって強い冬の季節風を遮る役割を果たしているため、プレーにはなんら影響がない。球場の施設は自然のよさを生かそうと人工的な手は一切加えられていません。


點此

金盈瀑布(滝)まで足を伸ばすと、自然の山水の幽玄さを味わえる、知的でロマンチックな旅が満喫できます。この滝は頭城鎮金面郷の山間部に位置しており、北宜公路からは僅か0.7公里の距離ですが、公共バスは北宜公路までの運行であるため、観光客の多くはマイカーかオートバイを利用しています。
この瀑布遊楽区は北門渓を中心とした、全長1.7km、標高50~430mのエリアです。滝の下流地区は曲がりくねった溪谷が約1.1km続き、高度差は260mに達しています。川床にごろごろ転がる岩石で、滝の流れはここで急速に変わっています。金盈瀑布(滝)の水は天然鉱泉水で、水量が豊富で季節の影響もほとんど受けません。この水は谷川ではなく、巨大な岩石の裂け目から山の地底の泉水が湧出ているとも言われています。そのため雨季でも乾季でも水量はほとんど変わらず、透き通った美しい水質を保っており、大変貴重な天然鉱泉水となっています。
このエリアも生態資源が豊富です。気候が穏やかで水源も豊富なため、棲息動物の種類は実に多く、鳥類をはじめ、昆虫類や小型爬虫類などが共生する生態系を生み出しています。植物は熱帶雨林に属しますが、上流の高地では針葉樹林が、ほかのエリアでは雑木林が多く見られます。入り口辺りに生い茂っている蛇木(シダ類へゴ)は、傘に似た独特な形状で、辺り一面に延びる蔓は一見の価値があるでしょう。台湾桫欏(ナツツバキ)はこの辺りでは最も多く見られる植物です。金盈谷は全体が山々に囲まれ、清らかな溪流が谷を貫き、山の緑と水の青さが緑の森林と共に美しい景観を作り出しています。この生命力溢れる風光明媚な大自然に身をゆだねれば、自然に溶け込み、思わず我を忘れてしまいそうです。


點此

「蘭陽十八景」の一つに数えられる「猴硐の滝」は礁渓郷白雲村にあり、俗に「白石脚」と称されています。日本統治時代には、二城近くの農業用水を満たすと同時に洪水を防止するため、1917年に当時の水利会(水道局)は白石脚の猴硐渓にあった堤防と用水路の修築を行った。そしてこの工事の重要性を知らせるため、滝の下方にある堤防の脇に「猴硐圳頭」と刻んだ石碑を建てたのです。
戦後になって台湾が主権を回復した後、滝の上流部にある水源が乏しくなったため、白雲村の住民が新たに小さな用水路を築き、滝の水が流れ着く最終区間を人工の滝にしました。そして、そこの水を農業灌漑用水として用水路まで引いたんです。その結果、滝本来の勢いは失せ、今では雨季に入ったときに幅6メートル、高さ25メートルの小さな滝が見られる だけになりました。
この時期にここを訪れた人だけが味わえる優雅で静かな雰囲気を持っています。崖を上って滝の上の岩に立つと、はるか遠くに亀山島が眺められます。さらに滝の上流の奥へと入っていくと、風化した洞窟が目に入ります。石を越え、崖をよじ登らなければ行けず、危険がともなう非常に険しいルートであるが、ここの風景は一見の価値があります。「恋愛中の二人が猴硐の滝へと登ると必ず結ばれる」という言い伝えもあります。お心当たりのある方はぜひこの地を訪れて実証してみてはいかがでしょうか。


點此

その昔「大埤」と言われた龍潭は、俗に「大陂湖」と呼ばれ、かつての「蘭陽十二景勝地」の一つであった。三方を山に囲まれたこの湖は、面積約17ヘクタール、水深4.5m、遥かに広がる湖面は宜蘭五大名湖中最大の湖で、辺りには手つかずの自然が残されている。湖畔のほとりを散策すると、樹木の陰で舞い踊る蝶々、時々湖面を掠める白鷺、静かに佇む深い山と美しい湖に、ため息が漏れる。

湖の近くには、廟もいくつか点在している。例えば山の中腹にある龍潭寺。湖のほとりから曲がった山道を登ると、そこは閑寂な仏教の聖地である。またそこから龍潭湖の全貌を見渡すこともできる。ほかに湖岸から分岐した道を行くと軒轅教黄帝神宮があり、黄帝が奉られている。漳聖が奉られている漳福廟は、湖の南端からすぐ。これらの廟はご利益があるとして、地域住民の信仰の場となっており、幽玄な景勝地としても人気が高いところである。


點此

跑馬古道は台北県烏来郷から宜蘭県頭城鎮、礁渓郷の境まで延びる、淡蘭古道の支線の一つである。

礁渓頭城の猴洞坑渓谷に沿って下ると北宜公路の石牌站付近に出る。そこから下り坂が五旗峰風景区まで続いている。全長約7kmで、そのうち3kmは国有林内に位置している。古道はかつて清代末期に、台北と蘭陽地区を結ぶ主要連絡路として重宝され、淡蘭便道とも呼ばれていた。また、第二次世界大戦時や日本統治時代には、日本軍がよく馬車で火薬を運んだり、馬で巡回したりしたため「陸軍路」、「跑馬路」、「馬車路」などとも呼ばれた。北宜公道の開通後は「上車頭路」と改称されたが、現在も「跑馬古道」の名で親しまれている。


點此

Located in the northwest of Luodong Township, and about 2 kilometers from the Luodong Railway Station, the Luodong Sports Park takes up a ground area of 47 hectares. Featuring expansive green land, it not only provides a perfect location for exercising, but is also a great place to appreciate mother nature. The overall design of the park is divided into 4 major parts including sports facilities, landscaping, water/landscaping, and the cultivation of various plants.

The Dongshan River Cinshuei Water Park was designed in accordance with Yilan County’s tourist oriented policy; while the Yilan Sports Park imitates European gardens with a strong aesthetics design. The Luodong Sports Park features a structure of both traditional Chinese garden and Japanese flavor and at the same time incorporating the beauty of Western square design. The Japanese group in charge of the overall design and construction of the park is confident about the recreational philosophy implanted within this sports park, which is to enable people to come in contact with nature, to be able to look up and see the blue sky, the puffy white clouds, and to feel the soft grass with bare feet and smell the scent of the earth, and to enjoy the beautiful water which reflects the sky. While enjoying the various sports facilities at the park, you will also enjoy being embraced by nature.

The Luodong Sports Park is almost as beautiful as a fairyland. Whether in the morning or at night, in spring, summer, fall, winter, on sunny, or rainy days, this park always responds to you inner most desire for consolation in nature. The Yilan County Government has really done a wonderful job in converting this former rice field by the Luodong River into a popular tourist spot.


點此

羅東運動公園は羅東市の西北に位置しています。羅東駅から約2キロメートル、園区は47ヘクタールを有します。この運動公園は広々とした緑地間に設立され、運動だけでなく自然の美しさを味わうこともできます。その設計は運動施設、地形景観、水流景観、森林植林地区の四大部分からなり、民衆に最適なレジャーと運動の場所を提供しています。
冬山河親水公園の設計は「観光立県」を強調する政策的意図と組み合わされています。宜蘭運動公園は欧米庭園をまねて設計され、対象、平均化、美の調和を採用しながら、羅東運動公園は、中国庭園の伝統と日本風味うまく生かした構造で、欧米広場の有する全体美を設計に取り入れています。全体的な企画は日本の高野景観株式会社責任を負い、自信を持って表現しています。この運動公園のレジャー哲学は、人を自然と親しくさせることにあり、青空白雲をを仰ぎ見ることができ、裸足で芝生の上を歩き、大地の芳香を嗅ぐことができます。もちろん澄んだ水がキラキラ光る中で、雲の影を感じて徘徊する感覚は特に各方面の設備の整っている運動施設の中でこそ身にしみこみ、 一層自然に抱擁された幸福感を感じるのです。
確かに、私達はいかなる角度からでも羅東運動公園を鑑賞することができます。あなたの賛美、ひと言で言うと…人間界の仙境である! 朝晩の夕焼け、春夏秋冬、晴天雨天曇りの日、すべての四季の移り変わり、季節ごとに、ここの緑は永遠にあなたと最も親密に語り合います。もとは羅東渓堤防の下の人目を惹かなかった耕地でした。宣蘭県は無から有を生み出しました。建設後は「評判は台湾中に行き渡った」観光名所になりました。羅東人に言わせれば、この公園は人を自然に近づけ、自然に親しみ、自然を体験させる、健康で楽しい代名詞です。芝生の上に横たわり、大きな太陽を見、夸父が追いかける中で荒野へ落ちのびて行く、池の底に縦横に生い茂る藻、柳葉が風に揺らめく中で歌う、これは徐志摩がケンブリッジに濃い焦がれた夢を探すのではなく、あなたがわたしが人造の山並みの草の坂道を散歩し、大自然の洗礼を享受するのです!
美しい景色に向かい合い、果たしてこの世の仙境と称することができるのです!


點此

Formation of the cold springs requires abundant underground water reserves and a rich lime stone stratum. Suao fits these requirements because of the rich rainfalls she receives and the local thick and solid lime stone deposits, hence these springs are one of the 3 rarest cold spring sites in the world. Located near the intersection of Jhongshan Road and Cold Springs Road, the Suao Cold Springs were discovered by the Japanese in 1928. Currently there are two cold springs bath locations: one at Suao Cold Springs Area sporting men/women outdoors public pool and private tubs, and a second located near the Alishe Bridge featuring a children’s water activities area and a men and women’s pool.
Admission is free to locals, while a small cleaning fee is charged to visitors from outside of Yilan. When you first plunge into the cold springs, you will be shivering cold, however after a short while, your body warms up and becomes covered with natural bubbles which constantly rise from underground. It is like soaking in a sugar-free soda - a unique and fun experience. The springs’ medicinal properties are said to be good for skin disease and stomach illness. Here, the water which has a high carbonation content stays at 22 degrees Celsius year round. This resource was put to use as early as the Japanese Occupation period via the establishment of a cold springs soda factory on the site. The cold springs soda, known as the “Lemonade”, along with “Yanggeng (a sort of bean-jelly bar)” made from cold springs water are 2 local delicacies.


點此

天下第一の温泉は蘇澳の冷泉と称されます。本当に珍しいものです。特にこのように澄みきっていて清潔な冷泉は少ないのです。冷泉の形成には必ず十分な地下水と石灰カルシウムの岩石層がなくてはならず、蘇澳はまさに宜蘭の豊富な降雨量と分厚い石灰岩石層を兼ね備えているのです。蘇澳冷泉地帯は中原路と冷泉路のかなり特殊な場所に位置しています。1928年日本人によって発見されました。現在冷泉の浴室二箇所にあります。一つは蘇澳冷泉区で、男女の露天風呂と個人の浴槽があります。もう一つは阿里史橋の近くに、児童の水遊びエリアと男女の二浴室からなっており、現地住民には無料で、観光客からは清掃費用を徴収しています。そのほかのスペースは公園になっています。蘇澳冷泉と礁渓温泉、宣蘭県境の地下の宝物です。
皆様がこの珍しい天然の貴重な宝物を大事にして下さることを願っています。冷泉に浸かって五分ほどで体が発熱してくるのが感じられます。しかも浴槽の底からは絶えず清潔で細い泡が湧き出て全身を泡で覆います。まるで無糖のサイダーの中に体を浸しているようで、非常に面白いものです。この冷泉は皮膚病にきき、飲めば胃腸に対して医療の効果を持つそうです。珍しい冷泉、必ず五字分で体験してみてください。このほか、冷泉の水質は澄みきって甘美でしかも大量の二酸化炭素に富む、摂氏22度の「低温鉱泉」は、東南アジアの唯一の特有な資源です。また大量に二酸化炭素を含むため、かつて工場で「ラムネ」を生産していました。冷泉を利用してできる「ようかん」も蘇澳の特産物になっています。


點此

武荖坑林泉は冬山郷にあり、蘇澳鎮の境に位置して、細長い狭い谷あいから広がりはじめ、東、西の2つの渓水が合流し、全長約24キロメートル、大坑罟で海に出ます。山頂には、水の気が立ちこめ、銘茶を豊富に産出しています。宜蘭人が夏の暑気を払う天然の景勝の地なのです。1994年に整備され、千人を収容し谷川で水遊びができるようになり、登山で景色を愛で、お茶を賞味し、キャンプに適した地です。昔、渓谷で砂金が取れると思い、多くの人が入り込み砂金探しに財産を使い果たし、結局夢ならず、すごすご帰っていきました。台湾の言葉で「武荖坑」といいます。
武荖渓谷は林木生い茂り、清流が激しく流れ、奇岩が重なり合い、小道は曲がりくねり、泉水は芳醇で「武荖林泉」の誉れをいただいています。新しい「蘭陽八景」のひとつです。エリア内には青緑の坂道が、谷川の中にはいくつかの小さい滝があり、清流の青玉をたたえ、静寂で気持ち良い場所です。渓水はゆるやかで、水位は深くなく、水遊びに最も適し、エビとり、ボート遊び、より深ところでは、渓流釣りの理想的な場所です。  
渓流の両側は、森林が茂り、目に入るものは全て緑で、自然の景観は本当に美しい。生態環境は豊かで、鳥類も蝶類もで私たちをうっとりさせてくれます。県政府はこの地区を大規模なキャンプエリアにする計画で、この工事は続々と完成しています。今後、必ず宜蘭の人々が水遊びに、キャンプをする人気の場所になります。また戸外で自然生態を学ぶすばらしい教室を提供します。


點此

豆腐岬は南方澳漁港の東に位置し、陸続きの島と砂州からり、またの名を「砂首岬」と称され、海の岬の岩礁が豆腐の形を呈しているところから、「豆腐岬」と呼ばれています。もとは漁業の専用港として計画されていました。南方澳東側の防波堤が竣工した後、その地形は半分密封するアーチ形で、凹底の砂浜は、近くの住民の水遊び場所だったことから、ここに海水浴場を建設することが決定され、さらに拡充され水遊び、焼肉、ピクニック、海釣りなどが楽しめる天然の楽園です。近くには包丁嶺があり、釣り客は歩きながら、また嶺に登坂して近くの海岸の風光を高い所から見下ろせば、「別世界だ」と称することがでます。
豆腐岬の範囲はわりに広く、海岸の散歩道は西北から東南に向い、階段に、長亭見晴らし休憩エリア、入口広場エリア、砂浜活動エリアと防波堤エリアとつながっています。湾口にはゴミ濾過網が張られ、水質は清潔に保たれ、夏の日の波は静かで、水遊びに適し、潜水、水泳、ピクニックなどの活動に適しています。日の出の景色は美しく、東に向うと、海と空が一体となり、ご来光の朝焼けは夜空を破り、夕日はおぼろに、帆を張った漁船の帰港は一幅の美しい景色です。


點此

ここの海岸地形は、海水の浸食と堆積作用から形成されている。岬、海底の岩礁、海食崖など。また海水の浸食に、細かい砂と小石が混ざり合った砂浜も、堆積によるものです。山を背に広がる大海原。訪れる観光客は決して多くなく、静寂の中に美しい自然の佇まいが見られる。海からのご来光、波の音。砂浜と小高い丘が描く対照美。黄昏どきに砂浜に寝転び、鬱蒼と茂る緑の山影と溶け合う紺碧の空を眺め、波音に耳を傾けて大自然の懐に抱かれれば、日常のストレスは洗い流され、すがすがしい気持ちになれるだろう。夏のマリンレジャー、ダイビングなどにも格好のリゾート地となっている。

美しく澄んだ水と美しい眺めで、夏のリゾート地として人気を集めているが、この海域は海底の起伏が激しく、海面が一見穏やかな時でも潮の流れが速いため、かつて水の事故が起きたこともあった。そのため内埤海岸では、海に向かって観音像を立て、海水浴を楽しむ人々の安全を祈願している。また地元の人々も観音像に線香をお供えして、人々の安全を祈願している。

海浜公園(別名北濱公園)が計画されてからは、沿岸歩道や、観光用の休憩所、バスケットコート、駐車場などが整備され、台湾梅桐(トベラ)、水黄皮(クロヨナ)、台湾樹蘭(ジュラン)、白水木(ハマムラサキ)、台東漆などが植樹され、この場所はさらに美しい観光地となった。


點此

蘇澳港は昔東港と呼ばれていました。三方を山に囲まれ、地勢は険しく、港の東は太平洋に向っています。北方澳から、蘇澳と南方澳は自然の港を形成しています。天然の恵まれた地形で、昔から海賊など外部からの侵略者にとって垂涎の港でした。港は広々とし、中に暗礁があり、春夏には海面は穏やかになぎ、 船舶の影海に映り、それが空中に幻の楼閣を反映します。まるで仙人の境界のようで、そのため「蘭陽八景」の一つに選ばれ「蘇澳蜃気楼」と呼ばれています。  

蘇澳はめったにない天然の良港を持っていますが、その状態は非常に険要でした。全体の港の開発は少しずつ成されてきました。清代には南方澳と北方澳の二漁村だけでした。第2次世界大戦の末期、日本政府は蘇澳に国際港の建設は始めましたが、敗戦のため中断してしまいました。光復後、政府は宜蘭県で加工した木材品の輸出のために、1965年に小規模な貿易港を建設しました。1974年に蘇澳港の拡張工事が十大建設の一つとされ、九年の工事の後、蘇澳港は国際貿易港のグループに加えられました。北方澳は軍港として接収され、南方澳は引き続き台湾三大漁港の一つとして重要な役割を担ってきました。しかし、この港は国際貿易港で、普通の人は見学することができません。ただ蘇南(南方澳)道路沿いから、あるいのは砲台の山頂から港の雄壮で美しい景色を見下ろすことができます。

娯楽と休息の名所は東部海岸地帯に沿っていて、果てしなく広い太平洋を臨むことができます。ここの岸の地形は岩の多い海岸が多く、景色は珍しいほど美しく、まるで詩のようでもあり、絵のようでもあります。七星嶺の上の風空仔からながめる景色もとてもすばらしい。港の入り口に立って、南に港の雄壮さを見下ろし、北を眺めれば遠くに亀島を眺めることができて、近くには蘭陽平原美しさが望めます。蘇澳港は蘭陽沿海上の特殊な位置にあることがさらに深く認識できるでしょう。


點此

無尾港は台湾の主要なガンやアヒルの生息地で、もとは静寂な河川で、蘭陽平原の東南に位置し、太平洋に臨み、南は北方澳より、周りはに大坑罟、港口、港邊、嶺腳、岳明の新しい集落あります。河口の河道は土砂で詰まるため、水は流れることができなく、「無尾港」と名づけられました。月日のたつうちに、アシの茂った沼沢を形成し、背の高い大きな木麻黄、黄槿、林投などの樹木は密生し防風林となって沼沢を囲み、めだたない静かな、人の通らない場所になっています。まるで梭羅の筆になる「湖浜散記」の情景です。こんなにすばらしい環境は宜蘭だけではないで、台湾全土の沿海地区でも見出せません。その自然が、ガンやアヒルの冬の最も好む場所なのです。

毎年11月ごろから続々と少なくとも3000羽の以上のガンやアヒルが集まってきます。小さなアヒル、花口アヒル、尾長ガモ…等十数種;湖と海を何度も行ったり来たりしています。台湾の唯一の海のアヒルの奇観を形成し、成千羽のアヒルが隙間なく海上に漂う様は、非常に壮観です。無尾港では一年間におよそ140種の鳥類が見られ、冬の11月から翌年の2月ごろまでが鳥の最高の季節です。ガンやアヒルが日光をさえぎるほど飛び舞わり、湖面にぎっしり漂っている姿は、鑑賞する人々を感動させてくれます。1988年、台湾は国際水鳥と湿地研究組織(IWRB)に加盟しました。無尾港は生態条件に優れ、アジアの重要な湿地の一つに数えられ、毎年報告の中でここのアヒルの冬のすごし方状況が記載されています。1993年9月、行政院農業委員会はついにここを「無尾港水鳥保護区」と確定しました。


點此

地下から湧き出る地熱泉で、水温95℃の清水地熱(石門渓)は硫黄臭のあるアルカリ泉です。宜蘭県大同郷の渓谷の間に位置し、清水地熱脇には岩と緑の淵がある、きれいな渓流が流れ、地熱による水蒸気が充満していて、まるで仙人の世界に居るような気分がします。地熱泉の温度は高過ぎるので入浴はできませんが、周囲の景色はとても美しいので、休日になるとたくさんのレジャー客が来てBBQ等をしたり、泉水で玉子、とうもろこし、タロ芋、サツマイモ等いろいろな食材を煮たりして楽しんでいます。とても人気のある観光スポットです。


點此

宜蘭河は「大礁渓、小礁渓、五十渓、大湖渓等」が流れ込んで出来たもので、その水域には礁渓、員山、宜蘭、壮囲等の都市があります。清の統治時代、河面はとても広かったのですが、大雨が降るとすぐに氾濫して水害が起こり、何度もその水路の工事が行われました。挙人の林廷儀は以前「風吹けば枝が西に東に曲がり、水が溢れれば河が北に南に曲がる」と言う2枚のお札(対聯)を書きました。宜蘭河は元々、淇武蘭から頭城そして海に流れ込んでいました。その後、水害が起こり下渡頭から壮囲東港に流れ、蘭陽渓を通って海に流れ込むようになったことからも、先のお札の言葉はまさに真実の姿なのです。その後、日本統治時代に西郷菊次郎・宜蘭庁長は、宜蘭河がよく氾濫を起こし大きな問題だと感じ、すぐに堤防機能を強化或いは修繕し、河の流れを整えました。そして、当時の市民はこの西門堤防上に「西郷憲庁徳政碑」と刻みました。戦後、県政府は引き続き堤防機能の強化の為に上層機関より補助を受けましたが、当時は水量も抱負で水面に映る景色、向かいの山々の姿がまるで絵のようで、まさに絶景でした。その結果、「蘭陽18景勝地」に選ばれ、別名「西堤晩眺」と呼ばれました。現在の宜蘭市内の宜蘭河は、河底を広げ、堤防の階段部分、陸上競技場、バスケットボール・コート、野球場等を直し、周辺の河岸の緑化を図り、河浜公園として景観を整え、余暇とスポーツのニーズに対応しています。


點此

のんびり歩く~~四季折々の花が咲き、鳥がさえずりながら公園の中を飛び回っている~~現代風で、手間がかけられた、多目的スポーツの空間、宜蘭運動公園は宜蘭市の中にあります。省道台9号線に隣接し、面積は約27ha、完全に対外的に開放されており、余暇とスポーツに利用され、県立文化センター(文化中心)は塀の無い人に優しい設計の施設です。ここは台湾で初めて造られた運動公園の先駆けです。1992年の台湾体育大会はここで開催されました。ここはどこからでも出入りが自由で、自転車以外の車両の入場は厳しく管理されています。公園の木々は季節によってその姿を変えてくれます。健康路の木綿の赤い花が満開になると、暑い夏が近付いて来た証拠です。また台湾木欒子(モクゲンジ)がその黄色の蕾を付けると秋が訪れます。ハナズオウ(紫荊花)が地面一杯に落ちるともう冬がそこまで来ていることが分かります。そして春はたくさんの花が咲き誇る季節です。公園内がたくさんの花でとってもにぎやかになります。普段は家族みんなで、いろいろな花を観賞したり、散歩、自転車、凧揚げ等をしながら公園の良さを満喫できます。またこの風景の美しい場所に、様々なスポーツが出来る運動場もあり、良い記録も期待できるでしょう。宜蘭市以外の方は、ゆったりとした旅の途中でここに足を伸ばし、ゆっくりと青い空、白い雲、花の香りや鳥のさえずりを楽しむのも良いでしょう。樹木の多いこの公園で、縮こまった心も体も伸ばし、蘭陽平原の「緑とパワーの交響詩」を体験してください。しっかりした設計で、老若男女を問わず楽しむことができるでしょう。ここは普段は余暇とスポーツの場として最適ですが、休日ともなるとたくさんの人が集まります。一方で、そこに集まる屋台がこの場所を汚すことが、公園側の心配の種です。いずれにしても素晴らしい運動公園は幸せをもたらします。この幸せをしっかり感じ、みんなが触れ合えるこの場所を大切にしたいと思います。


點此

宜蘭の地下水位は非常に高く、常に地表5メートル以内に接近しており、台湾全土においても、水資源の最も豊富な地区です。この二つのプールは冬山郷の近くにあり、清潔な泉水を湧き出たせています。昼夜ひっきりなしにプールに注ぎ込み、水資源の専門家によると、台湾で最も清潔なプールだそうです。


點此

豊かな山々に抱かれた員林郷大湖地区は、現代的な果樹園が多く、緑に包まれた車道が長く伸びるなど、昔ながらの農村の風景が残されています。そのため、宜蘭県で初めて「華やかな農村」に選出されました。なかでも、代表的な存在しているのが「崩山湖観光果樹園」です。

「崩山湖」は水の量がそれほど多くないです。この辺りは周りを山に囲まれた湖のような形をした地域。土地が急峻でガケ崩れも頻繁に起こることから「崩山湖」と呼ばれるようになりました。地形が険しく、山で採れたものはすべてシューターを使って運んでいます。谷間は広く、遠くには青々とした山が近くにはさらさらと流れる川があり、景色は美しい限りでります。また至る所にスターフルーツやグアバ、ナツメ、みかんなどの木が植えられ、枝にはたわわに実がなっています。ここは大湖地区でも最も有名な観光果樹園であります。

これだけではなく、この観光果樹園がある地域は、大湖でも民宿が一番多く集まっているところでもあります。個人の別荘のような外観を持つ民宿は、設備も完備されていて、宿泊客が快適にすごせるようになっています。

昼は旬のフルーツ狩りに出かけたり、緑したたる田園風景を眺めたりしてすごし、夜は民宿で虫の鳴き声や川のせせらぎ、風の音に耳を傾けたりして農村の生活を満喫しましょう。


點此

Honeymoon Bay, located near Dasi in Toucheng Township, is the only sand beach north of Beiguan. Shaped in the form of a crescent, with crystal-clear waters and fine sand, it is an ideal place for families and romantic couples alike to spend their leisure time. Traveling down Provincial Highway No. 2 to Honeymoon Bay, there is a grassy area with trees nearby, large enough to hold 200 campers. Being able to enjoy the view of Turtle Island in the distance and the unique features of the nearby bay, visitors can also enjoy swimming, fishing and diving here. One of the exclusive features of Honeymoon Bay for visitors to enjoy is the soft sandy beach between the coral rocks. Here you can find 1 to 3 meter tidal waves which make this the star northern Taiwan spot for surfing. On par with Fulong Beach, Honeymoon Bay offers great neighboring scenic spots, ocean, and beach activities.


點此

宜蘭県頭城鎮大渓近くにある蜜月湾は北関から北のエリアではただひとつ浜辺のある海岸です。弓のような形をしたこの湾は海の水が透き通っていて、平らな浜辺が遠浅に続いています。ここはカップルなどが散歩したり水遊びをしたりするのに最適の場所です。台2号公路(国道2号線)沿いにある蜜月湾の脇を通り過ぎるとき、堤防との間に密生しているビーチ・モーニング・グローリー が目に入ります。近くには見るからに涼しげなカジュマルの森があります。またここは200人規模のキャンプができます。

遠くには亀山が眺められ、近くの蜜月湾にある優雅な弧を描いた浜辺では水泳や釣り、ダイビングなどのアウトドアスポーツも楽しめます。蜜月湾のもう一つの特別なのは両側の岩礁。 中央部分は細かい砂からできたビーチで、波の高さが平均で1~3メートルもあるため、北部での主要なウインドサーフィンのスポットにもなっています。

ここでのツアーコースは海辺、キャンプ、海水浴場、北関などのスポットと合わせ、砂浜、岩石海岸、海食地形の観賞などの活動を盛り込めばきっと台北県福隆海水浴場にも匹敵する観光地になると期待されています。また緑化をさらに進めながら、観光地として特別プロジェクトを組んで開発することもできます。こうすることによって、ダイビングや水泳、サーフィンなどマリンスポーツ愛好家もついでにブラッとすることができ、ファミリーで来た人たちは貝拾いに興じたり、海の生き物たちに親しんだり海の楽しさを再発見できるはずです。


點此

原生植物区の設立は、1995年7月、南澳工作站執務室の新築と移転計画の時に着手された。クスノキ林を切り開いて、植物標本園を造ったのが始まりだ。地形は平坦で、園区の敷地面積は8.99ヘクタール、平均海抜は25m。

森林の機能や森林と人々の生活の密接な繋がりを教育、学習し、南澳地区住民の台湾本土の植物への理解を深め、森林生態の重要性を学び、人々の森林愛護の精神を育てたい、このような目的でこの植物園が造られた。

郝欽森氏によって園区の植物が分類され、現在植物の種類は類植物一科二種、裸子植物八科十九種、被子植物五十八科百六十八種、そのうち竹科の植物は二十四種、水生植物は十二科十五種、合計七十九科二百四種ある。主に喬木が中心ですが他に蔓科や草類もある。

裸子植物の主なものは、台湾杉(タイワンスギ)、台湾肖楠(ショウナンボク)、柳杉(スギ)、台湾扁柏(タイワンヒノキ)、紅檜(ベニヒ)などで、被子植物は、木蘭科、薔薇、樟科、殼斗科(ブナ科)、杜鵑(ツツジ)科など、竹類植物は、桂竹(ケイチク)、綠竹(リクチク)、莿竹(シツク)、蓬萊竹(ホウライチク)、葫蘆竹(ダイフクチク)など二十種類余りにものぼる。


點此

Early on, the Han settlers here established a sawmill. In the Atayal language, “sawing” was pronounced as “helan”. This name slowly came into use as the place name for today’s “Yulan”. Located 101 kilometers down the Provincial Highway No. 7, Yulan faces the broad and open valley of the Lanyang River, nesting against Nancuantoumu Mountain in the north with continuous stretches of tea plantations girdled by towering mountains in the vicinity. This area is part of the Syue Mountains. The misty weather here is especially suitable for the cultivation of tea. The main tea varieties grown here are Cingsin Oolong, Jingsyuan, and Cueiyu. The tea leaves are dark green in color. When brewed, it has a strong aromatic scent that leaves a lasting taste in your mouth. Thus the tea here is known as “Yulan” Tea.

The Provincial Highway No. 7 travels along the Lanyang riverside. The mountain and water scenery along this route is simply breathtaking. You can see Turtle Island, the Pacific Ocean, and the Lanyang Plain from the Lansin Pavillion. After a view from this location you may not want to return home! Due to the fact that there is no glare from city lights, visitors can witness a night sky full of twinkling stars. You may even be lucky enough to spot a shooting star! Not far away you can see the floating night lights of the Lanyang Plain, joining together with the starry night makes for a spectacular scene. Standing in the scenic rest stop and taking in all the green sights on the Lanyang plain can be a moving experience. Yulan village is also the entrance to Songluo Lake. Entering the mountain area by following the Podangkeng River, which takes about an hour, you will finally arrive at the legendary Yulan Waterfall - a truly spectacular sight.

“Yulan” Tea is the prominent tea in the Yilan area. The production area for this tea is located in Datong Township, in Yulan and Songluo villages. To its benefit, Yulan village possesses enormous mountainous area with tea plantations traveling the length of these mountain slopes. The evenly planted tea makes for a beautiful sight. The total area of cultivation for the tea plantations is 500 hectares. The tea here belongs to Baojhong tea variety and is of supreme quality and the coloration and scent are of the highest order. The county government is currently providing necessary assistance to area tea farmers concerning the establishment of water spraying pipes, water reservoirs and work roads within the special tea plantation areas. Tea cultivation, manufacturing training, and teaching sessions are also being held by the county government to raise the quality and quantity of the tea production here.

Special farm produce: “Yulan Tea” is the prominent tea of the Yilan area with production areas centered in Yulan Village, Datong Township. There is also the unique “tea meal” offered here to lure the gourmets of you out there for a fine meal. Also available are delicious tea jelly and tea smoked eggs, which are certain to make your mouth water. Furthermore, various tea-related activities are available here including Hakka style Leicha (tea crushing), tea leave picking, and DIY tea making, all great fun!


點此

「南澳農場」の所在地は宜蘭県蘇澳鎮海岸路・・・で、蘭陽平野の最南端の部に位置しています。行政上の区画では、蘇澳鎮の「の朝陽里」と言う村落地帯に編入されており、交通の便は、蘇花自動車道を利用しても、北廻鉄道に乗っても行けるから、不便ではありません。農場の前面一帯は丁度、「南澳渓」と「北渓」と呼ばれる河の交流地点となっており、背後の澳尾山とが相まって、農場の周囲―帯は何処も青々とした山の樹木と河の流れに取り囲まれている訳であります。農場敷地内で見られる動植物の生態は真に豊かです。場内の道路もきちんと区画、整備されています。生い茂るユーカリの林、四季折々の花や果実、それに有機栽培中の野菜も多いです。これら、農場週辺の山や海の豊かの自然に触れようと、やって来る人達が少なくないです。景勝地を探訪し、生態を観察し、知性を磨きます。又、キャンプに訪れるグループや親子連れでの活動に最適で、キャンプ用の施設、マウンテンバイクの貸出し、農作業の体験をするコースも設けられています。

南澳農場の面積は約96へクタールで、元々財政部の国有財産局の所有で、土地銀行が委託されて経営、管理をしていました。民国88年の正月からは宜蘭県政府が租借の権利を取得する事に成って、其の後、県政府はこの地を台湾中で最も環境保護運動の行き届いた開発地域にする為、目下、「生態の旅」の企画や「レジャー・休憩村」の建設、そして大会議開催の為の施設など有する多目的な構想「大南・生態博物館パーク」の建設に取り組んでいます。劉県知事はかって次の様に指摘した:「南澳地区の開発により、将来、県産の有機農作物が大台北地区を市場として発展して行く場合、それに必要な最低限度の経済規模を、宜蘭県は確保することが出来ます。そして、有機農業の推進団体はこの重要な役割を達成する為、南澳地区にあける於ける有機農産物の生産技術や検査、販売等に関する的確な対応を怠らず、その経営に対する総合的な協力体制を敷く必要が有る」と。

南澳農場地帯の土壌と気候に関して言えば、この辺には大昔に河床であったのが、後世に沖積台地と化けした土地なので、河沿いの地以外は大抵のことで水侵したになる様なことはなく、水はけも良いです。そして、四方四面にユーカリの木等で防風林が設けてあり、この地の生態環境は工業社会から孤立した状態なので、付近に環境汚染源も無く、河川の水も清らかである。樹木も、己にここで人工栽培を言っている種苗以外の「原生樹」に関しては、その“種子”(種子を包む皮)に遥か原生時代の特質が残ってる様な樹木がある土地柄故、我々が当地での有機農業を発展させようと力を入れるのは、全く、自然の条件にマッチしたものであり、成功の可能性すこぶる大きいのであります。 

南澳農場一帯の気候は孤立型であり、宜蘭市とも花連地区とも異なる。即ち、雨が少なく日照時間が長い上、年間の平均気温が23度。温暖で乾燥気味の気候は農作物の生育に適しています。とは言え、毎年の如く訪れる台風によって被害を受ける可能性は極めて高いです。但し、農場の近くにはいかなる汚染源もなく、最も近い民家でも3キロ以上も離れています。この様な恵まれに環境と有利な条件を持つ土地柄の農場で、尚も環境破壊の問題も十分に考慮しつつ有機農業の発展に力を入れる訳だから、成功の可能性は甚大であります。


點此

枕山は宜蘭県の西北よりに位置し、北には山が控え、大礁溪河流の堆積による扇形の平原で、典型的な農村です。昔、一人の仙人が天枰を担いでいた時突然天枰棒が折れました。二つの荷のうち、一つは員山に転がり、もう一つは北地に転がった。仙人はここで、荷物平にし、枕にして休んだという噂がありました。山の形が枕に似ていることもあり、後の人が枕頭山と名付けました。

農業区内の土地は肥沃で、楽山梨、蓮霧(ワックスアップル)、グァバ、桃、員山花卉、李仔もち、金棗もちなどの特産品があります。

区内には多くの景勝地があります;大礁溪軟埤は、水源が湧き水で、水質が良好。また、三方を山に囲まれ、林が密生して、水鳥や白鷺などの鳥類が通年棲息しています。
李仔山は蘭陽八景の亀山朝日を観る絶好のポイントです。水尾防空壕の内には、こうもりが棲息し、この地域一帯がよい生態環境を保っています。 

有名な枕山春梅-蜜餞(果物のシロップ漬け)の故郷で、ピクニックにもおすすめ、こちらも蘭陽十八景に選ばれています。大樹公-歌仔戲(台湾伝統歌劇)の生まれ故郷、頭份路にある茄苳(サガリバナ)の老木は、当地の文化に関わった一本の古い樹です。歌仔戲の創始者欧来助氏がその昔、この樹齢千年の老茄苳の樹下にテントを張り、歌を指導した由縁があります。而して、蘭陽平原の“本地歌仔”が世に出たのであります。
食べる、遊ぶ、果物狩り、バードウオッチング、ビューウオッチング、景色を楽しむ民宿への宿泊、全て、当枕山近代農村公園にお任せを。ご光臨を歓迎しております。


點此

芋頭削皮切塊蒸熟後,以酒瓶輾成泥糊,加上豬油、蛋、糖和桔餅攪和再蒸熟即可。
宜蘭的芋泥香Q可口,外表不易察覺高溫,食用時需注意熱度。

http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243   (大漁翁餐廳)


點此

宜蘭縣最具代表性的地方名產,莫屬香脆可口的牛舌餅。昔時,小嬰兒出生滿四個月父母 親依習俗古禮,將餅穿孔,掛於小嬰兒的胸前,請親友為小嬰兒收涎(口水),藉此保佑孩童此後聰明伶俐。該餅自古延傳至今,成為蘭陽名餅,因其形狀像牛舌,故名為牛舌餅。
此後,在蘭陽平原居民們的巧思下,牛舌餅開始變成了美味可口的地方特產。許多往來宜蘭的商旅,總是大包小包的採購,帶些『伴手禮』回去自家品嚐或饋贈親友。共有蜂蜜、椒鹽素食、黑糖、牛奶、金棗、海苔、花生等多種口味供消費者選擇。 http://www.yilancake.com.tw/ (東南蜜餞鋪)


點此

冷泉特殊的泉質能使羊羹更為Q心,是蘇澳羊羹的特色。本廠製作的羊羹口味獨特、不添加任何防腐劑、甜而不膩、是屬於地方特產,很適合送禮、全家聚會泡茶之點心。
口味多樣化,紅豆的咬勁兒好,每一口都能吃到顆粒完整的紅豆、綠茶清香、金棗止渴、巧克力入口即化最受小朋友喜愛、咖啡濃郁是大朋友聚會中不可少的點心。羊羹口味:紅豆、綠茶、金棗、咖啡。


點此

泡完了礦世奇泉『碳酸冷泉』,再來瓶納姆內『彈珠汽水』,哇!真是人生一大樂事。怎樣!心動了嗎?心動不如馬上行動.....。


點此

雖成立時間只有短短3年,但卻是本廠一大驕傲,口味多樣化,口感更是一大創舉,綿密而不黏手,餡兒多、香Q是麻糬中的極品。
台灣的國際機埸也有在銷售,可說是國民外交最好的『拌手禮』。


點此

宜蘭的金棗酸酸甜甜,泡杯熱茶,止咳潤喉值得您一嚐。


點此

「永豐活海鮮餐廳」最初源於「永豐食堂」創於民國五十三年,當中由於創辦人,林維甲先生,對於食材上的嚴選與食感上的執著,不段推陳出新而將味覺推向更高一層,更獲得許多老饕好評和支持,食客日益繁多,不敷滿足加上環境變遷故決定擴充營業版圖,進而於民國七十六年成立「永豐活海鮮餐廳」迄今十年贏得各界愛戴;其中有位喜慶宴會者的精心規劃,也有純屬於老饕的喜好,不論新店落成,拔擢晉升,誕辰慶生,謝師宴、尾牙春酒、選舉餐會等,處處皆可見本店的用心,在餐飲界中創造佳績、絕對讓您席捲全台。(永豐活海鮮餐廳)


點此

各式燒烤‧宜蘭美食


點此

牛羊肉大餐--無骨牛小排、炒牛雜、羊大骨湯鍋、烤羊肩排和烤羊肉串..,不停創新的吃法,讓你驚喜連連;還有特製冰淇淋,每種口味都刺激你的味蕾。


點此

桔餅和冬瓜糖、豬脂肪、麵粉、鴨蛋攪拌後,用豆皮捲成條狀,先蒸熟待冷卻後切成菱型再油炸(溫度約三十度即可),糟餅與芋泥都屬於甜點類。

http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 (大漁翁餐廳)


點此

精選上等五花肉(三層肉),浸泡紅糟調味配方,味道獨特;配大蒜食用風味尤佳。

http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 (大漁翁餐廳)


點此

西魯肉其實是一種什錦羹,廚師術語「潑魯」及勾芡之意,因以肉絲為製作羹的主要材料故稱西魯肉。作法是以大白菜墊底,上置蛋(油炸蛋),再淋上以肉絲、香菇、紅蘿蔔做成的勾芡,即為西魯肉。

http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 (大漁翁餐廳)


點此

糕渣、芋泥向來是被視為代表宜蘭人性格的名菜,因其外表冷卻而內部炙燙。糕渣是以雞胸肉熬湯瀝清,並將赤肉和鮮蝦仁剁碎,再將肉泥、高湯、雞油加太白粉放入鍋中,以小火邊煮邊攪拌約一小時,待其冷卻凝固再切塊油炸,等糕渣呈金黃色即需撈起。

http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 (大漁翁餐廳)


點此

金棗原名「金柑」或「金橘」,又叫「牛奶柑」。原產地為中國大陸江西省山嶺一帶,為芸香科常綠灌木,葉呈橢圓形,高可七尺,開花五瓣,白色,果實圓形或橢圓形,呈金黃色,大約如大拇指,可食用,皮部芳香甘美,糖漬最佳,果肉酸中帶甜,具有止咳潤喉、養顏美容之功效,成為蜜餞製作最好的原料。
金棗糕原為清朝大內珍貴蜜餞,道光年間傳入宜蘭,百多年來已成為蘭陽名產,名列宜蘭四寶首位。


點此

自民國六十九年由桃園區農業改良場引進白梗大葉種,二十年來,深受好評。產期自三月到十二月之間。莖肥、葉大、清脆細嫩,炒後不褐化,為主要特色。


點此

採用「東光三號」品種,生產採收期為四月到十月之間,尤其以五至七月為最多。瓜皮翠綠,纖維細嫩,煮後不變黑。


點此

產期為每年九月到十一月上旬之間,產期雖短,但味道鮮美,潔白幼嫩,絕無黑心,上市之後常造成搶購熱潮。直接以滾燙開水煮食,清甜味淡。


點此

宜蘭縣特產溫泉番茄屬粉柿品種,產期為一月到四月之間,全顆鮮紅,色澤鮮明,非常特殊,果肉鬆Q清甜。


點此

礁溪的有機米栽種面積有三十八點九公頃,每公頃產量達五、六千公斤,以天然動植物有機肥栽培,完全不施化學肥料,一期稻作種植水稻,二期則種綠肥﹝田菁﹞,並以生物防治法防治病蟲害,絕不施用農藥,再者灌溉水源純淨清潔,沒有污染的問題,近來尤受一般健康食品專賣店的推薦


點此

礁溪茶葉之生產始於清朝時代,由拓墾先民傳入引進,因生產區位於五峰旗山麓一帶,故稱為「五峰茶」。五峰茶清香撲鼻,落喉甘滑,韻味自然。


點此

蝴蝶蘭的栽培是本鄉新興的農業型態,有鑑於台灣蝴蝶蘭已成為世界名花之一,品種與水準在國外已具有相當地位,外銷深具潛力。本鄉所栽培者,係針對日本人之愛好,以生產花朵大、花瓣厚、圓形的整型花,且以白色、粉紅系列及白瓣紅唇型態,色彩較為淡雅的品種為主。


點此

番茄營養豐富,含有多種維生素,可做蔬菜,亦可當水果使用。羅東鎮生產番茄之品種有粉柿番茄、黑柿番茄,產地緊鄰羅東運動公園,產期自二月到七月之間,所產番茄連年獲得農林廳頒發「吉園圃」認證為衛生安全蔬果,可安心使用。


點此

鳳梨原產於南美巴西,國人稱之為「波羅」,取其閩南語發音為「旺來」,所以在民俗慶典或喜慶場合中,鳳梨成為餽贈的大好水果,不僅可以食用,而且還具有觀賞價值。鳳梨為常綠草本植物,葉大而尖,有銳利的鋸齒。
春夏間,自叢業中開花,呈淡紫色,有黃色雄蕊。果肉甜美多汁,有消化蛋白質之作用,國人甚為喜愛食用。鳳梨葉之纖維,亦可織布、製紙。


點此

員山樂山梨是同樂村和枕山村兩個高接梨產銷班的新興產品。所謂高接梨是在平地以野生梨為站木,先嫁接橫山梨為母樹,經三、四年後,再接高冷地溫帶梨枝花穗,果實成熟後即所謂的高接梨。樂山梨的栽植面積有三十公頃,所生產出來的高接梨甜度高、肉質細嫩、風味特佳。


點此

哈密瓜原產於新疆省吐魯番窪地哈密地區。壯圍鄉蘭陽溪下游溪畔的沖積沙質壤土非常適合哈密瓜的生長環境及條件,而且日照充足、排水良好、日夜溫差大,並受到海洋性氣流調節作用影響,更使得哈密瓜有著生活生存的好環境。本鄉於民國七十一年引進種植,春作之後,可於夏天收穫,目前種植面積達四十五公頃,年產量則有九十四公噸,價格適中。
哈密瓜果實呈橄欖球形或橢圓形,成熟果皮為淡黃綠色,果肉香甜清脆,風味特佳可謂水果中之珍品,夏天溽暑,食用之餘,淋漓酣暢,令人大快朵頤。


點此

白蒜的品種受到地區土壤及氣候影響很大,本鄉栽培的品種以「蒲蒜」為主,屬於硬骨小黑葉系統,適合早期栽培。另外一種為「花蒜」,屬於軟骨蒜,葉質細軟,葉片寬闊下垂,呈粉青色,屬晚生種。本鄉大蒜的生長,從八月下旬開始種植,十二月上旬至翌年二、三月之間,為大蒜特產期,主要運銷大台北地區。


點此

西瓜為一年生草本葫蘆棵蔓生植物,有卷鬚,夏日開單性花,黃色花冠,雌雄同株。果實為漿果,盛夏為成熟期,形狀為圓形或橢圓形,皮呈深綠色或淡綠色,果肉或紅或黃,子則有黑有白也有赤,水分佔百分之九十四,為夏天最便宜最有水分的水果,五結鄉產期在農曆五~六月,全部栽培面積約一百公頃。


點此

成立於民國五十三年的養生食品廠,以生產養生豆奶與養生皮蛋而馳名全省。養生豆奶採用純正黃豆及砂糖製成,平價供應昔日較為貧苦、物資缺乏的農村,農忙時期,成為割稻工人必備的點心,也是陪伴農家小孩成長的營養補給品,香醇可口,冰藏更佳。
養生皮蛋以獨家研發的配方,保證絕不含鉛,品管嚴格,經台灣省畜產試驗所宜蘭分所輔導推行,說明皮蛋的酸鹼值在十至十二之間,為食品中罕見的加工品,營養價值高,易於消化,富含鐵質,可預防貧血,尤其是風味特殊,可增進食慾。


點此

壯圍所生產的青蔥,在品種上以「九條蔥」為主,蔥白細長,蔥葉較大,葉管內有較多的黏液,肉質柔軟,非常符合現代人的口味。
九條蔥的繁殖以分株為主,農民們以二至三芽的蔥為單位,在鋪滿稻草的田畦上,用植蔥器壓出深而窄的洞穴,然後放入植株,等到植株長到九至十芽時,即可採收。


點此

銀柳,又叫做「貓柳」,屬楊柳科大灌木,種類繁多,生長在中國大陸及台灣的品種就有二百五十七種之多。銀柳的生長必須在通風良好、日照適中,養分溫度必須達攝氏二十八度的泥土中,溼度也須在八十至九十度之間,生長中的銀柳最高可達四公尺,但為了花藝上剪裁的需要,一般銀柳都只在兩公尺高時便採摘了。
民國六十年代,銀柳由日本引進,經不斷的研發,本鄉於七十年代大量栽種銀柳,栽種面積有七十公頃,全台灣地區有百分之九十五以上的銀柳是由三星供應的。銀柳生產採收期在每年十二月至翌年二月上旬,時值農曆春節,而銀柳之台語發音和「銀兩」相似,甚有年節氣氛,銷路自然順暢。


點此

三星上將梨為高接梨的一種,因三星地名和軍階上將同等,故以「上將梨」稱呼,代表果品中至高無上之意。由水稻田轉作為高接梨的栽培區,共有一百二十公頃,受到氣候適宜、水氣充沛的關係,上將梨汁多、心細、口感清脆,甜度在十二度至十四度之間,七月至八月為採收期,各觀光果園開放採果選購。


點此

大同鄉的四季村與南山村,遙對太平洋,位於雪山山脈與南湖大山交會處,海拔在八百至一千公尺之間,水氣充足,溫度適中,最適合高冷蔬菜的生長,經開發之土地種植面積高達三百公頃以上,所種蔬菜以甘藍、包心白菜、菠菜為最大宗,一年四季都有生產,五至十一月為盛產期,供應全台需要,為本省夏季蔬菜最大的產地


點此

蘭陽五農米以台梗八號、台中秈十號之優良品種栽種,並以攝氏十五度之低溫,終年保存良質稻米的新鮮度,農會引進最新型電腦自動控制碾米機,篩選出碎米、碎石及有色米,由低溫、乾燥所推出的五農米,質純均勻、粒粒飽滿而且香Q好吃。


點此

桶柑又叫做年柑,由於生產季節正逢春節前後,有大「橘」(吉)大利的年味,因此而有年柑之名。桶柑色澤鮮豔,黃中帶金,甘甜適度,有時候還會有點兒酸酸的,耐於久藏,產期長,成熟期一致,是提供親子採果的最佳水果代言人。


點此

冬山鄉山麓一帶正提供了茶樹最佳的生長環境。雨水充沛、溼度充足,各主要茶區均在五百公尺以下,日照稍晚、晨霧籠罩、坡度適中、氣候潮濕,土質良好,有霜寒而不害,因此茶葉柔嫩、氣味芳香、不苦澀,所產茶葉均為上品。 民國七十三年秋,前總統府秘書長蔣彥士先生取冬山茶之香、醇、甘、潤特色,再加上素雅馨香的特質,而予以命名。素馨茶的特色,以半發酵之半球形包種茶、烏龍茶為大宗。包種茶發酵程度較輕,茶葉外觀色澤鮮綠,茶水湯色由蜜綠轉為金黃色,滋味甘醇而有活性,具自然花香;烏龍茶的發酵程度較深,茶葉外觀黃綠相間,有如花朵,高級者更帶有白毫,茶湯水色呈琥珀色,滋味農醇甘潤,具有熟果香之味道。此兩種茶葉兼具香醇、耐泡的特長,深受愛茶人士喜愛。
素馨茶年產量約六十萬公斤,茶農對茶園管理及製茶技術、形象包裝等皆有極高的水準。民國七十五年及八十四年台灣省製茶比賽中,本鄉茶農劉同文、梅金川先生分別獲得特等獎之最高榮譽。


點此

柚為芸香科常綠喬木,高三公尺有餘,樹枝有刺,葉長卵形互生,初夏開五瓣小白花。秋天結果,呈扁圓形,皮粗而厚,成熟者皮色淡黃,稍有凹凸,每顆均有十二瓤,呈白色肉瓤,肉味都帶酸,甘甜者最受青睞。
冬山鄉植栽於大進、得安、中山、太和、安平一帶柚子,經過接種改良後,外觀變為稍圓一些,肉色呈黃色,果實甜度與風味亦有所改變,每年九至十月為盛產期。


點此

竹,屬禾本科常綠多年生植物,種類繁多。木質而中空,有節。葉為平行脈,葉柄漸瘦成鞘,不常開花,若有花,則為小白花,開花後即死,結實者甚少。春月生筍,外包以籜,保護竹筍。
冬山鄉綠竹筍產地以大進村淋漓坑為主,竹肉纖維十分細膩,味道甜美,做為沙拉涼拌為菜餚,口感佳,為竹筍中之極品


點此

冬山山水梨種植於安平、中山、大進山區一帶山麓最多,約有三十餘公頃。由於氣溫適度、溼度較為適中,坡地排水良好,成為近年來農民栽培的新寵。山水梨果實碩大質嫩,多汁味美,甜度高達十三度以上。
山水梨之命名,緣於本鄉之好山好水,凡山水秀麗絕美之處,梨樹生長情形最佳。


點此

山藥又名田薯、豆芋、山藥薯,中藥稱為「淮山」,形狀有長條形及塊狀形兩種,本鄉種植者為壽豐種及原生種為主,面積達十五公頃。山藥的營養成分除澱粉質外,亦含有豐富的蛋白質、礦物質以及多種維生素。
在療效方面,山藥可治療出血性諸病,如胃出血、流鼻血、高血壓、腎臟病或癌症等都有神奇的功效,生食效果更佳。


點此

台農甜蜜桃是最新型的經濟果樹,適合於平地栽培,並適合於宜蘭的天候,目前栽種於宜蘭市稻田轉作區。
元月中下旬為開花期,一至二月結果,五月為採收期,如照顧得宜,單株結果一百至三百粒之間,單果重可達一百至一百五十公克。果皮鮮紅色,果肉白色,甜度在十三度左右,酸度極低,成熟時有水蜜桃特有風味,汁多柔軟,品質優良,食用送禮兩相宜。


點此

蜜蜂採集宜蘭豐庶的物果,釀造地方特色植物的天然蜜汁,如哈密瓜蜜、咸豐草蜜、月桃花蜜、柑橘蜜、金棗蜜等,因此甜蜜四季禮盒精選了多種不同香味與口感的蜂蜜,多了一份限量特殊與精緻,希望給愛好天然的朋友一份體驗四季物果的甜蜜滋味。


點此

宜蘭縣農會為了推廣縣內優質農產品,選定縣內生產之金棗等水果為主要原料,經由CAS認證的旭工實業股份有限公司(橘之鄉)生產蜜餞,以及MOA有機認證之三泰有機農場的有機茶包,組合成甜蜜、有機又健康的訂婚禮盒,與親友分享新婚喜悅。


點此

1.安全衛生、拆開即食、方便料理。
2.口味突破傳統,不斷研發新式產品,提升鴨肉經濟價值。
3.採用專用肉鴨,肉質均經按摩嫰化處理,改變傳統對鴨肉口感的印象
4.包裝與本土產業文化結合,開發鴨霸、鴨等路、鴨軸好戲、鴨舞…等禮盒
5.禮盒內容物有:鴨賞、碳烤鴨肉捲、涼拌鴨掌。


點此

以三星頂級青蔥粉為調色佐料,強調無添加防腐劑及其他化學色香料,麵條口感彈牙,香味四溢,是您不想錯過的絕佳美味,其禮盒可當相框使用,深具紀念性。


點此

新酒色澤深紅,故名之「紅酒」。民國95年本廠辦理「縣酒選紅露」系列活動,輔以宜蘭的人文歷史背景為包裝設計,成功有效的推出紅露酒頂級品~罈裝的「窖藏金雞老紅酒」。
6月在北宜高通車典禮上獻酒祈福,意義深遠重大,賦予紅露酒地方文化酒品的代表性。


點此

一貫堅持,慎選產地原料,奕順軒ㄚQ餅選用宜蘭知名菜鴨蛋,黑毛豬後腿肉,強火快炒,慢火細煨肉脯,層次分明,多層次的口感,味蕾幸福指數上升,單包裝的方式,除了方便消費者食用,更大大提昇傳統漢餅的等級。


點此

蘇澳特有的冷泉,水質清澈,是低於攝氏22度的「低溫礦泉」又含大量二氧化碳,生產的冷泉汽水&冷泉製的羊羹,為蘇澳兩大特產。而結合冷泉與流傳中國一千多年的傳統紅麴技術,自然發酵頂級紅麴醬,更是本會以以為傲的農特產品。


點此

綜合宜蘭餅15包裝的獨家禮盒,是宜蘭餅公司的暢銷禮盒,有鮮奶、乳酪、楓糖、三星蔥、竹碳、芝麻…五種口味。只有0.1公分的超薄脆餅以專業和創新烘焙方式獨創的「宜蘭餅」逐漸成為了宜蘭特產的代名詞,並且成為遊客的最佳伴手。


點此

用心釀製每一顆完美的金棗果實是我們的永恆堅持。
看見您的甜蜜笑顏是我們衷心的祝福。
橘之鄉 貴妃四合一禮盒,精心嚴選幸福的伴手禮


點此

「夢田越光米」於2005年6月取得註冊商標,此種米最大特色就是白米的心腹白比其他米少很多,整粒米感覺晶瑩剔透,煮熟後米色油亮,彈性與甜度特佳,口感及Q度居比一般米來的高,且在放冷後其口味和剛煮出來的米一樣,所以它是目前全世界高品質稻米的代表,無論怎麼烹調都好吃。


點此

Combine candied kumquat, candied wax melon, pork lard, flour, and duck eggs. Mix well. Wrap in tofu skin and roll into long rolls. Steam and cut into diamond shape. Deep fry until golden and crispy. Zaobing cake and mashed taro can be served as sweet desserts.


點此

Specially selected prime Wuhua pork (pork tenderloin featuring a fatty middle) is marinated in Hongzao sauce. This dish is especially tasty when consumed with garlic.


點此

Silu Pork is actually a kind of mixed thick soup. The main ingredients of this dish include: pork strips, Chinese cabbage, diced mushroom, carrot, fried eggs, and corn starch. Place the Chinese cabbage at the bottom of a shallow bowl, top with fried eggs. Combine the pork strips, diced mushroom, carrot, and corn starch to make a thick soup. Pour the soup into the bowl. This is Silu Pork.


點此

Ingredients for mashed taro: peeled taros cut into big chunks, pork lard, eggs, sugar and candied kumquat. Making mashed taro: steam and mash taros. Add pork lard, egg, sugar, and candied kumquat. Steam again. This Yilan style mashed taro is very soft and tasty. Beware of the high temperature when eating.


點此

Gaojha and mashed taro are the 2 most famous dishes in Yilan as they represent the characteristics of the Yilan people: cold on the outside and burning hot on the inside. To make Gaojha you will need: (A) chicken broth, (B) finely chopped lean pork and shrimp, (C) corn starch, and (D) chicken lard. In a saucepan combine all the ingredients. Cook over low heat for approximately 1 hour, stir occasionally. Remove from the stove and let it cool. Cut into squares and deep fry until golden and crispy.


點此

The Tonggan mandarin orange is harvested around the Chinese Lunar New Year. Because of its round shape and golden color, which symbolically represents granting wishes for a full and prosperous New Year, it is also called Niangan (New Year orange). The Tonggan has a moderate sweet taste sometimes with a slight sour flavor. It can be stored for a long period of time. With its long harvest season and consistent maturing period, it is the best fruit choice for the whole family.


點此

Harvest Season: April through October The origin of Kumquat, originally named “Jingan” or “Jinju” or “Neonaigan (milk orange), can be traced back to the mountain area of Jiansi Province, China. The plant can reach a height of 7 meters, with oval leaves. Its flowers are white with 5 petals, producing an edible fruit which is either round or oval in shape, golden in color, and is as big as the thumb. The outer skin of the fruit is sweet and has a unique aroma. It is best served in candied form. The flesh is sour tinged with a slight sweetness, and is believed to have the quality to suppress the cough, soothe the sore throat, and beautify the skin. It is the best material for making preserved fruit. The Kumquat cake was one of the delicacies of the Cing court and was introduced to Yilan during the Daoguang Period. After more than 100 years, it has taken its root here and is ranked first among the 4 treasures of Yilan.


點此

Harvest Season: March through December The white stemmed, large leaf breed of water convolvulus was introduced by the Taoyuan District Agricultural Research & Extension Station in 1980, and has been favored by consumers for the past 20 years. With a harvest season extending from March to December, this hot spring water convolvulus is specially characterized by thick stems, large leaves, and its tender yet crispy quality, together with its green color, which it retains even after being cooked.


點此

Harvest Season: April through October Dongguang No. 3 variety was exclusively selected to be planted in this area with harvest season falls from April all the way through October, and peaks between May and July. The outer skin of the hot springs sponge gourd is of a beautiful green, the flesh is of a firm yet tender texture, and would not go dark when cooked.


點此

Harvest Season: September through November The harvest season for these delicious water oats falls between September and November. Because of their rather short harvest period, as soon as they reach the market, they are immediately snapped up. The water oats are very white and tender, with no black coloration at the core. Simply boil them in water to enjoy their delicious sweet taste.


點此

Harvest Season: January through April The special hot springs tomatoes produced between January and April in Yilan are of the Fanshih variety featuring bright, shiny red colored skin and flesh, with a special soft and sweet taste.


點此

Harvest Season: The total cultivated area in Jiaosi for organic rice is 38.9 hectares, with a yield of between 5,000~6,000 kilos per hectare. Natural animal and vegetable organic fertilizers, free of chemicals, are applied to cultivate the rice. A biological approach is used to prevent crop disease and pests, which totally eliminates the need for pesticides. Irrigated with pure unpolluted water, this premium rice has become very popular on the market.


點此

Harvest Season: The Jiaosi tea production industry was established by the Han settlers in the Cing Dynasty. The major plantation area is concentrated around the Wufongci Mountains, granting it the name of Wufong Tea. The special attributes of Wufong Tea are its distinct aroma and delicious taste.


點此

Harvest Season: Pineapple, a native fruit from Brazil, South America, is called “Wanglai” in Taiwan, because in Taiwanese pronunciation, these words sounds like “prosperity has come”, making it the choice gift for celebrations and festive occasions. Outside of the delicious fruit, the pineapple also makes a great appreciation plant with its large, pointed leaves, and light purple flowers. Fresh pineapple is sweet and juicy, great for protein digestion, and is a popular fruit in Taiwan. Pineapple leaves can also be used for making fabrics and paper.


點此

Harvest Season: The Yuanshan Leshan pear is a new product of the High-Grafting Pear Production/Distribution Unit of both Tongle and Jhenshan Villages. The so-called high-grafted pear comes from binding a piece of Hengshan pear inside a cut of a wild flatland pear plant. After 3 to 4 years, a further graft to the highland pear plant results in the so-called “high-grafted” pear. The total cultivated area of Leshan Pear is about 30 hectares. The pear is very sweet, with delicate and flavorful meat.


點此

Harvest Season: May The Tainong Sweet Peach is the newest variety of high-end economic fruit product. It is suitable for cultivation on flat land and has adapted perfectly to Yilan’s weather. The harvest period begins in May, with a high yield of between 100 to 300 counts per tree with each count weighing between 100 to 150 grams. The outer skin of the fruit is bright red, while the flesh is white in color. It is very sweet and has a distinct flavor. It is soft and juicy. It is great both as a snack and as a gift.


點此

Harvest Season: The Hami melon, native to the Hami Region of Sinjiang Province, has found a new home here in Jhuangwei, Yilan. The soil downstream of the Lanyang River is great for the cultivation of hami melon because of the plentiful sunshine, excellent water system, and the local mild weather. The Hami melon was introduced to Jhuangwei in 1982. The current cultivation area is 45 hectares, with a yearly output of 94 tons. The market price is reasonable. The melon is oval in shape, has a light yellowish green outer skin, and sweet and crispy meat. With its distinct aroma, and juicy taste, it’s a choice summer fruit to enjoy.


點此

Harvest Season: The green onion cultivated in Jhuangwei is mainly of the “Jioutiaocong” variety, with long, thin white part and a large green part. The stem is tender and juicy, conforming to modern day tastes. This green onion variety is cultivated by separating the sprouts. Farmers use a planting tool to dig deep and narrow holes on a hay-covered hump and insert 2 to 3 green onion sprouts into each hole. The green onion is ready to be harvested when 9 –1 0 sprouts appear.


點此

Harvest Season: December to March The variety of white garlic is determined by the quality of soil and climate of a region. The specie of garlic chosen to be cultivated in this area is known as “Pu garlic”, which belongs to the hard stem species and is especially suitable for early cultivation. The other variety grown in this area is “Hua garlic” featuring tender and broader leaves. It is suitable for later cultivation. The garlic is usually planted in late August, and can be harvested from the beginning of December all the way through March of the following year. Most of the garlic produced in this area is shipped to markets in Taipei.


點此

Harvest Season: The cultivation of the Moth Orchid (Phalaenopsis) is an emerging agricultural industry. By virtue of the fact that the Taiwanese Moth Orchid (Phalaenopsis) is ranked as one of the most popular flowers worldwide, and enjoys a good reputation for its unique variety and stable quality, it is potentially a high-end export flower. To accommodate Japanese tastes, the Moth Orchid grown in this area is purposely selected for thick petals, round, and complete flowers.


點此

Harvest Season: Lanyang Wunong Rice is cultivated using the excellent varieties of Tai-Ken No. 8 and Taichung-Shan No. 10 strains of rice. The most advanced computer-operated rice-husking machines are used to sort out grabbles and broken grains to guarantee quality. The rice is stored at a low, 15 degrees Centigrade to preserve freshness. The rice is of superb quality with a distinct aroma, and a soft, tasty flavor.


點此

Harvest Season: Lunar calendar months of May and June The total watermelon cultivation area in Wujie is approximately 100 hectares. The harvest season falls on May and June of the lunar calendar. The watermelon is the cheapest and juiciest fruit of summer.


點此

Harvest Season: February through July Tomatoes are rich in nutrients and vitamins, and can be served as either a fruit or a vegetable. The tomato plantation in Luodong Township is near the Luodong Sports Park. The harvest season here falls between February and July. The tomatoes have been conferred with GAP labels stating that they are safe and healthy for consumption.


點此

Harvest Season: Year Round Established in 1964, the Yang-Sheng (Heath Promotion) Food Factory is famous for its production of Yang-Sheng Soy Milk and Yang-Sheng Thousand-Year Old Eggs. Made of selected soybeans and brown sugar, the Yang-Sheng soymilk used to be a cheap yet nutritious snack for farmers during the busy farming season. It was also an essential nutrient supply for children from agricultural households. It is tasty, healthy, and best served chilled. The Yang-Sheng thousand-year old egg is produced using a unique recipe that is lead free, high in nutrients, and of superb quality. This tasty egg is believed to increase your appetite, and help digestion. Because of it is high iron content, it can help in preventing anaemia.


點此

Harvest Season: The foothills of Dongshan Township provide a perfect environment in which to grow tea trees because of the abundant rainfall, high humidity, good soil, and appropriate sunlight. The tea cultivated here is tender, aromatic, without bitter or tart taste, and of supreme quality. The name was given by former Secretary General Chiang, Yen-Shih accounting for its superb properties. Susin tea is semi-fermented, and is mainly of the Oolong variety. Baojhong tea is less fermented with bright green colored tea leaves. When brewed, the tea is honey-green to golden-yellow in color, and has a delicious and wonderful taste. The Oolong tea is more fermented with green/yellow colored tea leaves, like flowers.
When brewed, the tea is amber in color, and has a delicious fruity taste. Both teas are delicious and can be brewed several times over, and are popular among tea lovers. The annual production of Susin Tea reaches approximately 600,000 kilos. After the continuous effort of devoted tea farmers, tea garden management, tea production techniques, and tea packing and image promotion of this area have all reached a rather high level, winning the local tea farmers several medals in various national tea making contests.


點此

Harvest Season: September, October The pomelo plant blooms in early summer with little white flowers which turn into oval fruits in autumn with thick, rough and yellowish skin and white meat with a sour taste. The main pomelo plantation area in Dongshan Township is mainly at Dajin, De-an, Jhongshan, Taihe and Anping. The pomelo variety grown in this area, after improvement, has produced fruits with a rounder shape, yellowish meat, and an increased sweetness and flavor. The harvest season reaches its peak between September and October.


點此

Harvest Season: The major bamboo cultivation area in Dongshan is concentrated at Linlikeng in Dajin Village. The bamboo shoot produced at this area has a fine and delicate texture and a sweet taste, and is best served as a cold salad.


點此

Harvest Season: The main plantation areas for the Shanshuei Pear concentrate around the foothills of Anping, Jhongshan and Dajin, totaling approximately 30 hectares. Because it adapts well to the mild weather, humidity, and water resources of this area, it soon enamours farmers. The name justifies the good mountain and water of the Dongshan area where these big, juicy and sweet pears are cultivated.


點此

Harvest Season: The Shanyao (Chinese Yam), or Tianshu, or Shanyaoshu, is called “Haishan” in traditional Chinese medicine language. The main varieties growing in this area are of Shoufong and native species with a total cultivation area of 15 hectares. Outside of its high starch content it is also rich in protein, minerals, and various vitamins. It is also believed to have magic healing properties for stomach and nose bleeding, high blood pressure, kidney disease, and cancer. It is best served uncooked.


點此

Harvest Season: December, January & February The Silver willow, or cattail willow, cultivated in Mainland China and Taiwan totals 257 different varieties. They are best cultivated in an airy place with moderate sunshine, a soil temperature of 20 Centigrade degrees, and a humidity between 80 to 90 degrees. The silver willow plants can grow as high as 4 meters, however to be used in flower arrangement, they are usually cut down at 2 meter height. Introduced from Japan in the 1970s, and after continuous research and development, Sansing Township began the mass cultivation of silver willows in the 80s, with a total cultivated area of 70 hectares, supplying 95% of the island market. The harvest period for the silver willow is from December to February of the following year which coincides with the Chinese Lunar New Year. Because the silver willow’s name in Taiwanese sounds like “yin-liang (money)” it enhances the festive atmosphere, making it one of the Chinese New Year’s staple plants.


點此

Harvest Season: July & August The General’s Pear produced in Sansing uses a high-grafting technique to produce great quality pears. Because the name of Sansing (tri-star) is equivalent to the name of the rank of a military general, therefore the name “General’s Pear” is given to these special pears. A total area of 120 hectares of rice fields was converted to the cultivation of these high-grafted pears. The weather and abundant rainfalls of this area have contributed to the juicy and crispy characteristics of the General’s Pear. During its harvest season in July and August, all tourist orchards are open to the public for fruit picking and purchasing.


點此

Harvest Season: May through November Overlooking the Pacific Ocean from a distance, and located at the intersection of Syue Mountains and Nanhudashan (Nanhu Great Mountain) at 800 to 1,000 meters above sea level, Siji Village and Nanshan Village of Datong Township are especially ideal for growing high elevation vegetables because of the abundant water supply and mild climate of the region. The total cultivated area is 300 hectares, with major produce including cabbage, Chinese cabbage, and spinach. The harvest period is year-round and peaks between May and November. The vegetables harvested here supply for the whole island, especially during the summer time.


點此

藍與白,鋪陳在冬山河畔的香格里拉冬山河飯店襯托出蘭陽平原青山綠水讓古希臘的神話、哲學與宜蘭的人文、歷史相互輝映進而交疊出愛琴海與冬山河的浪漫氣氛散發濃郁的真愛氣息

http://www.shang-rila.com.tw/


點此

Looking out from the window, the scene is like a painting of tranquil land, take a walk and break in the Garden Yard; suddenly our guests are instantly transformed into the subject of a beautiful painting.

http://www.shang-rila.com.tw/


點此

窓の外はまるで絵画の田園風景。散策して腰を下ろせば、気分はすっかりプリンセス。

http://www.shang-rila.com.tw/


點此

桶柑は又の名を年柑と言われています。旧暦正月の前後に収穫季があり、「大きい橘」という言葉の発音「大吉」に通じることから、縁起の良い果物としてもてはやされ、「年柑」とも呼ばれています。桶柑は色艶鮮やかな黄色で、適度な甘みがあります。貯蔵に耐え、産期が長く成熟期も一致しているので、親子でみかん狩りを楽しむ事が出来ます。


點此

金棗、原名は金柑及び「金橘」、又は「牛乳柑」とも呼ばれていて、原産地は中国大陸江西省の山野であると言われて居ます。常緑の灌木で葉は楕円形、高さは7mにもなります。花は五瓣、白色で、果実は円型或いは楕円型を成して、黄色漬けで親指大の大きさになります。食用となる部分は甘くて香りも良く、砂糖漬にも適しています。果肉は酸っぱく甘みがあり、咳止めや美顔効果が有ります。又砂糖漬けのおやつを作るのに最良の部分になります。「金柑餅」は元々清朝王宮内に伝わる珍しい「蜜饌」でしたが、それが道光年間当時、宜蘭の地に入ってから百年以上経った現在では宜蘭の名産となり、宜蘭四宝の中の首位を保っています。


點此

温泉蕹菜は1980年桃園区農業改良場から導入され、莖が白くて葉が大きいので、今日広く愛好されています。生産時期は3月から12月の間で、莖の部分がふっくらとして大きい葉は、炒めても色が変わらないのが最大の特色と言えます。


點此

「東光三号」と言う品種のもので、生産及び収穫期は4月から10月の間です。特に5月から7月迄は最も多く生産されます。瓜皮は薄い緑色で、繊維が柔らかく、煮ても黒くなりません。


點此

産期は毎年の9月から11月上旬迄です。産期は短いですが、味が非常に新鮮で美味しいのが特徴です。又純白で柔らかく、黒ずんだ点もなく市場に出ると常に歓迎されます。沸騰しているお湯に入れて煮るだけで、あっさりとした淡い甘みが楽しめます。


點此

宜蘭特産の温泉蕃茄は粉柿品種に属しています。産期は1月から4月の間で、トマトの外観は鮮紅の色艶があり非常に特徴的です。果肉は柔らかく、こしが有って清い香りを放って居ます。


點此

礁溪には有機米の栽培面積が38.9へクタール有ります。1へクタールの収穫量は五六千キロに達します。天然動植物を有機肥料として施し、化学肥料は使っていません。一期だけ稻を植え、二期目は有機肥料を施します。そして病虫害防止の為にバイオ防虫法を用い、農薬は一切使用していません。 又灌漑は非常に清潔な水源から汚染のない水を引き入れています。健康食品専売店の推薦を受け、皆様の好評を得ております。


點此

礁溪での茶葉生産は清朝時代から始まり、拓墾先民から代々伝えられて来ました。生産地は五峰旗山の麓で、五峰茶と名付けられています。お茶は清い香りを持ち、甘く、のど越しはまろやかで、自然な味後が愛好家の間でもてはやされています。


點此

パイナップルの原産地はブラジルです。閩南語の発音はオンライと言います。お祭りやお祝いが有る時パイナップルは縁起物として贈られます。食用にしても良いですが観賞用としての価値も有ります。パイナップルは常緑草本植物で、葉は大きく尖って鋭利な鋸の形をしています。春から夏にかけて淡い紫色の花が咲き、真中に黄色いオシベがあり、果実は甘くて果汁は蛋白質の消化を助ける作用があります。食用として広く一般に好まれています。又パイナップルの葉の繊維は織物や製紙の原料にもされています。


點此

員山楽山梨は同楽村と枕山村の共同により高接梨産銷班が栽培した新品種です。高接梨と云うのは平地の野生の梨を元木にして始めに横山梨を接ぎ木し、それを親樹にして三、四年後に高冷地温帯梨の穂軸を接いだものです。楽山梨の栽培面積は三十へクタール有り、生産した高接梨は糖度が高く、肉質は柔らかで風味は格別です。


點此

台農水蜜桃は最新の品種で経済効果の高い果物です。平地栽培に適し、宜蘭の気候に適合しています。現在は宜蘭市の水田を転作した地区に植えられて、1月中下旬頃に開花し、1月から2月に結実し、五月に収穫されます。一つの株から約100個から300個ぐらいの実が収穫されます。1個の重さは100gから150gあり、果皮は鮮紅色で中身は白色をしています。糖度が13度あり、酸味は僅かです。熟した水蜜桃は風味が有って果汁も多く、柔らく品質も良くて贈答品として大変喜ばれています。


點此

メロンの原産地は新疆省吐魯窪地メロン区です。壮囲郷蘭陽渓の川下の渓畔沖積沙地土壤はメロンの成長環境条件に適していて、日照時間が充分で排水が良く、また昼夜の温度差が大きい海洋性気流の影響もあって、メロンの成長を助けています。本郷は1982年に栽培を開始しました。春に植えて、夏頃収穫します。現在栽培面積は45ヘクタール、年間生産量は94トンに達し価格は手ごろです。メロンはオリーブ形か橢円形をしており、成熟した果皮は淡い黄緑色で果肉はさくさくと甘く、香りもさっぱりしていて独特の風味があります。果物の女王とも言われ、暑い夏に冷やして食べると、たっぷり甘い果汁が幸せな気持にしてくれるでしょう。


點此

壮囲から生産した青葱は品種としては「京都の九条葱」を主とし、葱の白い部分が細長く葉は比較的大きいものです。茎は黏り気が強く、肉質は柔らかくて現代人の嗜好に合っています。九条葱の繁殖は主に株分けして植えます。植える時は畑に高い畔を造り、其の上にワラを被ってから葱植機を使って深く掘り、其の中に2、3本ずつ1株にした葱の苗を植え付けます。植株が10本ぐらいになったら収穫します。


點此

白蒜の品種は土壌や気候からの影響を非常に大きく受けます。本郷の栽培品種は主に「蒲蒜」で、茎が硬い系統は早生栽培に適しています。別品種は「花蒜」と云う茎が軟らかく葉質が細くて軟らかで、葉片が広く垂れているものです。緑色で晩生種に属しています。本郷の大蒜は八月下旬に植え始めて、十二月上旬から翌年の二、三月の間に収穫され、其のほとんどが台北地区で消費されます


點此

蝴蝶蘭の栽培は本郷の新興農業です。宜蘭の蝴蝶蘭は博覧会などを通じて世界の名花となり、品種と水準は国内外ですでに高い名声を得ており、潜在的な輸出能力を秘めています。本郷が栽培するのは日本人の嗜好にあわせた、花弁が大きくて厚く、花型も整い色も白色やピンク系の他に、白瓣紅唇型の色あいが優雅な品種を主に栽培しています。


點此

蘭陽五農米台梗八号と台中秈十号は優良品種米で、常に摂氏15度の低温で新鮮さが一年中保たれています。農会は最新のコンピューターによってコントロールされる清米機でお米を選別します。出来た五農米は米質も均等で味、香り共に優れています。


點此

西瓜は一年生のつる草でウリ料の植物です。夏に単性の花が咲き、黄色い花冠が有って雌雄同株です。果汁の多い果物の形は円形と橢円、今果皮深緑色と淡緑色が有ります。 果肉は赤色と黄色が有ります。 たねは黒と白或いは赤褐色のものが有り、水分は全体の94%を占めていて夏には欠かせない食べ物の一つです。五結郷の栽培面積は100へクタール有ります。


點此

トマトは栄養たっぷりで多種のビタミンを含む野菜です。又果物として食べても美味しいくいただけます。 羅東鎮で生産した品種は「粉柿トマト」と「黒柿トマト」と呼ばれ、産地は羅東スポーツ公園に隣接して居り、生産期は2月から7月です。 生産されたトマトは農林庁から「吉園圃」と云う「認証」を獲得し、衛生的で安全な野菜として保證されています。


點此

1964年養生食品工場を設立し、「養生豆乳」と「養生ピータン」を生産して全省にその名を知られるようになりました。「養生豆奶」は純大豆と砂糖で作られています。農繁期に働く人達の間食としてもてはやされています。又農村の子供達にとっては発育盛りの補助食品として重宝され、香りが良くて冷やして美味しい食べ物です。「養生ピータン」は独自に研究開発され、鉛分皆無を保証する厳格な品質管理のもとで、台湾省畜産試験所宜蘭分所の指導を受けて生産されています。皮蛋の酸鹼値は十から十二の間に有って食品中稀に見る加工品です。 栄養価が高く、消化しやすく、鉄分も豊富で貧血予防し、また食欲を増進してくれる優良食品です。


點此

冬山郷の山麓一帯は降水量も豊かで湿度も程好く、お茶の成長に絶好の環境です。主な茶生産地はみな海抜500メートル以下に広がっています。日照時間がやや少ないのと早朝の霧に被われるので葉は柔らかく味もまろやかです。土質も良好で霜や寒さの被害もありません。1984年前総理府の秘書長の蔣彦士氏によって、冬山茶の芳純でまろやかな上に素雅馨香な特徴から、「素馨茶」と名付けられました。 素馨茶の特色は半発酵の包種茶とウーロン茶か主です。 包種茶の発酵程度は軽く、茶葉の外観は鮮やかな緑色で茶湯の色は緑色から黄金色に変わります。 滋味で甘醇又時には花の様な香りもします。ウーロン茶の発酵時間は長く茶葉の外観は黄緑が混じって花の様に見えます。更に高級品種の白毫は茶湯の色が琥珀色で味は 濃厚芳香熟れた果実の様な味です。これらはお茶愛好家から絶賛される所以です。素馨茶の年間生産量は六十万キロで、茶農家は茶園の管理製造技術包装等に皆高い技術と水準を保っています。 1986年と1995年に台湾で作られたお茶の全国コンクールで冬山郷の茶農家の梅金川さんが「特等奨」の最高榮譽を勝ち取りました。


點此

文旦は常緑喬木で高さ1m余り、樹皮に刺があり、葉は卵状の長楕円形で初夏に白い五弁の小花が咲きます。秋に実がなり、皮は厚く、成熟した皮は淡い黄色で少し凹凸しています。1個の実の中に12粒有って果肉は白色です。味は甘く少し酸っぱいものが好まれます。冬山郷では大進、得安、中山、太和、安平村一帯で栽培されています。接木で改良後、外観は少し丸くなり、果肉は黄色になり味も風味とも改善されています。毎年九月から十月にかけて最盛期となります。


點此

竹は常緑多年生の植物に属していて種類は非常に多く、竹の葉は平行脈を持ち葉柄がどんどん細くなっています。常に開花することはありません。稀に、白い小花が咲きますが、その後に枯れて実が成るのは僅かです。春頃に竹の子が生え、竹の皮で包まれ筍が保護されています。冬山郷の緑竹筍は大進村淋漓境が主産地です。竹筍の肉は繊維が細かくて味は非常に美味しく、 筍サラダや茹でて冷やしたりして食べると口当たりがよく筍の中でも極上品の一つです。


點此

冬山の「山水梨」は安平、中山、大進一帯の山麓で数多く栽培されていて面積は30へクタールを超えています。このあたりは気温と湿度も適当で水はけも良く、数年前から新興栽培されています。山水梨の果実は大きく、果肉は柔らかで、果汁が多くて美味しいのが特徴です。糖度は13度以上有ります。山水の秀麗な所は梨の樹の成長に最も良い所だと言われています。


點此

山芋は別名「田薯」、「豆芋」、「山薬薯」と言われています。漢方薬では「淮山」と呼ばれ、形状は円筒形と塊状形があります。本郷で栽培されている品種は、春豊種及び原生種で、栽培面積は15へクタールあります。山芋の栄養成分には澱粉質の外に豊富な蛋白質とミネラル、及び色々なビタミン類が含まれています。「山薬」の薬効は出血性諸病。例えば、胃の出血、鼻血、高血圧、賢臓病或いは癌等にも神奇な効果が有ると言われ、生で食べますと一層効果があります。


點此

インリュウ又は「猫柳」とも呼ばれます。楊柳科の大潅木に属し、種類も豊富です。中国大陸及び台湾に成長する品種でも257種類有ります。銀柳栽培は風通しが良い所で、温度は摂氏28度に達した泥土、湿度も80から90度の間が適していると言われています。銀柳の高さは最高4mに達しますが、生花用に使うため成長が2m程に成ると採集されます。1970代に日本からインリュウを導入し、栽培技術も改善し1980年代には大量栽培をした結果、面積は70へクタールに達しました。台湾全土で使われる銀柳の95%は三星郷から出荷されています。採収期は毎年の12月から翌年の2月上旬です。旧暦のお正月には銀柳の台湾語発音が「インリュウ」と似ているので正月の縁起物として売れ行きが伸びます。


點此

三星サンチャリは高接梨の一種で、三星は三つの将軍階級の「サンチャ」と同じ意味から、三星地区で栽培された梨は「サンチャリ」と名付けられました。これは代表的な果物の中で一番の高級品です。水田を転作して高接梨の栽培地にした区域は120へクタールに及びます。梨に適した土壌によって、生産される上将梨は果汁が多く、さくさくとして良い口当りで、糖度は12度から14度有ります。七月から八月の間が採収期で、この時期になると果樹園は梨狩りの観光客で賑わいます。


點此

大同郷の四季村と南山村は海抜800~1000mの所にあって遙か遠くには雪山山脈と南湖大山の交差しているのが見えます。この辺りは水分を充分含んだ土壌と適した気温で、高地野菜の成長に最も適した山地です。開墾された野菜の栽培面積は300へクタールに達し、「キャベツ」「包心白菜」「ほれん草」等を中心に一年中生産されています。 5月~11月が最盛期で、採れた野菜は台湾全土に供給され、台湾における野菜の最大生産地と成っています。


點此

亀山島(グウェシャンダォ)


點此

test


點此

陳忠蔵美術館は冬山郷・梅花湖風景区に位置し、田園地帯に囲まれ、遠くには折り重なった山々を望むことができます。また近くには湖もあるので、美術館に向かう途中、宜蘭郊外の美しい山水の風景を楽しむことができます。この美術館を造った陳忠蔵氏は教育と創作の両方で美術と関わり、台湾における美術創作の環境を整えると言う志を持っています。当館の場所選定、建築、庭園設計、展示場の配置、各所に配置された彫刻及び標識を含む全てにおいて、陳忠蔵氏が誠心誠意ここの建造を進めた結果、随所に彼の芸術的センスを感じることができるでしょう。


點此

宜蘭県自然史教育館は羅東国民中学校内にあります。一棟3階建てで、内、一棟は宜蘭地区では珍しい自然人文生態景観の保存、研究、紹介をしています。さまざまな種類の蝶々館が有名で、台湾省博物館及び各地方の博物館に協力したり、この地区における様々な展示を行う地域の博物館です。


點此

1997年3月に完成した約2,500坪の公園の様な行政ビルは、宜蘭県にとっては3回目の新庁舎建設でした。時代の流れに呼応し、ビルそのものは、親しみやすく、芸術的で、公園のようで、台湾らしく、インテリジェンスを兼ね備え、水と緑で気持ちの良い空間を作り出しています。


點此

昔、日本人はこの南門地区に、監獄、各種政府機関、兵営、裁判所、銀行、図書館、学校等を建造し、長きに亘って植民地統治を行うと言う決意を表しました。この建物は1896年に明治時代の建築法で建てられた木造の監獄所内事務所で、日本人がこの蘭陽平原において初めて建てた建物です。


點此

「宜蘭産業交流センター(中心)」は宜蘭の旅行、文化、農特産物を組み合わせ、更にこれを発展させる為の場所です。展示館は、赤レンガの迎賓館と旅行サービスセンター(服務中心)に分かれています。赤レンガ迎賓館は毎週火曜日が休館日です。90年に歴史建築物として登録された赤レンガ迎賓館は、元々糧食局の倉庫を転用したもので、宜蘭を知る為の「窓口」として、文化芸術をテーマとした展示を行い、戸外の鉄樹広場では様々な催しを見ることができます。また周囲の様々な空間を、情報の提供や休憩、また催しの運営機能に利用しています。旅行サービスセンターは年中無休、建物は日本式木造建築の木工房、鉄工房を転用したもので、宜蘭県全体の旅行の窓口です。館内は、総合情報エリア、旅行情報エリア、文化情報エリアの三つに分かれ、更にインフォメーション.カウンター、記念品展示ショーウィンドウ、「展示の壁(解説付き)」、テレビ案内及び小図書館等があります。そして、このセンターにて様々な特徴あるテーマ、各種の優れた旅行プラン、より深い体験を創造し、マルチなネットワークで買物も楽しんで戴き、サービスの質の面で、旅行インフォメーションのレベルを上げて参ります。


點此

宜蘭県文化センター(中心)の3階に位置する宜蘭県史館は台湾で初めての歴史資料の保存とその意義を高めることを目的とした文化機関です。使える場所やお金に限りはありますが、県内の文化史専門のWEBサイトを立ち上げ、宜蘭の歴史に興味を持つ人や資源を上手く活用しています。そして宜蘭文化立県の重要な役割を果たしています。


點此

宜蘭県旅行サービスセンター(服務中心)は宜蘭駅の左側約20mの宜興路上にあります。元々は1959年に建造された台湾鉄路局運務段・事務所で、宜蘭線、平渓支線等の貨物及び乗客業務を行い、2005年に改修されました。事務所の裏には戦争時代の名残である防空壕があります。当館は建築家・黄声遠氏によるもので、それまでの外観を残し、室内には宜蘭シマサルスベリ樹の形状をした柱と梁を作り、この宜蘭地区で最も伝統的な建造物の一つとなっています。サービスセンターはくつろげる「小さな建物」で宜蘭旅行の情報提供窓口となっていて、宜蘭の観光スポット、テーマ別旅行、お祭り、食住及び交通の案内、問合せへの回答や各種サービスを提供してくれます。館内にはトラベルサービスカウンターがあり、政府から派遣されたスタッフが常駐していて、宜蘭駅を乗降する皆さんに、旅行情報の提供、パンフレット配布、記念品(非買品)展示、ガイドブックの閲覧、公共観光旅行情報の提供をしています。それ以外にも、共用インフォメーション・スタンド、生活情報(e化)、英語による案内もあり、無料でインターネットの使用もできます。またライトボックスを使って宜蘭県の観光スポットの情報、文化・風習を紹介しています。併せて、観光旅行の手引きとしての各種動画(20~40分/本)も用意しておりますので、お使いになりたい方はカウンターの係員にお問合せください。


點此

蟹標本展示館は頭城の北、北関生態農場内にあります。この農場に附設する生態展示館で一番最初に設置されている展示コーナーです。館内には現在、大渓漁港上岸及び台湾の各港海域で生産されているものや、海抜1,900m~深海600mに生息する蟹、エビその他甲殻動物、約1,000種類以上の標本が置かれています。


點此

その昔、蘭陽平原に辿り着いた先住民は、戦争や天災、病気等いろいろな原因で滅んでしまいました。「搶孤活動(チャングー:お供えした物を後でみんなで取り合う)」はその先住民族への崇拝の気持ちを表しています。宜蘭頭城の「搶孤」はもう200年の歴史があると言われ、いろいろなシンボルを表し、またとても荒っぽい民俗的催しです。参加者は5人1組のチームとなり、牛油が厚く塗られた10階の高さの登って行きます。当然、とても慎重に一歩一歩進みます。その1歩を、当時の先住民の苦労の1歩と重ね合わせているのです。これは伝統民俗と言うだけではなく、一つの見世物でもあり、天地鬼神に対する畏敬も込められています。このお祭りが終わると、そのお供え物は生活に困っている人達に分け与えられます。


點此

九龍山白鵞湖にある玉清宮は高く聳え雄大で、玉皇上帝を祭っています。民国65(1976)年に建てられ、1階は朝儀会館、2階は禅房、3階は道祖殿、4階は玉皇殿となっていて、香の火はいつも絶えず、堂々として、全国各地にその信徒を持っています。九龍山は九脈山崙にあり、まるで九つの龍が輪になっている様で、威風堂々としています。この玉清宮は、山を背に、前には湖が広がっています。その湖が白鵞湖です。水は鏡のように澄み、まるで目の前に雲があるかのように映ります。玉清宮の周囲には4つの山脈があり、とても勢いがあり、まるで天下に君臨しているかのようです。その視野はとても広く、近くには蘭陽平原の田畑が見え、遠くには東海岸を望み、白い波と素晴らしい景色を望むことができます。九龍山白鵞湖玉清宮の所在地は、宜蘭県礁渓郷白鵞村柴囲路48-8号です。蒋渭水高速道路を頭城インターで降り、左折して台九線(礁渓路)より礁渓市内に入ります。台九線を宜蘭市方面に3km行くと、道路脇に白鵞像が見えます。ここで右折し、柴囲路を更に1.5km進むと、玉清宮に到着します。或いは、宜蘭市方面より台九線を礁渓方面に5km行くと左側に白鵞像が見えるので、ここで左折し、柴囲路を更に1.5km進むと、玉清宮に到着します。


點此

呂美麗精彫(ろびれい・せいちょう)は台湾国内で多くの賞を受賞しており、芸術創作品として各界より定評があります。その結果、蘭陽地区にて初めての精彫(木彫、金彫、ガラス芸術)をテーマとしたマルチな芸術館が設立されました。当館は主に彫刻品をテーマとして、木彫、金彫、ガラス芸術品を、「蘭の花」、「郷土」、「仏」と言ったテーマ別に展示しています。またこちらではコーヒーやお茶のサービスもございますので、どうぞリラックスしてお楽しみください。


點此

金柑の成長について、図説の展示及び蜜漬け商品の展示販売をしております。


點此

昔の礁渓公園(円山公園)を改築したもので、86年12月18日にオープンしました。場所は礁渓駅を北に500m行った場所にあります。園内は樹が生い茂った小道があり、県民の憩いの場となっています。またここには礁渓温泉会館ツーリスト・センターがあります。当センターは3つのフロアに分かれ、1階は観光インフォメーション(食、住、交通等の情報)を提供しています。2階はマルチメディアルームで、動画を放映する以外に会議室としてもご利用戴けます。3階は屋上休憩エリアとなっています。当センターはオープン以来、旅行者の皆様にとても喜ばれており、今後も益々その重要な役割を果たしていくことになるでしょう。


點此

呉沙は宜蘭開発に重要な役割を果たしました。当時、宜蘭は未開の地でしたが、呉沙はここに漳(福建・漳州)、泉(福建・泉州)、粵(広東)の漢人を率い開墾を始めました。当初はクバラン族(噶瑪蘭人)との諍いが絶えませんでしたが、その後、天然痘が流行した際に、呉沙が薬を用いて彼らを助けた為、その後は争うことが無くなりました。その後、無事に開拓を進めたことから、宜蘭開発の第一人者となったのです。生前はこの場所を気に入り、礁渓駅から南に6kmのこの地に居を構えました。現在では、その居も修理が施されましたが、100年前の旧宅の名残を見ることができます。また屋内には呉沙の位牌と絵が飾られています。


點此

孝威小・小博物館は宜蘭県五結郷の孝威国民小学校の敷地内にあります。この小学校では10年近くも生態授業を実施し、郷土教育の成果が積み上げられて来ました。これこそが学校と地域が提携して教育を行った典型となっています。郷土教室を設置し授業を実施することと、学校敷地周辺の生態環境を維持する活動をリンクさせ、その内容は、地域の文化財・中国結び教室・生態研究センター・自然生態再現観察エリア・宜馨閣掌中劇団、等、民俗性及び生態特性の両方をとても豊かにしています。


點此

民国87(1998)年に本校はめでたく80周年を迎えた際、資金を集め、文化を伝承する為に史料を集めた校史館を建設することにしました。この校史館の設立目的は以下のとおりです。 1.蒐集:これが一番の機能と考えます。対象は、学校設立以来、この学進国民小学校に関係する歴史的価値のある文字、写真、ビデオ及びその他資料です。 2.保存:当館はきちんと整理されたスペースに原史料を保存し、またその史料のデジタル化保存も進め、資料の保存スペースの節約も図ると共に、素早く検索できるようにしています。 3.展示:蒐集し、ファイリングされた史料は、通常展或いは特別展の形で皆様にご覧戴く機会を提供しています。また世界の通信網とつなぐことで、地球村の一ページとなっています。 4.宣伝:教育、通常展・特別展を通じて郷土教育の機会を提供しています。また地域と提携して特徴を出し、文化観光の人口を増やし、地域を振興して参ります。


點此

南安国民中学の漁史文化財(文物)室には、伝統的漁具、漁労技術及び漁村と漁港の開拓史料が集められ、寄贈された伝統的漁具、例えば羅針盤、ソナー、イカをおびき寄せるライト、サンゴを捕まえる網等が展示されています。これらの漁具は現在はほとんど使われなくなっていますが、南方漁業発展史の証と言えます。またこの漁史文化財室にある漁船の模型は地域の人たちによって制作・寄贈されたものです。また学生達によって作られたカジキマグロの陣は南方澳での様々な式典に呼ばれます。この取組みもまた、学校と地域の共同による成功例と言えます。


點此

日本統治時代より、南方澳は別名「サンゴ(珊瑚)王国」と呼ばれ、台湾産サンゴの交易の中心地でした。頼館長の手による仏教の精神とサンゴの彫刻を融合させたその作品は、一見の価値ありです。これらの彫刻はその芸術性を楽しむだけでなく、その作品を見ることで心の中が洗われ、精神と魂を浄化させてくれるでしょう。館内のサンゴの作品はその材料選びと考え方に新しいものを感じることもできます。サンゴとくっ付いた岩も一緒に作品の一部としたり、変わった樹木と組み合わせることで、その作品の内側に秘められたものをうまく表現しています。


點此

「蜂采館」は台湾で初めて「蜜蜂の生態」、「蜜蜂関連商品」を専門的・学術的に楽しく勉強できる、大型総合産業文化・展覧館です。最も教育効果のある娯楽レジャー施設と言えるでしょう。ここでは、様々な教育、学術、社団法人等の機関と提携して「蜜蜂生態体験教室」が開催されます。ここでは実際に蜂に触れる方法で蜜蜂の生態の多様性を学んでもらうと共に、蜜蜂が自然と人間にとってどれほど大切な存在かを理解することができます。また、ここで蜜蜂関連商品の製作体験もできます。実際に蜂蜜やロイヤルゼリーを集める作業をすることで、台湾産蜜蜂関連商品の「生産、製造、販売」の過程とその品質管理を理解して戴きます。そうすることで台湾産蜜蜂関連商品をもっと好きになり、もっと安心して戴けると考えています。また養蜂農業のイメージアップを図り、産業その物を盛り上げてまいります。


點此

「9月9日満天の風が吹く」、旧暦(農暦)の9月は、台湾では有名な「九降風」(雨が降らない北風)が吹きます。秋の収穫と冬に備えて貯蔵する作業を終え、農民達は凧を上げて楽しみます。大小さまざまな凧が空に舞う姿はとても美しい田園風景の一つです。そんな、今は昔のゆったりとした農村の生活が、この宜蘭県冬山郷で楽しむことができます。ここにある冬山凧(風箏)館は室内面積が約100坪で、主に5つのテーマ別展示室に分かれています。型式、生産地、制作過程に応じて系統的に分類された凧や凧の関連品、文献資料、凧揚げの図等が展示されています。また、視聴覚室も設置されていて、凧に関する動画を放映したり、学校教育用に開放もされています。


點此

羅東農村文化財陳列室では、主に農村文化財を展示しています。各地の農民から寄贈された農村の生活と生産に関わる道具を「春の耕作、夏の除草、秋の収穫、冬の貯蔵」をテーマ別に、ガラス越しに見ることができます。飾り付けの無い展示なので、直接的でリアルな印象を受けます。陳列室の後方には2ヘクタールの市民農園があり、4,500個のプランターが普通の市民向けに貸出されています。ここで楽しみながら農業に触れ、作業を実体験することができます。


點此

玉蘭の日曜農業エリアは宜蘭県大同郷にあります。台湾では昔、漢人がここに鋸木工所を作りました。その鋸木工所はタイヤル語で「HELAN」と言ったことから、その音を取って「玉蘭」と命名されました。玉蘭日曜農業エリアは、気候的にお茶の樹を栽培するのに適しており、たくさんの茶畑があります。広大な茶畑は山の斜面に沿って植えられ、青と緑がどこまでも広がり、とても美しく、住民の多くは茶葉の生産・販売に従事しています。現在、宜蘭県政府は観光誘致を進めており、茶畑の美しい景色以外に、お茶を利用した食事や茶摘み体験、客家すり潰し茶や製茶ができる機会を提供しています。


點此

中山休日農業エリアには、日曜農場、観光果樹園、郷土レストラン、田舎の民宿、茶畑体験があります。中山村を中心に、大進村、丸山村、八宝村も含め、総面積は130haで、エリア内にはお茶と果物が植えられています。主な生産品は茶葉と文旦で、とても美しい景色の中にあります。このエリアは冬山河流域の上流に当たり、冬山河はここから始まっています。エリア内には、小埤湖、梅花湖、丸山等、たくさんの湧泉(ゆうせん)や伏流があり、これらは全て天然の湧泉によってできた自然の景観です。このエリアの新寮、旧寮、隘勇寮、石頭城等の地名は、昔、原住民に対抗する為に作られた基地の名残りです。このエリアの主な農産特産品は冬山素馨茶、冬山文旦、冬山山梨があります。また有名な観光スポットは、仁山の田(仁山苗圃)、新寮の滝(新寮瀑布)、梅花湖風景エリア、三清神社(三清宮)、丸山遺跡等があります。中山休日農業エリアは自然が豊富なだけではなく、文化或いは地方の特色のある見所がたくさんあります。エリア内には、全国道教の総本山「三清神社」、県内で最も歴史的価値のある旧跡、冬山郷で毎年開催される「凧祭り(風箏節)」、「農産業文化活動」、八つの宝を首にかけ子供の無事を祈る「児童守護の祭り(兒童守護節)」等、文化的色彩の濃い活動がたくさんあります。


點此

果樹園等農村体験、キャンプ、バーベキュー


點此

キャンプ、自然界・生物の学習


點此

水生植物についての学習


點此

農業実地体験、蓮の花、水生植物、草花についての学習


點此

農業実地体験


點此

農業実地体験、色彩陶芸、原住民の生活についての学習


點此

農業実地体験、農家の生活体験


點此

農業生活実態体験


點此

The main business of Zhongshan Agricultural Leisure Area includes leisure farm, tourist orchard, folk restaurant, rural guesthouse, and tea garden experience. The main theme is Zhongshan Village and the inclusive areas are Dajin Village, Wanshan Village, and Babao Village. The planned area is about 130 hectares. The principle crops are tea leaves and fruit. The main products are tea leaves and pomelo. The landscape is elegant and beautiful. The area is located at the upstream of Dongshan River. It is one of the origins of Dongshan River. There are lots of springs and underground streams in this area. Xiaobi Lake, Plum Blossom Lake, and Wanshan are natural landscapes formed by springs. Several places in this area, such as Xin Liao, Jiu Liao, Ai Yong Liao, and Stone Castle, are defensive stations for fighting against indigenous people who usually went head hunting in earlier times.
Agricultural features: the main agricultural products include Dongshan Su-hsin tea, Dongshan pomelo, and Dongshan Shanshui pear. The famous scenery spots in this area include: Renshan Nursery Garden, Sinliao Waterfall, Plum Blossom Lake Scenery Park, Sanqing Temple, and Wanshan Site. Zhongshan Agricultural Leisure Area is rich in natural landscapes, culture, and local characters. Sanqing Temple is the headquarters of Taoism in Taiwan. It is the ancient spot with the highest historical value in the county. Dongshan Township holds “Kite Festival” and “Agricultural Culture Activity” every year. Besides, Babao Village holds “Children Protection Ceremony,” called Babao Gua Guan. These activities prove the unique and strong cultural color here!


點此

Rural experience such as orchard, camping, barbecue


點此

Camping, ecological education


點此

Ecological education of aquatic plants


點此

Rural experience, lotus, aquatic plants, ecological education of herbaceous flower


點此

Rural experience


點此

Rural experience, stone painting, ecological education of indigenous primitive preservation


點此

Rural experience and agricultural life experience


點此

Rural experience


點此

The most famous representative specialty in Yilan County is delicious and crispy ox tongue-shaped cookie. In the past, when babies are four month old, parents would practice an old tradition. They strung cookies together and hanged them on babies’ breast, inviting relatives to have the drool stopping ritual for blessing babies to be smart and considerate. The cookie was passed down from the old times to today and became a famous cookie in Lanyang area. Because it looked like the tongue of an ox, it was named ox tongue-shaped cookie. Later, with the delicate idea of Lanyang Plain residents, ox tongue-shaped cookie became a delicious local specialty. As many businessmen and tourists passed Yilan, they tended to buy lots of “sourvenirs” for family or relatives. There are many flavors available for consumers, including honey, vegetarian salt and pepper, brown sugar, milk, kumquat, laver, and peanut. (Southeast Conserves Store)The most famous representative specialty in Yilan County is delicious and crispy ox tongue-shaped cookie. In the past, when babies are four month old, parents would practice an old tradition. They strung cookies together and hanged them on babies’ breast, inviting relatives to have the drool stopping ritual for blessing babies to be smart and considerate. The cookie was passed down from the old times to today and became a famous cookie in Lanyang area.
Because it looked like the tongue of an ox, it was named ox tongue-shaped cookie. Later, with the delicate idea of Lanyang Plain residents, ox tongue-shaped cookie became a delicious local specialty. As many businessmen and tourists passed Yilan, they tended to buy lots of “sourvenirs” for family or relatives. There are many flavors available for consumers, including honey, vegetarian salt and pepper, brown sugar, milk, kumquat, laver, and peanut. (Southeast Conserves Store)


點此

The special quality of the cold spring makes yokan more flexible. It is the feature of Suao yokan. Our yokan has unique flavor without any preservatives. It tastes sweet instead of making people feel sick. It is a local specialty suitable to be a gift or dessert in family tea parties. There are diverse flavors. The red bean tastes flexible. You eat whole red bean for each bite. The green tea tastes fragrant, the kumquat quenches thirst, chocolate dissolving in mouth is children’s favorite, and strong coffee flavor is an inevitable dessert for adult parties. Yokan flavors: red bean, green tea, kumquat, and coffee.(Taiwan Folks Food Company Limited)


點此

After enjoying the special “carbonic acid cold spring,” it is a real pleasure to drink a bottle of Namune “marble soda!” Do you want to give it a try? Take action right away…. (Taiwan Folks Food Company Limited)


點此

Though the rice ball is produced for three years only, we are all proud of it. There are diverse flavors and the taste is a great invention. It tastes soft without sticking to your hand. It is full of stuffing and tastes fragrant and flexible, worth of being the rice ball of the highest grade. It is also sold at international airports in Taiwan. It can be taken as the best “souvenir” for people-to-people diplomacy. (Taiwan Folks Food Company Limited)


點此

The kumquat in Yilan tastes sour and sweet. Mix the concentrate with water and it functions in stopping coughing and cooling throat. It is worth of tasting. (Taiwan Folks Food Company Limited)


點此

鳩之沢温泉は太平山国家森林レジャーエリアの中間地点、渓流が見える渓谷にあります。昔は仁沢と呼ばれたり、地熱・温泉が豊富なので、別名「焼水」とも呼ばれていましたが、民国93(2004)年に名称を鳩之沢温泉と改称しました。周囲は山と湖に囲まれ風光明媚で、たくさんの渓流が複雑に曲がり流れる様子を見ることができます。鳩之沢温泉の泉質は弱アルカリ性炭酸泉で水温は140℃にも達します。水質は澄んで硫黄臭も無く、気持ちの良い温泉です。付近の森林歩道では森林浴やバードウォッチングを楽しむことができます。羅東林管処はここに宿泊もできる仁沢山荘を建てました。その他にたくさんの渓流を渡ることができる鳩沢橋、周辺の樹木がきれいに手入れされたゆで卵エリア、屋外温泉SPA、屋内檜風呂もあります。


點此

宜蘭、花蓮及び台中の3つの県市の間に位置するのが南湖大山です。ここは台湾百岳に数えられる名山の一つです。付近の山々は非常に力がみなぎる雰囲気を持っていて、宜蘭県の有名な景勝地となっています。実際には、北峰のみが宜蘭県内にあります。春になると、緑の中に艶やかなホトトギスの花が満開になり、とても美しい景色が広がります。また高地にあるので、東北季節風の影響を受け、冬には時々大雪が降り、山頂が凍るとキラキラして見えます。日の出の際にはたくさんの雲が重なり合い、日没の際には夕焼けがとてもきれいで、本当に仙人の世界にいるようです。とても多くの登山客がここに来て、壮麗な山の景色を楽しんで行きます。


點此

牛闘山は雪山山脈及び中央山脈の交わったところにあります。両側に迫った山の形が、あたかも2頭の牛が対峙しているように見えたことから、昔は「牛頭」、そして今は「牛闘」と呼ばれます。宜蘭県復興村の宜51県道の脇に牛闘苗木場があります。総面積は約2haで、海に浮かぶ亀山島を望むことができ、主には猫柳と紅葉葉楓(もみじばふう)を栽培しています。景色もきれいで、樹の苗を販売するだけではなく、付近の緑化に貢献しています。春は桃や李の花が咲き、茶畑が緑に輝き、秋にはメドウフォームの花が咲きこの上ない美しさです。


點此

東岳村はタイヤル(泰雅爾)の旧地名では伊佑(Iyu)と呼ばれ、昔は貴重な薬草「金線蓮」で有名でした。日本統治時代当初は上下二つの村に分かれていましたが、環境及び行政管理能力を統合する為に、終戦前の民国31(1942)年に合併し、今日の「東岳村」が完成しました。現在の戸数は169戸、人口は600人前後、士農工商全ての仕事が揃い、南澳郷の中でも知識教育の成果が上がっている村です。またここから外部への交通もとても便利で、東部鉄道も蘇花道路もこの村の中心を通っているので、行き交う車も多いのですが、住民達はとても純朴です。東岳村は山と海の両方に近く、独特の自然景観を持っています。東澳湾付近は景色も良く、人も羨むような青い海岸が続いています。村民達はここでバーベキューや水遊びをします。夕方黄昏時になると、漁船が次々と付近の粉鳥林漁港に出入りします。粉鳥林漁港は東岳村と東澳里の魚が水揚げされる場所で、漁の時期は毎年4~6月です。親戚や友人が遊びに来ると、村の人達は東澳Dobiyo(飛び魚)をお土産にして渡します。その結果、東岳村は別名、飛魚村とも呼ばれています。蘇花道路を蘇澳に向かって9km行った場所にある風景区は高台になっているので、大きな海を上から眺めることができます。また蘇澳から花蓮の和平に足を伸ばすと、屋台料理やコーヒー等を買える小さな市場もあります。東岳村の後ろには山があり、西帽山に続く東澳北渓と楓樹山から続く南渓によって盆地ができています。2つの渓がぶつかることで、地質と天候にも影響が及び、夏は水の流れが豊富で村民達はたくさんの農産品を栽培し、鮎を養殖し、鶏達も山に放って育てられる、原住民居住地となっています。


點此

「澳花の滝」は澳花村の西方6kmの山中にあり、未開発地域なので、自然の勇壮な美を見ることができます。滝のあるエリアは3つの山が連なり、岩が切り立ち、滝はその岩の裂け目から真っ直ぐ下に落ち、その音はまるで雷のようです。また水量も豊富なので、長さ80m幅60mの深い淵ができています。きれいな水質で、魚やエビがたくさん生息しており、アウトドア・レジャーに最適の場所となっています。その他、ゆったりした景色の「観音の滝」、絹糸のような水が流れ落ちる「谷風の滝」等、是非ここにお越しになり心の疲れを洗い流し元気一杯になって戴ければと思います。


點此

宜蘭県南勢渓の上流に、山が窪んでできた松羅湖があります。海抜1,300mの場所にあり、この松羅湖に向かう10kmの道のりは、泥道で歩行が困難なので、山壁を登らなければならず、かなりきついコースとなります。また年中雲に覆われているので、まるで夢の世界に居るような気がするので、多くの登山者はこの湖を「夢幻湖」或いは「十七歳の湖」、「十七歳の少女」と呼んだりします。松羅湖周辺の樹木は広葉樹、針葉樹と様々な種類があります。また毎年10月~翌年の4月にかけて、たくさんの鳥達がここに越冬をしにやって来るので、本当に自然の宝庫と言えます。


點此

ここは宜蘭県南澳郷の鳥石鼻の根元に位置する東澳の辺鄙で静かな場所にある小漁港です。鳩の群れが付近の林に集まり、鳩は台湾で粉鳥と呼ばれることから、粉鳥林と呼ばれています。粉鳥林漁港のある東澳湾は、アーチ型の砂浜です。青い山と海の景色は目に焼きつくほど印象的で、また岩に波が打ち寄せる音も聞こえ、鳥厳角上方の蘇花道路が曲がり角に立って見える景色は、本当に美しいの一言です。また通称、豆腐鮫(豆腐鯊)の水揚げ量は、台湾一です。景色が美しいだけではなく、魚介類も豊富で、ハタ、クロメジナ、ノトイスズミ等の漁獲量は非常に多く、たくさんの釣り愛好家達の人気もスポットです。


點此

南澳漁港の近くに、行政院(内閣)農業委員会林務局によって整備された、宜蘭県南澳郷に位置する亀山山丘の南澳朝陽国家遊歩道は、付近の住民達が全長2.7kmのこの道に枕木を敷設しました。3つの登山口から入れる歩道は山頂に登ることができ、たくさんの景観台から見える景色はおすすめです。南澳漁港の美しい姿が見えるだけでなく、鳥石鼻自然保護区や太平洋を望むこともできます。南澳朝陽国家裕歩道は豊かな自然に恵まれ、森林生態系を楽しめる模範的なエリアであり、また宜蘭県大南澳地区の新興景観スポットです。


點此

台湾東部の突き出た鼻形岬は、民国83(1994)年1月に行政院(内閣)農業委員会によって海岸自然保護区に指定された鳥石鼻海岸にあります。海抜約330mで蘇花道路上にある最も壮観な岬はとても美しく、たくさんの人が観光や釣りに訪れます。海岸の動植物はその種類も豊富で、十数種類の哺乳類、59種類の鳥類、13種類の爬虫類及び113種類の蝶類がいます。この他に、フォルモサンミケリア(鳥心石)、タブノキ(大葉楠、紅楠)、オキナワコウバシ(大香葉樹)等、様々な樹木があり、今後、自然保護の対象として行く価値のある場所です。


點此

員山郷湖北村は「大湖底」地区の中心にあります。大湖底地区には4つの村があり、多くの場所が丘と湖で覆われています。湖北村は比較的低い場所にあり、至る所に水田、渓流、湧き泉があります。ここは渓流が集まっている場所なので、道路脇には自然とできた湖沼があります。地下水が地表に湧き出る時、たくさんの場所で気泡が湧き上がり、まるで蟹が吐いた泡のように見えます。水質はきれいで柔らかく、付近の住民はここで水を汲み、洗濯、或いは休憩を取っています。現地の人達は、この自然の景観を見て「蟹の泡吹き(螃蟹冒泡)」と呼んで来ました。時代の流れに伴い、民国95(2006)年に員山郷農業組合と郷の役場でNT$ 300万元(約800万円)を出し合い、この付近の施設等を整備すると共に、大湖地区農地再区画「記念公園」を建設しました。これにより、この員山郷は文化歴史と観光水資源の豊富な憩いの場となったのです。


點此

宜蘭・頭城の外澳は鳥石港の北にある平坦な砂浜です。雪のように白い波が岸に打ち寄せ、そこに太陽の光が当たるとキラキラと輝きます。亀山島の影がかすかに見え、まさに風光明媚な場所です。海に入って遊ぶ以外に、ここでは、「刺激、技術、難度」のあるスポーツをすることができます。例えば、度胸と知識が必要なパラグライダー(飛行傘)やサーフィン(衝浪)などです。この頭城・外澳の砂浜に遊びに来れば、空あり海あり、三次元空間のスポーツを自由に選ぶことができます。夜になれば、きちんとした民宿で波の音を聴きながら過ごすことができます。最近では、鳥石港も遠洋漁業港への工事が進み、次第に港や防波堤も出来上がってきています。また昔の遺跡も記念公園として生まれ変わり、鯨観賞を目的とした観光が盛んになったことで漁港がレジャーの目的地になって来たので、観光サービスセンター(遊客服務中心)も設置されました。そして鳥石港北側の堤防の内側の遊歩道は、散歩や亀山島観賞をする為の絶好のロケーションです。


點此

頭城海水浴場は大坑罟浜(だいこうこはま)、頭城駅の東南約2kmの場所にあり、頭城砂質海岸に属し、宜蘭地区で唯一の海水浴場です。季節風と潮の影響を受け、高さ20m幅10mの砂山ができています。また見通しの良い開けた場所なので、頭城海水浴場は「亀山朝日」の絶景ポイントとなっています。天気が良いと、日の出の瞬間に海面から光が差し、亀山島の後ろから光が出て来るように見えるので、その美しさに驚くでしょう。また砂質海岸なので、防風林があります。この付近は、青少年達が波を聞きながらキャンプをする所なので、その環境を残しています。また漁の時期には、たまに伝統だった魚を獲る網を引く行列を見ることができます。但し、これは頭城の比較的新しい砂浜上の催しなので、あなたも一緒に参加して楽しむことができます。また傍には頭城海水浴場があり、夏には家族で遊びに来るのに絶好の場所です。砂浜は真っ直ぐ平らに陸から太平洋に向かっています。海底の磯波によって、波が起こり、その音が響いてきます。逆に風も波も静かな時は、緩やかな波が秩序を持ってきれいに陸に寄せてきて、優しく砂浜に口づけをしているかのようです。柔らかい風の中で、タマモクマオウ(大麻黄)が生い茂り、グンバイヒルガオ(馬鞍藤)が四方八方に地を這い、サイザルアサ(瓊麻)の株が地面にその雄姿を見せています。風が吹いてザワザワする音を聴いていると、自分だけこの世ではない別の世界にいるような気がしてきます。絶え間ない規律を持った高い波、低い波がまるで白い馬のたてがみがなびいているように見えます。現在、陸の方は開放されていますが、海の方は砂の流出の問題があり開放されていません。海水浴場の方は広々として、基本的な設備も完備し、駐車場、トイレ、展望台、レストラン、宿泊場所が全て海岸砂丘の高台に造られています。傍にはモクマオウ(木麻黄)の防風林があり、キャンプもできるようになっています。是非、海を見ながらのキャンプで海風を楽しみながら自然との一体感を感じてください。


點此

東北角海岸にある大里から、山に面して豆腐岩の地形が始まり、面白い景色を見ることができます。浜海道路沿いの、山を背にし海に面した大里天公廟があり、ここは香の火が絶えない有名な廟(神社・寺)です。祭られているのは道教における最高神と言われる玉皇大帝です。清の道光16(西暦1836)年に建てられ比較的簡素な造りとなっています。その後、光緒30(西暦1904)年に改築され、現在見られるような廟となりました。廟の前からは広い太平洋とかすかに見える亀山島が望め、廟の後ろには古道があり、そこを進むときちんと区画された食べ物屋さんがあり、廟を参観した後はそこで休憩を取ることができます。廟の右側には旅行サービスセンター(遊客服務中心)があり、展示や情報提供サービスを行っています。


點此

浜海道路沿いの宜蘭県頭城鎮・大里漁村内にある天公廟は、正式名称を慶雲宮と言い、中国福建省・漳州から来た玉皇大帝(天公)を祭っています。清の道光16(西暦1836)年に、住民達の信仰の中心・心の拠り所としての必要性が高まり、ここに建てられました。当初はとても簡素でしたが、何度かの改築を重ね、光緒30(1904)年の改築を経て現在の形になりました。よって既に200年近い時を重ねてきたことになります。大里の天公廟は緑豊かな草嶺山を背にし、目の前には波が打ち寄せる太平洋と亀山島より朝日が昇る姿を見ることができます。その景色は本当に美しく、それを見る為に来る観光客もたくさんいます。また廟の脇から後ろの山に通じる道を行くと、草嶺古道の出口に行き当たります。毎年、旧暦(農歴)の1月9日には現地のお祭りがあり、たくさんの信徒達がこの町を訪れます。そしてお祈りを済ませた後に、「蘭陽八景」の一つである、天公廟の楼台から「大里観潮(大里から海を眺める)」をします。特に東北季節風が吹いている時は、怒涛の波が押し寄せ、その姿は壮麗非凡で限りない力強さがあります。


點此

東北角には、山と海、湾の中にある幾つもの岬、切り立つ奇岩、優しい黄金色の砂浜と豊富な海洋生態系があります。そして、素朴な人文的史跡も残っていて、大自然の様々な教えと海浜娯楽場の楽しさの両方を併せ持つ、楽しさいっぱいの観光地です。陸地側の北は台北県瑞芳鎮の南雅里から、南は蘇澳鎮の内碑ビーチの南側の岬まで、その海岸線の全長は102.5kmもあり、海陸両方を合わせた面積は全部で17,421haに及び、その全ての区域は東北角及び宜蘭海岸特別風景指定区となっています。交通部(日本の国土交通省に相当)観光局はこの東北角海岸の景観資源と自然体系の保護を目的として、民国73(1984)年6月1日に、東北海岸観光資源の開発及び建設と運営管理を目的として管理処を設置しました。既にある特徴的な自然景観とは別に、優れた風景を持つ場所を観光スポットとして開発すると共に、この東北角で生きる生命を守る為に、陸海域資源保護区を指定する作業も進めています。


點此

宜蘭県政府は、湯囲溝歴史空間の新しい面を発掘し、健康的温泉のくつろぎのイメージを更にアップさせ、伝統建築の中での生活を記録として残して行く為に、自然で心地良い開放的なレジャー施設を建設して行く目的で、91年より四期計画で湯囲溝公園の建設に取り掛かり、94年12月17日より正式にその営業をスタートしました。この湯囲溝公園では、河岸緑美化空間及び景観涼亭を設置する以外に、檜風呂や半戸外足湯場を設置し現地の人達に昔の温泉の楽しみ方を思い出してもらうと共に、観光客の皆様に対しては自然で心地良い檜温泉をご提供しています。


點此

宜蘭県羅頭鎮・北成庄にある蓮の花館は旺柏レジャー農場に付設された施設で、夏には一面の蓮の花が咲きます。泥から出て来たとは思えない、とてもきれいな花が風に揺れている姿が見られます。ここでゆったりと午後のお茶の時間を過ごし、自然の美しさを満喫するのも良いでしょう。蓮の花館に入ると様々な農作物の生態についての解説が聞くことができ、有機野菜栽培場、苗木育成場、民宿茶屋等があります。是非ここで喧騒を離れ、農村の旅をお楽しみください。


點此

蘇澳港の南側には台湾沿海及び近洋漁船の重要な基地である南方澳があります。漁獲量は極めて多く、台湾三大漁業重要海域の一つです。ここには3つの漁港と魚市があり、それぞれ違った役割・特長があります。第一魚市は毎日午後2時頃に、それぞれの漁協が競りを行います。第二魚市は毎日午後3時~5時頃に漁民達による自家販売が行われます。また、第三漁港の脇には漁港路があり、いろいろな水産品、名産品が集められ、観光客も多く集まります。


點此

宜蘭県蘇澳鎮にある碧涵軒帝雉生態館の張漢欽・館長は若かりし20代の時に、山のとある店で殺されかけていた一つがいの黒キジを助けたところ、後になってその鳥が台湾の国宝鳥であるミカドキジ(帝雉)であることが分かり、これら雉科鳥類の保護の為に自分の生涯をかける決意をしました。そしてただの素人から国際的な雉の権威にまでなったのです。その張漢欽・館長の取り組みは本当に素晴らしい功績です。館内にはミカドキジ以外に、サンケイ(藍腹鷴)、チャガシラミヤマテツケイ(山鷓鴣)等の台湾国宝鳥やベニジュケイ(紅腹角雉)、セイロンヤケイ(綠野雞)、その他に「藍耳雉(和名不詳)」等100種類以上の雉科鳥類が飼育されています。中にはヒマラヤ山脈より持ち帰ったニジキジ(棕尾虹雉)やベトナムより救い出し台湾に連れて来た俗称「鳳凰」と言うカンムリセイラン(冠青鸞)と言った相当珍しい鳥も飼育されています。


點此

金柑を煮詰めて作った「橘餅」と冬瓜糖にラード、小麦粉、鴨の玉子を入れてよく撹拌した後,湯葉を使って棒状に巻いたものです。これを蒸した後、冷ましてから菱形にカットして、油で揚げます。(温度は約30℃???)この糟餅(ザオビン)與芋餡はデザート類に属します。 http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 ( 大漁翁餐廳)


點此

質の良い豚バラ肉を、紅粕の調味料に漬け込みます。独特な味わいで、ニンニクと一緒に食べると、なお一層美味しいでしょう。 http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 (大漁翁餐廳)


點此

西魯肉(シールーロウ)は五目とろみスープです。細切り肉が主役なので西魯肉と呼ばれます。作り方は、先ず白菜を底に敷き、油で揚げた玉子をのせます。その上から、細切り肉、しいたけ、にんじんで作ったとろみスープをかけます。これで西魯肉の出来上がりです。 http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 (大漁翁餐廳)


點此

この糕渣と芋泥(芋餡)は宜蘭人の性格を表した特徴的な料理です。外側は冷めて見えても、中は意外と熱々です。この糕渣は澄んだ鶏スープにお肉とエビを細かく切ったものを入れ、更に練物状の肉、スープ、鶏油と片栗粉を鍋に入れます。その後、弱火で約1時間かき混ぜます。それが冷めて固まったら、それを小さく切ってから、油できつね色になるまで揚げます。 http://www.e-land.net.tw/cgi-bin/MyPage?comm=98083243 (大漁翁餐廳 )


點此

1997年3月に完成した約2,500坪の公園の様な行政ビルは、宜蘭県にとっては3回目の新庁舎建設でした。時代の流れに呼応し、ビルそのものは、親しみやすく、芸術的で、公園のようで、台湾らしく、インテリジェンスを兼ね備え、水と緑で気持ちの良い空間を作り出しています。(天秤の上のマルチーズ)


點此

成立の緣起:
社会変遷が非常に早く、伝統芸術の後継が危ぶまれるようになったために、行政院は1995年2月に宜蘭県政府に命じ、1995年国家建設六年計画中に入れてある「東北部民俗技芸園籌設計画」を提升「傳統藝術中心籌設計画」に転換し、行政院の文化建設委員会の付属機構に編入しました。1996年籌備処を設立し、又同年の3月27日正式に発足させました。 立案から今日まで新しいセンターの建設作業を早めた一つの理由は、伝統芸術が思いもよらぬスピードで崩れる現実情況を考慮したからです。 同時に伝統芸術の調査、採集、整理及び技能の保存と継承作業を推し進め、ソフトの面でも多くの進歩を成し遂げることが出来ました。 2002年1月16日にセンターの暫行組織規程は行政院から核定され、同じ年の1月28日正式に運営が始まりしました。 その後、続々と各園区の啓用活動も加わり、全国伝統芸術総籌専責機構と成りました。 

伝統芸術センターは宜蘭県五結郷冬山河の川下に有り、冬山河親水公園とは冬山河をはさんで位置しています。 浜海公路(台二省路)から直接園区に到着することが出来ます。 園区の総面積は24へクタール有り、伝統戯曲、音楽、舞蹈、工芸及び民俗雑技等、それぞれのテーマに基づいて21棟の建築物と景観を異にする区域に分かれています。

建築物とスペースのレイアウトは次の通りです。
(一) 出入り口及び駐車場区域、即ち伝統大道(南北向きは省道台二線と連接した出入り口です)、センター控え室及管製口、伝統戯曲展演区チケット売り場入り口、伝統工芸推広区入り口、バイク駐車場、小型車駐車場(戯曲館と工芸区の入り口歩道二筋を含んでいます)。大型車駐車場と園区の内外道路の交通路径を繋がっている。 駐車場から園区内の歩道とを組み合わせています。
(二) 行政区宿舍は行政センター。学員宿舍、芸師の住所、交誼庁、員生食堂等の区域です。
(三) 伝統芸術伝習区は、戲劇館、曲芸館、伝統工芸伝習所及び図書館等が構成して其の内戲劇館内は伝習、排演スペースが有る、曲芸館内を伝習、研究教学等の空間が有る体育館も又戲曲排演のスペースを兼ねています。
(四) 伝統戲曲展演区は、戲劇館、曲芸館、展示館及び戲劇館と曲芸館の間は現場実験劇場にもなれる、戸外広場も有ります。
(五) 伝統工芸推広区は展示館、広孝堂と民意街坊上の伝統工芸、童玩坊及び文昌祠と廟庭広場、戲台、伝統小吃坊、黄擧人宅及び遊客案内センターがあります。
(六) 景観体験区は南北水門と湿地、内河道、野外広場、(伝統雑技、民俗体育及大型演出場所になれる)民俗植栽園(主に工芸性植栽する場所)や自導性歩道と汚水処理場等が有ります。

(無敵と珊宝)


點此

台湾東北部に位置し、台湾全土の森林面積の9%を占める、この森林は、大台北及び蘭陽地区の生活用水、灌漑などに欠かせない水源となっています。緑の植物は都会の汚れた空気を浄化し、台風襲来時には土砂崩れを防ぎ、洪水の発生を抑えてくれます。  休日には、多くの人々がリラックスできる、憩いの場を提供してくれる、台湾の命をつなぐ最も重要なライフラインです。   羅東林区は海岸のマングローブから海抜3,600メートルの高山まで、高度が上がるにつれ、亜熱帯、温帯、亜寒帯と異なる気候帯に属し、豊かな林木資源が育まれています。

国有林事業区の最近の調査結果によると、現在、森林面積は天然林が約80%、人工林が20%を占めており、その蓄積量は針葉樹7,433,695立方メートル、広葉樹12,387,043立方メートル、そのうち、人工材木の占める面積は3,866,932立方メートルに及び、高い経済価値を有しています。

針葉樹はタイワンベニヒノキ、ヒノキなどの貴重な樹種が最も多く、全体の約26.74%を占め、続いて楠木、ブナ科の木及びその他広葉樹種となっています。  

さまざまなタイプの林の中で、特に棲蘭、太平山一帯は、東北の季節風と地形の影響を受けてできた檜木の森林が最も目立ちます。樹齢千年以上の荘厳な巨木は、早くから国民共同の資産となっています。また、銅山一帯の山毛ケヤキの森林は、現在、この植物が分布する最南区域で、台湾では面積が最大の純林としても知られています。台湾油杉は台湾本島の南北両端に分布しており、非常に希少であるため、坪林姑婆寮渓及び金瓜寮渓一帯の油杉生育地は、文化資産保存法により「自然保留区」に指定されています。また、淡水河口のマングローブは、現在最北に分布する、面積が最大のヒメルギの純林です。  

林木と植物資源の他、さまざまな林には、30種以上の哺乳類、200種以上の鳥類、70種以上の両生類及び爬虫類などが生存しており、野生動物保育法で絶滅に瀕した種或いは貴重な種とされているものも少なくなく、森林はこれらの生き物にとっても重要な環境を提供し、台湾の豊かで多様な生態環境を維持するのに役立っています。(イタズラなKissⅡ)


點此

http://www.flyingbirdhouse.com/ (イタズラなKissⅡ、ハートに命中!100%)


點此

http://www.designerhouse.com.tw/page1.htm (笑うハナに恋きたる、泡沫の夏、ガラスの靴)


點此

敗犬女王、あの年の幸福な時間


點此

タイヤル大橋は元々は天崙大橋と呼ばれていました。民国84~85年(1995~96年)にかけて建てられ、蘭陽渓流上にあり、三星郷と大同郷を結ぶ橋で、大同郷の住民が羅東地区に行くのに便利なようにと建てられました。タイヤル大橋の設計はタイヤル族の文化風情を生かしたもので、弓矢の形の街灯、赤茶褐色の三色の菱形の模様による装飾は、タイヤル族の伝統的なスタイルにモダンアートが融合されています。(ファーストラブ)


點此

明池森林遊楽区は、宜蘭県大同郷と桃園県復興郷との境目に位置し、「池端」とも呼ばれている高山の人工湖です。周りは原生林に囲まれ、一年中霞につつまれ、おぼろげな景色が美しく、「北横の明珠」とも呼ばれ、森林浴にも最適の場所です。
園内の庭園は山水の概念に基づいた古風な建築景観で設計され、明池苗田、苔園、蕨園、森林遊歩道、国父生誕記念林園などがあり、山の斜面の歩道の両側には梯子形の苗の育成区があり、坂道を歩道に沿っていくと、高山の野原の美しい景色を眺められ、さまざまな花が咲く自然な風貌を観察できます。(十八歳の約束、ラッキー・アンド・ハッピー)


點此

In the old picture taken in 1937, Lizejian Bridge crosses the river and leads to Lize Old Street. After the Dongshan River cut-off project, the old bridge was torn down. The gradually deposited river course was filled up into new land. The only thing left is Lisheng Hospital, the original credit cooperative established in 1920. It became a historical landmark. (The scenery spot where the drama, Fated to Love You, was taken) (Destiny Love)


點此

Introduce: Considering the rapid social evolution and lack of concern for the traditional arts, the idea of establishing a National Center for Traditional Arts under the administration of the Council for Cultural Affairs was hatched in February 1995 by the Executive Yuan. In 1996, a steering unit was established and entered into operation in March of the same year. Outside of planning and building the Center, this unit also dedicated itself to the investigation, collection, and sorting of various traditional arts and objects as well as acting as a conduit for the preservation and passing down of traditional handicrafts and skills. The goal was to build up a basic software and hardware database so as to sustain these arts. In January 2002, this center officially commenced operations and a series of inauguration activities were held. This center then became the official unit in charge of all national traditional arts and related affairs.

Located in Wujie Township, downstream of the Dongshan River, the National Center for Traditional Arts is across the river from the Dongshan River Cinshuei Water Park. It is easily accessible via the Northern Coastal Highway. The Center occupies an area of 24 hectares, featuring 21 buildings and a landscape area. The Center is divided as follows:
(1) Entrance/Exit and Parking Area: Traditional Arts Boulevard, Central Control Room, Control Point, Entrance Ticket Booth for Traditional Opera Performing Center, Entrance to Traditional Handicraft Promoting Area, Motorcycle Parking, Car Parking, Tour Bus Parking, etc.
(2) Administration Area and Dormitory: Administrative Center, Students Dorm, Masters Dorm, Entertaining Hall, Cafeteria
(3) Traditional Arts Research Area: Operatic Theater Hall, Musical Art Hall, Traditional Handicraft Study Center. (4) Traditional Opera Performing Area: Operatic Theater Hall, Musical Art Hall, Exhibit Hall, Experimental Theater and Outdoor Square
(5) Traditional Handicraft Promoting Area: Exhibit Hall, Guangsiao Hall, the Traditional Handicraft Workshop and the Folkgame Workship on Folk Art Street, Wenchang Temple, Temple courtyard, Operatic Stage, Traditional Delicacy House, Huang’s Official Residence, and the Visitor Center
(6) Landscape Area: South and North Water Gates, wetland, inner river way, outdoor square, folk plants area, a walking path, and a sewer processing area.        (Woody Sambo)


點此

It is located in northeastern Taiwan and takes 9% of the size of forest in Taiwan. This irreplaceable green forest is providing the water source to Metro Taipei and Lanyang Area for their living and irrigation needs. The plant will purify the polluted air for metropolitan areas. Forest will also prevent landslide and reduce flood when the typhoon comes.

On holidays, it is the best place for relax and recreation. It is also a root to nurture Taiwan. The Luodong forest area starts from the mangrove bush on the coast to the mountain of 3,600 meters high. Vary altitudes change bring different climate types of subtropical, temperate and subfrigid zones, and the abundant timber resource is developed in the forest as well.

The latest survey result conducted by the National Forest Utility District, there are 80% of natural forest and 20% of plantation forest; 7,433,695 square meters of conifers and 12,387,043 square meter of broadleaf trees in amount, and the plantation limber takes 3,866,932 square meters. The economic value is abundant.
Most of the conifers are valuable timbers such as Taiwan red cypress and Taiwan cypress which take 26.74% of the total amount, followed by Taiwan cedar, oaks and other broadleaf trees.

Among the different forest types, the cypress forest formed by northeast monsoon and terrain in Chilan and Taiping Mt. area is the most noticeable. The giant trees of thousand years old has always been the publicity’s asset. The beech forest in Tongshan region is distributed at the lowest latitude of the species and the largest pure forest in Taiwan. Taiwan cow-tail fir only grows in Taiwan’s north and south ends. The species is very rare. As a result, the Taiwan cow-tail fir forest in Gupoliao Creek and Jingualiao Creek, Pinlin has been assigned as ‘nature reserve’. The mangrove grown at the Damsui River mouth is distributed at the highest latitude and the largest pure mangrove bush.

Other than timber and plant resources, there are more than 30 species of mammals, more than 200 species and more than 70 species of amphibians and reptiles living in the different forest types. They include endangered and rare species announced by the wildlife conservation law. A forest provides an important living environment for these species and maintains an abundant and divers ecology environment in Taiwan.
(They Kiss Again)


點此

http://www.flyingbirdhouse.com/    (Destiny Love、They Kiss Again)


點此

http://www.designerhouse.com.tw/page1.htm   (Summer's Desire、Queen's)


點此

The park-like administrative building was completed in March, 1997, and the land area is about 2,500 pings. This is the third county government move in the Yilan County history. To meet the trend of the era, the building is designed to be approaching people, artistic, a park, localized and intelligent, and to build a comfortable harmonic space of water and green


點此

The Taiya Bridge is formally named as Tianlun Bridge, built between 1995 and 1996, located at the upstream area of Lanyang Creek, and links Sanxin and Datong townships. The main goal is to make it convenient for the residents of Datong Township traveling to Luodong area. The design of the bridge is full with Taiya culture. The arrow and bow designed street light and decoration of red, brown, dark brown colors and diamond totem have presented the merger of traditional Taiya and contemporary arts.


點此

好吃 好玩 好好笑


點此

普羅旺斯宜蘭民宿的設計出自主人的細膩巧思,融合希臘風格的典雅氣息及蔚藍海岸的自然開闢,自有一種出眾的法式貴族氣氛。讓人感受到普羅旺斯的浪漫情懷。寧靜的鄉間風光,喜歡法式貴族風格的人,就不能錯過這裡。

有個地中海風格的餐廳,有著精緻的餐點,享受著歐式風味的下午茶,悠然地喝著咖啡或花茶,此時再加上一些可口的手工小點心,幸福的感覺由然而生,彷彿置身於歐洲一般。


點此

Visitors appreciate several birds hovering in the sky here, including grey heron, black-crowned night heron, lanius schach, yellow-bellied prini, and amaurornis phoenicurus.
The long-term deposition along the river forms a delta and breeds abundant waterweeds resource. Many aquatic birds are attracted to find their food in Dazhou Flood Diversion Weir Scenic Area. For the requirement of irrigation, Annong River was divided into two water resources by flood diversion weir. The weir was completed in April, 1992. It is in Sanxing Township, Yilan County, also called Spring Park. The total square measure is 2.2 hectares. It is a leisure scenic area for citizens to appreciate birds and explore natural ecology.


點此

Traveling through Chiang Kai-shek Chateau, flower and tree appreciation area, cherry apricot peach trail, and forest trail, passengers can enjoy 14 aerobic exercise facilities and Little Tarzan Forest Recreation Area as they wish. It is fun to approach the mountain forests.Cilan Forest Recreation Area has European buildings and small blockhouses in the forest. They provide comfortable resident facilities for passengers who come here to enjoy phytoncide. Tuchang Village, Datong Township is located at the intersection of North Cross-Island Highway and its Yilan Branch (Tai 7 Jia Provincial Line). It is about 38 kilometers from Yilan City and Juodong Township, and it is along the inevitable way to Taiping Mountain and Peach Mountain. The terraced nursery gardens grow cryptomeria. Don’t forget to taste the local specialty grown here—monkey head mushroom. The only giant juniper area in Yilan—Cilan Giant Tree Garden is located at the 12th kilometer along Cilan Forest Road. Most junipers in the garden are primitive trees older than one thousand years. There are 51 junipers and cypress distributing in the garden. They are respectively named according to their growing age, such as Confucius Divine Tree and Tang Taizong Divine Tree. These names are interesting and educational.


點此

Taiping Mountain, Ali Mountain, and Basian Mountain are three principal forest farms in Taiwan. Taiping Mountain features in juniper and cypress. The total square measure reaches more than 12,000 hectares. The area includes Nanhu Mountain Chain, Sanxing Mountain Chain, and Dabajian Mountain Branch.Located at Datong Township, Taiping Mt. Naitonal Forest Recreation Area has different landscapes in four seasons. With various altitudes, this area has changing landscapes of red-leaf plants in four seasons. Flowers are blooming and colorful in warm spring. The sunrise and sea of clouds are unforgettable in comfortable fall. The flame-red maple tree also brings bright colors for Taiping Mountain. Besides, Taiwan cherry, plum blossom, apricot, and Taipingshan cherry show various charming landscapes in four seasons. The scenery spots in the area include Renze Hot Spring, forest recreation area, forest trail, wild animal protection zone, and Cueifong Lake.


點此

Jioujhihze Hot Spring is the central spot in Taiping Mr. National Forest Recreation Area, located in the valley surrounded by Duowang River. Its original name was Renze. Because of its resources such as terrestrial heat and hot spring, it was also named “Shao Shui” in the past. It was renamed Jioujhihze Hot Spring in 2004. The surrounding mountains are verdant and beautiful. The curving course of Duowang River goes through this area. Jioujhihze Hot Spring is weak alkaline carbonic acid spring. The heat reaches 140℃. The water is clean without sulfur smell so it is suitable for bathing. Visitors can enjoy the nearby forest trail and appreciate birds there. Luodong Forest District Office sets up Renze Vilalge providing accommodations. The facilities include Jiouze Bridge crossing Duowang River, beautiful plants surrounding the egg boiling section, outdoor SPA hot spring pool, and indoor hot spring juniper tub bathroom.


點此

Cueifong Lake is between Taiping Mountain and Dayuan Mountain and its indicated altitude is 1,900 meters. The square measure is 20 hectares. It is one of the largest highland lakes in Taiwan. It is also the most essential scenery spot in Taiping Mt. National Forest Recreation Area. The hiking route between Taiping Mountain and Cueifong Lake takes about 6 hours. The landscape along the route is beautiful. Tall trees stand on both sides and bird chirping is heard everywhere. The sound of the distant flowing rivers keeps breaking the tranquility. It is a retreat away from the turmoil in the world.


點此

The terrestrial heat spring keeps emerging from the underground. The water heat in Cingshuei Geothermal (Shihmen River) reaches 95℃. It is an alkaline hot spring with sulfur smell located among the valley in Datong Township, Yilan County. It is a clean stream beside Cingshuei Geothermal. There are rocks and green ponds along the stream. With the geothermal water smoke, it looks like a paradise. The geothermal hot spring is too hot to bath, but the landscape of clouds and mists in the mountain is really beautiful. Therefore, many tourists have a picnic here on holidays. They boil egg, sweet corn, taros, and yam bean with the hot spring. It is one of the popular scenery spots in Yilan.


點此

The altitude of Yuanyang Lake is 1,670 meters and the square measure is about 2.2 hectares. The upmost depth reaches 15 meters and the water pours into the western Shihmen Reservoir. The forests nearby Yuanyang Lake are verdant. There are precious moss cohabitation forests in which 138 species of plants and 14 species of birds cohabit. The altitudes between 1,600 meters and 2324 meters have been designated as the natural ecology protection zone under the management of Yilan County. The whole area covers the highest peak of Xuebai Mountain and several mountain ranges such as Siwei Mountain. Yuanyang Lake has various landscapes in four seasons. The most beautiful scene appears in the morning. It usually rains in spring and fall. The summer is vigorous and green and the winter snows a lot. Regardless of the season, visitors can appreciate the unique landscapes at Yuanyang Lake.


點此

Visitors must take jeeps to reach Fanfan Hot Spring located at the upstream of Fanfan River, Datong Township, Yilan County. It is a natural and undeveloped wild hot spring remaining the primitive landscape in the mountains. With the consciousness of environmental protection, many visitors walk there. They enjoy the mountain landscapes tranquilly and cause less harm to the nature. Fanfan Hot Spring is an alkaline carbonic acid spring with magnesium and calcium ion. The water heat is between 52℃ to 70℃. It is suitable both for bathing and for drinking.


點此

Han River is located at the upstream of Datong and Luodong Township in Yilan County. The altitude is 250 meters. It is the residence for Atayal Nan’so people. As time goes by, traditional life style like hunting gradually changes. Many young people choose to leave the hometown and make a living. The outward migration is getting more and more serious. Both sides of Han River are verdant and green. There is a deep pond at Gulu section. People like to play in the cool water here in summer. The current is swift in several spots along Han River. People like to appreciate the beautiful scene at the suspension bridge. Taiwan cherry trees bloom in spring and form a beautiful scene. “Han River cherry” is elected as one of the 18 Lanyang scenery spots. The surrounding environment is clean and tranquil.


點此

The Divine Trees Zone is located at the 12th kilometer along Cilan Forest Road, Datong Township, Yilan County. The altitude is about 1,600 meters. There are 62 primitive juniper and Taiwan cypress aging from 400 years to more than 1000 years in the zone. Most divine trees have special figures. Trees in the zone are named after historical personages according to their growing age, such as Confucius Divine Tree, Yang Guifei Divine Tree, Bao Zheng Divine Tree, Wen Tian-xiang Divine Tree, and Su Dong-po Divine Tree. The trail in the zone is 3.1 kilometers, connecting all divine trees. You can enjoy the phytoncide leisurely here. There are three pavilions, Yi Xian, Zhi Qing, and Jian Feng, for visitors to take a rest. The number of visitors in the Divine Trees Zone is limited so people planning to visit here should make reservation in advance.


點此

Sihyuan Wind Gap is located at the border between Taichung County and Yilan County. It is under the management of Yilan County and the altitude is 1,948 meters. It is the lowest saddle of Nanhu Mountain Branch and Tao Mountain Branch. It is also the watershed between Lanyang River and Dajia River, and it serves as the climate boundary. The forests around this area are warm temperate forests. There are juniper and cypress growing in the upper part. There are other tree species in other areas, such as Zuiho Machilus, Michelia compressa, Cryptocarya, yellow oak, alder, and cryptomeria. There are several animals and ferns, too. It is a precious land for natural ecology. Flowers bloom prosperously in spring and summer. They are the best seasons for visiting. Leaves falling down in fall and winter form a desolate beauty. If the air is moist enough, it snows sometimes.


點此

Dongshan River flows to the sea gently and smoothly. Along the course, a place is called Xiaqingshui. It is the lowest location at the downstream of Dongshan River and the entrance to the sea. The tide gate was completed in 1969. The gate has 20 holes and each hole is 2.5 meters. It functions in adjusting the volume of water. From then on, mountain torrents and inundation by the sea have been the past memory for residents at the downstream of Dongshan River. In 1981, large automatic tide gates were established for increasing the capacity. The function of flood prevention was enhanced. After the completion of the large gates, river water was accumulated here and formed a scene like a clean mirror. The bright and clear moon light and the remaining sunset are the embodiment of tranquility. Many people wander about here and enjoy the water landscape at the gate. The clear reflection is visible in the light of the waves. As singing, the fishermen cast the net into the river and fish get into the net soon! Fishers are all around the gate. The noise in the city is forgotten in this paradise! After the large gates function in flood prevention, Dongshan River accepts landscape engineering and beautification. It promotes the close relationship between human beings and water. At the beginning, the plan for Dongshan River was a curve cut-off project. With the help of the large gates, Dongshan River becomes a river of hope in the hometown. Walking along the river from Qingshui Gate, people see prosperous waterweeds and crowded ponds. The natural and beautiful green grass is seen everywhere.


點此

Lizejian Duck-raising Center was established in 1968 and moved to present location at Wujie Township, Yilan County in 1972. The torrential rain usually causes flood at the downstream coastal area in Yilan County and crops are usually damaged so many farmers raise ducks for another economic activity. Lizejian is the most prosperous duck-raising area then. It is praised as “the hometown of ducks.” The normal name is “Yilan Branch, Livestock Research Institute, Council of Agriculture, Executive Yuan.” Local farmers give it a funny nickname “Duck Center.” Its main business includes duck research, species selection, improvement and promotion of outstanding breeding ducks, and processed duck food. It plays an important role in assisting duck farmers.


點此

The tea tree is green, bees and butterflies are hovering, and birds are singing. The sight is full of dark and light green. The grass is also green. Opening eyes, I think of one term only—greenness! The dense mist spreads at the foot of the mountain in Zhongshan Village in the morning. At the depth of the valley, the rain moistens each inch of the soil. Tea trees grow up in such a warm and moist climate. The farms along the slopes and the neatly arranged short tea trees form the most touching landscape. With the diligent cultivation of tea farmers, the fragrance of the provincially famous “jinsyuan tea” spreads in the solitary country. Detour round the tea gardens and walk upward along the steep mountain trail. “The benevolent person likes mountain while the wise person likes water.” The county hall plans and sets up Renshan Nursery Garden which is obvious in the mountain. For cultivating the best new species, the whole slope becomes the new home for seedlings. Renshan Botanical Garden has special geographical environment, unique landscape, verdant mountains and green rivers. It is a landscape full of greenness. There are several species of plants in the garden. They attract various birds, insects, amphibians, and other animals to gather here. Walking upward along the hiking trail, one sees the Pacific Ocean, Turtle Island, and the whole Lanyang Flats. The garden is a nice place for citizens to go hiking and getting close to nature. The garden is in Zhongshan Village whose old name was Shisanfen. Renshan Nursery Garden was called Shisanfen Nursery Garden or Zhongshan Nursery Garden in the past. Later, based on the allusion of the proverb, “The benevolent person likes mountain while the wise person likes water,” it was renamed “Renshan Nursery Garden.” The vision is broad on the view appreciation platform in the nursery garden. The whole Lanyang Plats is visible here. In sunny days, people see Turtle Island on the sea and Lanyang River entering the sea. It is the best location for appreciating the area in the south of Lanyang River. Yilan County Hall has managed the nursery garden for years and provided organizations, schools, and groups with plants and seedlings required for green environments. Because there are more and more citizens requiring outdoor recreation and natural education and experiences, the county hall plans to turn the nursery garden into a botanical garden. It is dealing with various facilities and constructions, entrusting contractors to plan and design the garden. The tourist center and green classroom are completed now. With the national botanical garden construction project, more perfect environmental facilities will be completed in the future. The final goals are to establish a botanical garden with illustration facilities for exhibiting and introducing plants and natural environment in Northern Taiwan.


點此

In certain unknown age, residents in Zhongshan Village, Dongshan Township gave names to two waterfalls from different directions. One is “Jiuliao Waterfall” and the other is “Sinliao Waterfall.” The latter is younger, the current is swifter, and the volume of water is more plentiful. Liao means wooden or grass cottage. Smart ancestors built a temporary shelter with local materials so that they could climb up the mountain, collect camphor trees and draw out the rattan. Dongshan River is called “the river of hope,” and its source is Sinliao Waterfall. There are green whirlpools and clean bubbles in the deep pond below the flushing waterfall. The spraying water drops make the pond cool even in summer. Soaking feet in the cool river, the cold water makes people feel comfortable. The spring strikes the pebbles and gives forth sounds. Visitors stand below the cliff and listen to the chirping of cicadas and birds. There are tadpoles, frogs, dragonflies, mayflies, and butterflies on the water. Due to the inconvenient transportation, there are not so many people enjoying the pleasure at the waterfall. It is another wild pleasure.


點此

According to the legend, Lanyang Plats were guarded by Turtle Island in the sea and the holy snake at coastal sand dunes. Within the political territory of Zhuanwei Township, the figure of Turtle Island is the clearest. The shape of the sand coast looks like a curved huge python. Turtle and snake are riding beasts of Polar God of Mystic Heaven, so there are many temples worshipping Polar God of Mystic Heaven along coast highway. The banyan trees in Donggang Seaside Park are exuberant. Community residents hang hammocks on the trees. Lying on the hammocks in leisure, they seem to forget tiredness. Because Yilan River, Dongshan River, and Lanyang River meet here, there is an alluvial fan at the river mouth. The deposited sand dunes form a swamp where water birds inhabit. The river mouth of Lanyang River is the habitat for water birds. It is one of the 12 main wetlands in Taiwan and a nice place for bird watching. Taking a rest here, visitors enjoy the blowing sea breeze, listen to bird chirping, and look at distant Turtle Island. The wave striking the beach, the boats at the river mouth, fishermen, and flying birds deliver the leisure mood on holidays.


點此

Located at both sides of Lanyang River, Zhuangwei Township and Wujie Township, Yilan County, Lanyang River Bird Sanctuary is 206 hectares. It was established on September 16th, 1996. There is abundant animal ecology in the sanctuary. It is one of the 12 main wetlands in Taiwan. There are 236 species of birds appearing in the sanctuary, including precious red-crowned crane and common crane. The period from October to next April is the migration season for migratory birds. Visitors can appreciate the beautiful landscape of Turtle Island here. Many bird lovers are attracted to appreciate beautiful landscapes here.


點此

Nunhu Mountain, one of one hundred famous mountains in Taiwan, is between Yilan, Hualien, and Taichung County. The surrounding mountains show its tremendous momentum. It is a well-known scenery spot in Yilan County. Actually, only the northern part is within Yilan County. Bright azalea blooms in spring. The green land and the flower form a beautiful scene. The area at high altitude is greatly influenced by northeastern monsoon. It snows a lot in winter. The ice becomes shining decoration at hilltops. In addition, the landscape of sunrise, sea of clouds, and sunset looks like a paradise. Many mountain lovers are attracted to enjoy the magnificent landscape here.


點此

Nioudou Mountain is the intersection between Xueshan Mountain Range and Central Mountain Range. Both sides of slopes look like two fighting bulls so it was called “Nioutou” in the past and is called “Nioudou” today. Nioudou Nursery Garden is beside Yi 51 County Road in Fuxing Village, Yilan County. The total square measure is about 2 hectares. Turtle Island is visible here. The main growing seedlings here include Liuqiu and sweet gum. The landscape in the nursery garden is beautiful. It provides seedlings and makes a green natural environment. Flowers bloom in spring and make a scene with the green tea garden. The white awn is seen everywhere and forms a magnificent scene in autumn.


點此

The original Tayal name of Dongyue Village was Iyu. It became famous for growing the precious herb “anoectochilus formosanus.” There were two villages during the Japanese reign. For integrating the environment and administrative management, two villages were combined into present “Dongyue Village” in 1942. The number of households in Dongyue Village is 169 and the population is about 600. The occupations include politicians, farmers, workmen, and merchants. It is a tribe with higher education and achievements in Nan’ao Township. The traffic is pretty convenient. The eastern railway passes through the village, and Suhua Highway crosses the tribe. Vehicles keep coming and leaving Dongyue Tribe. The traffic is convenient and the custom is simple. Dongyue Tribe is close to mountains and the ocean with unique natural landscapes. The surrounding area of Dong’ao Bay is beautiful and comfortable, forming an admirable blue coast. It is a nice place for villagers to barbecue and swim. Fishing boats enter nearby Fenniaolin Port every evening. Fenniaolin Port is the fish market for Dongyue Tribe and Dong’ao Village. The fishing season is from April to June. When friends or relatives visit Dongyue Tribe, villagers take Dong’ao Dobiyo (flying fish) as the best gift. Therefore, Dongyue Tribe is praised as a flying fish tribe. The scenic area 9 kilometers away from Su’ao along Suhua Highway has higher altitude so it is easier to overlook the vast ocean. The area from Su’ao to Heping, Hualien County is in sight. There are vendors and coffee shops forming a little market here. There are mountains in back of Dongyue Tribe and the ocean in the front. The back side is a broad hinterland formed by Dong’ao North River from Ximao Mountain and by Dong’ao South River from Fengshu Mountain. Both North River and South River are influenced by the change of environment, geology, and climate. The volume of water is plentiful in summer. Villagers live by growing agricultural products and forest and breeding sweet fish and free range chicken on their preserved land.


點此

Nan’ao North River belongs to the branch of Nan’ao River. The source comes from Dayuan Mountain. The scope of river basin reaches 130,000 square kilometers. The length amounts to 31.6 kilometers. It meets Nan River at Bihou Village and enters the sea. Both sides of North River are high mountains. The valley is deep and steep. The river course is full rocks and looks like a natural miracle. Tracing the river feels like flying in the air as stepping on huge rocks. Listen to the river striking the bank, gaze at the flushing currents, look upward at the clouds and sunny sky, and appreciate the green mountains and spraying water drops. It will be a worthwhile trip. The landscape along North River features in the beautiful canyons. They look different at upstream, midstream, and downstream, but they are all beautiful scenes. Grass and trees grow along the river. Besides, there are smell-less hot spring, waterfall, strange rocks, and the precious herb anoectochilus formosanus. It is suitable for outdoor activities such as stone gathering and wandering. The sandbank camping area is available for camping and playing water. It is a cool refuge in summer.


點此

Aohua Waterfall is in the valley 6 kilometers northwest from Aohua Village. Because of the underdevelopment, the landscape here remains natural and magnificent. The waterfall is surrounded by mountains on three sides. The mountain is full of rocks and the waterfall flushes downward. The plentiful water makes loud noise and forms a deep pond about 80 meters long and 60 meters wide. The water is clean and sweet. Fish and shrimp are swimming in leisure. It is a nice place suitable for family trips. There are lots of mountains in Nan’ao Township. Besides Aohua Waterfall, there are many beautiful waterfalls worth visiting, such as the secluded Guanyin Waterfall and the tender Gufong Waterfall. Take a trip of waterfalls and your mind will be cleaned up.


點此

Shenmi Lake is also called Ghost Lake, located at the mountains in Jinyang Village, Nan’ao Township. Take jeeps at Jinyang Tribe, drive along the industrial road, and climb up to the entrance. The driving period is longer than one and half hours. The mountain trail is long, rugged, and primitive. It is a rare exploration for mountain lovers who like excitement. The altitude of the lake is about 1,000 meters. It is one of the close lakes in the high mountain. It is also a precious observation station for wetland succession in a lake. The lake is about 200 meters long and 100 meters wide. More than half of the lake is covered by moss. Visitors see teals swimming across the lake at the entrance. The lake is so clean that the bottom is visible. Various aquatic animals living in the lake, such as crab, spiral shell, loach, and tadpole. There are also rare plants such as thin-leaved potamogetonaceae, Eastern Asia sparganiaceae, and kusano willow. There are also wild animals along the lake, such as squirrel, goat, muntjac, and mountain mouse. The lake is surrounded by primitive broad-leaved forests. Many migratory inhabit here. There are more than 60 species of birds and more than 200 species of butterflies. It is a nice site for bird watching, so it is suitable for sensible trips promoting education and ecological preservation.


點此

At the upstream of Nanshih River in Yilan County, there is a swamp lake called Sunluo Lake in the high mountain. The altitude is 1,300 meters. The ten kilometers of mountain road leading to Sunluo Lake is rugged and rough. Visitors must climb up the slopes. The climbing process is extremely difficult. The clouds and smoke spread around the mountain all year round so it keeps the fantastic landscape. Many mountain lovers call the lake “Fantasy Lake,” “Lake of Seventeen Years Old,” and “Seventeen-Year-Old Girl.” Forests surrounding Sunluo Lake are mixing forest and broad-leaved forest. Many migratory birds move and spend the winter here from October to next April every year. The natural ecology is also abundant.


點此

Nan’ao South River flows through Jinyang Village and Wuta Village, meets North River at Nan’ao Village, and enters the Pacific Ocean. There are green valleys and forests along the river. The green water forms a beautiful scene. The water in South River is as clean as jade. The flowing water is as light as clouds. Fish and shrimp are seen swimming leisurely everywhere. The river abounds in green mitten crab in Aprils and Mays. Sweet fish is also proliferating in the river now. The water ecology in South River is getting abundant. Besides, tracing upward the river, you can visit Suta and Jinyang Tribe. They are resident villages of Atayal people. The popular song “Sayon’s Bell” was spread from South River during the Japanese reign. The best way of visiting South River is camping overnight here for feeling the primitive beauty. At cloudless nights, look at the starry sky reflected on the river and enjoy the melody of breeze, rain, and river. In the day time, the river landscape and the flowing water are visible. Play water or lie on the huge rock. Feeling and realizing the currents, you will obtain the enlightenment. It is an unforgettable trip of recreation and knowledge.


點此

Fenniaolin Port is located at the root of Wushihbi, Nan’ao Township, Yilan County. It is a small peaceful fishing port in Dong’ao. Doves get together in the forest. Doves are called fenniao in Taiwanese, so the forest is called Fenniaolin. In front of Fenniaolin is Dong’ao Bay. The curved bay is made of beach and reefs. Visitors see the blue landscape of mountains and sea here, listening to the sound of waves striking the coast. The scene appreciated from the turning point along Suhua Highway above Wuyanjiao is the most amazing. The catch of whale shark at the port is top one in Taiwan. Besides the beautiful landscapes, the catch of fresh seafood, such as grouper, large scale blackfish, and lembus rudderfish, is surprising. Many fishers like to go fishing at the port.


點此

Nan’ao Sunrise National Trail is close to Nan’ao Harbor. It is rebuilt by Forestry Bureau, Council of Agriculture, Executive Yuan. Its location is at Turtle Mountain in Nan’ao Township, Yilan County. The total length of the trail is 2.7 kilometers and it is paved by crossties. There are three entrances along the trail. When citizens climb up to the hilltop, they can appreciate the distant scene at several view platforms. They see the beautiful landscapes of Nan’ao Harbor, Wushihbi Coastal Nature Reserve, and the Pacific Ocean. Nan’ao Sunrise National Trail has complete natural ecology. It is a demonstrative area for forest ecological tour and a new scenery spot in Nan’ao area, Yilan County.


點此

Wushihbi Coast is a protruding nose-shaped sea cape in Eastern Taiwan. Council of Agriculture, Executive Yuan has proclaimed Sushihbi Coast as a coastal nature reserve in January, 1994. The altitude is about 330 meters. It is the cape with the most magnificent landscape along Suhua Highway. The beautiful and magnificent landscape is attractive. Many people come here for appreciating the view and fishing. There are several species of animals and plants in the coastal area, including more than ten mammals, 59 birds, 13 reptiles, and 113 butterflies. Besides, there are several species of plants such as Formosan michelia, large-leaved nanmu, large-leaved lindera, and red nanmu. It is a cape with high preservation value.


點此

Hubei Village, Yuanshan Township is the center of “Dahudi” area. There are four villages in Dahudi area. This area is full of hills and lakes. Hubei Village is at a lower position. There are paddy fields, streams, and springs in the village. Because several rivers meet here, a swamp is formed beside the highway. As the underground spring emerges, there are round bubbles like crab bubbles. The water is clean and sweet so residents usually draw water, wash, or take a rest here. As time goes by, local residents name it “Crab Bubbles” according to the natural phenomenon. For satisfying the requirement of modern times, Yuanshan Township Farmers’ Association and Township Office raised more than 3 million NTD to complete the hardware and facilities surrounding the bubble spring in 2006. With the construction of the “memorial park” for memorizing the farmland readjustment in Dahu area, there is one more recreation area combining culture, history, tourism, and water resource in Yuanshan Township.


點此

If you want to have a sensible trip in Yilan, Fushan Botanical Garden will be a nice choice for you! The botanical garden is located at the national forest in the intersection between Fushan Village, Wulai Township, Taipei County and Huxi Village, Yuanshan Township, Yilan County. Since 1986, “Fushan Experimental Forest” with abundant natural resources was established in the mountains between Taipei County and Yilan County. Fushan Botanical Specimen Garden was established in the garden. It functions in multiple usages of forests, environmental education, resources preservation, and forest recreation. There are also abundant bird ecology for appreciation and research. It is a botanical garden featuring both in education and in recreation. Happen Nature Reserve is the representative of forest in Northern Taiwan. The purpose of establishing this area is to protect the natural environment for gene preservation, sustainable research, and educational research. Visitors are strictly forbidden to enter this area. The goal of management is “protection rather than utility.” Water source protection zone is located at the north of Fushan Experimental Village. For avoiding pollution and damage, this zone is for meteorological and hydrological survey and observation only. Ordinary visitors are not allowed to enter. Please follow the rules strictly and respect the research institute. We understand the determination and enthusiasm of related organizations to protect the natural ecology. We should know further that: protecting the ecology and environment is actually preserving a clean land for ourselves.


點此

Because of the BOT management, the farm is temporarily closed for hand-over business. Please forgive us if any trouble is made! We hope to greet you again! Su’ao Recreation Farm, located at Hai’an Road, Su’ao Township, is the southern end of Lanyang Flats. As for the political zone, it belongs to Zhouyang Village, Su’ao Township. It is reachable both through Suhua Highway and North-Link Line so the traffic is convenient. Nan’ao River and North River meet in front of the village. In back of the village is Aowei Mountain. The whole farm is surrounded by green mountains and river. The farm has abundant animal and plant ecology. The road within the farm is well-planed and neat. There are verdant eucalyptus forest, seasonal flower and fruit, and organic vegetable grown here. The resources are abundant in the surrounding mountains and sea. It is suitable for scenery spot trip, ecological and sensible experience, camping, group recreation, and family activities. Besides, camping facilities, bike riding activity, and agricultural experience are all availabele. Nan’ao Recreation Farm was originally under the management of Land Bank entrusted by National Property Administration, Ministry of Finance. The square measure is about 96 hectares. In January, 1999, Yilan County Hall inherited the rental right. It is the most effective government for environmental protection and preservation. It makes efforts to develop this area into Great Nan’ao Ecological Museum functioning in ecological trip, leisure vacation, and conference. The government also develops Nan’ao area. In the future, the organic agricultural products will focus on the market in Taipei County and City, remaining its basic economic scale. Organic agriculture will play an important role in the future, providing the whole planned management based on the producing techniques, verification, and marketing. As for the soil and climate at Nan’ao Recreation Farm, the soil was deposited by the riverbed in the past. Most parts did not suffer from floods except for the bank. The drainage system is complete, too. The farm is surrounded by the shelterbelt (like eucalyptus tree). The ecological environment in the farm is independent so there is seldom pollution. The water is clean. Besides the artificial growing primitive trees, the vegetation remains its primitive looks without being damaged. It has natural conditions for developing organic agriculture. The climate in Nan’ao Recreation Farm is an independent climate different from the climate in Yilan or Hualien. It seldom rains and the sunshine is plentiful. The average annual temperature is 23.3℃. The warm and dry climate is suitable for the growth of agricultural products. However, it is usually threatened by the cyclonic storm in typhoon seasons. There is absolutely no resource of pollution near the farm. The nearest neighbor is 3 kilometers away. It occupies an advantageous position in the overall secluded protection of the organic environment.


點此

The clean water of Dahu River’s branch flows through Shangde Village. In the past 9 years, community residents contribute money and efforts for building a leisure healthy pathway and growing plants along the riverbank. They form a volunteer team responsible for maintaining the park. It takes a beautiful mind to maintain such a beautiful water friendly environment like Shangde Village.


點此

Shuanglian Pond is a natural lake at the mountain tableland. The lake is flat and surrounded by mountains. It forms a valley with unique ecological system. The square measure of the lake keeps changing with rainfall. Natural resources such as plants and animals are abundant in the area. The landscape of humanistic industries is also characteristic. “Fushan Botanical Garden” is established according to the surrounding environment. It is compromising in the education of ecological environment. Shuanglian Pond indicates two connecting lakes. The clouds and mist spread around. There are lots of planktons and algae. It is a typical swamp ecology. The main line here is Tai 9 Jia Line. It goes eastward through Zuntou to Yilan and the distance is about 13.6 kilometers. Walk westward for 3 hours and arrive at Fushan Botanical Garden. Walk westward for another 6 hours and arrive at Wulai. This area is a natural valley with limited hinterland. Because of climate and landform, the square measure for crops is limited. Gardening companies from the foot of the mountain manage nursery garden and flower nursery here. The landscape becomes more beautiful. The special closed landform forms the tranquil and peaceful natural scene in the area.


點此

Jhentoushan is in Northwestern Yilan County. It depends on the mountain in the north, a valley flat of alluvial fan alog Jiaoxi River. It is a typical rural village. According to the legend, a celestial broke his shoulder pole. The cargo on both sides fell down. One of them fell on Yuanshan while the other fell on the north. The celestial slept here and take the cargo as his pillow. The pillow-like mountain was named Jhentaushan by later generations. The soil is fertile in the agricultural area. There are Leshan pear, jade bell fruit, smilax corbularia kunth, sweet peach, Yuanshan flower, plum cake, and kumquat cake. The scenery spots in the area include Dajiaoxi, the source of Soft Pond comes from underground spring. The water is clean. It is surrounded by mountains on three sides. The forest is verdant. Water birds and egrets inhabit here all year round. Lizaishan is a nice spot for appreciating one of the eight Lanyang scenery spot—Turtle Island Sunrise. Bats inhabit inside the air-raid shelter at Shueiwei. It is actually a nice ecological environment. The famous Jhentaushan spring plum—the hometown of conserves is a nice place for a trip, so it is one of the 18 scenery spots in Lanyang area. Great old tree—the hometown of Taiwanese opera. The old autumn maple tree along Toufeng Road is an old tree with the most cultural features. The founder of Taiwanese Opera, Mr. Ou Lai-zhu, teaches others singing in the one thousand years old autumn maple tree. He creates the “local opera” representing Lanyang Flats. You are welcome to visit this modern agricultural park in Jhentaushan no matter you want to eat, play, collect fruits, appreciate birds and landscapes, or spend a night at the guesthouse.


點此

A hill protrudes from the flats in Yixian Village between Dahu and Neicheng, Yuanshan Township. The peak of the hill is called Bizaitou. It has been built into “Bizaitou Park, Yixian Village, Yuanshan Township.” There is a hill with protruding middle part in the north of Bizaitou River. It looks like a nose so it gets the name Bizaitou. When the source of Bizaitou River in Hushan area flows through here and causes deposition. The water is clean and the surrounding area is beautiful. The township office built the small park with pavilion, public lavatory, and water playing platform. Citizens usually come here fro playing water, picnic, and sketching. Azalea is grown in the park. Besides, coreopsis blooms and makes a scene in spring. Bizaitou Ditch is close to the mountain range. There are broad paddy fields next to the ditch. Little and great egrets are usually seen in the paddy fields. Waterweeds, spiral shells, shellfish, and groups of mosquito fish are found in the ditch. Dragonflies and butterflies hover around the river.


點此

Taiyang Pond is located at Neicheng Village, Yuanshan Township. The landform looks like crab claws surrounding the pond so it was called “Crab Claw Pond” in the past. The water conservancy agent renamed “Taiyang Pond.” Taiyang Pond is a deep and close lake. Lots of plants grow up around the lake. Many egrets inhabit here and form a peaceful scene. The water is used for irrigating near farms. Many people come fishing here on holidays. There is a watchtower for visitors to take a rest.


點此

Taoyuan Valley was called “Bull Binding Mountain” in the past. During the fallow period, it serves as the pasture and amusement ground. Literally, Taoyuan Valley is the paradise of Wulin people. It must be peaceful, tranquil, and secluded. The smoke rising from some households raising chickens and gods forms an image of paradise. Visitors must be impressed by the image and remain unforgettable. Climbing up the mountain from Renze Community is a traditional route for reaching Taoyuan Valley. There is a steeply rising slope and the route is curving and circling till the sight becomes broad. When they look around the distant landscapes, they begin feeling comfortable. Then they will arrive at the pleasurable Guangxiang Grassland. The altitude of the grass slope is 500 meters and the inclination is almost 30 degrees. The stretching distance is 400-500 meters. The green grass along the slope is short and tough like a high quality carpet carefully woven by nature. In sunny days, people see Sandiaoling in the west and the Pacific Ocean in the east from the grassland. When the weather changes, the mist is the best companion for playing hide and seek. In autumn and winter, the fierce monsoon brings clusters of clouds. The awn grass growing everywhere is partly hidden and partly visible among clouds. You can sit on the grass slope together, have a chat, or just lie on the floor, look at the blue sky, and enjoy the blowing of mountain breeze and sea breeze. When you stand at the peak, both Lanyang Flats and Turtle Island are below your feet. The intersecting mountains and sea without many people form a secluded paradise. There is an ancient temple worshipping stone Avalokiteśvara on the way home. There is sweet spring to comfort the tiredness of travel. The gods and Avalokiteśvara in the caves will bless you with everything smooth, prosperous, and safe. If you long for cleaning the troubled mind, Taoyuan Valley is your best choice.


點此

Wai’ao is on the northern side of Wushih Harbor in Toucheng Township, Yilan County. It is a flat sandy beach. The white surf strikes the coast and shines brightly in the sun. The figure of Turtle Island is obscurely seen. What a beautiful landscape! Besides playing water, extreme sports combining excitement, skill, and difficulty are also popular here. For example, paragliding and surfing are both activities requiring courage. Come to Toucheng Wai’ao Beach and you can choose any three dimensional sports in the sky or in the sea as you wish. Besides, you can spend the night by listening to the waves at a high quality guesthouse! In recent years, the open sea harbor project at Wushih Harbor completes breakwater and wharf. The original site is planned to become a memorial park. As the tourist activity like whale watching is becoming popular, the harbor turns into an excellent place for spending holidays. The tourist center is set up for serving tourists. The pathway on the internal side of the northern dike in Wushih Harbor becomes a wonderful place for wandering in the evening and appreciating Turtle Island.


點此

In 1954, Yilan County Documentation Committee selected “the 18 scenery spots in Lanyang area.” A mountain called Candle Mountain was inside the sand-blocking dam at Shihzhukeng, Jinmian Village, Toucheng Township. It was an excellent cool refuge in summer so it was selected as one of the 18 scenery spots. In the 70s, a private business exploited Shihzhukeng and turned it into a recreation area named “Xinfeng Waterfall.” There were swimming pool, villa, camping area, and waterfall area in the recreation area. Each part was established with the mountains and rivers. Various flower and plants were grown here and formed a beautiful scene. There was a waterfall view pavilion in the waterfall area. Appreciating the waterfall in the pavilion, one saw the spreading water drops and the falling water. The scene makes people forget the turmoil in the world and enjoy the infinite pleasure. In the 80s, the facilities in the recreation area violated Water Conservancy Law so the county hall recalled the rights of management and renamed it “Jinmian Waterfall.” From then on, “Xinfeng Waterfall” was gradually forgotten. The water storing pond at Shihzhukeng sand-blocking dam is so clean and green that the bottom is visible. It is a nice place for playing water in summer and a scenery spot worth visiting again and again.


點此

No matter you come here by car or by ship, you know that you have arrived at Yilan when you see Turtle Island. Located at the sea 10 kilometers from the coast of Toucheng Township, Yilan County, Turtle Island is the largest island in the county and the only island with residents. It is also the only active volcano in Taiwan. Turtle Island gets its name for its turtle-like figure. After the order of martial law was removed in 1988, with the long-term striving of Yilan County Hall and local representatives, Executive Yuan integrated Turtle Island into Northeast Coast and Yilan Coast National Scenic Area in 1999. Based on the characters of humanism and ecological resources, Turtle Island was planned to be a marine ecological park combining sense and sensitivity. The environmental conflicts of tourism can be reduced by limiting the number of tourists. Integrated with whale watching activities in the surrounding sea, it becomes a popular tourist spot along the northern blue highway. There is an undersea world below Turtle Island. Thousands of crabs survive from and live in the environment full of hot sulfur and strong acid. It is a rarely seen phenomenon.
Turtle Lake, also named Turtle Tail Pond, is a famous landscape on Turtle Island. It was a fresh water lake in the past. Local residents led seawater to the lake in attempt to turn it into a harbor. However, all dikes were damaged by typhoon so the lake contains both salty and fresh water now. There is a statue of Avalokiteśvara at the opposite bank of the lake. She guards Turtle Tail Pond and local residents peacefully. Looking ahead from the military camp, people see the steep and verdant slope. The clear crest line looks like a beautiful woman facing the sky. The figure of the beautiful woman is clearly seen. It is an amazing masterpiece of nature. The end of Turtle Island is a long pebble beach. Influenced by the wind direction and tides, the tail of the island moves northward or southward with the direction of the monsoon. It is called “holy turtle wagging tail.”


點此

Beiguan was a gateway in Qing Dynasty. During Emperor Jiaqing’s reign, the official applied to set up a military gateway here for it was the best gateway of preventing robbers’ invasion. Beiguan Tidal Park is also called Lancheng Park, located at Northeast Coast in Taiwan. It is in Gengxin Village, Toucheng Township, and the southern end is a corresponding Nanguan. They form the entrance of Lanyang area, a coast park with abundant landscapes. There are two ancient cannons older than 160 years in the park. They are said to be antiques cast during Emperor Jiaqing’s reign in Qing Dynasty. They make Beiguan historical. There are natural rock landscapes experiencing thousands of years’ erosion in the park, such as cuesta, bean curd rock, and small cape. The rocks everywhere are special landscapes at Eastern Coast. Between the huge rocks and the mountains, there are ladders, trails, and sea view pavilions. All corners in the park show the special landscapes along the coast. People see marine landscapes, such as Turtle Island and Wai’ao, and the panorama around Beiguan from the sea view pavilion. Getting closer to the coast, people see the powerful wave striking the coast. It is so-called “Beiguan Tides,” one of the eight Langyan scenery spots. The best moments for visiting Beiguan are the rising tide and sunrise.


點此

Northeast Coast becomes another landscape of cuesta and bean curd rock from Dali. Along the coast highway, Dali Tiangong Temple is a famous religious center in the village. The worshipped god is the mighty God of Heaven. The temple was simple when it was just established in the 16th year of Emperor Daoguang’s reign in Qing Dynasty (1836). It became a large temple like what we see today after it was rebuilt in the 30th year of Emperor Guangshu’s reign in Qing Dynasty (1904). Standing in front of the temple, people see the vast Pacific Ocean and the figure of Turtle Island. In the back of the temple is the outlet of Caoling Historical Trail. The neatly planned restaurants satisfy the hunger of tourists after they return from the historical trail. There is a tourist center on the right side of the temple providing exhibition and consultancy service.


點此

Tiangong Temple is beside the coast highway in Dali fishing village, Toucheng Township, Yilan County. Its original name was Qingyun Temple. The worshipped god is the mighty God of Heaven (Tiangong) from Zhangzhou. In the 16th year of Emperor Daoguang’s reign in Qing Dynasty (1836), residents required a religious center for their mental reliance, so they decided to establish the temple. The temple was simple initially. After experiencing several times of repairing, it became a large temple like what we see today after it was rebuilt in the 30th year of Emperor Guangshu’s reign in Qing Dynasty. The temple has been 195 years old. Dali Tiangong Temple neighbors with green Caoling Mountain on the back and confronts the wavy Pacific Ocean. Visitors enjoy the broad vision and appreciate the red light of sunrise and the beautiful landscape around Turtle Island. Many tourists come here to appreciate the beautiful landscapes on purpose. The lane beside the temple leads to the back mountains. In the back of the temple is the outlet of Caoling Historical Trail. Every January 9th in the lunar calendar is the local festival. Countless distant disciples come here to worship the gods. After worshipping and praying, they appreciate the distant tide from the loft in the temple. “Dali tide appreciation” is one of the “eight Lanyang scenery spots. In particular, when northeastern monsoon visits Taiwan, the coast is wavy and magnificent with tremendous momentum.


點此

Northeast Coast is next to mountains and the ocean. There are bays, capes, strange rocks, high cliffs, magnificent marine erosion landforms, soft and gold beach, and splendid marine ecology here. The environment breeds the simple human culture and historical relics. It is a comprehensive tourist site combining the sensible knowledge of a natural classroom and the emotional coastal amusement area. The total length of the coast, from the northern Nanya Village, Ruifang Township, Taipei County to the southern cape at Neibi Beach, Su’ao Township, is 102.5 kilometers. The total square measure of both land and sea area in Northeast Coast and Yilan Coast National Scenic Area is 17,421 hectares. For developing the landscape resources and ecological preservation at Northeast Coast, Tourism Bureau, Ministry of Transportation and Communications set up the management office on June 1st, 1984. It was responsible for the exploitative construction and operative management of Northeast Coast. Besides exploiting beautiful scenery spots according to the features of natural landscapes in this area, it drew up land and marine resource protection areas in order to maintain the sustainable life at Northeast Coast.


點此

Dasi Fish Harbor, located at Toucheng Township, Yilan County, is the third largest fish harbor in Yilan. There are new and old ports. The old port is opened for fishermen only, while the new port has fish market for fishermen and visitors. Most fishing boats in Dasi Fish Harbor go fishing and return everyday. Fresh fish are captured and brought back to the harbor everyday. The fish market is crowded on holidays. The main seafood includes golden hook shrimp, red bull-eye, hairtail fish, and eel. Many people come here for buying fresh and cheap seafood. Presently, Dasi Fish Harbor aims at becoming a tourist harbor. There are several activities around the harbor, such as whale watching, Turtle Island visit, and boat fishing.


點此

“Roaring Billows of Toucheng” was one of the 12 scenery spots in Lanyang area. The sea along Toucheng Township is straight and vast. The long-term monsoon and tides form a 20-meter-tall and 10-meter-wide sand dune. The coast confronts the Pacific Ocean. Several coastal plants grow here, such as seashore vine morning glory, sisal agave, and jute. With the fiercely blowing monsoon, the sounds of waves are ceaseless like a powerful army with mighty momentum. “Roaring Billows of Toucheng” is the image composed of the roaring wind, striking waves, and the magnificent coast.


點此

Beside the coast highway at the border between Yilan County Toucheng Township and Taipei County Gongliao Township, people appreciate the coastal landscape at Shihcheng County Boundary Park. The park is set up for Northeast Coast National Scenic Area, close to strange rocks and the ocean. People can see Turtle Island here. There are facilities such as parking lot, telescope, and outdoor coffee shop in the park for passengers to take a rest. You can sit here, drink a cup of coffee, appreciate the blue ocean in peace, and enjoy the blowing see breeze. It is a relaxing experience.


點此

The river mouth of Jhuan River in Toucheng Township has broad riverbed. There are many water paddy fields, fish farms, and swamps. The tides bring lots of fish and shrimp and attract many water birds to inhabit here, so Jhuan River Bird Sanctuary is set up here. Lots of aquatic plants grow in the swamps, including large-scale of reeds and water hyacinth. Water birds wander around and seek for food. According to the record, there have been more than 190 species of birds found here. The layers of mountains are reflected on the water, creating a tranquil and romantic atmosphere. It is a pity that natural ecology is damaged after National Highway No. 5 is completed and opened. There are only 80 inhabiting birds left here. Natural resources are still preserved in certain areas. Citizens can have fun and appreciate birds there.


點此

Butterfly orchid gets its name for looking like a flying butterfly. With its beautiful looks, plenty, and long florescence, it wins the reputation of “queen orchid” among all orchid species. The moist and rainy climate in Yilan is suitable for the growth of butterfly orchid. King Car Biotechnology spends lots funds building greenhouses with environmental control by precise computers for cultivating butterfly orchid seedling based on the growing requirement of butterfly orchid, selecting new species, crossbreeding, vitro proliferation of outstanding species, air conditioning and heat pump system, and adjusting florescence with insulation facility such as heater. The butterfly orchid seedling and flower are excellent and satisfy the requirement of domestic and foreign markets all year round. In recent years, they actively collect various primitive species of orchid and plan to build an ecological park for presenting orchid in a natural style. In each month, they plan different exhibition themes and introduce various orchids to guests and visitors in order to develop everyone’s taste for flower.


點此

Linmei Mountain Golf Course is also called Jiaoxi Golf Course. It was planned by Mr. Chen Jin-shi, an elder golf player with international reputation in the field of golf. He chose Linmei Mountain and built an 18-hole international-standard golf course in 1976. It is the only golf course in Lanyang area. The course is close to Wufongci. It is next to mountains and rivers, the landscape is beautiful, the air is fresh, and the style is unique. Standing on the gentle grass slope, people see the figure of Turtle Island in the Pacific Ocean. In the back of the course is St. Mary’s Villa where St. Mary makes her power felt. On its left side are the high mountains of Wufong and on its right side are the farms in Lanyang Plats. The unique landscape is incomparable. The square measure of the course is about 50 hectares. The basin in back of the course is a natural nameless pond. It is the water resource for the course. Lots of raised mallards inhabit leisurely around the pond. There are lots of flying birds hovering above the valley in the mountains. According to the survey, there are four pairs of crested serpent eagles and 13 sorts of birds in this area. It is the best place for bird watching, view appreciation, and exercise. The tail part of Sheipajian Mountain protects the course from the powerful northeastern monsoon. Players are not afraid that the course of their ball will be influenced. The facilities in the course are complete without too much artificial decoration. It presents a natural and fresh landscape.


點此

Visiting Jinying Waterfall, people enjoy the peaceful mood in the natural mountains and water and have a romantic trip. The waterfall is located at Jinmian Mountain, Tocheng Township, only 0.7 kilometer away from Taipei-Yilan Highway. There are buses between the waterfall and Taipei-Yilan Highway. Most passengers come here by car or motorcycle. Beimen River is the major part of the waterfall recreation area. Its total length is 1.7 kilometers. The dedicated altitude is from 50 meters to 430 meters. Below the waterfall, the curving river is about 1.1 kilometers and the drop height reaches 260 meters. There are lots of rocks around the riverbed. They cause many swift currents here. The water resource of Jinying Waterfall is precious natural mineral water. The volume is abundant in four seasons. It is said the source of Jinying Waterfall does not come from rivers, but from a breach of a huge rock. The clean spring keeps emerging from the underground in the mountain. Regardless of rainy season or dry season, the volume of water remains the same. The water keeps clean, too. It is precious and rare natural mineral water. The ecological resources are abundant in this area, the climate is comfortable, and the water resource is plentiful. There are lots of animals inhabiting in this area, including the ecologic environments of birds, insects, and small reptiles. The vegetation here is subtropical rainforest. The highland at the upstream is coniferous forest, and other areas are mixed forests. Lots of tree ferns are grown at the entrance. The figure of the tree fern looks like an umbrella. It grows all over the ground and looks beautiful. Taiwan alsophila is the most resource in this area. Jinying Valley is surrounded by mountains. The clean river goes through this valley. The mountain landscape and the green forest form a verdant and vigorous scene for Jinying Valley. People feel comfortable and relaxed in this valley. They enjoy the natural landscapes and become part of nature.


點此

“Houdongkeng Waterfall” is one of the “eighteen scenery spots in Lanyang area,” located at Baiyun Village, Jiaoxi Township. The village is secularly named “Baishihjiao.” During the Japanese reign, the water conservancy agent built the dike and waterway at Houdong River in Baishihjiao in 1917 for enhancing the irrigation and water resource around Ercheng and for preventing mountain torrents. A stele with the inscription “Houdong River Dike” was erected beside the dike below the waterfall for expressing the importance of this project. After the restoration of Taiwan, the water resource at the upstream of the waterfall was getting dried up. Local villagers built another small irrigation ditch and turned the last part of the waterfall into an artificial waterfall. The water in the middle part of the waterfall was led to the ditch for irrigation. The original power of the waterfall was no longer seen. The powerful waterfall about 6-meter-wide and 25-meter-tall is only seen in rainy seasons. Visitors feel an elegant and tranquil aura here. Climbing up the cliff and standing on the rocks above the waterfall, people can see distant Turtle Island. If they go further to the valley at the upstream of the waterfall, they can see the weathering grottos as if they are visiting caves of water curtain. It is dangerous and difficult to climb up the rocks but the landscapes are still worth a try. Therefore, a folk legend goes that, “If lovers climb up Houdong Waterfall together, they will love each other throughout their lives.” If you long for a happy life, too, you may come here to prove the saying and appreciate the landscape.


點此

Longtan Lake was originally named “Dapi Lake,” one of the past “12 scenery spots in Lanyang area.” It is located at Longtan Village, Jiaoxi Township, 6 kilometers away from Yilan downtown. The traffic is convenient. The lake is surrounded by mountains on three sides. The square measure is about 17 hectares. The lake is broad and the depth is 14.85 meters. It is the largest lake among five famous lakes in Yilan. The lake preserves the primitive and natural landscapes. Wandering over the surrounding trail, people see green trees on both sides. Butterflies dance in the wind and several egrets fly across the lake. They make the tranquil mountains and the lake more beautiful! There are several temples near the lake: Longtan Temple is at the mid-slope of the mountain. People can arrive at the peaceful Buddhist temple by walking upward along the slope beside the lake, and they can appreciate the panorama of the lake here. Yellow Emperor Religion Huangdishen Temple is located at a side road beside the surrounding-lake trail. The worshipped god is Huangdi. Zhangfu Temple is located at the near south of the lake. The worshipped god is Sage King who settled Zhangzhou. The temple has lots of disciples and serves as the religious center in the township. It is a good place for appreciating the nostalgic aura.


點此

Paoma Historic Trail is a branch of Danlan Historical Trail, located at the border between Taipei County Wulai Tonwship, Yilan County Toucheng Township, and Jiaoxi Township. The trail goes along the valley of Houdongkeng River in Jiaoxi and Toucheng. It is near Shihpai Station along Taipei-Yilan Highway. The downgrade leads to Wufongci Scenic Area. The total length is about 7 kilometers. There are 3 kilometers passing through national forests. Danlan trail was the main traffic channel between Lanyang area and the outside world in the end of Qing Dynasty. Lanyang Plats are surrounded by mountains on three sides and the other side confronts the Pacific Ocean. The traffic was inconvenient so the development is delayed. During the initial exploring period, Wu Sha went along Caoling Historical Trail to Yilan with his people. However, the transportation between Yilan and Taipei Basin was inconvenient. They had to go through Caoling Historical Trail, Shuangqi Valley, and Keelung Valley to Taipei and Danshui. It was a distant trip. During Emperor Guanshu’s reign in Qing Dynasty, our ancestors opened up a shortcut in the valley between Taipei County Hsintien River and Jiaoxi Houdongkeng River. They named it Danlan Trail. Paoma Historical Trail was opened up during Emperor Guanshu’s reign in Qing Dynasty. Our ancestors put round timbers on the trail and carried woods with wooden vehicles. The trail was also called “Muma Road.” During World War II, Japanese officers usually patrolled by horse, so residents also called the trail “Land Force Road” and “Paoma Road.” The section after Tai 9 Line was also called Dingche Road. Paoma Historical Trial leads upward from the monumental archway of Wufongci, and goes downward beside Shangxin Garden along Taipei-Yilan Highway. People look at the landscape of Lanyang Plats and Turtle Island along the trail. The scene of Jiaoxi downtown lights is visible at night. There are also a small Mountain God Temple, orange orchards, mining areas, upstream of Houdongkeng River, Monument of Paoma Historical Trail, and bamboo shadow trail along the way. The landscape is ever changing.


點此

For creating the new landscape of the historical space in Tanweigou, promoting the leisure and healthy image of hot spring, preserving the common memory of the life in traditional buildings, and establishing a comfortable, natural, and open leisure space, Yilan County Government planed, designed, and constructed Tangweigou Park with four phases from 2002. The park was completed and inaugurated on December 17th, 2005. Besides the green coastal space and scenic pavilion, there are Zenist juniper bathing pool and semi-outdoor foot bathing pool in Tangweigou Park. Local residents recollect the past memorial of hot spring here. Foreign tourists enjoy the natural and comfortable juniper hot spring.


點此

Located at Juodong Township, Yilan County, Beichengjhuang Lotus Garden is an ancillary area of Wanbo Recreational Farm. The garden is full of lotus leaves in summer. Every lotus keeps clean and swaying with the breeze. You can enjoy the afternoon tea in the lotus farm, appreciating the most beautiful landscape of nature. There are several illustrations explaining farming knowledge in the garden. There are organic vegetable farms, seedling growing area, guesthouse, and teahouse, too. They provide citizens with a rural trip far away from the turmoil in the city.


點此

Wulaokeng belongs to the field of Sincheng River. The river course enters the plain here and forms a special beautiful landscape composed of mountain and river. It was called “Wulao Mountain Stream” in the past, one of the “new eight Lanyang scenery spots.” The slopes on both sides of the river are warm and suitable for growing tea trees. The flavor of the tea tastes fragrant and sweet and makes Wulao tea well-known. In this area, the forests are verdant, the grass slope is green, and the river is flowing and cool. There are varicorhinus barbatulus, freshwater minnow, grouper, paradise goby, mitten crab, and eels swimming in the river. The county hall makes efforts to realize ecological restoration projects and they really work. The river is worth the reputation of “the top mountain stream in Lanyang area,” and a scenery spot among “one hundred scenery spots in Lanyang area.” There is a proverb well-known by local residents near Wulaokeng, “Wulaokeng has a large stone drum and A Jian Cheng has beautiful girls.” In the past, the riverbed of Wulaokeng River is crowded with big and small pebbles. The present riverbed is taller because of the deposition. Half of the large stone drum was in the water before but the sound of the stone drum has been gone now. A Jian Cheng at the downstream of Wulaokeng has outstanding geographical environment, fresh air, and clean water. It bears lots of beautiful girls. Therefore, the reputation “Wulaokeng has a large stone drum and A Jian Cheng has beautiful girls” is spread and passed down. The scope of the scenic area reaches 400 hectares. The planned camping area is 70 hectares. The initially built area is 19 hectares, divided into two camping areas which are broad enough for 1000 people camping here. The camping facilities are complete such as cooking pavilions, camping square, rain shelter, bathing and toilet facilities. With the unique natural landscapes, the area becomes an outstanding multi-functional recreation area for camping, wild cooking, playing water, river tracing, mountain climbing, landscape appreciation, outdoor education, and tea tasting.


點此

Nanfangao, located at the south of Su’ao Harbor, is an important foundation for coastal and near-sea fishing boats in Taiwan. The catch is amazing here so it is one of the three chief fishing sites. There are three harbors and fish markets with different functions and characters here. The First Fish Market opens at 2 o’clock every afternoon. The fishermen’s association hosts the auction. The Second Fish Market opens from 3 o’clock to 5 o’clock every afternoon. Fishermen sell their catch in person. Harbor Road beside the Third Fish Market is full of seafood restaurants and specialty stores. It is the place crowded with tourists.


點此

Tofu Cape is located at Nanfangao Scenic Area, Su’ao Township, Yilan County. The figure of the sea cape looks like a piece of tofu so it is called “Tofu Cape.” It is composed of a land-tied island and a sand bar so it is also called Sandy Neck Cape. The sunrise and sunset are beautiful landscapes at Tofu Cape. The sea and the sky are interconnected. There are coastal pathway, pavilion scenic recreation area, beach activity area, and the entrance plaza. With the clean water and peaceful waves in summer, many people come here for leisure activities such as playing water, snorkeling, barbecue and sea fishing.


點此

Neipi Beach is located at the outside of Nanfangao Harbor, Su’ao Township, Yilan County. The sand land is curved. It is a beach of marine deposit with mixing fine sand and rubbles. The landscape of sea and sky is elegant and beautiful. There are marine abrasion landforms here such as sea cape, sea cliff, and reef at the bottom of the sea. The golden sunset shines brightly and the sound of waves is heard. There are planned facilities here such as tourist pavilion, coastal pathway, and parking lot. Taiwan aglaia and Taiwan pittosporum are grown here, too. Many people are attracted to fish and have fun here on holidays. The bottom of the sea around this area is uneven so there are usually undercurrents under the sea. Tourists playing in water must take care of the safety.


點此

Bihansyuan Pheasants Park is located at Su’ao Township, Yilan County. The director is Mr. Zhang Han-qin. He saved a pair of black pheasants confronting the life-threatening situation in a mountain food restaurant when he was in his 20s. He found they were national treasure in Taiwan—mikado pheasant. From then on, he began his career of protecting pheasants. He turned from an amateur into an international authority. Mr. Zhang’s contribution is really admirable. Besides Mikado pheasant, there are other national treasures in the park, such as swinhoe's pheasant and Hill Partridge in the park. He also raised more than 100 species of pheasants such as temminck's tragopan, green pheasant, and blue-eared pheasant. He brought Himalayan monal pheasant from the Himalayas and saved great argus pheasant, whose secular name is “Phoenix,” from Vietnam. Both of them are precious species.


點此

Su’ao Harbor, located at Su’ao Tonwship, Yilan County, was called “Donggang” in the past. It is an outstanding natural harbor surrounded by Beifangao, Su’ao, and Nanfangao on three sides. Many people come fishing here. The government built a small commercial harbor at Su’ao Harbor in 1965. It was enlarged into an international commercial harbor in 1974. The harbor was broad and full of reefs. The sea reflects the blue sky and the figures of ships. It is one of eight Lanyang scenery spots, “Su’ao Mirage.” The best locations for appreciating the harbor are Battery Mountain and Sunan Highway. On both sides of Su’ao Harbor are Nanfangao Harbor and Beifangao Harbor.


點此

The river water is stopped at the entrance to the sea because of deposition in the southeast of Lanyang Plats. The deposition forms a swamp called “Wuweigang.” It is a precious coastal wet land ecology in Taiwan. Every November, there are several sorts of geese migrating and spending the winter at Wuweigang. According to the records, 140 species of geese are found here every year. More than 3,000 green-winged teals and spot-billed ducks appear here. After Taiwan joined in International Wildfowl Research Bureau (IWRB) in 1988, Wuweigang was designated as one of important wetlands in Asia. Council of Agriculture, Executive Yuan designated this place as “Wuweigang River Bird Sanctuary” in 1994.


點此

Renze Hot Spring is located at the foot of Taiping Mountain in Yilan County. The altitude is about 500 meters. It has been developed as a hot spring area during the Japanese reign, called “Xuze Hot Spring” or “Jiouze Hot Spring.” After the restoration of Taiwan, this area was managed and rebuilt by Lanyang Forest District Office. It was renamed “Renze Hot Spring” then. The source of Renze Hot Spring comes from mountain rocks. It is calcium carbonate spring without smell and color. The temperature usually reaches 95℃. Bathing in the spring makes skin smooth and tender. It is said that the hot spring works in curing skin and stomach diseases. The surrounding environment is beautiful and the natural ecology is abundant. Many people are attracted to enjoy the hot spring here.


點此

The water line of groundwater in Yilan is high. The distance from the ground is usually less than 5 meters. This area has the most water resources in Taiwan. These two swimming pools are close to the mountains in Dongshan Township. The clean spring keeps pouring into the pool day and night. According to water resource experts, they are the cleanest swimming pools in Taiwan.


點此

Dahu area, Yuanshan Township is surrounded by mountains. The modern orchards, green lane, and the rural landscape with preserved natural ecology make it the first “prosperous rural village” in Yilan County. Bengshanhu Fruit Farm is one the most representative places. Bengshanhu is not a lake for retaining water. It indicates this area surrounded by mountains like a lake. The slopes are steep and easy to collapse, so it is called “Bengshanhu.” Because of the precipitous landform, the agricultural products in the mountain are transported by “cable cages.” The broad valley has beautiful landscapes with the distant mountains and close water. Starfruit, guava, kumquat, and orange are prosperously grown. It is the most famous tourist fruit farm in Dahu area. Besides, Bengshanhu Fruit Farm has the most guesthouses in Dahu area. These guesthouses are decorated like private villas. There are living room, necessities, and various facilities for a comfortable vacation life. Visiting the farm, tourists collect various seasonal fruits and appreciate the green and beautiful rural landscapes around in the day time. They stay at guesthouses at night, listening to worm chirping and enjoying the sound of chicken and dogs. The sounds of flowing water and rustling leaves blown by the wind are also heard. Tourists experience the special rural life and enjoy an abundant trip in the country.


點此

The establishment of Botanical Garden resulted from the moving project of the Nan’ao Workstation office in July, 1995. The original camphor afforesting area was turned into a botanical specimen garden. The square measure is 8.99 hectares, the average altitude is 25 meters, and the land is flat. The purpose of establishing the garden is to integrate educational training, illustration, forest, and life. Meanwhile, the other purpose is to make Nan’ao citizens understand local plants in Taiwan, realize the importance of forest ecology, protect and take care of forests. The plants in the garden are classified by Hutchinson System. Present species include 1 family and 1 species of quasi-plants, 8 families and 19 species of gymnosperm, 58 families and 168 species of angiosperm. Among them, bamboo plants occupy 24 species and aquatic plants occupy 12 families and 15 species. The total number is 79 families and 204 species. The major plants are woody plants and the second plants are liana and herbaceous plants. Gymnosperm includes main coniferous afforesting trees such as Taiwania cryptomerioides Hayata, Taiwan Incense Cedar, cryptomeria, Taiwan cypress, and juniper; angiosperm includes Magnoliaceae, Rosaceae, Lauraceae, Fagaceae, and Ericaeae; bamboo plants include more than 20 species such as makino bamboo, Bambusa oldhamii Munro, Bambusa stenostachya, Hedge Bamboo, and swollen bamboo.


點此

The rough ganged brick graduation clock tower and the rural brick chapel with simple designing and quality were established in 1965. The church remains an obvious landmark in Sihjie. Inside the chapel, the pillar-shaped shadow penetrating from the hollow bricks forms the special holy and secret religious atmosphere.


點此

In the old picture taken in 1937, Lizejian Bridge crosses the river and leads to Lize Old Street. After the Dongshan River cut-off project, the old bridge was torn down. The gradually deposited river course was filled